2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

突発性難聴により全く聞こえなくなった耳を補聴器で改善させる方法

Pocket

couple-1283859_640
突発性難聴により、片耳が大きく聴力低下してしまい、治療により、耳が治らなかった場合は、クロス補聴器という少し変わった機器で改善させます。

クロス補聴器を使うことで

  • 今まで会議で聞きにくかったが聞きやすくなった
  • 職場が騒がしく、聞きにくいことが多々あったが、聞きやすくなった
  • 聞きにくさが軽減され、聞き返しが減った
  • 聞き返しが少なくなったことで、精神的にも楽になった

という声をお客様よりいただいています。

クロス補聴器とは、聞こえにくい耳側にきた音を聞こえる耳に転送して聞こえを補う特殊な機器です。聞こえにくくなった耳に補聴器を装用しても意味がないと言われた方でも改善ができます。それは、聞こえる耳で全ての音を聞くためです。

聞こえにくくなったことにより、お悩みの方が多いため、どのような機器なのか、こちらに関して、情報提供していきます。聞こえにくさを感じている方は、参考にしてみてください。少しでも今のお悩みが改善できれば幸いです。

なお、片耳が聞こえにくくなり、耳鼻咽喉科に行ったことがない場合は、まずはじめに耳鼻咽喉科を受診されてください。治るのであれば、それがもっとも効果が高い方法です。こちらは、残念ながら耳の治療できなかった方のみ対象となります。

また、治療開始から日にちが間もない方も、まずは治療に専念し、残念ながら改善されなかった場合に、こちらをお考えください。治れば、そちらの方が聞きにくさは、改善されます。

聞こえる耳に音を転送させて改善させるクロス補聴器

まず、こちらの機器が対象となる聴力は、以下のような聴力です。

突発性難聴になると、このような聴力になることがある。このケースでは、聞こえにくい耳に補聴器を装用してもほとんど効果が出ない。この場合は、クロス補聴器で補った方が聞こえは改善される。

突発性難聴になると、このような聴力になることがある。このケースでは、聞こえにくい耳に補聴器を装用してもほとんど効果が出ない。この場合は、クロス補聴器で補った方が聞こえは改善される。

こちらは片耳が聞こえており、もう片耳は、ほとんど聞こえない聴力です。突発性難聴により、片耳が大きく低下すると、概ね、このような状態になり、このような方にクロス補聴器は、有効です。

ここからが重要ですが、耳の場合、治療ができなかったケースでは、基本的に補聴器で改善させていきます。しかし、聴力低下が大きすぎる場合、補聴器を装用してもうまく補えません。

仮に上記の聴力だった場合、補聴器を装用させても▲の位置までしか改善が厳しい。実際には、赤い三角の部分まで改善させないと音声の聞き取りは、スムーズにできない。

仮に上記の聴力だった場合、補聴器を装用させても▲の位置までしか改善が厳しい。実際には、赤い三角の部分まで改善させないと音声の聞き取りは、スムーズにできない。音は、聞こえるかもしれないが、聞き取るという部分には、貢献できないことが多くなる。

その理由ですが、音を入れることはできても、音声を聞いたり、理解できたりするのに必要な数値の部分まで改善ができないためです。それにより、医師や補聴器販売店では、聞こえにくい側に補聴器を装用したとしても「効果がない」とお伝えします。

通常のやり方をしても補ないのであれば、どのようにしたら改善できるか。そこで考え出されたのが、聞こえにくい耳にきた音を聞こえる側に転送するというやり方です。聞こえにくい耳で音を受けるから理解ができないのであれば、聞こえる耳で全ての音を聞けば、理解できるのではないかと考えました。

その考えを元にして生まれたのがクロス補聴器です。

仕組みは、非常に単純で

クロス補聴器は、二つで一つ。クロス補聴器という転送機器と一般的な補聴器が必要

クロス補聴器は、送信機と補聴器のセットで使う。このようにすることで聞こえにくい側からくる音を聞こえる側に転送する。

聞こえる耳には、補聴器を装用し、聞こえない耳には、クロスをつけます。クロスは、音の送信機で、こちらで拾った音を常時、補聴器に転送します。今現在、Bluetoothや無線通信機器が発達してきたことにより、これらの技術も性能が上がってきました。

聞こえる耳側につける補聴器は、このような耳せんを使用します。

補聴器をつける側は、必ず隙間を設け、聞こえる耳側の音が入るようにする。その仕組みが耳を塞がないこととなる。

補聴器をつける側は、必ず隙間を設け、聞こえる耳側の音が入るようにする。このようにすることで、聞こえる耳を塞がず、聞こえる耳側の音も聞くことができる。

クロス補聴器を装用する際に気をつけなければならないのは、聞こえる耳を塞がないようにすることです。塞いでしまうと、聞こえる耳側の音が入りづらくなります。

主な聞こえ方は、この通り。一つの耳で全ての音を聞くのが、クロスの特徴。

主な聞こえ方は、この通り。一つの耳で全ての音を聞くのが、クロスの特徴。

そのため、穴が空いた耳せんを使用し、聞こえる耳側は、そのままの耳で聞こえるようにします。そして、聞こえにくい側にくる音は、転送して、聞こえる耳で聞きます。

このような仕組みにし、片耳で両方から音を聞こえるようにしたのがクロス補聴器です。

クロス補聴器の効果

クロス補聴器は、聞こえにくい耳側から音を聞こえるようにさせてくれる機器ですが、耳が治るところまでは、残念ながら改善させることができません。できること、できないことがあります。

クロス補聴器には、いくつか形状があり、耳にかけるタイプ、耳のあなの中に入れるタイプの2つがあります。

クロス補聴器の主な組み合わせ。主にこの3つになる。

クロス補聴器の主な組み合わせ。クロスの場合は、主にこの3つになる。

こちらが、クロス補聴器の主な組み合わせです。左から耳かけ形のセット、耳あなクロス、耳かけ補聴器セット、耳あな形のセットになります。以下に記載するものですが、耳かけ形と書かれているのは、一番左の耳かけ形のセットを意味し、耳あな形と書かれているものは、中央のセット及び、右側にある耳あな形のセットを意味します。

クロス補聴器を使うとよくなるところ

クロス補聴器を装用することで、今までより良くなるところは

  • 聞こえにくい側からの呼びかけ、音に気がつくようになる
  • 騒がしいところでも聞きやすくなる
  • 複数の人とお話しする際も理解しやすくなる

の3つがあります。

片耳のみ聞こえにくい場合に起こる主な症状は

  1. 聞こえにくい側から言われたこと、音に気がつきにくい
  2. 騒がしいところでは、聞きにくい側から言われたことが特にわかりにくい
  3. 複数の人とお話しする際は、聞こえにくい側に居られるとわかりにくい
  4. 音の方向感覚がわからない

の4つがあります。この中の3つに関しては、改善ができます。

片耳のみ聞こえにくくなることで起こるのは、少し騒がしくなるだけで、聞こえにくい側から言われたことや音がわかりにくくなることです。静かなところであれば、わかることも多いのですが、少しでも騒がしくなると聞きにくさを感じるようになります。

それにより

  • 職場で隣にいる人のお話が理解しづらい、呼びかけに気がつかない
  • ショッピングモールなどの騒がしい場所では、聞きにくさを感じる
  • 車の通りが多い道路沿いでは、何を言っているのかわからないことがある
  • 車の中では、会話がわかりづらい

などが起こります。これらのものが現状より、改善できます。

厳密には、形状によって効果が異なるのですが、その効果は、騒がしい環境下ごとに異なります。騒がしいところには

  • 少々騒がしい事務所(仕事場)
  • 飲食店、レストランの店内
  • 交通量の多い道路
  • 人通りが多い道路
  • ショッピング街
  • 電車の車内(地上線)
  • 電車の車内(地下鉄)
  • 居酒屋、騒々しい飲食店
  • 車の中(一般道路&ガソリン車)
  • 車の中(高速道路&ガソリン車)

がありますが、この中で、耳あな形のクロス補聴器であれば、電車の中(地下鉄)以外は、聞き取りを改善させられます。

一方、耳かけ形のクロスの場合は、

  • 居酒屋、騒々しい飲食店
  • 車の中(両方)
  • 電車の中(両方)
  • 一部交通量の多い道路

に関して難しい傾向があります。

一部、難しい部分は出てくるのですが、クロス補聴器を装用することにより、今まで聞きにくさを感じていたところで聞きやすくできます。

こちら以外にも、聞こえにくい側から聞こえる音や呼びかけ、複数の人とのお話も理解しやすくなる傾向があります。それが、クロス補聴器の効果です。

クロス補聴器でも改善しにくいところ

それは、音の方向感覚です。音の方向感覚は、両耳とも聞こえることで理解しているのですが、片耳で全ての音を理解しているクロス補聴器では、残念ながら音の方向感覚は、理解することができません。

クロス補聴器でも全く改善しない、装用前と装用後で変わらないのは、この点のみです。

クロス補聴器のまとめ

クロス補聴器を装用することで、改善できるところもあれば、残念ながら改善が難しい部分もあります。耳かけ形と耳あな形で少々、効果が異なるのですが、概ね、効果に関しては、こちらの通りです。

クロスの組み合わせは、主に3つなのですが、実際に耳かけ形のクロスと耳あな形のクロスを聞き比べていただいた方のお話しでは、

  • 聞こえにくい側からの音、音声の気付き
  • 騒がしい中での聞きやすさ
  • 複数の方とのお話しの理解度

この三つに関し、全般的に耳あな形のクロスの方が良くなるとの事でした。そして、試聴された方や購入された方の意見を伺いますと、耳かけ形のクロスの聞こえ改善の体感値は、2〜3割、耳あな形のクロスの聞こえ改善の体感値は、7〜8割という方もいました。

もちろん、それでも聞きにくいところは出てきてしまうのですが、耳あな形のクロスの方が、聞こえの改善度は高いという事が、お客様へ試聴を繰り返した事により、わかってきました。

実際にクロス補聴器をご購入になった症例

突発性難聴の方に販売した実際の症例と、上記のような聴力の方に販売した例がありますので、こちらについてご紹介します。

  • 突発性難聴の方にご購入いただいた症例
  • 片耳のみ聞こえにくい方の症例〜その1〜
  • 片耳のみ聞こえにくい方の症例〜その2〜

の三つについて載せていきますので、ご参考にしてみてください。

突発性難聴の方に実際にご購入いただいた症例

こちらの方の状況に関しては、以下のようになります。

  • 名前:W・Fさん
  • 年齢:30代
  • 性別:男性
  • 症状:突発性難聴により右耳の聴力が低下(重度)
  • 改善:耳あな形のクロス補聴器で聞きにくさを改善
  • 備考:耳鼻咽喉科で突発性難聴の治療をしたものの改善せず

W・Fさんの場合、元々は聞こえている耳だったのですが、2016年1月、突発性難聴になり、急に聞こえにくくなってしまいました。その後、耳鼻科で治療を行なったものの、残念ながら聴力は改善しませんでした。

実際に当店で測定した聴力。右耳は、ほぼ何も聞こえない状態となる。

実際に当店で測定した聴力。右耳は、ほぼ何も聞こえない状態となる。

耳の聞こえに関しては、このような状態となります。左耳は正常で聞こえ、右耳が重度の聴覚障害となり、ほぼ何も聞こえない状態です。

耳の状況に関しては

coe-f-w-01

とのことでした。主に仕事の際に困ることがあり、できるなら聞こえにくさを改善したいとのことで、当店へご相談になられました。

ご相談の際、クロス補聴器を装用した時の評価としては

co-e-f-w-03

とのことでした。

実際に試聴していた時におっしゃっていたのは、今までだったら聞こえていなかったところからの音声や音に気がつくようになったとのことでした。そして、実験のために飲食店であえて聞きにくい側に人を置いた状態ではどうなるのか。その状態も試していただきましたが、会話がしやすくなったとの評価でした。

クロスがあった方が日常生活でも仕事上でも良いとのことで、実際にご購入になりました。今現在は、日常生活や仕事の際に使用されています。

片耳のみ聞こえにくい方の症例〜その2〜

こちらの方の状況に関しては、以下のようになります。

  • 名前:M・Tさん
  • 年齢:40代
  • 性別:女性
  • 症状:幼少の頃、左耳の聴力が低下(重度)
  • 改善:耳あな形のクロス補聴器で聞きにくさを改善

こちらの方は、突発性難聴により、聞こえにくくなったわけではないのですが、突発性の難聴と似たような症例です。

M・Tさんは、幼少の頃、何らかの原因により、左耳が聞こえにくくなった方となります。発覚したのは、小学校の頃で、気がついたら聞こえにくい状態だったようです。その際、耳鼻咽喉科に行きましたが、治療するすべはなく、聞こえにくいまま40年間過ごされた方でした。

実際のお客様の聴力。左耳がほぼ聞こえない状態となる。

実際のお客様の聴力。左耳がほぼ聞こえない状態となる。

聴力としては、このようになります。左耳がほぼ何も聞こえない状態で、突発性難聴の症状と同様です。

片耳が聞こえにくい状態でお困りだったのは

co-e-m-t01

とのことでした。職場は、騒がしい環境下であるため、周りの人の声が聞こえないことが多々あり、それらの改善のため、当店にご相談に来られました。クロス補聴器を使用した評価は

co-e-t-m03

とのことでした。

試聴した時の効果は、上記にほぼ記載されていますが、騒がしい中での使用だったため、どうしても聞きにくさを感じやすく、それが良くなったとのことでした。全体的に聞き返すことも少なくなったことで、精神的に楽になったともおっしゃっていました。こちらは、非常に良くなったケースの1つです。

クロス補聴器を使用することで様々なところでの聞こえにくさが軽減されましたので、ご購入となりました。今現在、主に仕事場で使用されており、肌に離さず使用されています。

片耳のみ聞こえにくい方の症例〜その3〜

こちらの方の状況に関しては、以下のようになります。

  • 名前:M・Yさん
  • 年齢:20代
  • 性別:男性
  • 症状:10歳の頃、急に左耳の聴力が低下(重度)
  • 改善:耳あな形のクロス補聴器で聞きにくさを改善

こちらの方も、2のケースと同様、小さい頃に片耳が聴力低下した方で、突発性難聴により、聞こえにくくなった方ではありません。しかし、症状としては、同じです。

こちらの方の場合、小学生の頃、急に左耳が聞こえにくくなり、耳鼻咽喉科を受診するものの、原因不明で、かつ改善不能とのことで、そのまま過ごすこととなりました。

こちらの方も左側が聞こえない。この聴力は、ほとんどどころか何も聞こえない状態となる。

こちらの方も左側が聞こえない。この聴力は、ほとんどどころか何も聞こえない状態となる。

聴力としては、このようになり、左側がほぼ何も聞こえない状態となります。こちらの方も聴力は、突発性難聴と同様です。

片耳が聞こえにくい事でお困りだったのは

co-e-y-m-01

とのことでした。普段は、そこまで困ることは、ないようですが、アルバイトの時だったり、騒がしい環境下では、聞きにくさを感じている状態でした。ちょうど、これから企業に就職することもあり、聞こえにくさを本格的に改善させるため、当店にご相談に来られました。

クロス補聴器を使用した評価は

co-e-y-m-03

とのことでした。実際に就職先でもクロスがある状態とない状態で比較していただきました。その結果、ある方が周りが騒がしかったり、人が多い環境下でも聞きやすく、かつ聞こえるようになることで安心できるとのことでした。

補聴器がある状態とない状態を比較し、ある方がよいとのことでご購入となりました。今現在は、主に仕事の際に活用されています。

聞こえにくさがあれば、試してみよう

聞こえにくさを感じているのでしたら、試しにクロス補聴器を試聴してみてはいかがでしょうか。片耳のみ聞こえにくく、かつ、もう片耳は聞こえる方が対象ですが、今現在の状況をより改善させることができます。

もちろん、クロス補聴器を装用することで耳が治るわけではありませんので、聞きにくいところは、いくつか出てきます。しかし、クロス補聴器を装用してみて、どのようなものなのか、聞こえにくさがどれほど改善されるのか、こちらを体験した後にお考えになることをお勧めします。

なお、片耳のみ聞こえにくくても、聞こえに困っていなければ試す必要はありません。ある程度、お値段はしますので、困っていなければ、それ以外のものにお金を使った方が有益な使い方となります。

もし、クロス補聴器の試聴を希望する場合は、事前にクロス補聴器を扱っているのか。こちらを確認しましょう。クロスは、少々特殊な機器ですので、置いていないところもありますし、扱っていないところもあります。あるかどうかを確認した後に伺えば、二度手間も防げます。

当店では、クロス補聴器の試聴やご相談も承っています。そして、実際にお困りの職場や場所、日常生活上で試せるようにクロス補聴器の貸し出しも行っています。

聞こえにくさによりお悩みであったり、聞こえを改善させたいとお考えでしたら、お気軽にお問い合わせください。上記の方々のように現状を改善させるお手伝いをさせていただきます。

こちらの内容があなたの聞こえにくさ、お悩みなところを改善させることにつながれば幸いです。

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム