2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器を装用する人は、自声の響き、こもりを理解しておこう

Pocket

soundboard-785798_640

補聴器を装用する事によって起こる事に、自声の響き、こもりというものがあります。これは、補聴器を耳の中に入れる事によって起こる事であり、自分の声が大きく聞こえる現象を言います。補聴器を装用する事によって、全体的に聞こえが良くなる事も関与して、自分の声が大きく聞こえやすくなるのですが、それにプラスして、耳の中で低く響いた感覚を感じる事もあります。

これらは、補聴器を装用する際に起こる事ですので、こちらに関して理解しておきましょう。馴染む事が一番の方法ではありますが、それがしにくい場合に備えて対策に関しても載せていきます。補聴器が活用しやすくなれば幸いです。

補聴器を装用する事で起こる、響き、こもり

補聴器を装用すると、声の響きというものがあります。これは、二つ種類があり

  1. 自分の声が低く、こもったような感覚になる
  2. 自分の声が甲高く響いたような感覚になる

の二つです。

こもったような感覚

補聴器を装用するに限らず、耳に栓をすると、このような感覚になります。手のひらで耳を抑えるようにして塞いでいただくと、自分の声が、耳で響いているような感覚になるかと思います。それがこもりです。

こちらは、補聴器に限らず、イヤホンや耳せんをした際にも感じる事であり、感じやすい方とそうでない方にわかれます。耳を塞ぐ際に起こる事ですので、補聴器を装用する際は、程度の差はあれど、どのような補聴器でも感じるようになります。

自分の声が響いたような感覚になる

補聴器を装用すると全体的に聞こえやすくなります。その際、自分の声も聞きやすくなります。補聴器から聞こえてくる自分の声は、今までの状態とは、異なり、聴力に合わせて補っている状態ですので、特に高い音が聞きにくい方は、高い音をより入れるため、自分の声が高く響いた感覚、あるいは、機械っぽく感じる傾向があります。

自分の声は、補聴器からすれば大きい音であり、かつ補聴器の近くにある事もあって、結構、大きく感じるようになります。

ベストなやり方は慣れる事、でも厳しいなら軽減しよう

補聴器を装用すると、聞こえるようになる変わりにこのような事も起こります。理想なのは、少々、響く、こもるくらいであれば、使用いただき、慣れていただく事となります。しかし、初めから違和感が強く、使いづらい状態だったり、一向に慣れる感覚がなければ、軽減させる方法を考えた方が、補聴器を活用しやすくなります。

慣れるとは、補聴器を使い続けた際、補聴器の音が少し半音下がったかのように感じる事です。また、こもりに関しては、こもりがあるのに関わらず、気にならなくなる事となります。私自身も補聴器を使用しておりますが、響きに関してはなく、こもりに関してはあります。しかし、こもりは「こんなものかな」くらいにしか感じておらず、あまり気にしていません。

こもり、響きの軽減方法と欠点

では、念のため、軽減方法に関して記載していきます。これらのものは、軽減させる方法はあるのですが、その代わり、デメリットもあります。そのため、一つ前の章では、なるべく慣れていただく事をお勧めしました。補聴器に関する理解をさらに深めていきましょう。

こもりの軽減方法と欠点

こちらでは、こもりに関してまとめていきます。

こもりの軽減方法

基本的にこもりの軽減方法は、耳の中を塞がない事となります。

  • 耳あな形補聴器ならベント(空気あな)を大きくする
  • 耳かけ形補聴器なら耳せんに穴を空けるor大きくする

となります。

どちらも耳の中を塞がない事となり、塞がない事により、こもった感覚は軽減されます。

ベントとは、耳あな形補聴器に作られるもので、空気穴と略される事もあります。

耳あな形には、補聴器そのものに穴が空いている

耳あな形には、補聴器そのものに穴が空いている

これがベントです。

その穴は、耳の中に入る部分の出口まで通じている

その穴は、耳の中に入る部分の出口まで通じている

耳の中に入る側は、このようになっています。

こちらの場合は、小さいベントですが、この穴を大きくする事によっていくらか楽にする事ができます。

耳かけ形補聴器の場合は、

耳かけ形のイメージ図。ちょっと耳せんが見づらい……。

耳かけ形のイメージ図。ちょっと耳せんが見づらい……。

このように耳せんがあるのですが

耳せんは、穴を空ける事も可能。私のところでは、様々な穴を空けた物を用意し、こもりを軽減させています。

耳せんは、穴を空ける事も可能。私のところでは、様々な穴を空けた物を用意し、こもりを軽減させています。

穴を空けたり、

イヤモールドにもベントはある。

イヤモールドにもベントはある。

イヤモールドと呼ばれるものにベントを空けます。

このタイプの場合は、耳せんで軽減していく。なお、聞こえと併用するため、真ん中の段の耳せんを使う事がほとんど

このタイプの場合は、耳せんで軽減していく。なお、聞こえと併用するため、真ん中の段の耳せんを使う事がほとんど

最近のRIC補聴器というものですと、このような耳せんがありますので、これらを活用しながら、こもりの軽減をしていきます。

改善方法の欠点

一方、欠点もあり、あまりにも穴を大きくしすぎますと、

  • 補聴器そのものの効果を感じなくなる
  • ハウリングという現象が起こりやすくなる

の二つが起こるようになります。

どちらも穴を空ける事による弊害なのですが、穴を空けると空ける程、補聴器から出る音が逃げやすくなり、こもりを感じにくくなる変わりに補聴器から音が聞こえているのか、聞こえていないのかわかりにくくなる傾向があります。

また、音の漏れる量が増えてきますと、音響機器特有のハウリングも起こりやすくなります。こちらは、ピーッ!となるのが特徴で、耳をしっかり塞いでいない事から起こる事となります。

こもりを軽減させる場合は、これらの弊害が出やすくなりますので、注意が必要です。

響きの軽減方法と欠点

こちらでは、自分の声が機械的に聞こえる、甲高く聞こえて辛いという場合において記載していきます。

響きの改善方法

響きの改善方法は、高い音を全体的に下げる事です。

こちらは、補聴器のフィッテング画面。響きを感じる場合は、1.4K以降を下げると良い傾向がある

こちらは、補聴器のフィッテング画面。響きを感じる場合は、1.4K以降を下げると良い傾向がある

こちらは、補聴器のフィッテング画面ですが、このマーカーがついているラインを全体的に5〜6dBほど下げます。

下げたイメージ。1.4K〜を6dB下げた状態が、こちらだ。

下げたイメージ。1.4K〜を6dB下げた状態が、こちらだ。

イメージとしては、このようになります。すると、甲高く聞こえる感覚、機械的に聞こえる感覚は和らいでいきます。2〜3dBほどですと、あまり違いがわからない事も多いですので、一気に下げます。すると、その違いがわかりやすくなります。

響きの改善の欠点

こちらは、あまり欠点はありません。実は、先ほど下げた部分は、紙の音や水の音など気になりやすい部分の音を下げますので、補聴器から聞こえてくる音そのものは、楽になる傾向があります。唯一の欠点は、音声の子音の部分を下げますので、その部分が聞きにくくなり、少し、音声が理解しにくくなるかもしれません。

高い音はあると良いのですが、ありすぎると響く原因になったり、紙の音がうるさい、水の音がうるさいという原因にもなりますので、下げる事も重要です。

補聴器を装用する事で起こる事のまとめ

補聴器を装用すると、このような事が起こります。補聴器の効果を重視するため、なるべく、これらの事が起こっても、耐えられる、我慢できそうなレベルであれば良いのですが(少し感じる程度)、あまりにも感じる場合は、軽減させる事をお勧めします。その方が、使いやすい補聴器になるでしょう。

使い続けられるレベルであれば使い続けて慣れてくる可能性はあります。もっともそれを何年も続けている場合は、そのような事はありませんので、少々、こもり、響きが感じやすい耳であるという事になります。その場合は、少し、改善させる事をお勧めします。

問題となりやすいのは、こもりで、響きは、補聴器の調整により、軽減できる事が多くなります。このこもりに関して、どうするか。これが、補聴器の場合における最大のポイントと言えます。

私の場合は、なるべく使える状態を目指していますので、こもりが強すぎる場合は、上記の策を行います。もっとも補聴器の形状により、こもりのレベルは異なりますので、場合によっては、形状そのものを変えて、合わせる事もします。

そして、こもりを軽減させる処置をすると音が聞こえにくくなる傾向が出るのですが、それがどのレベルなのか、実際に聞き取りに必要な音量はしっかり入っているのかを測定し、耳に合わせていきます。こもりを軽減させるために、音を逃がしても、その音が逃げる音量を計算して、補聴器がしかるべき音量を耳に伝えられれば問題ないためです。

これらの事を行えば、こもりや響きを全くゼロにする事はできませんが、少なからず、使える補聴器にはなります。

と、耳に補聴器を装用した事によって起こる事から、各対応の仕方、欠点。そして、私自身がしている事まで記載してみました。補聴器に関して、参考になれば幸いです。

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとの相談、無料です

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。ご相談や補聴器の試聴に関しては、無料で承っております。当店の特徴は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!