2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

難聴治る、耳鳴り治るの情報商材詐欺にご用心

Pocket

辛かった耳鳴りが治る!あれほど、医者に「治らない」と言われた難聴が治る!という謳い文句があります。

いわゆる情報商材というものです。特徴として、縦に非常に長い文章で稼げる、治る、モテる、など人の欲求、悩みにつけ込むビジネスです。

それらは、ほぼ詐欺と言われています。

驚くべき事に、この世界にも情報商材はあります。今回は、これらについて考えていきます。

治る系の情報商材

私が見たものは、耳鳴りと難聴です。どれとは言いませんが、検索するとすぐに出てくるのでわかると思います。

これらの特徴は、冒頭の通りです。縦に長いページで、商品や製作者の境遇などの説明を行い、最後に商品購入の手続きが記載されているものです。

金額は、だいぶ高めに設定されています。

そのため、一部良心的な人もいるようですが、大半が悪質な詐欺商材を販売する方々です。文章の特徴は、「こんな風になったらどう思いますか?」と問題を提示させ、「患者さんのために、凄く勉強しました!」と同情を誘い、「そういった過程で生み出されたものです」と専門的な説明するものです。

最後には「全ての人を治したい」という様な内容で勧めるのが、情報商材の特徴です。

医療系の情報商材の場合、専門用語が並ぶ事により、「詳しい先生」のように見えます。その言葉の意味を知っている人なら、言っている内容が矛盾していることに気付きます。しかし、知らない人は気が付きません。

症状を改善したいと思っている方は、病気を治す方法を探しているだけです。詳しく病気の事を掌握している人は少ないように思います。

その結果、購入してしまうことも考えられます。耳鳴りも難聴も、現在の医療では一部の症状を除いて治療が難しいです。

各医療のエキスパートが長年研究を続けてらっしゃいますが、未だ有効な手段がありません。

治るをどう見るか

個人的に思ったのがこれです。

治るというのは、病気や怪我などがなくなって元のようになることを指します。これは、言葉そのものの意味を捉えた場合です。

しかし、日本語の中には、病気の症状が少し和らぐだけでも、「治った」あるいは「良くなった」と表現することがあります。

これであれば、確かに情報商材系を購入したとしても、「治った」と言える可能性はあります。

また、購入後に思うように治らなくクレームを入れたとしても「でも、やる前より治ったんですよね?良くなったんですよね?」と言われれば、それまでです。

日本語は曖昧なので、この言葉の意味の「治る」なのかもわかりません。

この「治る」というものをどう捉えるかにもよります。

情報商材の言葉を本気で信じてみる

情報商材の言葉を信じてみると意外な矛盾点があることに気が付きます。

ある情報商材では、少しでも多くの人が苦痛から解放される事を望みます、と記載されていました。

これが難聴、耳鳴りを治す画期的な技術だったと仮定した場合、とある矛盾が起こります。

それは、世の中にその技術が広がった方が、圧倒的に多くの方が幸せになります。

医学会に論文を出し、検証した結果を載せれば、多くの医師達に読まれます。その後、多くの病院で効果が実証されれば、その技術が取り入れられるでしょう。

その技術は、やがて全国の患者さんの苦痛を和らげることになります。個人で行うのと全国で行うのでは、どちらが患者さんを助ける事に繋がるでしょうか。

どう考えても全国でしょう。

技術が本物なら、それこそ全国で取り入れられるベきではないでしょうか。それがこの国のためにもなります。情報商材で売る金額より、多額の金額が入ってくるでしょうし、信頼までついてきます。

このように、「仮に本当だったらどんな事が起こりうるだろうか」という視点を持つと本当かウソかを見分けやすくなります。

ウソだろう、本当だろうと考えてしまうと、それらに直結した情報しか入ってこなくなるため、思考が極端になりやすくなります。

何かを仮定して考えるとわかりやすくなります。

あとがき

最近、情報詐欺商材が増えてきました。気軽に稼げる、モテる、治る。これらは、悪質なケースが大半ですので、注意が必要です。

難聴や耳鳴りも治る社会になれば、このようなものはなくなります。しかし、当分は先になりそうです。

何か気になるものがあったら様々な「仮定」をしてみましょう。

そうすると、ウソなら矛盾したことが起こりますし、起こるべきことが起こっていない事に気が付きます。

騙されないぞ!と思うより、物事を良く考える方が騙されにくいような気がします。

こういったものには、近づかないようにしましょう。

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム