ムンプス難聴による聞きにくさを補聴器で改善する方法


ムンプス難聴は、片耳のみ大きく聞こえなくなる症状の一つです。発症後は、有効な治療方法は、見つかっておらず、聞きにくくなってしまった後は、そのままになりがちです。

ムンプス難聴を補聴器で改善させる場合、有効なのは、クロス補聴器と呼ばれる補聴器です。こちらは、聞こえない耳側に補聴器を使用しても、効果がない方、用の補聴器で、聞こえない耳側にきた音を聞こえる耳側へ転送する補聴器になります。

聞こえない側からの音が聞こえるようになることで、今現在、感じている聞きにくさを改善させることができます。

片耳のみ難聴の方は、場所や状況によって聞こえにくさを感じやすい場面、そうでない場面があります。そのため、聞きにくさを強く感じている方もいれば、あまり感じていない方もいます。

しかし聞こえにくいことにより、お困りな方がいるのも事実ですので、そのような方に向けて、ムンプス難聴を補聴器で改善させる方法についてまとめていきます。

聞きにくさにお困りの方は、参考にしてみてください。

ムンプス難聴の特徴とそれを改善させるクロス補聴器

ムンプス難聴は発症すると、片耳が全く聞こえなくなるほど、高度の聴力低下が起こることが多いです。※両耳に発症することもありますが、こちらでは、主に片方の耳側だけ発症したケースを対象にしていきます。

その場合の聞こえは、聴力検査をしてみますと、上記のような状態になることが多くなります。

聴力検査は、左右の耳を調べられ、それぞれの耳がどの音の高さ(周波数)が、どれだけ聞こえているのか。を調べられます。

下に行くと行くほど、聞こえにくくなり、上にあると、あるほど、正常な耳に近い状態です。

健聴の人が反応するのは、だいたい0〜10dBで、25dBまでは、正常になります。しかし、それより下は、何らか聞きにくさを感じるようになりますので、難聴。というように分類分けされています。

軽度の難聴は、対面で話す分はわかるものの、距離が離れるとわかりづらくなったり、騒がしい中だと聞きにくさを感じやすくなってきます。そして、中等度難聴は、対面でのお話すらも半分わかり、半分わからないような状態になります。離れたところからの音は、この段階から、かなりわかりづらく、気づきにくくなります。

そして高度難聴までくると、周囲の音も対面でのお話も聞こえる音は、わずかになってきます。重度難聴までくると、ほとんど何も聞こえない状況になります。

ムンプス難聴の場合、聞きにくくなった耳側が、重度の難聴になることが多く、ほとんど何も聞こえない状態です。

このような耳は、一般的な補聴器を装用しても、聴力低下が大きすぎて、聞こえにくさを補うことができません。仮に使ってみたとしても、何か音は、聞こえるかもしれませんが、音声を理解する。というところまでの改善は、難しい傾向が出ます。

そこで、考え出されたのが、クロス補聴器になります。こちらは聞こえる耳側に補聴器、聞こえない耳側にクロスをのせ、聞こえない耳側にのせたクロスで聞こえない側の音を拾い、その音を常時、聞こえる耳側にのせている補聴器に転送してくれるものです。

例えば、右側が聞こえにくく、左側が聞こえる方の場合、右側にクロスをのせ、左側には、補聴器をつけます。すると、常時、左側に右側からの音が入るようになります。

この際、左側の音も入るように、補聴器の耳せんは、穴が開いたものを使い、こちら側の音も入るようにしてあげます。

このようにすることで、片耳で全ての音を聞くのが、クロス補聴器です。

元々クロス補聴器は、片耳難聴の方のために作られた補聴器で、聞こえなくなってしまった耳側に音を補おうとしても、一般的な補聴器では、ほとんど効果が出ませんでした。

そのことから、聞こえる耳側に音を転送する。という考え方で改善させたのが、このクロス補聴器になります。

クロス補聴器で改善できる事

結論から記載しますと

このようになります。片耳のみ聞こえにくい方の場合、聞こえにくさを感じやすい、不便を感じやすいのは、

  • ①聞こえない側から話しかけられる、呼ばれる
  • ②騒がしい中での聞こえ
  • ③複数の人とのお話(聞こえない側にいる人の話がわかりづらい
  • ④音の方向感覚がわからない

の4つになります。このうち、①〜③については、改善ができます。

ただ、音の方向感覚だけは、聞こえない耳側、そのものもよくさせる必要がありますので、クロス補聴器の仕組み上、改善させることは、できません。

実際には、どのようなクロス補聴器を使用するか。により、聞きにくさの改善のレベルは、変化しますが、改善度は、このような状況になります。

実際には、どのようなクロス補聴器を使用するか。により、聞きにくさの改善のレベルは、変化しますが、改善度は、このような状況になります。

それぞれの改善度に関しても、このようになります。①が最も改善しやすく、あまりにも騒がしいところや複数の人が多すぎる場合は、その騒がしさのレベル、人の多さのレベルが高いと高いほど、下がりやすくなります。

逆に少し騒がしい程度やそこまで多くない3〜4人くらいの場合は、聞こえるようになることが多くなります。

このように完全に耳を治すまではいかないものの、聞きにくさを感じている部分で、よくしてくれるのが、クロス補聴器です。

実際にムンプス難聴を改善した症例とその解説

こちらでは、実際にご相談いただいたムンプス難聴の方とムンプス難聴と思わしき方を改善した例をのせていきます。

それぞれの内容には、どのように改善させたのか、どのようなクロス補聴器を選んだのかの解説も記載していますので、お悩みの方は、参考にしてみてください。

ムンプス難聴により聞きにくくなった方の改善

こちらの方は、小学校3年生の時におたふく風邪にかかり、その後、聞きにくくなってしまった方となります。聞きにくくなった後、病院にかかるものの、治療は、できず、そのまま聞こえにくい状態で過ごされてきました。

片耳のみ聞こえにくい事で、特に仕事の際、困ることが多く、聞こえない側から話されたり、打ち合わせや会議の際にどうしても聞きにくい側に人がきてしまうと、聞きづらさを感じやすい状況でした。

そのため、改善のご相談をいただき、聴力低下が非常に大きいことから、クロス補聴器で改善させたケースとなります。

どのようなことでお困りでしたか

実際にクロス補聴器を使ってみていかがでしょうか

販売後のアンケート

聴力低下が大きいことから、クロス補聴器で改善させたケースとなります。聞きにくさが改善できたことで、お悩みも少なくなり、こちらとしては、本当に何よりです。

改善したケースの解説に関しては【席を気にしなく】ムンプス難聴の方、クロス補聴器で改善しましたをどうぞ。

ムンプス難聴と思われるケースの改善

聞きにくくなった経緯ですが、生まれつきの難聴なのか、それとも、後天的に聞こえにくくなったのかが少しはっきりしない状況で、ご本人様より、おたふく風邪になった経緯があり、もしかしたら、それによる難聴かも。と少し状況が曖昧なケースになります。

耳の状況に関しては、上記の通り、左耳がほぼ全く聞こえない状況です。聞こえない耳側から話されたり、騒がしい環境ですと、それらの音に遮られてしまい、聞きにくくなりやすい。とのことでした。

特に仕事場が、人が多く常にガヤガヤしているため、聞きにくさを感じやすい状況のようでした。

そのため、改善に関してご相談いただき、聴力低下が大きいことから、クロス補聴器で改善を行なっていったケースとなります。

どのようなことでお困りでしたか

実際にクロス補聴器を使ってみていかがでしょうか

販売後のアンケート

こちらも聴力低下が大きいことから、クロス補聴器で改善させたケースとなります。聞きにくさが改善できたことで、お悩みも少なくなり、こちらとしては、本当に何よりです。

改善したケースの解説に関しては【仕事場で聞きやすく】左側片耳難聴の方、クロス補聴器にて改善しましたに記載しています。

ムンプス難聴により聞きにくくなった可能性のある方の改善

こちらの方も、聞きにくくなった経緯があまりはっきりせず、右側のみの感音性難聴と診断されました。おたふく風邪になった経緯もあり、もしかしたら……という状況で、その点は、あまりはっきりしない部分があります。

右側が聞こえにくいことにより、主に職場でのコミュニケーションやお話が聞こえていない時があり、その聞きにくさについてお悩みでした。

そのため、改善のご相談をいただき、聴力低下が非常に大きいことから、クロス補聴器(厳密には、バイクロス補聴器)で改善させたケースとなります。

どのようなことでお困りでしたか

実際にクロス補聴器を使ってみていかがでしょうか

販売後のアンケート

聴力低下が大きいことから、バイクロス補聴器で改善させたケースとなります。聞きにくさが改善できたことで、お悩みも少なくなり、こちらとしては、本当に何よりです。

こちらの方は、バイクロスというやり方で改善させており、バイクロスとは、聞こえない耳側は、まだ聞きやすい方へ音を転送し、少し聞きづらい耳側は、補聴器の機能を使って、その耳を改善させるやり方を行います。こちらもクロス補聴器の一種です。

中には、片耳が全く聞こえなくなり、もう片耳は、聞こえない耳側ほどではないにしろ、聞きにくさがあるケースもあります。そのようなケースに使われるのが、バイクロス補聴器です。

改善したケースの解説に関しては 職場で聞きにくさを感じていた方、バイクロス補聴器にて改善しましたに記載しています。

クロス補聴器をより知りたい方へ

上記には、主にムンプス難聴を補聴器で改善させる方法に関して記載してみました。

その改善方法に出てくるクロス補聴器についてですが、より詳しく知りたい方は、こちらもお勧めします。

お客様の症例改善解説ページは、こちら
改善の方法から補聴器の選定まで、実際にお客様の聞きにくさお悩みを改善させた解説付き症例集は、片耳のみ聞こえにくい方を改善させた症例改善解説ページ、にまとめています。

また、お客様の聞こえを改善させた例、全体は、お客様の症例改善解説ページにまとめています。

クロス補聴器の種類や性能を理解する

クロス補聴器の選ぶ選択肢は、形状と性能の部分があります。それらに関する違いや特徴についてまとめてみました。

クロス補聴器を使用する時に知りたい事

使用する際に理解しておけると良いことをまとめてみました。

クロス補聴器の音の調節について

クロス補聴器、購入前に気になる事

クロス補聴器を購入した後は?

こちらが、聞きにくさの改善にお役に立てば幸いです。

無料で改善のご相談、お引き受けしています

ムンプス難聴を補聴器で改善させる方法についてまとめてみました。ムンプス難聴は、発症した耳側に大きな聴力低下を引き起こしますので、ほとんど聞こえなくなったような感覚になります。

あまりにも耳の聞こえが低下してしまうと、一般的な補聴器では、残念ながら補うことができません。そのようなこともあり、聞こえない耳側に補聴器が効果がない方が使う補聴器、クロス補聴器が出てきました。

こちらの場合は、片耳さえ聞こえていれば、聞こえなくなった耳側は、どんなに聴力が低下しようと、関係なく改善してくれます。

今現在は、ようやくこのような機器が出てきたことで、ムンプス難聴のような治療方法がないものも少しずつ改善できるようになってきました。

もちろん補聴器は、それなりに金額がし、かつ、耳が治るというところまでは、まだ改善できていない状態です。しかし、装用することにより、上記のお客様の声の通り、よくなる部分はあります。

もし、聞きにくさでお悩みな方は、一度、試してみることをお勧めします。その場合は、耳鼻科さんでも補聴器販売店さんでも大丈夫です。

この補聴器は、少し特殊な補聴器には、なりますので、経験があるところとないところがある点は、申し訳ないのですが、しっかりと対応してくれるところはあるかと思います。

私のところでも改善のご相談は、無料でお引き受けしており、クロス補聴器の貸出や試聴も無料で行なっています。もし、聞きにくさにお悩みだったり、クロス補聴器を体験してみたい。という方は、お問い合わせフォームより、ご連絡いただければ幸いです。

無料で改善のご相談、お引き受けしています

また、片耳のみ難聴の方が気になりやすい補聴器の金額や耳の事、よく質問いただく内容に関しては、【クロス補聴器のFAQ】片耳のみ難聴の方がご相談前に気になる9つの事の回答にまとめています。

【クロス補聴器のFAQ】片耳のみ難聴の方がご相談前に気になる9つの事の回答

お店に関する内容は、適切な補聴器を安心して提供する補聴器専門店、パートナーズ補聴器【墨田区】の通りです。

適切な補聴器を安心して提供する補聴器専門店、パートナーズ補聴器【墨田区】

こちらをご覧になり、少しでも現状を改善させるヒントを掴めたのであれば幸いです。