2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

ムンプス難聴により全く聞こえなくなった耳を補聴器で改善させる方法

Pocket

dandelion-1366124_640

結論から申し上げますと、クロス補聴器と呼ばれる、聞こえない耳にくる音を聞こえる耳に転送する補聴器で、聞こえにくさを改善させていきます。

ムンプス難聴の場合、片耳は、聞こえており、かつもう片耳が重い聴覚障害になることが多く、一般的な補聴器を聞こえにくい耳に装用しても、うまく効果が出ません。そのため、医師から「補聴器を装用しても効果はないよ」と言われがちなのですが、クロス補聴器の場合は、聞こえる耳に音を転送する機器ですので、耳が治るまではいかずとも、状況を改善させることができます。

片耳が聞こえにくい事により、不自由を感じてらっしゃる方が多いため、私が知る限りの情報提供をしていきます。当てはまる方は、ご参考にしてみてください。

なお、こちらが当てはまるケースは、あくまでも耳鼻咽喉科にいき、耳の治療は残念ながらできないと言われた方が対象になります。耳を診てもらっていない方は、まずは、耳を見ていただきましょう。補聴器は、基本的に現在の医療技術で耳を改善できない人が使うもので、治療ができる方は、治療で治していきます。

片耳が全く聞こえないケースは、クロス補聴器で補う

片耳のみ全く聞こえない場合、一般的な補聴器では、効果が薄いため、クロス補聴器と呼ばれる特殊な補聴器で聞こえを補っていきます。

こちらがクロス補聴器。こちら以外にも様々な形がある。

こちらがクロス補聴器。こちら以外にも様々な形がある。

クロス補聴器とは、このような補聴器です。一般的な補聴器と形状が同じなのですが、仕組みが異なります。片方は、補聴器で、もう片方は、音を送るための送信機になります。

送信機側を聞こえない耳に装用し、聞こえる耳には、補聴器を装用します。このようにする事で、聞こえない耳にくる音を聞こえる耳に常時転送してくれるようになります。

クロスの聞こえのイメージ。聞こえにくい耳に装用したクロスが、聞こえる耳に装用した補聴器に常時、音を転送してくれる。

クロスの聞こえのイメージ。聞こえにくい耳に装用したクロスが、聞こえる耳に装用した補聴器に常時、音を転送してくれる。

イメージとしては、このようになります。聞こえにくい耳に装用したクロスとよばれる送信機が、常時、聞こえる耳に音を転送してくれることにより、片耳で、聞こえる側の音、聞こえない側の音、この2つの音をきくことができます。それが、クロス補聴器です。

聞こえる耳につける補聴器は、このような加工をする。それにより、聞こえる耳側も聞こえるようにする。

聞こえる耳につける補聴器は、このような加工をする。それにより、聞こえる耳側も聞こえるようにする。

「聞こえる耳側は、本当に聞こえるの?」と疑問がわく方もいるかと思いますが、上記のように耳せんに穴を開けることで、聞こえる耳側は、耳を塞がないようにします。塞がないことにより、聞こえる耳側の音も入りますし、聞こえない耳側の音は、転送されてくるため、そのままきくことができます。

このような仕組みがクロス補聴器です。

クロス補聴器ができた経緯

クロス補聴器は、一般的な補聴器では、聞こえを補うのに限度があったからこそ、できた機器です。

一般的な補聴器は、聞こえにくい耳に装用して聞こえを補います。しかし、この方法の場合、聴力、あるいは、音声の理解力と呼ばれる要素により、大きく効果が分かれます。

ムンプス難聴の方の場合は、聴力低下した耳が大きく聴力が下がることが多く、なかなかそのまま補聴器を装用して、聞こえを補うということは、していませんでした。聴力が下がると下がるほど、補聴器で得られる効果も薄くなってしまうためです。

補聴器は、実は、聴力によって目指せる聞こえ改善値が異なる。あまりにも聴力低下しすぎた耳は、聞こえにくさは、改善しづらくなる。

補聴器は、実は、聴力によって目指せる聞こえ改善値が異なる。あまりにも聴力低下しすぎた耳は、聞こえにくさは、改善しづらくなる。

例えば、上記のような聴力だった場合、聞こえにくい右耳に補聴器を装用して得られる効果は、▲の位置くらいです。では、補聴器を装用して、聞こえにくさを改善させる場合、目指したい数値はというと

聞こえを十分に改善させたい場合は、この辺りまで改善させたいところ。しかし、この辺りまで改善できるのは、実は、軽度難聴〜中等度難聴、そして、一部の高度難聴のみである。

聞こえを十分に改善させたい場合は、この辺りまで改善させたいところ。しかし、この辺りまで改善できるのは、実は、軽度難聴〜中等度難聴、そして、一部の高度難聴のみである。

このようになります。数値で言えば、30〜40dBです。聞こえにくい耳に補聴器を装用することで、聞こえにくさが改善できるか。という意味であれば、少しは、音を感じるようになるかもしれませんが、音声の理解や内容の理解は、かなり難しい状況となります。

補聴器で聞こえを補える現状を理解した上で、片耳難聴の方を改善させる場合、どのようにしたら良いか。そこを考えてつくられたのがクロス補聴器になります。聞こえない耳で理解するのではなく、聞こえる耳で音を理解すれば良いのではないか。と、発想を転換させました。

日本では、そこまでメジャーではありませんが、海外ではちゃんと扱われている補聴器になります。

クロス補聴器の効果

クロス補聴器は、確かに聞こえの改善をしてくれる機器ではありますが、残念ながら耳を治すということはできません。できること、できないことがあります。

クロス補聴器でできること

クロス補聴器を装用することにより、変わることは

  • 聞こえにくい側から話されてもわかりやすくなる
  • 騒がしい中でもある程度、理解しやすくなる
  • 複数の方々との会話の際、理解しやすくなる

の3つです。まず、片耳のみ難聴の方の場合、主な状況としては

  1. 聞こえにくい側からの音、音声がわかりにくい
  2. 騒がしい中での会話がわかりにくい
  3. 複数の方とお話しする際、聞こえにくい側に居られるとわかりにくい
  4. 音の方向感覚がわかりにくい

の4つがあります。このうち、1~3までは、改善ができます。

片耳難聴の方の特徴は、静かな中であれば、ほとんど影響はありませんが、騒がしくなると途端に聞こえにくくなることです。騒がしい環境下、例えば、飲食店の中や車の通りが多い道路、会社の中で人が多いフロアにいる時など、人や騒音が多い環境下では、特にそれを感じやすくなります。

それらの聞きにくさを改善させてくれるのが、クロス補聴器です。騒がしい場所でのお話の場合、周囲のうるささにより、少々、効果が異なるのですが、

  • 交通量の多い道での会話
  • 人が多いところでの会話
  • 居酒屋さんでの会話
  • 騒がしい飲食店での会話
  • 車の中での会話
  • 電車の中での会話

この内、電車の中、厳密には、地下鉄の電車の中での会話以外は、クロス補聴器を装用することで、聞こえにくさを改善できるケースが多いです。

ここからは、クロス補聴器をご購入になったお客様からお伺いしたお話ですが、少し騒がしい程度の場所、例えば、少し人がいる飲食店や人が多い場所、会場、職場(一般的なオフィスでの会話。飲食店などかなり騒がしいところを除く)での聞きにくさは、6~8割ほど聞こえを改善できるケースが多く、かなり騒がしい環境下の居酒屋の場合は、5~7割くらい聞こえにくさを改善できると伺っています。

実際には、騒がしい環境下というよりもお話する人の声質、例えば、騒がしい環境下でもボソボソお話する人や声が小さい方は、厳しいのですが、それなりにしっかりお話する方は、聞きやすくなるとのことでした。

静かなところは、あまり聞こえにくさを感じませんので、その部分に関しては、変わりはないのですが、少し騒がしい程度で、今までお話の理解力40~60%くらいの環境下が、60~80%に。騒がしすぎて今まで0~40%の理解だった環境下が、50~70%ほどわかりやすくなる。というように変化するとのことです。

残念ながら耳が治るというところまでいかず、かつ聞きにくい時もあるのですが、今現在、聞こえにくい状況のいくらかを改善してくれる。それがクロス補聴器です。

クロス補聴器でもできないこと

それは、残りの

  • 音の方向感覚を理解すること

になります。片耳のみ聞こえにくい場合、音の方向感覚が理解しづらい状況です。そのため、大きな音がした際、ご自身だけ、人と違う方向を向いたりすることがあるのですが、それは、改善することができません。

音の方向を理解するには、2つの耳で音をきく必要があるため、どうしてもこの部分は、改善ができない状態になります。

逆に言えば、この部分以外は、改善できる。それがクロス補聴器です。

お客様への販売例

こちらでは、あくまでも当店で販売したお客様への販売例を載せていきます。どの方も試聴からはじめ、ご自身で欲しいと思った方のみに販売しました。その方々が補聴器を装用し、どのように感じたのか、参考にしてみてください。

ケース1、ムンプス難聴により、右耳が聞こえにくい方

お客様の状況としては

  • 名前:K・Mさん
  • 性別:男性
  • 年齢:20代
  • 聴力:左耳は、正常。右耳は、重度難聴
  • 病状:ムンプス難聴
  • 備考:小さいころ、医師にかかったが、治療できず。

になります。

実際のお客様の聴力。右耳は、日常生活上、ほとんど何も聞こえない耳になる。

実際のお客様の聴力。右耳は、日常生活上、ほとんど何も聞こえない耳になる。

聴力としては、このようになります。おたふく風邪によるムンプス難聴と5歳の頃に診断され、それ以降、片耳のみ聞こえにくい状態の方でした。

学生の頃は、聞こえにくくてもそのままにしてよかったものが、徐々にそうもいかなくなってきたことにより、改善できるなら、改善したい。そのため、当店へご相談に来られました。

上記の聴力から、クロス補聴器に関する説明を行い、試聴。その後、相談を重ねた結果、クロス補聴器があることにより

  • 聞きにくい側からの会話が聞きやすくなる
  • 騒がしい中では、ある方が聞きやすい

という評価でした。あることにより、聞きやすくなるとのことで、ご購入となりました。

ご本人様から、実際の評価に関してお伺いしてみたところ、上記のような状態でした。

補聴器を使うと聞こえるようになる反面、様々な音が入ります。要所では、使用いただいていますが、これから、どんどん使いこなしていってほしいですね。

ケース2、左耳が聞こえにくい方

厳密には、ムンプス難聴ではないのですが、聴力の傾向がムンプス難聴と似たようなケースですので、ご紹介します。

お客様の状況としては

  • 名前:M・Tさん
  • 性別:女性
  • 年齢:40代
  • 聴力:右耳は、正常。左耳は、重度難聴
  • 病状:原因不明
  • 備考:小さいころ、医師にかかったが、治療できず。

となります。

実際のお客様の聴力。左側がほぼ何も聞こえない耳になる。

実際のお客様の聴力。左側がほぼ何も聞こえない耳になる。

聴力に関しては、このようになります。小学校入学時、健康診断に引っかかり、詳しく検査。のち、左耳のみ全く聞こえない状態であることが判明しました。治療も試みるものの、治らず、原因も不明で、聞こえにくいまま過ごすことになった方です。

職業は、パテシエで、職場の関係上、業務用機器などから大きな音がするため、聞こえにくい側に人が来られることはもちろん、片耳が聞こえにくいことにより、常時聞きにくさを感じている状況でした。飲食店関係やオフィスなどの事務所でも一部屋50人とかいるケース(常に騒がしい環境下にいる方)は、常時、聞こえにくさを感じている方が多いように感じます。

以前から、その状況を改善させようと成人した後もご自身のみで耳鼻咽喉科を訪ねたりしましたが、治療することはできず、そのため、当店へご相談に来られました。クロス補聴器にて、聞こえにくさが改善できるなら、考えたい。とご相談いただきました。

補聴器や耳に関してお話をしつつ、クロス補聴器を実際に試聴いただいたところ、効果に関しては

  • 今まで車の中では聞きにくかったが会話しやすくなった
  • 騒がしい店で聞きにくい側からの音が聞こえるようになった
  • 聞き返す回数も減り、顔が明るくなった

との評価でした。

3については、ご自身ではなく周囲の方から言われたことで、騒がしいところや普段、耳に集中することが多かったため、なかなか気が抜けない状況だったようです。それが、聞きやすくなることにより、リラックスでき、その結果、表情も少しずつ明るくなったのだとか。M・Tさんも精神的に楽になるということをおっしゃっていました。

実際にご購入いただいた際に改めて、クロスに関して評価していただいたのですが、

とのことでした。今まで感じていたことの不自由なところがいくつか改善でき、何よりです。

ケース3、右耳が聞こえにくい方

こちらに関しても厳密には、ムンプス難聴ではないのですが、聴力の傾向がムンプス難聴と似たようなケースですので、ご紹介します。

お客様の状況としては

  • 名前:W・Fさん
  • 性別:男性
  • 年齢:30代
  • 聴力:左耳は、正常。右耳は、重度難聴
  • 病状:突発性難聴により、聴力低下
  • 備考:H28年に発症。治療を試みたものの改善できず

となります。

実際のお客様の聴力。右側がほとんど何も聞こえない耳になる。

実際のお客様の聴力。右側がほとんど何も聞こえない耳になる。

聴力に関しては、このようになります。

H28年1月に急に聞こえにくくなり、耳鼻科で診てもらったところ、耳の症状に関しては、突発性難聴との診断。そのため、治療のために薬を飲んだり、通院することになるのですが、残念ながら聴力に関しては、改善されず、そのまま過ごす事となりました。

聴力低下した後は、特に仕事において困ることが増えてしまい、その状況を改善したいとのご相談をいただき、承ることになりました。

補聴器や耳に関して一通りお話をしつつ、クロス補聴器を実際に試聴いただいたところ、効果に関しては

  • 騒がしい飲食店の中でも聞こえることが増えた
  • 聞こえにくい側に人がいてもわかるようになった
  • 職場が少々騒がしくても楽に聞こえるようになった

との評価でした。

クロス補聴器があることにより、仕事の際は、意思疎通がしやすくなったり、呼ばれた際に判りやすくなり、今までちょっとしたことに気がつかないことがあったのですが、それらにも気がつくようになったとのことでした。

補聴器があることにより、仕事の面では、楽になることから、クロス補聴器をご購入になりました。

実際にご購入いただいた際に改めて、クロスに関して評価していただいたのですが、

co-e-f-w-03

とのことでした。今まで感じていたことの不自由なところがいくつか改善でき、何よりです。

ムンプス難聴を補聴器で改善させることのまとめ

今回、ムンプス難聴によって聞きにくさを感じている方、向けに状況の改善に関してまとめてみました。

内容としては、主に片耳のみ難聴の方になるのですが、耳が治療によって改善されず、かつ、もう片耳が重度難聴くらいに(全く音が聞こえないレベル)まで低下している場合は、今現在の技術では、クロス補聴器というもので、いくらか聞こえにくさを改善できます。

クロス補聴器の販売や片耳難聴の方々を対応して感じるのは、クロス補聴器を装用することにより、精神的に楽になる方が多い、ということでした。

特に女性に多い傾向があり、片耳が聞こえにくいと、そちらを意識して、席や場所などを考慮しなければならないのですが、それに関していちいち悩まされなくなったり、耳に神経を集中させてきくということが少なくなり、精神的負担は楽になった。という声をよくいただきます。

それだけ日々の生活で負担やストレスを感じていることの裏返しではあるかと思いますが、クロスには、聞こえをよくするだけではなく、このような効果もあります。

もし、聞こえにくさ、不自由を感じているのであれば、まずは、試聴や試してみることをお勧めします。それにより、ご自身のお悩みが改善できれば、それは良いことです。

こちらがムンプス難聴によって聞こえにくさを感じている方々にとって参考になる内容であれば、幸いです。

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとの相談、無料です

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。ご相談や補聴器の試聴に関しては、無料で承っております。当店の特徴は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!