2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

聞こえに左右差がある場合に有効な補聴器の合わせ方

Pocket

camera-1030956_640

左右の聴力に差がある耳の補聴器選択はどのように考えるのでしょうか。ここでは、私自身が考えていたことを記載していきます。聴力に差があるパターンは、意外に多く、悩みやすいケースです。どれが正解……というのはありません。調整方法、補聴器の選択方法を知ることは、自身の引き出しを多くする事ができます。結果として、補聴器選択に余裕ができれば、この上ありません。

考えるポイントは、聴力によって変化します。こちらの内容が調整に少しでも役立てば、幸いです。

では、見ていきましょう。※基本、両耳装用を基準に考えていきます。

左右聴力差のパターン

聴力に差があるオージオグラム(聴力図)を見るとだいたい二つにわかれます。

audiogram 6

一つは、左右とも同じ聞こえの傾向があり、片耳側がより聞こえにくい場合。(上記の図)

audiogram 7

もう一つは、左右とも関連性がない聞こえの方。左右共に、聞こえやすいところがあれば、聞こえにくいところもあるパターンです。(上記参照)

これらは、聞こえている感覚が異なるため、どちらの傾向があるか、確認する必要があります。同じ聞こえの傾向があるパターンは意外に多く、左右とも関連性がないパターンは少なくなります。

聴力差が生じるケースは、中耳炎や突発性難聴などの病気が関わっている場合があれば、原因不明の場合もあります。病気を確認するのも重要なポイントです。

左右とも似た聞こえの傾向があるパターンの思考

基本的に普段の両耳装用と同じ考えです。

出力が足りるなら同じ補聴器を使用し、調整していきます。足りない場合は、同じような機種で、高出力型と標準型を選択すれば問題ありません。ほとんどの補聴器には、標準型と高出力型があります。

聴力の開きの程度に左右されますが、10~15dBほどの開きなら合うケースが多くなります。ただし、聞き取りが似ていても難聴になった原因、病気等が異なる場合もありますので、人により左右されます。

左右とも関連性がないパターンの思考

考え方が分かれるところです。私が考えていた方法は、左右とも個々の耳として捉える事です。左右とも、異なる聞こえをしているのであれば、個別に合わせれば良いという考えになります。

同機種で合うならそれでも構わないのですが、聴力の程度によっては、全く違う機種同士を耳に装用する事も考える必要があります。補聴器の場合、機種、メーカーにより様々な違いがあります。音の出力範囲、調整方法、各種抑制機能の働き方。こういった事がありますので、両耳に装用する場合は、同じ補聴器が良いとされています。

しかし、左右がここまで違うと同じ補聴器では対応ができないこともあります。その場合は、異なる補聴器を検討して、耳に合わせていきます。ここまで聴力が異なれば、同じ補聴器でも、左右とも同じような聞こえにできません。であれば、異なる補聴器でもしっかりと聴力に合わせられる補聴器を選択する事が重要です。

異なる補聴器を装用するとどうなる?

私自身の体験ですが、19~22歳くらいまで、片耳widex社の補聴器、もう片耳はoticon社の補聴器を使用していました。私の聴力は、両耳とも同じなのに関わらず、左から感じるのは、低い音を強調した音、右から感じるのは、高い音を強調した音でした。今考えれば、とても信じられないような状態です。

しかし、当時は、補聴器の事も耳の事も知りませんでしたので、「そんなもんかな」という感じで使っていました。左右で聞こえ方が違うのが当たり前だと思うと意外に違和感を感じなかった事を今でも覚えています。

異なる音なのにそんな事がありえるのかと考える方もいらっしゃると思います。左右異なる補聴器を装用しても、その二つの音が混ざったような音で聞こえるので、違和感を感じません。人の体は、本当に不思議です。

装用した主観評価を聞いて「違和感は強くない」「補聴器は使用できる」など気にならないなら良いと考えられます。

二つの例に共通する注意点

聴力に差があるケースは、言葉の聞き取る力がどの程度あるかを調べる必要があります。この力が片耳50%以下なら、クロス補聴器を視野に入れます。個人的な判断基準は、聞こえにくい側の言葉の聞き取る力が50%以下の場合、クロス補聴器。ただし、両耳とも50%ぐらいでしたら、両耳に補聴器を装用します。

両耳とも活用できる耳なのか調べた上で、補聴器orバイクロス補聴器を選択肢します。その後、補聴器のフィッティングをしていきます。

注意したいのは、左右で聞こえの差があると音のバランスが取りにくくなる事です。左右とも同じような聞こえの傾向がある場合でも、聞こえにくい方は、補聴器で聞こえを補ったとしても聞こえにくいままであることが多くなります。

聞こえの反応が良い耳の反応値に聞こえにくい側を合わせると、かえってうるさく感じすぎたり、ノイズにしか感じなかったりする場合があります。少しずつ音をあげて良い方の反応値に近づけつつ、様子を見るのが大切です。同じぐらいの聞こえにするとかえって聞き取りづらくなるなら音量を落す事も必要です。

なお、両耳効果を出すには、音場効果測定にて、両耳の反応値の差が15dB以内にする必要があります。これを超えてしまうと音が頭を回り込み、反対側でも音をキャッチしてしまいます。結果、両耳効果も得られませんし、音の方向感を得る事も難しくなります。反応値に近づけられるか、近づけられないかでも補聴器両耳かクロス補聴器かの選択が分かれます。

また、補聴器を両耳装用した時の聞こえとクロス補聴器を使用した聞こえを比較できれば、お客さん(患者さん)にとって良い選択ができるようになります。

クロス補聴器、バイクロス補聴器については、こちらをどうぞ

リンク:片耳が聞こえない方、誰でも対応。クロス補聴器を理解する5つの要素

リンク:片耳がより聞こえにくい方にお勧めなバイクロス補聴器

クロス補聴器、バイクロス補聴器、どちらが良いかは、通常の補聴器で合わせた後、クロス、バイクロス補聴器を試してみるのが良いでしょう。このようにできれば、適切な補聴器対応ができるようになります。

あとがき

たまにこのような症例に遭遇する事があります。経験が少ない頃は、本当に苦労しました。判断基準、どうやれば良いのか、全くわからなかったからです。そこで学んだのは、できる限りの事をする。ただそれだけでした。これだけ聞こえの差があると、音の感覚を整えるのは、難しくなります。音を整えすぎると今まで感じていた音の感覚を壊すことにもなりますので、かえって受け入れられない事も考えられます。

100% を目指すのではなく、どこが聞こえやすく、うるさくない程度に使用できるかのポイントを探る事と、その方の聞こえの価値観がどのようなものなのか汲み取っていく事が大切です。

左右差がある聞こえの期間が長いと、左右差があること自体、当たり前と思っている事もあります。患者さん、お客さんの価値観に沿って考えてく事がうまくいくカギになります。

これらの内容がお役に立てば、幸いです。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:初めて補聴器を装用する時における使用時間について

リンク:補聴器の効果を出すために知っておきたい四つの事

リンク:補聴器の機能の一つ、自動プログラムはお勧めできる機能

リンク:補聴器の性能の一つ、抑制機能を理解する三つの事

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム