2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

ムンプス難聴により全く聞こえなくなった耳を補聴器で改善させる方法


dandelion-1366124_640

ムンプス難聴によって聞きにくくなった場合、片耳のみ大きく聴力低下するケースが多くなります。そのような場合、クロス補聴器という聞こえない耳側にくる音を聞こえる耳側へ転送する少し変わった機器を使うと聞きにくい状況をより改善しやすくなります。

たまに、一般的な補聴器を使用して、改善を試みようとするケースがありますが、聴力低下が大きい場合、残念ながらなかなか改善ができません。一般的な補聴器の場合、聴力低下が大きいと大きいほど、聞きにくさを改善できる程度が低くなってしまうためです。

ムンプス難聴により、片耳が聞こえにくくなり、日々、ちょっとしたことで不自由を感じたり、職場で聞きにくさを感じる、騒がしいところで聞きにくさを感じるという方にお会いしますので、そのような方々のために、今できる改善に関して記載していきます。

  • 医師に残念ながら耳は治せないと言われた
  • 聞こえない耳へ補聴器を使ったけどダメだった

という場合は、参考にしてみてください。

なお、あくまでもこちらは、病院さんに行き、耳を治療することができなかった方が対象となります。病院さんに行ったことがない場合は、まず受診されることをお勧めします。治れば、こちらを使う以上に安く、かつ耳も良くなります。

片耳のみ聞こえにくい方をよりよくするクロス補聴器

クロス補聴器とは、上記に記載した通り、聞こえない耳側にきた音を聞こえる耳側へ転送する機器です。

こちらがクロス補聴器。こちら以外にも様々な形がある。

このような形状をしており、聞こえない耳側へクロス、聞こえる耳側へ補聴器を使うことにより、常時、聞こえにくい側からの音を聞こえる耳側へ転送してくれます。

クロスの聞こえのイメージ。聞こえにくい耳に装用したクロスが、聞こえる耳に装用した補聴器に常時、音を転送してくれる。

イメージとしては、このようになります。聞こえる耳側は、そのまま聞こえるようにし、聞こえない耳側から来る音を常時、聞こえる耳側へ転送する。これが、クロス補聴器です。

聞こえる耳につける補聴器は、このような加工をする。それにより、聞こえる耳側も聞こえるようにする。

聞こえる耳側へつける補聴器は、このように穴を開けた状態にします。一般的なイヤホンにつけるような耳せんを使うと、聞きにくくなるためですね。穴が空いたものを使うことにより、聞こえる耳側は、今まで通り聞こえるようになります。

形には、様々なものがあり、上記、以外のものでは、このような組み合わせのものもあれば

両方とも耳の中に入れるものもあったりします。それぞれ、特徴があり、使い勝手も少々、異なります。

ムンプス難聴の方でクロス補聴器が合うケース

クロス補聴器が合う方は、片耳が聞こえていて、もう片耳がなんらかの形で聴力低下し、補聴器を使っても効果が見込めない方になります。

ムンプス難聴の場合で当てはまるケースは

  1. 聴力低下が重すぎる(大きすぎる)方
  2. 聞こえる耳側へ補聴器をつけても音声が理解できない
  3. 耳の感覚が変化し、音を受け付けない

の三つになります。多いのは、①で、私の方で対応する方の大半がこちらに該当します。

①聴力低下が重すぎる(大きすぎる)方

多いのは、こちら。聴力低下が大きい方です。

聴力図を出しますと、このようになります。

聴力の主な数値の意味は、0〜10dB、一般の人が聞こえているライン。0〜24dBが、正常の範囲内。25dB〜49dBが軽度の難聴。50〜69dBが中等度の難聴。70〜89dBが高度の難聴。90〜が重度の難聴となる。

聴力の主な数値の意味は、0〜10dB、一般の人が聞こえているライン。0〜24dBが、正常の範囲内。25dB〜49dBが軽度の難聴。50〜69dBが中等度の難聴。70〜89dBが高度の難聴。90〜が重度の難聴となる。

主な聴力の見方と合わせて記載しますと、このようになります。片方の耳は、正常の範囲内で、もう片方の耳は、重度難聴になり、全く何も聞こえない状態になります。

幼少の頃にムンプス難聴と診断され、聞きにくいまま過ごされてきた方に多くみられる傾向を個人的には、感じています。

このようなケースは、一般的な補聴器を装用しても効果がほとんど得られないため、クロス補聴器の方が改善しやすくなります。

聞こえる耳側へ補聴器をつけても音声が理解できない

こちらは、意味として二つあるのですが

  • 試しに補聴器をつけてみたけれどダメだった
  • 音声を理解する機能が低下し、理解ができない

の二つです。試しに補聴器をつけてみてダメだったのは、原因が複数考えられますので、ここでは取り扱いません。音声を理解する機能が低下し、理解ができない、というのは、音は聞こえているけれども音声として認識ができない。というケースになります。

耳の世界には、音声をきき、どのくらい理解できるのかを調べる測定がある。その測定である程度の理解度がないと残念ながら補聴器を装用しても効果は薄くなる。

耳の世界には、音声をきき、どのくらい理解できるのかを調べる測定がある。その測定である程度の理解度がないと残念ながら補聴器を装用しても効果は薄くなる。

耳には、音を聞く部分と音を理解する部分があり、この理解する部分の機能が低下するとたとえ一般的な補聴器で補える聴力でも、補聴器で効果を出すことが困難になります。

これは、語音明瞭度測定というもので調べられ、あ、き、に、などの一つの単語を聞こえる音量で流し、どのくらい理解ができるのかをを理解することができます。こちらの測定である一定以上の数値が出ない場合は、この条件に該当します。

正解率別、状況。基本的には50%以上ないと補聴器の効果は得られないとされる。この場合の条件に当てはまるのは、50%以下の場合になる。

正解率別、状況。基本的には50%以上ないと補聴器の効果は得られないとされる。この場合の条件に当てはまるのは、50%以下の場合になる。

正解数を見て、どのくらい理解できるのかを見るものなのですが、こちらが、50%以下の場合は、残念ながら補聴器を装用しても、聞きにくさを感じやすくなります。

そのような場合も、クロス補聴器を装用した方が聞こえの改善度は、大きくなります。

音の感覚が変化し、音を受け付けない

ムンプス難聴であり得るのかはわからないのですが、他の難聴では、たまに音の感覚が変化して、聞こえなくなった耳側が音を受け付けないケースがあります。

不思議ではありますが、正常な耳では、普通に聞こえる音も聴力低下した耳側で聞くと異質、もしくは、歪んで聞こえる。というケースがあります。聞きにくくなっているのに関わらずです。

そのような場合もクロス補聴器の方が改善しやすくなります。

まとめ&注意

ムンプス難聴で多いのは、初めに記載した片耳が大きく聴力低下するケースです。それ以外は、あり得るかも?ということで記載しました。

上記に当てはまる場合は、クロス補聴器の方が改善しやすくなります。

なお、一つ注意として、聴力低下が中等度くらい&軽度難聴であれば

片耳が正常で、片耳が中等度難聴くらいだと、補聴器で聞こえない側を補った方が改善度は、基本的にはよくなる。

片耳が正常で、片耳が中等度難聴(50〜69dBの範囲内)くらいだと、補聴器で聞こえない側を補った方が改善度は、基本的にはよくなることが多い。

このくらいですね。その場合は、一般的な補聴器の方が改善できるケースもあります。

あくまでも、音声の理解もできることを確認する必要がありますが(語音明瞭度測定を行い、基準以上が条件)その場合は、クロス、一般的な補聴器、どちらが良いかを試しながら行えるとより良くなります。

クロス補聴器ができた経緯

クロス補聴器ができた経緯は、非常に単純で

  • 補聴器で改善できるレベルには、限度がある
  • 聞きにくさに困っている人がいる
  • 別の改善方法を考え、制作

となります。

補聴器で改善できるレベルには、限度がある

今現在もそうなのですが、補聴器は、聞こえが低下すると低下するほど、効果が薄くなります。

基本的に、補聴器で音声を理解できるところまで改善しようとすると

聞こえを十分に改善させたい場合は、この辺りまで改善させたいところ。しかし、この辺りまで改善できるのは、実は、軽度難聴〜中等度難聴、そして、一部の高度難聴のみである。

赤い線くらいは必要になります。だいたい30〜40dBくらいでしょうか。これは、補聴器を装用した状態で、どのくらい聞こえの効果が出ているのかを調べる測定(音場閾値測定と言います)での数値です。

どのくらい聴力低下したかにより異なるが、だいたい聴力の半分くらいが改善の目安で、できる範囲になる。しかし、高い音は、半分もいけず、それよりも下がることが多い。

どのくらい聴力低下したかにより異なるが、だいたい聴力の半分くらいが改善の目安で、できる範囲になる。しかし、高い音は、半分もいけず、それよりも下がることが多い。

では、聴力低下が大きくなるとどうなるかと言いますと、このくらいになります。その数値まで残念ながら達成できない状態です。

中等度難聴くらいなら、上記の数値まで目指せたりするのですが、あまりにも聴力低下が大きい場合は、音声を理解できる部分まで大きくするのが困難なため、聞きにくさを感じやすい状態です。

聞きにくさに困っている人がいる

しかし、実際に片耳のみ難聴の方でも

  • 聞こえない側から話されたりすると聞きにくい
  • 聞こえない側からだと聞こえず、無視したように見られる
  • 騒がしい中だと聞きにくい

などと片耳だけ聞こえにくい状態でも聞きにくさを感じるようになってしまいます。片耳が聞こえにくくなったとしても、実生活で、そこまで影響がないのであれば良いのですが、実際には、聞こえにくいことにより、ちょっとしたことが聞こえなかったり、中には、聞こえないことで、無視されているのではないかと言われたり、聞きにくいことによるコミュニケーション障害が起こりやすくなります。

別の改善方法を考え、制作

それらのことから、その困った状況をどうよくしていこうか。それを考えた際に出てきたのが、クロス補聴器です。聞こえない側で補うのではなく、聞こえる耳側で補う。というように考え方を変え、作られるようになります。

実は、この機械、最近作られたものではなく昔からあるものなのですが、今現在、急激にスマートフォンが普及するようになり、無線の技術が発達してきました。クロス補聴器も昔は、有線だったのですが、今現在は、無線で音を飛ばし、聞こえるようにしています。

補聴器以外の製品の向上、技術の向上により、クロス補聴器の性能も上がってきました。そこから、徐々に広まりつつあります。

それがクロス補聴器です。

クロス補聴器で改善できるところ

さて、気になるのがクロス補聴器の効果です。それに関しては

まとめますと、このようになります。

改善できるところ

クロス補聴器で改善できるところは、

  • 聞こえない側から話された時に気がつく、わかる
  • 騒がしいところでのお話(状況によります)
  • 会議や周りの方々とのお話(状況によります)

の三つです。

ある程度、静かな環境であれば聞こえない側から話されたり、そちら側からする音に関しては、気がつくようになります。お使いの方からお話を伺いますと、7〜8割くらいは、聞こえるようになっているとのことでした。

また、騒がしい中のでお話に関しては、周りの状況によって結構異なります。ファミレスや少し人が多いオフィスくらいであれば、聞きやすくはなるようですが、あまりにも騒がしいところ、例えば、居酒屋クラスで騒がしい場所では、聞こえるのが半分、わからないのが半分、とのことでした。

ただ、人によっては、騒がしいところでも聞こえるようになっているということも聞きますので、もしかしたら、ある程度騒がしいところでも、比較的はっきり話す方の場合は、聞きやすくなっているのかもしれません。

複数の方々とのお話も少しばらつきがあり、ある程度、はっきり話す方であれば、聞きやすくなるのですが、ボソボソ話す方は、難しい傾向があります。

どのシチュエーションでも、ある時とない時では、ある方が聞きやすくなるようですが、あまりにも騒がしすぎたり、声が小さい、ボソボソお話する、という場合は、少々、効果が落ちます。

改善できないところ

改善できないところは、音の方向感覚になります。片耳のみ聞こえない場合、大きな音がした際、ご自身だけ、異なる方向を向いてしまったりするのですが、この点だけ、改善ができません。

音の方向感覚は、両耳とも聞こえ、両耳に届くわずかな時間差によって理解できるため、片耳で全てをきくクロス補聴器では、残念ながら解消することができない状態です。

クロス補聴器のまとめ

片耳のみ聞こえにくい場合、

  1. 聞こえにくい側からの音、呼びかけに気がつきにくい
  2. 騒がしい中だと聞こえにくい側からの音は、聞こえない
  3. 複数の方とのお話では、聞こえない側に立たられると聞きにくい
  4. 音の方向感覚がわからない

の四つがありますが、この中で、1〜3は、改善ができます。実際には、状況により、異なるのですが、あるのとないのとでは、ある方が聞きやすい。という方は、多くいます。

それでも耳を治すというところまでは、行かないのですが、現状をよりよくすることはできます。

実際にご購入いただいた方の声

私自身、この補聴器の取り扱いもあり、実際に何名かに販売しているのですが、その方々の声に関して記載していきます。同じような境遇の方は、ご参考にしてみてください。

なお、以下の方々は、ムンプスかも?という方々になります。ムンプス難聴は、診断が難しく、元々聞こえにくかったのか、病気になって聞きにくくなったのかが曖昧になりやすい難聴です。

片耳のみ難聴の方の改善例①

どのようなことでお困りでしたか

実際にクロス補聴器を使ってみていかがでしょうか

このお店で購入した理由は、なんでしょうか

実際に記入いただいたアンケート

実際の症例:【仕事場で聞きやすく】左側片耳難聴の方、クロス補聴器にて改善しました

片耳のみ難聴の方の改善例②

どのようなことでお困りでしたか

実際にクロス補聴器を使ってみていかがでしょうか

このお店で購入した理由は、なんでしょうか

実際に記入いただいたアンケート

片耳のみ難聴の方の改善例③

どのようなことでお困りでしたか

実際にクロス補聴器を使ってみていかがでしょうか

このお店で購入した理由は、なんでしょうか

実際に記入いただいたアンケート

実際の症例:職場で聞きにくさを感じていた方、バイクロス補聴器にて改善しました

Q&A

Q、聞こえる耳側が少し、聞きにくくなっているのですが、それでも使えますか?

A、どのくらい低下しているかにもよりますが、使えます。仮に大きく低下している場合は、バイクロスというやり方もあります。これは、まだ聞きやすい方は、補聴器で補い、聞こえを補えない耳側には、クロスをつけ、改善させるやり方です。

ちなみにこのバイクロスは、一つの補聴器で、クロス仕様、バイクロス仕様にもできますので、仮に途中で聴力低下した場合、初めは、クロスで使っておき、途中からバイクロスというような使い方もできます。

Q、中等度難聴くらいですが、クロス補聴器は、合いますか?

A、どのような耳かにもよりますが、中等度難聴くらいなら一般的な補聴器の方が合うかもしれません。ただし、使ってみて、いまいち、改善される様子がなければ、クロス補聴器も選択肢に入ります。試してみて、いい方を選べば良いとは、思います。

Q、クロス補聴器って形状がいくつかあるみたいですが、どんな特徴があるのですか?

A、クロス補聴器は、形状と性能の二つの要素により、いくつかの種類があります。形状別の理解をしたい場合は、こちらをどうぞ。

リンク:クロス補聴器の形状(組み合わせ)の種類と理解したい3つの特徴比較

Q、クロス補聴器の性能別の違いは、どんな風になっているのですか?

性能別の違いに関しては、こちらをどうぞ。

リンク:クロス補聴器に搭載されている性能と基本の3要素

Q、どこで買えますか?

A、基本的には、病院さんや補聴器販売店で扱っています。ただ、扱っているところとそうでないところがあり、かつ、よく扱うところなども分かれている状態です。

扱っているかどうか、もしくは、相談できるかどうか、事前に連絡して確認するといいですね。

Q、どこかで補聴器を試すのはできますか?

A、病院さんや補聴器販売店さんで試すことができます。こちらも先ほどと同じですね。

Q、金額はどのくらいするのでしょうか?

A、どの補聴器を購入するかによって異なるのですが、282,600〜644,200円まで様々です。一番下のものでも結構なお値段がします。私のところでよく出るのは、316,800円のものです。

高額ということもあり、実際に試してから、購入することをお勧めします。

Q、子供は、使えるのですか?

A、年齢にもよりますが、小学校高学年(小学校4年生)くらいからは、したことがあります。ある程度大きくなれば補聴器は使えますので、大丈夫です。

Q、クロス補聴器って何か操作することはできるのですか?

A、基本的に自分で音量を変えたり(小さく、大きく)、プログラムというものを組んでおき、特定の場所で、音を変えたりなどできるようになっています。ある程度、自分で変えられる状態ですね。

Q、クロス補聴器や耳に関してもっと知りたい

A、クロス補聴器について、一通り書いたのは、こちらになります。※少し重複する部分があります。

このページの内容は、ムンプス難聴の方、用に説明を変えています。

リンク:【自分に合う?】クロス補聴器をしっかり理解するための5つのポイント

それ以外、補聴器や耳、改善に関する総合的な内容については、こちらにまとめています。

リンク:補聴器で耳を改善させる手引書

Q、もっと症例についてもみたい

A、こちらをどうぞ、基本的にこちらに載せているのは、お客様に許可をいただいたものになります。

リンク:片耳難聴の方の改善例

なお、他のケースに関しては、こちらもあります。

リンク:両耳とも聞こえにくいケースの症例

リンク:お客様の症例集(全体)

ムンプス難聴、改善のまとめ

ムンプス難聴のように片耳が大きく聴力低下するケースでは、クロス補聴器が有効です。昔は、選択肢がなかったのですが、今では、このような機器も出てきましたので、状況をよりよくすることはできます。

残念ながら治すというところまでは、行かないのですが、今現在感じているいくつかの部分でよりよくすることはできます。それがクロス補聴器です。

なお、もし行動するのであればなるべく早めに行動することをお勧めします。耳の一番の問題は、聞こえにくくなることではなく、それによりコミュニケーションが取りづらくなること、そして、変な誤解を与えやすくなってしまうことです。

特に変な誤解を与えてしまい、それを長い間放置しておきますとなかなか人間関係の修復は、しづらくなります。意図してそのようなことをしているわけではないのは、重々承知なのですが、わからない方からすると、そのように見えてしまっても仕方がない部分もあります。

そのため、もし行うのであれば早めに行うことをお勧めします。早くすれば聞こえに困ることも精神的に悩むことも、早く少なくすることができます。

以上、お悩みの方からよくお問い合わせいただきますので、ムンプス難聴に関して改善方法を記載してみました。聞きにくさを感じている方へ改善させるヒントを掴めたのであれば幸いです。


この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム