フォナック社よりロジャーフォーカス登場


補聴器メーカーフォナック社より、Roger Focusが登場しました。FM機器でいうアイセンス・マイクロのRogerバージョンです。

触った事がありませんので、概要のみまとめていきます。

なお、この内容は、FM機器のお話が出てきます。FM機器に関して知っておくとより理解しやすくなるでしょう。

リンク:難聴児の聞こえを改善させるFM機器、Rogerとは

それでは、見ていきましょう。

レシーバ内蔵型受信機?

この機器は、特殊な機器です。補聴器メーカー、フォナックジャパンの紹介ページには、レシーバ内蔵型受信機と記載されています。この機器は、あくまでもRoger通信機の一種であり、送信機からの音しか聞こえないようにしている補聴器の形をした受信機になります。

この形式の受信機が出たのは、FM機器の頃です。FM機器の頃は、冒頭で出てきたアイセンス・マイクロという名前でした。この受信機は、主にFMの音声を確認するために作られた受信機となります。

本来、FM機器の音を確認する場合は、補聴器を通して、聞く必要がありました。しかし、補聴器は聞こえにくい方に合わせた調整になっているため、日常生活で聞く音よりも過大な音が出るようになっています。健聴の方がそのまま聞いてしまうと耳を痛める可能性があるため、変わりにFMの音声だけ確認できる機器を製作したのが始まりです。

FM機器の音声が確認できるものがあれば、耳を痛める心配もありません。子ども達が使うFM機器がしっかりと動作しているのが確認できれば、使用する人も安心できます。この機器が出た当初は、そんな印象の機器でした。

しかし、このFM送信機から送られてくる音のみが聞こえるというところに目をつけ、現在は様々な子ども達に使用されています。

この機器の対象者

主に、距離が離れると聞きにくい、騒がしい中で聞きにくい、この二つのどちらかが当てはまる方が対象です。

聞こえには、問題がない場合でも、離れると聞きにくかったり、騒がしいと聞きにくい、といったケースは、この受信機と話し手に送信機を持ってもらう事で、聞こえを改善させる事ができます。

条件として、近くで話せば理解できるという事が必要です。

この機器は、送信機に話した音声が受信機に直接伝わる仕組みになっています。耳にかけられるトランシーバーだとイメージするとわかりやすいかもしれません。

メーカーのWebサイトには、一側性難聴の方、ASD(自閉症スペクトラム)など記載されていますが、上記の条件を満たしていれば、どの方でも対象になります。

FM機器とRoger通信機器

上記では、アイセンス・マイクロという言葉が出てきました。この機器は、旧型通信機器FMで使用するタイプです。次世代の通信機、Rogerで使用できるのが今回発表になったRoger Focueです。

使い方、仕様は、同じです。しかし、性能が異なります。この違いは、FM機器とRoger機器との違いになります。

FM機器とRogerを比較するとRogerの方が安定感があります。音声を伝える安定感があるため、聞こえる音声にノイズが入ったり、音質が劣化する事が少なくなります。

自分自身でRogerを使用してみて感じたのは、この点が優れていると感じました。送信できる距離、バッテリーの持ちは変わらないように思います。

FMの方が良い点は、今のところ見つかりません。値段もRoger Focusの方が安いですし、聞こえやすさも上です。

FM機器は、その内消えていく定めですので、そういった意味でもRoger Rocusの方が良いでしょう。

経験から考える事

私自身この機器を販売した事があります。厳密には、FM機器版であるアイセンス・マイクロになります。

小学校に通う児童で、騒がしい教室内だと聞きにくいと言っていた子でした。当時、アイセンス・マイクロを試聴した時、先生の声が非常に聞きやすくなったと言っていたのを良く覚えています。

その子が通う小学校の先生も協力的だった事もあり、使用できる環境が整っている事も大きな要因です。そのおかげで、アイセンス・マイクロの効果を発揮し、その子の聞こえを補う事ができるようになりました。現在でも、その子は、この機器を使用しています。

聞きにくい環境だと聞き漏らさないように集中している事が多くあります。しかし、この機器を装用するとその心配がないせいか、とても疲れなくなっているようにも思えました。私自身も難聴であるため、ここは良くわかる気がします。

FM機器、Roger機器に共通する最大の利点は、聞こえるようになる事で自分自身に自信を持てる事です。聞きにくいと聞こえてきた内容に自信が持てない事があります。しかし、FM機器、Roger機器は、非常に良く聞き取れるため、コミュニケーションする自信が付くのでしょう。

個人的には、音が聞こえるのはオマケだと考えています。この機器の本当の凄い所は、自信を付けさせる所であると考えています。

あとがき

新しい機器が販売されたという事で、便乗してみました。

Roger通信機器は非常に優秀な機器だと思います。

少し分かりづらかったところがあるかもしれませんが、Roger Focusは、あくまでも送信機から送られた音声しか聞こえてきません。補聴器の形をしていますが、この機器にはマイクがありません。そのため、補聴器のようにこの受信機から周囲の音を聞く事はできません。

聴力は正常だけど、何かしらの状況で聞きにくいといった場合に効果を発揮します。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:「補聴器の音が不自然」は、どうして起こるのだろうか

リンク:補聴器の装用タイミングは、困ったことがあった時

リンク:補聴援助システムを購入前に理解したい欠点の改善方法

リンク:FM機器は、故障していない?気をつけたい仕様の事