突発性難聴により全く聞こえなくなった耳を補聴器で改善させる方法


突発性難聴になり、治療しても耳の状態が良くならなかった場合、補聴器を装用して改善させるという手段があります。片耳が全く聞こえなくなったケースでは、クロス補聴器という、聞こえない耳側にくる音を、聞こえる耳側へ転送する、少し変わった機器で改善できます。

クロス補聴器は、片耳が聞こえていれば、どのような方にも合います。医師に補聴器は効果がないと言われたケースも同様です。

突発性難聴になってお悩みの方を対応すること、ご質問をいただくこともありますので、こちらの改善に関して、まとめていきます。

  • 聞きにくいことでお悩みな方
  • 医師に補聴器は、効果がないと言われた方
  • 聴力低下が大きく、耳が治療できなかった方(治療したけど治らなかった方)

は、参考にしてみてください。

なお、こちらは、あくまでも治療ができなかった場合に該当します。突発性難聴と診断された場合、まずは治療に専念されてください。治れば、こちらの機器をつける以上に安く、かつ耳もよくなります。

こちらは、残念ながら耳が治らなかった方が対象で、その耳をできる限り、良くしたいとお考えになる方へ向けた内容となります。

目次

クロス補聴器とは

クロス補聴器とは、冒頭で記載した通り、聞こえない耳側にくる音を聞こえる耳側へ音を転送する機器です。

クロス補聴器は、二つで一つ。クロス補聴器という転送機器と一般的な補聴器が必要

このような形をしており、聞こえない耳側に載せるのが、クロスという音を転送する機器です。聞こえる耳側には、補聴器をつけます。

主な聞こえ方は、この通り。一つの耳で全ての音を聞くのが、クロスの特徴。

すると、あくまでもイメージですが、聞こえる耳側へ聞こえない側から来る音を常時、送ってくれるようになります。

このようにすることで、聞きにくくなった耳側から来る音を聞きやすくするのがクロス補聴器です。

形状には、上記の形状以外にこんな形状(組み合せ)のものがあったり

このような形状もあります。それぞれ形により、異なった特徴があります。

補聴器をつける側は、必ず隙間を設け、聞こえる耳側の音が入るようにする。その仕組みが耳を塞がないこととなる。

1つポイントとしては、聞こえる耳側には、このような耳せんを使います。適度に穴をあけることで、聞こえる耳側を聞こえにくくならないようにしています。

そうすることで、聞こえる耳側は、そのまま聞こえ、聞こえない側の音は転送される。という仕組みを作ることができます。

このようにして、両方の音を片方の耳で全部聞くのが、クロス補聴器です。

今現在の補聴器の限界とクロス補聴器の経緯

この内容をご覧になっている方の中には、医師に「補聴器はどうでしょうか?」とご質問されている方もいるかもしれません。その点に関しては、どのようなやり取りをされているか不明なのですが、今現在できることとクロス補聴器ができた経緯について載せていきます。

今現在の補聴器の限界

まず補聴器は、装用すればよく聞こえるようになる。とお考えの方も多いのですが、実際には制限がいくつかあります。

それは、

  • 補聴器で補えるレベル
  • 音声の理解度による改善レベルの変化

の二つです。

補聴器で補えるレベル

補聴器は、どのような聴力の方も補えるかと言いますと、実際には、聴力低下が大きいと大きいほど、補聴器の効果も薄れてきてます。

例えば、突発性難聴になり、全く聞こえなくなった場合は、上記のような聴力になるのですが、この場合において聴力ベースにして補聴器で改善できるレベルというのは、

このくらいになります。これは、補聴器を装用することにより、聴力がここまで改善できたというように思っていただいて構いません。

では、補聴器を装用し、音声が比較的理解できるくらいにまで聞こえさせるには、どのくらい必要か。と言いますと、このくらい(30~40db)は、必要になります。

つまり、聴力低下が大きすぎると聞こえを改善させられる値が低くなるため、あまり聞こえの改善には、役に立たなくなってしまいます。

そのため、医師によっては、

  • 補聴器の効果はない
  • 補聴器をつけても無駄
  • つけても聞こえない

というようにお伝えします。それは、このような事情があるためです。

より改善させるにはどうしたら良いか

補聴器で聞こえなくなった耳は、改善できない。であれば、どうしたら良いだろうか。そこで考え出されたのが、クロス補聴器です。聞こえない耳側で聞くのが無理なら、聞こえる耳側で聞けば良いのではないかと考えたわけですね。

補聴器では効果がない。と諦めることで、片耳のみ難聴の方が改善されるのであればいいのですが、実際には、ずっと聞きにくいままです。そんな状況を少しでも改善させようと出てきたのが、クロス補聴器になります。

幸いにも時代的に無線の技術が発達してきたことにより、クロス補聴器の効果も上がってきました。無線で常に通信し、音声を飛ばしていますので、この技術が上がると、その分、クロス補聴器の性能も上がるようになり、今現在、ようやく日の目を浴びるようになってきました。

クロス補聴器を装用することにより、耳が治るということはないのですが、聞きにくいところのいくつかは改善されます。それにより、今現在は、クロス補聴器を使う方も少しずつ増えてきました。

突発性難聴と補聴器で改善させる5つのパターン

では、実際にクロス補聴器で改善させる場合、どのような症状に合うのか。突発性難聴の病気の定義は、”突然片耳が失聴し、かつ原因が不明なもの(既存の病気に当てはまらないもの)”とあるため、突発性難聴と診断されても、人により、耳の状況が全く異なります。

ここでは、突発性難聴と補聴器での改善ということで、突発性難聴でありうる症状から、どのように改善させていったら良いかも全てまとめていきます。実際には、通常の補聴器で改善できるものもあれば、クロス補聴器で改善した方が良いものまで、様々です。

突発性難聴によって聴力低下した場合に考えられる症状は

  1. 片耳が全く聞こえなくなったケース
  2. 音声の理解度が低いケース
  3. 聴力が特殊で補うのが難しいケース
  4. 聞こえなくなった耳が音を受け付けないケース
  5. 聴力低下が中等度くらいで、かつ明瞭度が良いケース

になります。傾向として多いのは、1~2になります。

片耳が全く聞こえなくなったケース

こちらは、クロス補聴器で改善させた方が良いケースです。

聴力としては、このようになります。

わかりにくいのだが、0〜10dBが一般の人が聞こえているライン。正常の範囲が、0〜24dB。25〜49dBが軽度の難聴で、50〜69dBが中等度の難聴。70〜89dBが高度の難聴で、90dB以上が、重度の難聴となる。

わかりにくいのだが、0〜10dBが一般の人が聞こえているライン。正常の範囲が、0〜24dB。25〜49dBが軽度の難聴で、50〜69dBが中等度の難聴。70〜89dBが高度の難聴で、90dB以上が、重度の難聴となる。

片耳は、聞こえていて、もう片耳は、全く聞こえない状態です。重度の難聴になるとほぼ何も聞こえません。

このような場合、補聴器を装用しても効果が得られないため、クロス補聴器で聞こえる耳側で聞けるようになると、より状況に関しては、改善しやすくなります。

突発性難聴になり、私のところで相談いただくケースで多いのは、このように全く聞こえなくなってしまったケースになります。

音声の理解度が低いケース

こちらもクロス補聴器で補った方が良いケースです。

補聴器には、語音明瞭度測定(語音弁別能検査)というものがある。基本的に補聴器は、音を大きくして聞かせるものなので、この測定の結果が低い場合は、残念ながら補聴器の効果も出ないことが多い。

補聴器には、語音明瞭度測定(語音弁別能検査)というものがある。基本的に補聴器は、音を大きくして聞かせるものなので、この測定の結果が低い場合は、残念ながら補聴器の効果も出ないことが多い。

補聴器の世界には、音声の理解度というものがあります。この理解度の数値が一定以下の場合は、その耳に補聴器を装用してもなかなか効果が出ません。音声を聞こえるようにしても、音は、聞こえるけれども何を言っているのかが理解しづらい状態になるためです。

こちらは、語音明瞭度測定(語音弁別能検査)というもので調べられ、あ、じ、は、などの一つの言葉がどれほど理解できるのか。を調べられます。

この測定が50%未満の場合は、クロス補聴器の方が改善できる傾向があります。

こちらが低いケースも突発性難聴の場合は、よく見かけます。聴力がそこまで重くなくても、この数値が低下している場合は、クロス補聴器の方が聞きにくさは、改善できます。

聴力が特殊で補いにくいケース

こちらは、補聴器で補うのか、それともクロスでやった方がいいか迷うケースですが、クロスの方が聞こえは良い方が多いです。ただ、補うレベルの難しさによる(聴力の複雑さによる)。というのが正直な見解です。

例としては、このようなケースです。聞こえているところと聞こえていないところが極端なケースは、補聴器で補うのも難しいことが多く、かつ、効果も限定的になりやすいです。その場合は、クロスで補った方が聞こえを改善できるケースもあります。

ただ、症状(状況)によるところが大きく、実際には、クロス補聴器の方がよくできるのか、補聴器の方がよくできるのかを考えていくことが重要になってきます。

なお、音声の理解度のテスト(語音明瞭度測定)をしてみると低いケースも多々みられるため、このような場合は、クロス補聴器の方が改善できます。

聞こえなくなった耳が音を受け付けないケース

この場合もクロス補聴器の方が改善できる傾向を感じます。

突発性難聴の場合、聞こえなくなった耳側に音が入ると、響いたり、大きく音が入ると音が割れるような感覚になるケースがあります。

そのような場合は、聞こえにくい耳側を補聴器で聞こえるようにしても、その感覚が強まることが多々あり、改善していくことが厳しくなってきます。

ただ、実際には、その程度にもより、強く感じる方から、少し感じる方までいます。このようなケースは、音声の理解度がどうかで判断することが多いです。と言いますのも強い方は、比較的悪いケースが多く、軽い方は、明瞭度が良いケースが多いからです。

聴力にもよりますが、仮に補聴器で補える範囲内であれば、実際に補聴器で改善させてみてどうか。をみながら、改善方法を判断していくケースになります。

聴力低下が中等度くらいで、かつ明瞭度が良いケース

この場合は、一般的な補聴器を装用し、改善させていくことが多いです。

補聴器で補えるケースは、

  • 聴力低下は、中等度難聴くらいまで
  • かつ、音を入れた時の音声の理解度が一定以上

になります。

聴力図は、このようになり

片耳は、聞こえていて(左側)、もう片耳は、中等度の難聴(右側)の典型的な例。

片耳は、聞こえていて(左側)、もう片耳は、中等度の難聴(右側)の典型的な例。

音声の理解度を示す図は、このようになります。

補聴器で効果が出る耳は、語音明瞭度測定を行い、音を入れれば、音声が理解できる可能性がある耳になる。その場合は、上記のように正解率が上がる。なお、この測定を行うと、擬似的に補聴器を装用した時の聞こえの感覚を体験することになるため、あまりにも数値が低いケースは、お客さん(患者)側が無理だな……と勘付くことも多い。

補聴器で効果が出る耳は、語音明瞭度測定を行い、音を入れれば、音声が理解できる可能性がある耳になる。その場合は、上記のように正解率が上がる。なお、この測定を行うと、擬似的に補聴器を装用した時の聞こえの感覚を体験することになるため、あまりにも数値が低いケースは、お客さん(患者)側が無理だな……と勘付くことも多い。

このような場合は、聞こえない耳側を補う方が効果に関しては、よくなりやすくなります。

ただし、上記にあげた音が響く感覚があったり、特殊な聴力でないことが条件です。

まとめ

突発性難聴の場合、様々なケースが存在するため、耳の状態を確認したのち、どのように補うかを決めていきます。一般的な補聴器を装用した方が良い場合もありますし、クロス補聴器の方が良いケースもあります。

上記にあげたものは、決定的なものが多く、特に

  • 聴力低下が大きすぎるケース
  • 明瞭度が悪いケース

は、実質、聞こえにくい耳に補聴器をつけても補うことが不可なため、クロス補聴器で補っていくケースになります。

クロス補聴器の改善効果

クロス補聴器は装用することにより、改善できるところ、残念ながら改善できないところがあります。

はじめに全体についてまとめますと

このようになります。

実際には、クロス補聴器の形状(組み合わせ)により、少々、効果が異なるのですが、私自身がお客様に試してみて、改善できたこと、あまりできなかったことを主に記載していきます。

クロス補聴器を使うとよくなるところ

クロス補聴器を装用することで、今までより良くなるところは

  • 聞こえにくい側からの呼びかけ、音に気がつくようになる
  • 騒がしいところでも聞きやすくなる
  • 複数の人とお話しする際も理解しやすくなる

の3つがあります。

片耳のみ聞こえにくい場合に起こる主な症状は

  1. 聞こえにくい側から言われたこと、音に気がつきにくい
  2. 騒がしいところでは、聞きにくい側から言われたことが特にわかりにくい
  3. 複数の人とお話しする際は、聞こえにくい側に居られるとわかりにくい
  4. 音の方向感覚がわからない

の4つです。この中の1〜3に関しては、改善ができます。

片耳のみ聞こえにくくなることで起こるのは、少し騒がしくなるだけで、聞こえにくい側から言われたことや音がわかりにくくなることです。静かなところであれば、わかることも多いのですが、少しでも騒がしくなると聞きにくさを感じやすくなります。

それにより

  • 職場で隣にいる人のお話が理解しづらい、呼びかけに気がつかない
  • ショッピングモールなどの騒がしい場所では、聞きにくさを感じる
  • 車の通りが多い道路沿いでは、何を言っているのかわからないことがある
  • 車の中では、会話がわかりづらい

などが起こりやすくなります。これらのものが現状より、改善できます。

そして、人によって分かれるのは、

  • 居酒屋さんでのお話
  • 複数の人と囲んでのお話
  • 会議の際のお話

になります。あまりにも騒がしいところに関しては、どうしても効果が下がりやすいのですが、人によっては、かなり騒がしい居酒屋さんでもお話できるようになったとか、電車の中でも会話ができるようになったと聞いています。

そして複数の人と囲んでのお話も理解できるようになったとも聞きますし、会議でもより離れた人の声がわかるようになったとも聞きます。

しかし、中には、難しいケースもあり、なかなか改善できない場合もあります。ある程度、しっかりお話する方であれば、騒がしくても聞こえることが多いようですが、騒がしい場所なのに関わらず、声が小さかったり、ボソボソお話する方の場合は、難しい傾向を感じています。

一部、難しい部分は出てくるのですが、クロス補聴器を装用することにより、今まで聞きにくさを感じていたところで聞きやすくできます。

それがクロス補聴器です。

クロス補聴器でも改善しにくいところ

それは、音の方向感覚です。音の方向感覚は、両耳とも聞こえることで理解しているのですが、片耳で全ての音を理解しているクロス補聴器では、残念ながら音の方向感覚は、理解することができません。

クロス補聴器でも全く改善しない、装用前と装用後で変わらないのは、この点のみです。

耳鳴りの改善

突発性難聴の症状は、聴力低下のほか、耳鳴りが発症者の8割ほどを占め、かつめまいの症状が3割ほど占めます。

この際、耳鳴りに関しても聞かれることがあるため、記載しますと今現在、残念ながら耳鳴りを治す手段はありません。治すことはできないのですが、耳鳴りを隠す、症状を和らげる方法はあります。

補聴器の場合、聞こえない耳側に補聴器を装用し、聴力低下分を補う。ただ、それだけになります。

まず、耳鳴りが発症している方は、聴力低下していることが多く、周囲の音が聞きにくくなっていることにより、より耳鳴りが強調されやすい状態です。

そこで、補聴器を使って聞こえを改善させると周囲の音が聞こえるようになる分、耳鳴りの音を覆いかぶさり、耳鳴りが軽減される、という仕組みです。

耳鳴りを治しているのではなく、様々な音が聞こえるようになることにより、耳鳴りを気にならなくする、軽減させる、というのが補聴器を使った改善方法になります。耳鳴りを治すというよりも耳鳴りの辛さを軽減させる、といえばわかりやすいかもしれません。

私のところでは、基本的に聴力を改善させるために補聴器のご相談をしておりますので、耳鳴り改善のためにすることは、ありません。しかし、結果的に耳鳴りが少し和らいだという方は、いました。

ただし、そのような方は、聞こえにくくなっている方の耳が中等度難聴くらいで、補聴器を使って補ったケースになります。静かなところは、周りが静かな分、耳鳴りは聞こえるようですが、周囲が少し騒がしくなると耳鳴りは、わかりにくくなる。忘れる。とのことでした。

私の方で経験しているのは、このようなケースになります。

補聴器で改善させたお客様の声

突発性難聴になり、聞きにくさにお悩みの方を対応したケースがありますので、ご紹介します。同様の症状がありましたら、ご参考にしてみてください。

突発性難聴になり、クロス補聴器で改善した例①

どのようなことでお悩みでしたか

実際にクロス補聴器を使ってみていかがでしょうか。

このお店で購入(ご相談)した理由はなんでしょうか

実際に記入いただいたアンケート

実際の症例:【生活の質が明らかに上がった】突発性難聴になった耳をクロス補聴器で改善しました

突発性難聴になり、バイクロス補聴器で改善した例

どのようなことでお悩みでしたか

実際にクロス補聴器を使ってみていかがでしょうか。

このお店で購入(ご相談)した理由はなんでしょうか

実際に記入いただいたアンケート

実際の症例:突発性難聴により聞きにくくなった方、バイクロス補聴器にて改善しました

突発性難聴になり、クロス補聴器で改善した例②

どのようなことでお悩みでしたか

実際にクロス補聴器を使ってみていかがでしょうか。

このお店で購入(ご相談)した理由はなんでしょうか

実際に記入いただいたアンケート

実際の症例:【聞きにくい側の音声が理解しやすく】突発性難聴、片耳中等度難聴の方をクロス補聴器にて改善しました

突発性難聴になり、一般の補聴器で改善した例

どのようなことでお悩みでしたか

実際に補聴器を使ってみていかがでしょうか。

このお店で購入(ご相談)した理由はなんでしょうか

実際に記入いただいたアンケート

実際の症例:【会議で聞きやすく】左側のみ中等度難聴(突発性難聴)の方の改善を行いました

Q&A

最近、発症したばかりで現在、治療中です。それでも補聴器は大丈夫でしょうか?

治療中ならまずは、治療に専念されてください。これ以上、悪くしないためにも治療に専念し、残念ながらこれ以上の改善は、難しい。となった段階で、補聴器を考えていきます。

基本的には、発症より、2ヶ月ほどは様子をみます。聞こえにくさがあり、お困りのところ大変恐れ入りますが、予後(発症後の状況)をこれ以上、悪くしないためにも治療で治せる部分まで治すのも重要な事となります。

両耳との突発性難聴になった場合は、どうなのでしょうか?

その場合は、両方とも補聴器を装用して改善させていくことが多いです。ただ、特殊な聴力になったり、音声を理解する力が一気に低下するなどの症状もありますので、本当に効果が出るのか、改善の幅は、どのくらいなのかを理解しながら相談していくのがベストです。中には、残念ながらほとんど効果が出ないケースがあります。

クロス補聴器はどこかで試すことはできるのでしょうか

病院さんや補聴器販売店で試すことができます。ただし、両者とも、あつかっているところとそうでないところがありますので、電話で確認後、相談すると良いですね。

どこで買えるのでしょうか?

上記と同じく、病院さんか、補聴器販売店さんで購入できます。

クロス補聴器っていくらぐらいするのでしょうか。

すみません、少々高額なのですが、282,600~644,200円になります。私のところでよく出るのは、316,800円のものです。

ですので、実際に効果があるかどうかを確かめてから、購入の相談ができると良いかと思います。

補聴器ってどのくらい使えるのでしょうか?

基本的に使用年数は、5~7年になります。細かくて申し訳ないのですが、補聴器の場合、修理して使い続けることができる製品です。となると、修理が中止するのは?ということになるのですが、販売中止から、5年間は、修理できるようにしていますので、使用年数は、だいたい5~7年くらいになります。

保証期間ってあるのですか?

補聴器の場合は、2年間、クロスの場合は、1年間が保証期間です。この間の故障は、無償で直せます。ただし、水没したり、補聴器をポケットの中に入れっぱなしにし、洗濯して壊した場合などは、過失と見なされ、有償修理になりますので、お気をつけください。

クロス補聴器は、いくつか種類があり、それぞれ特徴があるみたいですが、どう違うのですか?

クロス補聴器に関して、さらに詳細を知りたい方は、こちらをご覧ください。

リンク:クロス補聴器の形状(組み合わせ)の種類と理解したい3つの特徴比較

リンク:クロス補聴器に搭載されている性能と基本の3要素

補聴器やクロス補聴器は、形状と性能の二つの選ぶ要素があります。

耳の改善に関してもっと知りたいです。

全体的に補聴器で耳を改善させることをまとめたのは、こちらになります。

リンク:補聴器で耳を改善させる手引き書

いくつか症例があるようですが、この他の症例はありますか?

突発性難聴のみではありませんが、片耳のみ難聴の方の症例は、こちら

リンク:片耳のみ難聴の方の改善ケース

両耳とも聞こえにくいケースの症例は、こちら。

リンク:両耳とも聞こえにくいケースの改善ケース

全体に関しては、こちらになります。

リンク:お客様の症例改善のご紹介

突発性難聴の改善のまとめ

以上、突発性難聴の方の改善に関してまとめて見ました。完全に聞こえなくなり、補聴器に関して無駄だと言われ、そのままお悩みの方が多いため、全く聞こえない方宛に記載してみました。

実際には、突発性難聴は、様々なケースがあるため、耳の状態を確認しながら、どのように補ったらよりよくなるのか。を考えながら行っていくとより良い状態になります。補聴器も補う方針が異なれば、聞こえの効果も自ずと変化します。

もし、聞こえにくさの改善をお考えであれば、なるべく早めに行うことをお勧めします。早めに行えば、聞きにくいことによって悩む時間も減りますし、その間、たまるストレスも軽減できます。

こちらの内容がご自身の状況をよりよくするのに役立ったのであれば、幸いです。