補聴器を守るために知っておきたい影響を受ける機器


補聴器を使用する上で、注意点がいくつかあります。

補聴器は、周囲の磁場や電磁波に影響を受ける性質を持っており、外さなければ補聴器が壊れるところも存在します。

今回は、補聴器をはずす場所、はずさない場所に加え、特定の条件下になるとノイズがするなど、特殊な例をあげていきます。

外さないと壊れるところは、その間だけでも補聴器を外しましょう。これらの内容で、より補聴器に関する理解が深まれば幸いです。

補聴器が影響を受けるもの

補聴器は、とある特定の電子機器に影響を受けます。

代表的な例は

  • MRI
  • 防犯ゲート

この二点です。

これらの共通点は、磁場を発生させるものです。磁場が発生するものは、補聴器に誤作動を与えたり、ノイズが鳴ったりします。上記のもの以外にも、磁場を発生させるものは、補聴器に影響を与えます。それ以外には、金属探知機でも反応します。

補聴器を外した方がいいもの

MRIは、特に強力な電磁波を発生させる機器で、外さないと補聴器がMRI機器にくっついてしまい、取れなくなってしまいますので、外す事を覚えておきましょう。

また、検査の際は、必ず補聴器を使用している事を伝えた上で外しましょう。補聴器の事を伝えるのを忘れた場合、壊されたとしても自己責任です。

そして、補聴器を外した後、聞こえにくくなりますので、補聴器を使用していることは伝えておいた方が無難です。技師の方の指示がわかりづらくなってしまいます。

その他、空港で検査する金属探知機のゲートをくぐる場合も補聴器を使用していることを申し出ましょう。補聴器は、金属探知機にも反応します。

誤解を避けるためにも補聴器を装用している事を伝えておいた方が無難です。必要があれば、外してくぐることになります。

補聴器をはずさなくていいもの

検査類は、X線を使用するレントゲンは外す必要はありません。ただ、レントゲン撮影は、技師の指示を聞くことが多いので、補聴器を使用していることを伝えておいた方が無難です。

場所によっては、かなり離れたところから指示を出すケースがあり、聞き取りにくくなる可能性があります。

その他、補聴器に影響を与えるもの

お店にある防犯ゲートです。万引き防止システム、通称EASと呼ばれるものです。目に見える位置にある場合もあれば、建物の中に隠されている事もあります。

小さいお店は、目に見える位置にありますが、大きいデパートの場合、見える位置にはおかず、どこかに埋め込んでいるところがあります。

これらに使われるシステムは様々ですが、磁場を発生させるものがあります。システムに近づくと、ブーンと蚊が耳元で飛んでいるような音がします。すぐ近くでしか反応しないものから、広範囲で反応するものまで様々です。

重要なのは、これは故障ではないという事です。私の補聴器もノイズがしますが、全く気にしていません。仕様だと思い、使っていきましょう。

あとがき

補聴器が影響を受ける機器について記載してみました。MRIは、補聴器が壊れますので、必ず外しましょう。それ以外は、機器を扱っている人に質問するクセを付けておきましょう。そうすれば、滅多なことで、後の祭りにはなりません。

最近は、技術が進化してきたせいか、色々なものが出てくる様になりました。中には、上記のように補聴器に影響を及ぼすものもあります。今後も影響を及ぼすものが出てきそうです。しかし、聞くクセをつけておけば、大半の事は防げるようになります。

今後、もし補聴器にとって危ない機器が合った場合は、随時お知らせしていきます。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:外出時、補聴器を外す方は、補聴器ケースを持ち歩こう

リンク:補聴器を守る汗カバー、使用上の注意

リンク:夏場における補聴器注意事項、大切な補聴器を守ろう

リンク:意外と知られていない補聴器メンテナンスのメリット