2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

音場効果測定が誇る状況確認能力を活用しよう


音場効果測定というものをご存知でしょうか。こちらには、どれくらい音が聞こえるようになったか調べる音場閾値測定、どれくらい言葉が理解できるのか調べる音場語音測定があります。

この測定は、補聴器を装用した状態で測定したり、補聴器を装用しないで測定することにより、補聴器を装用した状態の確認や補聴器を装用したとき、補聴器なしとどれくらい変化があるかがわかる測定です。

主に確認のために使われる測定ですが、使いようによっては非常に便利な測定です。

音場効果測定でできること

音場効果測定の概要は冒頭の通りです。音場効果測定にて可能なのは、現状の確認です。

現状の確認は、適切に状況を理解するうえで最も重要な部分になります。例えば、言葉が分かりづらいと言われた時、こちらには、様々な原因が含んでいます。それには、

  • 相手の声がたまたま小さかった
  • そもそもお客さんの語音明瞭度が低かった
  • 補聴器が適切に調整されていなかった

主にこれらのものがあります。

音場効果測定を行うと「補聴器が適切に調整されているのか」という問いに対し、答えが出ます。また、言葉を流す音場効果測定を行えば、言葉の理解力を引き出す調整をしているかも確認できます。この二つがYesであれば、補聴器ができることはしていると見なせます。

この場合、もっとお話を掘り下げることもできます。上記のように両方がYesであれば、「補聴器の効果としては最適になっているようです。どのような状況で聞きにくかったか覚えていますか?」と聞くこともできますし、言葉の聞き取りが難しかったら補聴器が補っている効果を確認してもらいつつ、目でも補っていきましょうと発言することもできます。

状況を適切に確認するのは、その後に行えるアクションの質に直接影響します。

個人的思考

私の場合、どこに問題があるか、という問いではなく、この部分は適切か、という問いをするようにしています。問題解決方法として、どこに問題があるかという問いは、早く答えを出すことができる反面、不慣れな方が行うと適切に原因を解明できません。

一方、問題と考えられる部分が適切かという問いをしていけば、原因と思われる部分をしらみつぶししていくことで、必ず原因に辿りつけます。特に問題が複数の部分に渡る場合は、しらみつぶしにしていく方が結果的には、早く原因にたどり着けます。

根本的な原因になる部分は、一つかせいぜい二つです。問題となっている部分を「この部分は適切か」と問うことで理解し、共通点を探ります。そして原因となる部分を見つけます。

物事を全体的にみるか、一部を見て判断するかの違いですね。過去の私は、どこに問題があるかしか考えていませんでしたので、よく失敗したことを覚えています。私の場合、物事を全体的に見る方法として「この部分は適切か」と見るようにしています。

音場効果測定の本当の効果

音場効果測定の効果として最も高いのは、双方の認識のズレを解消することにあります。

問題があることに対しては、大抵お客さん側も「何が問題か」を考えているケースが多いです。それを無視して行うと、不満の元になります。それが目に見えない聞こえとなるとなおさらトラブルが多くなります。

音場効果測定を行った結果、表の見方、目指すべきライン、これらを説明するとたいていの方は、何が問題かを考えてくれます。これは、お客さんそのものが問題を解決したい、原因を知りたいと考えているからです。当事者ですから、当然ですね。

認識のズレが生じるのは、対応者の知識やデータから導きだす答えとお客さん(患者さん)の知識から導きだす答えが異なるからです。

音場効果測定は、このズレを解消することにも役立ちます。結果と見方、目標ラインを知ればお客さんも状況を把握します。そうすれば、どのようにしたら良いかも自ずと見えてきます。

このようにしていくと対応者、難聴者共に、同じレールに乗って問題解決に向かえますので、効果、満足度があがります。

個人的には、こちらの方が最も重要なことだと考えています。

あとがき

音場効果測定について記載してみました。恐らくどこの販売店でも行っていることだとは思いますが、自分が考えていることを記載してみました。

認識のズレに関してはふと思いついたことです。音場効果測定には、このような効果もあるなと感じ、書いてみました。補聴器に携わる方であれば、全ての方が対象になる内容です。上記の通り、個人的には、この部分が最も重要なことではないかと考えています。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:両耳補聴の論文内容より左右差があるフィッティングを考える

リンク:難聴者に必要な音を届けられる補聴器選定法


この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム