難聴の販売員はメリット、デメリット、どちらが多い?


難聴の補聴器販売員は、メリット、デメリットどちらを多く感じるのでしょうか。私自身、補聴器の販売員をやっていました。そこで感じたのは、メリットよりデメリットの方が多いような……と感じています。

では、難聴の方が補聴器販売員になることによるメリット、デメリットには、どのような事があるのでしょうか。こちらに加え、障害についても考えていきます。

考えられること

考えられることとして、こちらでは、

  • メリット
  • デメリット

を記載していきます。どんな事にもメリットがあれば、デメリットもあります。

メリット

メリットとしては何があるのでしょうか、個人的には、良く言われる「お客さんの気持ちがわかる」、信用を得やすい、この二点が考えられます。

お客さんの気持ちがわかる?

販売員の頃、よく言われたのが「お客さんのお気持ちがわかって良いですね」や「気持ちがわかるのは大事だよ」なんて言われることが多くありました。健聴の方から見ると難聴の販売員は、「お客さんの気持ちが分かりやすい」というメリットがあるようです。

健聴の販売員の方から聞いたお話では「難聴者の気持ちは難聴者にしかわからない」と言われたこともあるそうです。どのようないきさつでこのような流れに発展したかは不明ですが、難聴者自身もそのように考えている方がいるのも事実なのでしょう。

信用を得やすい

私自身が感じているメリットは、お客さんから信用を得やすいということです。他の方には話しづらいことも進んで話してくれる方もおり、何かと気を許しやすい存在なのかもしれません。

話しづらいことを話してくれるのは、私に取っては非常に良いことでした。話しづらいことほど、困っていることが多く、それを解決できたらすごく良いだろうと考えていたからです。全てが満足行く程、解決できる事は非常に少ないですが、現在の状況より少しでも改善できれば、補聴器販売員としても冥利に尽きます。

デメリット

デメリットとしては、

  • 補聴器の音の確認が難しい
  • 話しが困難な場合がある

この二点です。どうしても聞きにくさによる弊害は出てしまうのが難点になります。

補聴器の音の確認の難しさ

難聴の程度にもよりますが、補聴器の音は確認しづらくなります。私の場合は、中等度の難聴ですので、軽度難聴のお客さんの補聴器は、自分の耳で音の劣化、音質の変化を感じ取ることができません。このケースの場合、耳で分かるのは、変な音(ノイズ)がしていないか、音が途切れないか、この二点のみです。

そのため、補聴器の音を確認する場合は、補聴器の音を調べられる測定器を使って調べていました。測定器を使えば、以前測定した内容と変化がないか、音の劣化がないかを調べることができます。これは、軽度の方だけでなく、重度の方でも同様です。

測定器で調べる事は、耳の聞こえが低下してなくても重要です。デジタル補聴器になってから、細かな音の調整ができるようになってきています。むしろ測定器で調べなければ、音の劣化、変化を見つける事ができません。そういった意味では、この件に関して難聴であることは、あまり関係がないのかもしれません。

話しが困難なケース

こちらも難聴、お客さんも難聴だとお話がスムーズに行かないことがあります。こちらも難聴ですので、お客さんのお話が分かりづらかったり、お客さんも恐らく私のお話がわかりにくかった時もあったと思います。

聞きにくい者同士が話すと会話がうまく行かないこともあります。どうしても難聴の性質上、ここは避けて通れない問題です。

私自身が聞きにくいのは、改善するのが難しく、場合によっては、素直に聞き返して聞いていました。

お客さんが聞きづらいケースでは、パソコンのメモ帳を開き、文字を大きくして目で確認できるようにしていました。パソコンの画面に文字を映すことで、目で確認する方法をとりました。こうすると非常に伝わりやすくなり、コミュニケーションもうまくいきやすくなります。

こちらは、捉えようによっては、相手の状況が理解できるからこそ、そのような手段を取れるとも捉えられますね。私自身が聞きづらいケースでは、私自身の根本的な問題です。

ここは、何とも難しい問題です。

気になる事

さて、ここで気になる事があります。上記のメリットに「お客さんの気持ちがわかる」というものがあります。しかし、私はそう考えていません。

それには、難聴の種類や経緯、環境が影響します。これら全てが異なる方々が感じ取っている価値観は、はたして同じなのでしょうか。個人的には非常に疑問です。

価値観が異なれば、物事を受け取る印象は異なります。価値観が違うというのは、自分と異なる思考をしている人がいるということです。はたしてその方を理解することは可能なのでしょうか。

難聴の種類や経緯による違い

私を含めて、難聴になってしまった方の難聴の種類、経緯は全く異なります。仮に同じ難聴であったとしても、聞こえの程度が異なれば、不自由度も異なります。生まれつき難聴の方もいれば、初めは健聴だったけれども何らかのことが起こり難聴になった場合も考えられます。それぞれの難聴の種類と経緯が異なれば、その方が思っている価値観が同じとは、個人的には思えません。

細かく出してみますと、軽度の聴力障害と重度の聴力障害の方の価値観は、果たして同じなのでしょうか。申し訳ない例ですが、聞こえのみの比較でしたら、恐らく重度の聴力障害の方が障害に関して重く捉えていると考えられます。

生まれつき難聴の方と途中から難聴になった方の難聴の捉え方は、同じでしょうか。個人的には、同じように思えません。

このように、難聴の種類、経緯だけでも非常に分かれます。

環境による違い

難聴はコミュニケーション障害と呼ばれています。文字のごとくコミュニケーションが取りづらくなる障害です。

難聴は、自分自身の力だけで解決することが難しい障害です。どんなに良い補聴器を装用したとしても全て聞き取れるようにはなりません。ここで、周りの方の協力が必要になってきます。

周りの方に協力を適切に得られていたり、得られやすいのであれば、難聴であることはあまり悩む事ではないのかもしれません。しかし、協力を得られない、得にくい場合は、対人問題が浮上しやすくなります。

これは、周りの環境によっても難聴に対する価値観や障害度が変わると言えます。周りから協力を得やすい方は、難聴の事で悩まないとは言いませんが、少ない可能性はあります。しかし、協力を得にくい方は、難聴による生活のしづらさを感じている可能性が非常に高くなります。

この二点は、どれだけ周りから難聴に対して理解されているか、そして協力をいただけるかで変わります。

難聴者の環境によっても、難聴の捉え方は180度変わります。

難聴レベルと環境レベルの関係

難聴レベルと環境レベルは、どちらが重要なのでしょうか。この場合、難聴レベルとは、聞こえの重さを示しています。環境レベルは、どれだけ周囲に難聴が理解されているかを示しています。

こちらの答えははっきりしており、環境レベルの方が重要です。

どんなに聴力が重くても周囲が理解してくれる環境であれば、生活しやすくなります。反対に、どんなに聴力が軽くても、難聴により誤解が発生しやすい環境であれば、息苦しさを感じてしまいます。

難聴レベルだけでは、障害レベルを推し量る事ができません。

環境と価値観から考えられる事

上記のことから考えられる事としては、難聴である者同士だとしても、難聴の種類、難聴になった経緯、現在の自分の状況により、難聴に対する価値観は変わるということです。

では、価値観がこれほどまでに異なるのに対し、その方の事を「理解できる」と表現して良いのでしょうか。個人的には、そのようには思いません。

お客さんには、お客さんの難聴の種類、難聴になった経緯、自身の状況、そして難聴になった事による体験があります。これは私も同様であり、私には、私の難聴の種類、難聴になった経緯、自身の状況、そして難聴になった事による体験があります。

聞き取りにくいという問題を抱えている同士ではありますが、その方自身を理解する事はできないのではないかと考えています。

そのため、私は、お客さんに対し「お気持ちは理解できます」とは、一度も言った事はありません。

全ては、難聴の種類、経緯、環境から難聴に対する価値観が異なると考えているからです。お客さんが信用してくださるのは大変ありがたいのですが、どんなに理解しようとしても心底の部分まで理解するのは、限りなく難しいことだと考えています。

それには、自分自身が同じ体験をした事がない、本当の意味でのお客さんの立場になった事がない、その環境の中で生活した事がないからとも言えます。

この経験には、難聴者同士体験したものもあれば、体験していないものも含まれます。

自分自身が体験した事がない事が含まれる以上、そう軽々しく「理解できる」とは言えないと私は考えています。

それにより、お客さんの気持ちを理解できるというのはメリットではありません。

話しやすくなる理由とは

「そんなメリットは、存在していない」と書くと「ではなぜ、話しやすくなるのか」そんな疑問が残ります。それは、共通点があるからです。難聴という共通点は、わかりやすい共通点です。

しかし、共通点は、難聴だけしかないわけではなりません。趣味が同じ、住んでいる地域が同じ、生まれが同じなど、様々なところにあります。

人は共通点があるとそこから話しが弾み、仲良くなったり、お友達になりやすくなります。今、周囲にいる方は、何かしらの共通点があるからではないでしょうか。

これらの共通点が見つかりやすいのは、メリットといえるかもしれませんね。もちろんこれは、難聴ではないの方も見つけることができるものです。

つまり、気持ちが理解できる点がメリットなのではなく、共通点が見つかりやすい点が本当のメリットとなります。

あとがき

日々、思っていることを記載してみました。難聴である販売員は非常に少ないので何かと重宝されやすいように感じています。

上記の文では分かりにくくなってしまいましたが、まとめますとメリットは、共通点を見つけやすい事、それにより信用を得やすい事、デメリットは、お客さんとのお話で不自由を感じる可能性がある事です。これは、どちらも難聴である事のメリット、デメリットと言えます。

そのため、難聴の方が販売員になることの善し悪しは、どちらとも言えないと考えています。恐らくほとんど関係ないのでしょう。

また、お客さんを理解できる点に関しては、誤解されることが多くありましたので、あえて記載してみました。あくまでも、こちらは私が考えている事です。人には色々な考え方があって良いでしょう。自分なりにこのような事に関し、考えてみるのも悪くないと思います。