2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

誰でも可能。片耳難聴で全く聞こえない耳を補聴器で改善させる方法

Pocket

girl-984155_640

結論から記載しますと、片耳のみ聞こえにくいケースでは、クロス補聴器とよばれる少々特殊な機器を装用して、聞こえを改善していきます。こちらは、聞こえにくい耳に来た音を聞こえる耳に転送する機器で、聞こえにくい耳に音を入れて補う補聴器ではありません。

聴力低下が大きいと補聴器で聞こえにくい耳を補っても、ほとんど効果は出ません。そのため、聞こえにくい耳に来る音を聞こえる耳に転送して改善させるという手法が出てきました。

生まれつき片耳のみ難聴の方や片耳難聴になり、治らない方など、聞こえにくい事でお悩みの方が多くいらっしゃるため、聞こえを改善させる方法を提供していきます。今感じているお悩みが少しでも改善できれば幸いです。

なお、こちらは、耳鼻咽喉科に行ったけれども、治療はできないと言われた方が対象となります。聞きにくくなって耳鼻咽喉科に行ったことがない方は、まずは耳鼻科を訪ね、耳が治るのか、治らないのかを確認しましょう。耳が治れば、このような機器をつける以上に聞こえは良くなります。

クロス補聴器とは

クロス補聴器とは、聞こえない耳側にくる音を聞こえる耳に転送する機器です。

クロス補聴器が適合する代表的な例。

クロス補聴器が適合する代表的な例。聞こえにくい側を補聴器で補う事ができない聴力なため、クロス補聴器で改善させる。

主にこのような聴力の方が対象です。こちらの聴力の特徴は、聞こえにくい耳に補聴器を装用しても、聞こえがほとんど改善できないことです。補聴器は、ある程度、聴力により改善できる幅が決められており、残念ながらここまで聞こえが低下してしまうと、聞こえにくい耳を補うことができません。

聞こえにくい耳に来た音を聞こえる耳に転送するのがクロス補聴器の仕組み

聞こえにくい耳に来た音を聞こえる耳に転送するのがクロス補聴器。聞こえを補うイメージとしては、このようになる

聞こえにくい耳を直接補うことができないなら、聞こえる耳に転送したらどうか。そのような発想で生まれたのがクロスになります。

基本的にクロス補聴器は、拾った音を一般的な補聴器に転送する機器

基本的にクロス補聴器は、拾った音を一般的な補聴器に転送する機器※耳かけ形のクロス

聞こえにくい耳には、クロスという送信機をつけ、聞こえる耳には、補聴器を装用することで、聞こえにくい耳に来る音を聞こえる耳に転送して聞きます。このようにすることで、現状をより改善させることができます。

穴を大きく空ける事で、聞こえる耳側の音は、そのまま入るようになっている

穴を大きく空ける事で、聞こえる耳側の音は、そのまま入るようになっている※写真は、耳かけ形のクロス

クロス補聴器のポイントは、聞こえる耳につける補聴器にあり、上記の写真のように耳せんに穴を空けています。これは、耳の穴を塞がないようにすることで、聞こえる耳側の音が聞こえにくくならないようにしています。

クロス補聴器は、片耳で両方の音を聞く機器。聞こえる耳につける補聴器は耳を塞がないようにする必要がある。

クロス補聴器は、片耳で両方の音を聞く機器。聞こえる耳につける補聴器は耳を塞がないようにする必要がある。

聞こえる耳側の音は、そのままの耳で聞き、聞こえにくい側の音は、音を転送して聞く。このように、2つの音を一つの耳で聞くのが、クロスとなります。

片耳のみ非常に聞こえにくくなると補聴器の効果はないと医師から言われることが多いのですが、こちらは、聞こえにくい耳に音を入れるわけではありませんので、現状の聞きにくさを改善させやすくなります。

クロス補聴器の効果

クロス補聴器は、確かに聞こえを改善させてくれる機器ではあるのですが、残念ながら改善できないこともあります。こちらでは、

  • 改善できるところ
  • 改善できないところ

の2つに関して記載していきます。

なお、厳密には、クロスには、耳にかけるタイプ、耳の中に入れるタイプなどがあり、その形状によっても効果が異なります。

クロス補聴器の主なみ合わせ。左から、両耳耳かけ形、耳あなクロス、耳かけ補聴器のセット、両耳耳あな形の全部で、3つがある。

クロス補聴器の主なみ合わせ。左から、両耳耳かけ形のセット。耳あなクロス、耳かけ補聴器のセット。両耳耳あな形のセット。の全部で、3つがある。どうせなら聞こえるものを選びたいところ。

以下に記載するものは、耳かけと書かれていた場合、一番左にある両耳、耳かけ形のセットのみを表し、耳あな形と書かれていた場合、中央のセット及び、両耳とも耳あな形のセットの効果となります。その点にご注意ください。クロスは、形状により、効果が異なります。

改善できるところ

改善できるところとしては

  • 聞きにくい側からくる音、声がわかりやすくなる
  • 騒がしい環境下で声が理解しやすくなる
  • 複数の方とのお話もわかりやすくなる

の3つがあります。

まず、片耳のみ聞こえにくい方の症状をまとめてみますと

  1. 聞きにくい側からくる音、声がわからないことがある
  2. 騒がしい中では、聞きにくい側にいる人が何を言っているのかわからない
  3. 複数の方とのお話は、聞きにくい側にいる人の話がわからない
  4. 音の方向感覚がわからない

の4つがあります。このうち、①〜③については、改善させることができます。

片耳のみ難聴の場合、主に聞きにくい側からくる音、声に気がつかないことがあり、特に困りやすいのは、騒がしい環境下でお話することです。周囲が騒がしいと聞きにくい側にいる人の声は、ほとんどわからないという声をよく聞きます。

また、仕事場の環境下でよくあるのは、周囲が少々騒がしいところですと、聞きにくい側にいる人のお話がたとえすぐ隣だったとしてもわからないことです。

このような場面で、聴きやすくすしてくれるのが、クロス補聴器です。騒がしい環境下の場合、クロスの形状により、効果が異なるのですが、そのシチュエーションをまとめてみますと

  • 少々騒がしい事務所(仕事場)
  • 飲食店、レストランの店内
  • 交通量の多い道路
  • 人通りが多い道路
  • 人が多く騒がしい会場
  • ショッピング街
  • 電車の車内(地上線)
  • 電車の車内(地下鉄)
  • 居酒屋、騒々しい飲食店
  • 車の中(一般道路&ガソリン車)
  • 車の中(高速道路&ガソリン車)

主にこれらのものがあります。このうち、耳あなのクロスの場合、電車の車内(地下鉄)以外は、概ね改善できます。しかし、耳かけのクロスの場合、

  • 居酒屋、騒々しい飲食店
  • 人が多く騒がしい会場
  • 車の中(両方)
  • 電車の中(両方)
  • 一部交通量の多い道路

も難しい傾向が出ます。

幾つか、聞きにくいところや聞こえの改善が難しいところは出てくるのですが、クロス補聴器を装用すると、これらの場面で、聞こえを改善させることができます。

改善できないところ

こちらは、残りの

  • 音の方向感覚は、理解しにくい

になります。

音の方向は、2つの耳で音を聞くことにより、理解していますので、2つの音を一つの耳で聞くクロスでは、理論上、理解することができません。稀にクロスから聞こえて来る音と耳で聞く音が異なるため、その音の差でどちらから聞こえているのかを判断している方もいるのですが、どれほど正確かは、わかりませんので、なんとも言えません。

基本的にこちらは、改善が難しくなります。

効果のまとめ

クロス補聴器を装用することにより、聴きやすくなるところもあれば、残念ながら改善しないところもあります。それがクロスです。

聞きやすくなる声の方は、ある程度、はっきり話したり、しっかりお話する方となります。このような方は、改善しやすくなるのですが、騒がしい中でもボソボソ話したり、声に抑揚がなかったりすると、改善しにくくなります。もっとも正常に聞こえている人でも聞き返すレベルの方の場合は、どうしても聞きにくさを感じがちです。

あくまでもクロス補聴器を考える場合だが、形状に気をつけよう。理由は、よくわかっていないが、形状により、効果が大きく異なる。

あくまでもクロス補聴器を考える場合だが、組み合わせに気をつけよう。理由は、よくわかっていないが、組み合わせにより、効果が大きく異なる。

クロス補聴器には、上記の写真の通り、いくつか組み合わせがあります。お客さんに試聴を繰り返してわかったことは、クロス側を耳あな形にする方が聞こえが良いことでした。クロス補聴器をご購入になった方からは「耳かけ形のクロスは、体感改善度2〜3割ほどだが、耳あな形のクロスは、体感改善度7〜8割ぐらい。全然効果が違う」とおっしゃっている方もいました。

様々な方に試していただいた結果ではありますが、

  • 音を拾える距離(より遠くの音も拾いやすい)
  • 騒がしいところでのお話の理解度
  • 複数の人とのお話の理解度

これらの部分では、耳あな形の方が改善できる傾向があります。特に騒がしいところでのお話の理解度は、耳あな形の方がより良くなる方が大半でした。

それでも聞きにくいところは出てくるのですが、聞こえの効果に関しては、耳あな形の方が高いことが、試聴を繰り返してわかってきたことになります。

実際に購入になった方の例

当店では、実際に片耳のみ聞こえにくい方に販売した症例がいくつかありますので、載せていきます。お客さんより記載の許可を頂けた分を、そのまま載せていきます。

  • 片耳のみ聞こえにくい方の症例〜その1〜
  • 片耳のみ聞こえにくい方の症例〜その2〜
  • 片耳のみ聞こえにくい方の症例〜その3〜

この3つに関してご参考にしてみてください。

片耳のみ聞こえにくい方の症例〜その1〜

実際にご購入になったお客様の状況に関して記載しますと

  • 名前:W・Fさん
  • 年齢:30代
  • 性別:男性
  • 症状:突発性難聴により右耳の聴力が低下
  • 改善:耳あな形のクロス補聴器で聞きにくさを改善
  • 備考:耳鼻咽喉科で突発性難聴の治療をしたものの改善せず

と、なります。突発性難聴とは、急に片耳のみが聞こえにくくなる典型的な症状です。浜崎あゆみさんやスガシカオさんなどがなったことで、有名な症状でもあります。聴力に関しては、

実際に当店で測定した聴力。右耳は、ほぼ何も聞こえない状態となる。

実際に当店で測定した聴力。右耳は、ほぼ何も聞こえない状態となる。

当店で測定した限り、このような状況でした。左耳は、正常で聞こえ、右耳が重度の聴覚障害となり、ほぼ何も聞こえない状態となります。

こちらの方の状況ですが、2016年に突発性難聴になり、耳鼻咽喉科のもとで治療を受けていたのですが、残念ながら聴力は改善しませんでした。

片耳が聞こえにくくなったことで、仕事で聞きにくさを感じるようになり、当店へご相談にこられました。より詳しい内容を伺いますと、主に職場で聞きにくさを感じており、呼ばれた際に気がつかなかったり、言われた内容が伝わっておらず、ちょっとしたコミュニケーション難が出てしまい、皆に迷惑をかけてしまう事があるとの事でした。少しでも改善できるのであれば、補聴器の購入を考えたいと相談いただきました。

実際の対応に関しては、はじめに状況をお伺いし、聞こえの改善度を優先されましたので、耳あな形のクロスを提案。しかし、耳あな形のクロスの場合、耳の型を採取して、その人専用のものをお作りするオーダーメイド式なため、初めは、気軽に試聴できる耳かけ形のクロスで、どのようなものかを体験いただきました。

両方とも耳かけ形を使用したタイプ。試聴が気軽にできることがメリットだが、それ以外に取り柄がない。

両方とも耳かけ形を使用したタイプ。試聴が気軽にできることがメリット。

その際の補聴器は、このようなものです。こちらを試聴後、音が聞こえる感覚に関して、ご理解いただけましたので、実際に購入予定のものを試聴することになります。

実際に選択された形状は、補聴器が耳かけ、クロスが耳あな。効果が高いのは、クロス側を耳あなにすることであり、いくつか選択肢がある。こちらは、その中の一つになる。

実際に選択された形状は、補聴器が耳かけ、クロスが耳あな。効果が高いのは、クロス側を耳あなにすることであり、いくつか選択肢がある。こちらは、その中の一つになる。

ご相談を重ね、最終的には、こちらの形状に決定しました。最終チェックのため、貸出してみますと、耳かけと比較し

  • 拾える音の範囲
  • 騒がしいところでの話の理解度

の2つに関しては、こちらの方が良いとの評価でした。

耳かけのクロスと耳あなのクロスを試してみてお客さんがおっしゃっていたのは、音を拾う範囲が異なるとの事でした。耳あな形のクロスは、離れたところからの音もキャッチしやすく、会議の際でも明らかに耳あな形のクロスにすると聞きやすくなったとのことでした。そして、今まで耳かけ形のクロスだったら、気が付かなかったであろう音も気が付くようになり「こちらの方がいい」とのことでした。

耳あな形のクロスを試していただき、今現在感じている聞きにくさがいくつか改善できましたので、そのままご購入になりました。その後、実際にご購入になって、どうだったのか、素直にお客様に伺ってみました。結果

co-e-f-w-03

と評価いただけました。こちらとしても聞きにくいところで改善でき、何よりです。

片耳のみ聞こえにくい方の症例〜その2〜

こちらの方に関しては、

  • 名前:M・Tさん
  • 年齢:40代
  • 性別:女性
  • 症状:幼少の頃、左耳の聴力が低下(重度)
  • 改善:耳あな形のクロス補聴器で聞きにくさを改善

となります。

M・Tさんは、幼少の頃、何らかの原因により、左耳が聞こえにくくなった方です。発覚したのは、小学校の頃で、気がついたら聞こえにくい状態だったとのことでした。その際、耳鼻咽喉科に行きましたが、治療するすべはなく、聞こえにくいまま40年間過ごされました。

実際のお客様の聴力。左耳がほぼ聞こえない状態となる。

実際のお客様の聴力。左耳がほぼ聞こえない状態となる。

聴力としては、このようになります。左耳がほぼ何も聞こえない状態です。

片耳が聞こえにくい状態でお困りだったのは

co-e-m-t01

とのことでした。職場は、騒がしい環境下であるため、周りの人の声が聞こえないことが多々あり、それらの改善のため、当店にご相談に来られました。

実際の対応に関しては、はじめに状況をお伺いし、聞こえの改善度を優先されましたので、ケース1と同じく、耳あな形のクロスを提案しました。

お店での対応は、まず耳かけ形のクロスをその場で体験いただきました。すると、聞こえやすくなっている感覚がわかり、補聴器あり、なしで聞こえの変化が見られましたので、クロスの聞こえを日常生活上で体験いただくため、耳かけ形のクロスを貸出しました。

幾日か試聴した結果ですが、

  • 車の中でも会話ができるようになった
  • 少し騒がしい程度なら聞きやすくなる
  • 聞き返しが減った

など、耳かけ形のクロスでも聞こえの変化がみられました。そのため、本格的に補聴器の形状選択をしていくことになりました。

何度か相談し、最終的には、ケース1と同じく

実際に選択されたのは、この形状。聞こえの効果と耳への快適性を重視しやすく、お勧めできる形状の一つ。

実際に選択されたのは、この形状。聞こえの効果と耳への快適性を重視しやすく、お勧めできる形状の一つ。

こちらのタイプを選択。こちらのタイプに変更した結果

  • 職場の騒がしい感覚が気にならず、かつ聞こえが改善された
  • 飲食店で聞こえない側に来られても会話ができることが増えた

と、今までの耳かけクロスより、聞きやすくなったとのことでした。

補聴器あり、なしで比較したところ、聞きやすくなったところが多くなったため、そのままご購入となりました。

ご購入後、改めてクロス補聴器を使用した評価をしていただいたところ

co-e-t-m03

とのことでした。今現在、主に仕事場で使用されており、肌に離さず使用されています。

片耳のみ聞こえにくい方の症例〜その3〜

こちらの方の状況に関しては、以下のようになります。

  • 名前:M・Yさん
  • 年齢:20代
  • 性別:男性
  • 症状:10歳の頃、急に左耳の聴力が低下(重度)
  • 改善:耳あな形のクロス補聴器で聞きにくさを改善

となります。こちらの方も、2のケースと同様、小さい頃に片耳が聴力低下した方です。小学校の頃、急に左耳が聞こえにくくなり、耳鼻咽喉科を受診するものの、原因不明で、かつ改善不能とのことで、そのまま過ごすこととなりました。

こちらの方も左側が聞こえない。この聴力は、ほとんどどころか何も聞こえない状態となる。

こちらの方も左側が聞こえない。この聴力は、ほとんどどころか何も聞こえない状態となる。

聴力としては、このようになり、左側がほぼ何も聞こえない状態となります。聴力検査をすると鼓膜がブルブル震える感覚しか感じない状態です。

片耳が聞こえにくい事でお困りだったのは

co-e-y-m-01

とのことでした。普段は、そこまで困ることは、ないようですが、アルバイトの時だったり、騒がしい環境下では、聞きにくさを感じている状態でした。ちょうど、これから就職先で働くこともあり、聞こえにくさを本格的に改善させるため、当店にご相談に来られました。

実際の対応に関しては、ケース2と同じく、はじめに状況をお伺いし、聞こえの改善度を優先されましたので、ケース1、2のように、耳あな形のクロスを提案。

お店での対応は、耳かけ形のクロスをその場で体験いただき、きこえの変化を感じていただけましたので、日常生活上や職場で使っていただくことになりました。

幾日か試聴した結果ですが、耳かけ形のクロスでは、聞こえるようになっている感覚はわかるものの、そこまで良くなっているとは感じず、効果に関しても良くわからない状態でした。

耳かけクロスでは、あまり効果が出なかったため、こちらをあえて製作。今現在は、耳あなクロスのデモ機器があるため、そちらで試聴している。

耳かけクロスでは、あまり効果が出なかったため、こちらをあえて製作。今現在は、耳あなクロスのデモ機器があるため、そちらで試聴している。

そのため、実際に上記のタイプをあえて製作し、試してみることにしました。すると

  • 職場で騒がしい環境下でも聞こえるところが増えた
  • 聞きにくい側から来る音がわかるようになった
  • 聞き返しが減り、楽になった

と、今までの耳かけクロスより、断然聞きやすくなったとのことでした。大きかったのは、今までだったら聞こえなかっただろうな……と感じる騒がしい環境下でも聞こえることが増え、ご自身としても喜んでいました。補聴器なしの状態よりも聞きやすくなったため、そのままご購入となりました。

ご購入後にクロスの評価をしていただいたところ

co-e-y-m-03

とのことでした。実際に職場でもクロスがある状態とない状態は、ある方が良く、安心もできるとのことで、今現在では、仕事中に常につけ、活用されています。

聞きにくいところがあれば試してみよう

片耳が聞こえにくいことでお悩みな方や聞こえにくさを改善したいとお考えの方は、クロス補聴器に関して、試してみてはいかがでしょうか。片耳のみ聞こえにくい状態であり、かつ聞こえる耳は、正常な方が対象ですが、今現在の状況をより良くさせることができます。

もちろん、クロス補聴器を装用することで耳が治るわけではありませんので、聞きにくいところは、いくつか出てきます。しかし、クロス補聴器を装用してみて、どのようなものなのか、聞こえにくさがどのくらい改善するのか、こちらを感じてみて、お考えになることをお勧めします。片耳のみ聞こえにくくても聞こえに困っていなければ試す必要はありません。

もし、試聴を希望する場合は、事前にクロス補聴器をあつかっているかを確認しましょう。クロス補聴器は、特殊な補聴器になりますので、置いていないところもありますし、貸出中であることもあります。あるかどうかを確認した後に伺えば、二度手間も防げます。

なお、当店では、クロス補聴器の試聴やご相談も承っています。そして、実際にお困りの職場や場所、日常生活上で試せるようにクロス補聴器の貸出も行っています。

聞こえにくさによりお悩みであったり、聞こえを改善させたい場合は、お気軽にお問い合わせください。現状を改善させるお手伝いをさせていただきます。

こちらの内容が聞こえを改善させるヒントになれば幸いです。

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム