2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

耳の各器官の役割から難聴の基礎を理解しよう

Pocket

squirrel-493793_640

耳の聞こえが低下する原因は、どんなものがあるのでしょうか。難聴には、様々な種類が存在するため、難聴によって原因は異なります。

しかし、基本的な種類は、感音性難聴(かんおんせいなんちょう)、伝音性難聴(でんおんせいなんちょう)、混合性難聴(こんごうせいなんちょう)の三つです。これらを覚えておくことで、どこに原因があり、どんな改善方法があるか理解しやすくなります。

これらは、耳のどこに原因が発生するかで、症状が異なります。今回は耳の仕組み、役割を記載しつつ、それぞれの難聴の原因と改善方法を見ていきましょう。

難聴の基本

難聴には、感音性難聴、老人性難聴、突発性難聴など、様々な種類が存在しています。しかし、基本は、感音性難聴と伝音性難聴の二つを覚えれば、問題ありません。

難聴の種類

全ての難聴は、感音性or伝音性に分かれる

難聴をツリー状にすると、上記の図のようになります。どの難聴も感音性難聴か伝音性難聴かに分かれます。混合性難聴は、感音性難聴の難聴と伝音性難聴の難聴が発症した時に診断される難聴です。これらの難聴は、耳のどの部分に難聴が起こるかで分類されています。

耳の役割

耳には色々な器官が存在します。感音性難聴や伝音性難聴は、この器官のどこに障害が発生したかで決まります。

hear-kaibou

耳には、それぞれ

  • 外耳(がいじ)
  • 中耳(ちゅうじ)
  • 内耳(ないじ)

の三つに分類されます。これらのどこに障害が起こるかで発症する症状が異なります。言い換えれば、伝音性難聴、感音性難聴は、この三つの内、どこかに障害が起こったことにより、発症する難聴です。それを言い換えて○○に障害が起こったから伝音性難聴、○○に障害が起こったから感音性難聴と表現します。こちらを理解すると伝音性難聴、感音性難聴がどのような難聴なのかも自ずと見えてきます。

外耳の役割

外耳は、私達が耳だと言っている部分です(耳介、じかいと読みます)。外耳は、この部分から耳の穴の中までで、鼓膜の手前までを指します。

耳介は、周囲の音を集める働きをします。まるで前の音を受け止めるような形状になっているのは、

  • 前方の音をより理解するため
  • 音を聞こえやすくするようにするため

この二つがあります。人は、お話しする際、前方を向いてお話しするため、基本は、前方の音をより拾うように耳も設計されています。前方からの音を受け止めるような形状になっているおかげで、耳がない状態よりも約3〜6dBほど大きく聞こえるようになっています。そして、耳が聞こえにくい方が耳の横に手を添えると、さらに6dB大きくなり、よく聞こえるようにもなります。

また、耳介は色々な形をしています。この形は、音の方向感を得るためにそのような形状になっています。この部分を粘土で埋めるとどのようになるか……という実験が昔あり、左右はなんとかわかるものの上と下の音は理解できない……という結果がでました。この事から、耳介は、様々な音の方向感を得るためにもある事がわかりました。

耳の穴の中も、音を大きくする仕組みがあります。外耳道と呼ばれるこの道は、ある特定の音が共鳴して大きく聞こえるようになります。こんなところにも音を聞きやすくする仕組みはあります。

耳介にも外耳道にも音を大きくする仕組みがあります。この点を覚えておきましょう。

中耳の役割

中耳は、鼓膜から内耳の手前までを言います。ここには、鼓膜と耳小骨があり、この二つを連動させる事により、外耳道を通ってきた音をさらに大きくして内耳に伝えることができます。

鼓膜が薄いのは(鼓膜の薄さは0.1mm)、薄い皮のほうがよく振動するため、結果的に音が耳に伝わりやすくなるからです。この部分が硬化したりすると鼓膜の働きが悪くなってしまい、聞こえにくくなります。

耳小骨は、鼓膜から伝わってきた音を内耳に伝える役割があります。こちらも動きが硬化してくると100に大きくする音が80くらいしか大きくできなかったりします。

こちらは、鼓膜、耳小骨、どちらか、あるいは両方とも損傷すると音がうまく大きくならず、音が小さいまま内耳に伝わる事になります。

中耳も、音を大きくして内耳に伝える働きがあります。

内耳の役割

内耳は、蝸牛(かぎゅう)と呼ばれる部分から先を一般的に内耳と呼びます。内耳は、基本的に中耳から伝わってきた音を感知し、感知した音を脳に送る働きがあります。音は、耳で理解している感覚があるかもしれませんが、音は脳で理解しています。脳で理解するために、物理的な音ではなくある特定の信号に変換して脳に伝えています。これが内耳の働きです。

この部分に障害が起こると脳にうまく音が伝わらないため、

  • 音が小さい
  • 言葉がはっきりしない

といった事が起こります。これが内耳の働きです。

まとめ

外耳、中耳は、音を集めつつ、大きくしているのに対し、内耳はそれらの音をキャッチして、脳に送る働きがあります。ここまで記載してみると恐らく、どの部分に障害があるとどのような聞こえになるのかが想像できるのではないでしょうか?このように理解すると感音性難聴、伝音性難聴を理解しやすくなります。

音を聞く、音を理解する、この二つの違い

では感音性難聴、伝音性難聴の説明に……と行きたいところですが、音を聞く事と音を理解する事の違いを理解しなければなりません。普段どのように私達は、音を理解しているのでしょうか。ここを理解するとより、難聴の症状が明確化します。

上記の内耳の説明では、音は耳ではなく脳で理解している……と記載しました。これはどういう事かと言いますと、人が音を理解する過程には

  • 音が聞こえる事
  • 音を知っている事

この二つが必要になります。そして、音が聞こえた時に音を理解しているのではなく、聞こえた音と脳のデータベース(記憶)にあるデータが一致した時に、初めて音が理解できます。

例えば、セミが鳴く音は、セミの鳴く音が聞こえる事、そしてセミが鳴く音を理解していないと音を理解する事ができません。セミの鳴く音が聞こえなければ、気付く事ができませんし、セミの鳴く音が聞こえていてもセミの鳴く音を知らなければ「セミの鳴いている音」とは気が付きません。仮に知らなければ、「なんかうるさいな」「ミーンミーンと聞こえるこの音はいったい何なのだ?」と思うのが関の山でしょう。

このように音を理解するには、音が聞こえる事、そして音を覚えておく事が必要です。こちらで重要なのは、音は耳で理解しているのではなく、聞いた音が脳のデータベースと一致した音のみ理解できている事です。ここを理解するのが非常に重要です。

内耳の損傷は、このデータベースの一致に動作不良を起こします。内耳の役割は、中耳から伝わってきた音を受け止めてその音を変換し、脳に送ることです。しかし、受け取る際、受け取り漏れがあったりすれば、受け取った時のデータのまま、脳に送る事ができません。また、送る際、途中で何か障害があり、データの破損があれば、それもまた送った時のデータと異なるデータが脳に届く事になります。これもまた適切に理解する事ができません。内耳が損傷するとこのような障害が起こります。

そして、外耳、中耳は音を大きくしているだけですので、この部分に障害が起こったとしても音が小さく聞こえるだけです。こちらを理解すれば、外耳、中耳、内耳の損傷により、どのようになるかが、さらに理解できるようになります。

感音性難聴の特徴

感音性難聴は、内耳が損傷すると引き起こされます。内耳が損傷すると起こることは

  • 音が小さい
  • 言葉がはっきりしない

でしたね。感音性難聴に属するものは皆この症状が出ます。

感音性難聴を引き起こす病気

それらを引き起こす病状は、

  • 生まれつきの感音性難聴
  • 加齢による老人性難聴
  • 突発的に発症する突発性難聴
  • 若い女性に多い低音障害型感音難聴
  • 騒音の聞き過ぎでなる騒音性難聴
  • 内耳障害を引き起こすメニエール病
  • 爆発音などによる音響外傷
  • 薬品の副作用による薬剤性難聴
  • 言葉の聞き取りがより悪くなる後迷路性難聴

が当てはまります。

割合としては、加齢による老人性難聴か、生まれつきの難聴の方が多いです。生まれつき難聴の場合、原因がどこにあるか分かる事は稀です。ほとんどの方が原因不明です。

その他、よく伺うのは、突発性難聴です。こちらは、耳の中の内耳と呼ばれる器官の循環障害によるものか、ウイルス感染によるものという説がありますが、詳しいところは、よくわかっていません。

感音性難聴の発症は、内耳に何らかの障害が発生する事が原因です。そして、その原因の大半は不明のままです。原因が起こっている場所はわかっているのですが、何が原因でそうなってしまったのかは、わからない事が多いのです。

感音性難聴の病状は、全て内耳に影響を及ぼす病気です。そして各難聴により、個別の症状があるケースもありますが、感音性難聴の場合、音が小さく聞こえる事、言葉が聞きにくくなる事は、共通事項として存在します。

感音性難聴の聴力図

感音性難聴の診断は、聴力検査で出た内容によって決まります。
hearing2
上記の図は、オージオグラムと呼ばれるものです。耳の聞こえを検査した際、書き込む表です。表には、右側の気導聴力値と骨導聴力値が記載されています。この気導聴力値と骨導聴力値がほぼ同じところにある場合は、感音性難聴です。

なお、見方が不明な方は、こちらをご覧になるとわかるようになるでしょう。

リンク:オージオグラムの見方と検査数値から見る耳の聞こえにくさ

感音性難聴の注意

音が聞こえると理解するは、違う……と記載した欄では、言葉が聞き取りにくい理由に関して述べさせていただきました。では、内耳が損傷する感音性難聴は、常に言葉が聞きにくいかと言われればそんな事はありません。言葉が聞きにくい事があれば、ちゃんと聞き取れる事もあります。

この内容は、あくまでも耳の中の伝達がうまく行きにくくなると言うことであり、常に悪くなるわけではありません。私自身は、生まれつきの感音性難聴ですが、聞こえない時もあれば、聞こえる時もあります。難聴とは、そのようなものです。

伝音性難聴の特徴

外耳、中耳が何らかの障害を負うと伝音性難聴になります。症状としてはおさらいですが、音が小さく聞こえるようになるのみであり、言葉が聞き取りにくくなることはないとされています。※内耳は損傷していないためですね

伝音性難聴を引き起こす病気

伝音性難聴を引き起こすのは、

  • 耳に菌が入り中耳炎になった場合
  • 鼓膜に穴が空いてしまった場合
  • 耳小骨の動きが悪くなる耳硬化症
  • 耳管と呼ばれる部分の動作不良による耳管狭窄症
  • 耳垢詰まりによるもの

これらが当てはまります。

上記に上げたものの他に生まれつきなるものは、耳が小さい、耳の穴がない形状の小耳症など、奇形の症状もあります。しかし、上記の症状と比較すると非常に少なくなります。

どちらかというと中耳が何らかの状態になり、伝音性難聴を発している事が多いです。

伝音性難聴の聴力図

伝音性難聴の診断も聴力検査によってわかります。
hearing3
上記の図が、伝音性難聴の特徴です。骨導聴力値が0~15dBの範囲内にあり、気導聴力値との差がある場合は、伝音性難聴です。感音性難聴との違いは、骨導聴力値の位置です。この値が、正常の聞こえのラインである0dBに近い場合は、伝音性難聴になります。

混合性難聴

こちらは、感音性難聴の特徴と伝音性難聴の特徴を合わせた難聴です。

しかし、感音性難聴と同じく、神経系に異常があります。音をうまく伝達できず、言葉が聞き取りにくくなるのが特徴です。

混合性難聴になるケースは、少なく、感音性難聴のものと伝音性難聴のものそれぞれ一つ発症すればなります。

一番対象者が少ないのが、この混合性難聴です。

難聴の調べ方

このページをご覧になっている方は、難聴について知りたい方、もしくは、自分自身の聞こえの改善をお考えの方だと思います。ここで気になるのは、自分は「どの難聴なのか」という点ですね。原因がわかれば、対処法がわかるように、まずは原因を知ることが大切です。

しかし、自分自身で、どの難聴かを判断することはできません。上記に、聴力図を載せてみましたが、それはあくまでも聴力を検査した結果であり、どんな原因で「伝音性難聴、または感音性難聴になってしまったか」がわかりません。

患者さんが最も求めているのは、病気、病状の改善です。治療をするには、まず原因を知らなければ、治療のしようがありません。この原因は、医師が直接診察(問診)すること、オージオグラムを見ることで、初めてわかります。

それぞれの難聴の解決方法

では、感音性難聴、伝音性難聴、混合性難聴は、どのように解決していけば良いのでしょうか。大まかではありますが、こちらでは、主にそれぞれの解決方法について記載していきます。

感音性難聴

感音性難聴の場合、多くは補聴器を装用して聞き取りを改善していきます。耳の神経系に障害があるため、薬や手術、治療で治すことができません。上記に上げた中で治す手段があるのは、突発性難聴と低音障害難聴の二つです。こちらの場合は、点滴や薬の処方により、治療が可能です。どちらも早期治療が重要な難聴です。

しかし、それ以外のケースでは、現在の医療技術で治療する事ができません。そのため、補聴器を装用して、聞こえを補っていくのが大半です。

伝音性難聴

伝音性難聴の場合、手術による治療か、補聴器を装用する事によって聞こえを良くします。

手術による治療は、実に多く、上記の中に上げた症状は、手術による治療法があります。しかし、全ての方が手術をするわけではありません。耳の状況により、手術できなかったり、手術しても思ったように聞こえが見込めない場合は、あえて手術をしないケースがあります。その場合は、補聴器を装用します。

耳の神経系に問題がないことから、補聴器の効果を感じやすい難聴でもあります。

伝音性難聴の方は、手術、補聴器が主な改善方法です。

混合性難聴

混合性難聴の場合、感音性の難聴と伝音性の難聴の二つが合わさっているため、ケースにより様々です。伝音性難聴の部分が治療できるなら、治療を行ったうえ補聴器を装用することもあれば、そのまま補聴器を装用するケースもあります。どちらにしても行き着く先は、補聴器になります。伝音性の部分が治療できたとしても、感音性の部分は、治療ができないからですね。

そのため、混合性難聴は、補聴器を装用して、聞こえを改善していきます。

あとがき

様々な難聴に関する原因と対応について記載してみました。

基本的には、どの難聴も感音性難聴、伝音性難聴のいずれかに当てはまります。○○難聴は、感音性なのか、伝音性なのかが理解できれば、対応しやすくなります。感音性なら感音性の対応、伝音性なら伝音性の対応とすべきことは決まっています。難聴に関しては、対応方法が多くありません。三種類のどれに当てはまるかで見た方がわかりやすく、対応もしやすくなります。

また、上記にも記載致しましたが、どの難聴なのかは、自分自身ではわかりません。耳の聞こえが低下しているように感じたら早めに耳鼻咽喉科を受診しましょう。

受診する事によって、治る場合もあれば、治療方法がないため、補聴器を勧められる事もあります。

何らかの対応は必ずしてくださいますので、耳の事で気になった場合は、早めに耳鼻咽喉科を受診しましょう。それが最もご自身のためになります。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:オージオグラムの見方と検査数値から見る耳の聞こえにくさ

リンク:難聴の方は、聴力検査のデータを必ず保管しておこう

リンク:デジタル補聴器の概要とできるようになった事

リンク:「補聴器の音が不自然」は、どうして起こるのだろうか

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム