小型耳かけ形補聴器RICがお勧めな人と形状によるメリット、デメリット


今現在、多く流通しつつあるのが、このRIC(リック)補聴器です。小型で、カラフルなものが多く、デザインに優れた補聴器とあり、人受けが良いのが、この補聴器の特徴です。では、この補聴器は、どのような補聴器なのでしょうか。

こちらの補聴器がお勧めな方から形状によるメリット、デメリットに関して、載せていきます。

結論

お勧めできる方の結論を記載しますと

  • ①カラフルな補聴器が良い方
  • ②こもり、響きを感じやすい方
  • ③軽度〜一部重度難聴の方

になります。

①カラフルな補聴器が良い方

こちらは、言い方を変えますと、人の目が気になる方やおしゃれな補聴器が良い方にお勧めです。小型でかつ、デザインに富んでいますので、おしゃれなものが多くなっています。カラーも多い傾向があり、デザイン重視になっているのが特徴です。

②こもり、響きを感じやすい方

補聴器を装用すると、耳が塞がった感覚、また、自分の声がこもるような低い音で響くような感覚が出ます。このような感覚が出やすい方は、RIC補聴器がお勧めです。この補聴器は、この感覚を軽減する事が容易であり、楽に調整ができます。

やりすぎると効果がない補聴器になってしまうのですが、こちらが気になる方には、お勧めです。

③軽度〜一部重度難聴の方

補聴器には、全て対応する聴力があります。RICの場合は、軽度難聴〜高度難聴、一部重度難聴までです。対応できない重度難聴の方もいらっしゃいますので、その点は、お気をつけください。

逆に言いますと、それ以外の方には、対応できる補聴器となります。

RIC補聴器の特徴

RIC補聴器とは、耳かけ形補聴器の一種です。

ric-type2

イヤホンと補聴器本体が分かれているのが大きな特徴で、イヤホンの部分が細い線で繋がっています。この部分を取り替える事で、より出力の大きいイヤホンに変えたりする事もできます。

RIC補聴器の特徴としては

  • 聴力:軽度〜一部重度難聴
  • 特徴:カラフル、デザインを意識した補聴器が多い
  • 金額:通常の耳かけ形と同様
  • 備考:お勧めしない人がいる

となります。

RIC補聴器は、カラフルなもの、デザインを意識した補聴器が多いのは事実ですが、補聴器の特性としては、耳あな形の利点、欠点+耳かけ形の利点、欠点になりますので、どちらかというと欠点が目立ちがちな補聴器です。

RIC補聴器の利点

こちらは

  • カラフルなものが多い
  • こもりを軽減しやすい

があります。こちらは、先に結論に述べた内容通りです。

RIC補聴器の欠点

こちらは

  • 保持が弱い
  • 一部の方々にお勧めできない
  • 故障しやすい
  • 補聴器の操作がしづらい

の四つがあります。

保持が弱い

この補聴器は、細いワイヤーでしか繋がれていない事、そして耳の中の装用感覚を良くするために、あまり塞がないようにしている事、これらのせいか、耳にしっかりと保持する力が弱く、補聴器が動きやすい、心もとない感覚があります。

耳の型を採取して、専用の耳せんを作る事も可能なのですが、それでも他の補聴器に比べると保持は弱い傾向があります。

一部の方々にお勧めできない

こちらの補聴器は、イヤホンがそのまま耳の中に入ります。そのため

  • 耳垢が多い
  • 耳垢が湿性
  • 耳垂れが出る

など当てはまる内容があると、耳の中に入るイヤホンが故障しやすくなったり、音がでなくなったりします。これらに当てはまる場合は、音が聞こえなくなりやすくなりますので、お勧めできません。

また、耳の中の曲がりがキツい方は、イヤホンを入れるのが難しくなりますので、そのような方も合いません。

故障しやすい

この補聴器は、耳かけ形の故障原因と耳あな形の故障原因+ワイヤーによる故障原因と壊れる要素が多い補聴器です。そのため、他の補聴器よりも故障する率が高くなります。

耳かけ形で多いのは、汗による本体の故障です。 補聴器を置く部分は、汗の流れ道となり、多くの汗が流れます。補聴器本体に汗が行きやすく、どうしてもダメージを受けやすくなります。これにより壊れやすくなります。

耳あな形で多いのは、イヤホンの故障です。ちょうど上記にあるような耳ですと耳の中に入るイヤホンが壊れやすくなりますので、これによる故障が多くなります。

そして、ワイヤーで繋がれていますので、何かの拍子にワイヤーの中の線が切れると音が出なくなります。

このように故障する要素が多いため、故障のしやすさがあります。

補聴器の操作がしづらい

補聴器の操作ですが、特に耳に装用するのが難しい傾向があります。本体を耳にかけ、イヤホンを耳の中に入れた後、最後にヒゲのようなものを耳に入れるのですが、うまく入らなかったり、変に入ったりする事が初めは多くなります。

練習すれば入りやすくなるのですが、初めは難しく、かつどの補聴器よりも難しい傾向があります。

RIC補聴器のまとめ

こちらの補聴器がお勧めできる方は、欠点を承諾し

  • ①カラフルな補聴器が良い方
  • ②こもり、響きを感じやすい方
  • ③軽度〜一部重度難聴の方

に当てはまる方です。そして、欠点が気になったり、お勧めできない内容の一部にひっかかる場合は、通常の耳かけ形の方が活用しやすくなります。

こちらの内容で、より良い補聴器が選べるようになれば幸いです。