2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

字幕電話のために、インターネット接続を知ろう

Pocket

最近のアプリは、インターネット接続をして、使用するものが少なくありません。現在進みつつある音声認識のシステムもインターネットに接続していないと使用ができません。字幕電話の音声テキスト化システムも同様です。

これらのものは、インターネット上のサーバーに置いてある技術を使用することによってできるようになっています。そのため、何かしらでインターネット接続をしないとシステムそのものが使用できません。

インターネットの接続方法については、いくつか種類がありますので、今回、こちらにまとめてみたいと思います。また、最後に字幕電話の状況別インターネット接続方法についても記載していきます。

インターネット接続方法

インターネットの接続には、主に二種類あります。インターネット回線を使用するものと携帯電話の通信システムを使用するものです。一般的に、パソコンを使用する場合は、インターネット回線。スマートフォン、ガラケーの場合は、電話回線を使用して、インターネット接続しています。スマートフォンの場合は、パソコン+電話機に分類されるため、どちらの回線でもインターネットができます。

インターネット回線を使用する

インターネット回線の場合、有線LAN(通常のLAN)、無線LANがあります。インターネット回線は、プロバイダ契約すると使用できます。プロバイダ契約時、NTTの人が持ってくる光回線終端装置にLANケーブルを差し込み、パソコンに繋げるとインターネットができるようになります。この方法で使用するのが、有線LANです。

shn

これが光回線終端装置です。恐らく見た事があるのではないでしょうか。

なお、光回線終端装置のみで使用すると、パソコン一台にしか、インターネットが使用できません。そこで、中間にルーターを差し込むことで、いくつかのパソコンにインターネットを繋げることができます。

ru-ta-

ルーターは、手前にある黒い縦長のものです(すみません、生活感溢れ過ぎですね……)。光回線終端装置とルーターをLANケーブルで繋ぎ、ルーターから各パソコンにLANケーブルで接続すれば、同時に複数のパソコンでインターネットできるようになります。

無線LAN(WiFiは無線LANの一種)は、この光回線終端装置に無線ルーターを接続すると使用できるようになります。最近のルーターは、有線LANも無線LANも使用できるタイプが多くなってきています。もちろん無線LANを使用できるルーターでなければ、無線LANは使用できませんので、注意が必要です。また、光回線終端装置そのものに無線LANが装着されているケースもあります。その場合は、無線ルーターを購入する必要はありません。

無線LANには、よく親機と子機という言葉が使用されます。親機というのが、この無線ルーターを指します。そして、子機がスマートフォンやパソコンを指します。その他、親機はアクセスポイント(アクセススポット)とも呼ばれることがあります。一部のお店では、お店側が無線LANを提供しており、そこからインターネット接続することもできます。有名どころは、スターバックス、マクドナルドですね。

インターネット回線を使用するものは、かならず光回線終端装置を使用します。そして、そこからルーターを使用し、有線あるいは無線で接続します。

携帯電話の通信システムを使用する

携帯の通信システムでインターネットをするのは、スマートフォンとガラケーです。現在では、3GとLTEがあります。LTEの方が通信速度が早く、快適にインターネットが使用できます。※ガラケーは3GもLTEも使えません。

スマートフォン、ガラケーが電話できる仕組みとして、simカードがあります。このカードを端末(スマートフォン、ガラケー本体のこと)に入れることにより、各キャリア(au、docomo、SoftBank)の電波を使用できるようになります。電波が使用できるようになれば、インターネットと電話ができます。

なお、月々の支払いは、端末代として支払っている感覚があるかもしれませんが、これは全てsimカードにかかっている代金です。

別視点でのインターネット接続

こちらでは、細かく端末ごとにインターネット接続を見てみます。

パソコンの場合

デスクトップパソコン(大型のどっしり構えたパソコン)は、有線LANで接続します。それ以外のノートパソコンは、有線LANまたは、無線LANで接続します。この場合は、プロバイダ契約が必須で、月3,000円〜5,000円ほど、月にかかります。

タブレットの場合

タブレット(スマートフォンをより大きくさせた機器)は、携帯電話の通信システム、インターネット回線の両方で接続できます。一般的には、WiFi(無線LAN)で使用するケースが多いです。携帯の通信システムを使用する場合は、simカード、又は、キャリアをどこかで契約する必要があります。この場合、別途毎月契約料金がかかります。

また、WiFiにも種類(接続方法の種類)があります。WiFiモバイルルーターで接続、公的無線LANで接続、家の無線ルーター及び、光回線終端装置で接続、これらです。それぞれの機器の特徴として、モバイルルーターは、どこでも使用できるけれども月々ルーター契約料金3,000〜4,000円かかります。公的無線LAN(WiFiスポット)は、場所が限定される変わりに、基本無料で使用できます。しかし、場所によっては、有料になります。家の無線ルーターは、場所が限定されますが、別途料金がかかることはありません。上記のパソコンのプロバイダ契約料金のみで、使用できます。月々料金がかかってしまうのが、WiFiモバイルルーターのみになります。こちらは、モバイルルーター会社との契約をしなければなりませんので、使用してもしなくても月々料金がかかります。

なお、スマートフォンのデザリング機能を使用する方法もありますが、まずは基礎を抑えておいた方が良いと思いますので、ここでは省きます。興味のある方は、ご自身で調べてみてはいかがでしょうか。

タブレットの場合、無料のWiFi以外ですと月々料金がかかります。

スマートフォンの場合

スマートフォンも基本タブレットと同じです。携帯電話の通信システムとインターネット回線の両方で接続ができます。こちらの場合、一般に多いのは、携帯の通信システムです。そして今増えているのは、LTEとよばれる通信規格です。今まで主流だった3Gより通信が早いとだけ理解いただければ、良いでしょう。

また、WiFiも使用できます。基本は、携帯の通信システムで事足りるのですが、家の中に無線ルーターがあれば、そこからインターネット接続もできます。とはいえ、WiFiの方が快適に使用できますので、WiFiで利用している人も多くいます。

ガラケー

携帯の通信システムのみです。さすがにキャリア契約していない方はいらっしゃらないはず……。ですので、基本携帯の通信システムで使用できます。

インターネット速度

インターネットをする上で避けて通れないのが速度です。下り○○Mbps、上り○○Mbpsなど記載されているものを見た事があると思います。

基本的に重要なのは、下りの速度です。この数値が大きいと大きいほど、インターネットが快適に使用できるとお考えください。○○Mbpsとは、一秒あたりの通信量を示しています。

下りは、ダウンロードの早さ、上りはアップロードの早さです。インターネットは、基本ダウンロードの世界です。検索をかけると検索エンジンが様々な情報を出してくれているように感じますが、基本的にそれらの情報(ページ)をダウンロードしています。自分からサイトに行っているように思いますが、自分の元にページを引き寄せています。気になる場合は、Webサイトを見ている最中に、LANケーブルを抜いてみてください。今いるページ内は、問題なく使用できますが、その他のページは移行する事ができません。インターネットは、常に通信し合っているのではなく、リンクをふむ(クリックする)事で、クリック先の情報をダウンロードして、表示しています。そのため、下りの速度がインターネットの快適性を左右します。

アップロードは、逆にインターネット上に何かをアップする時に使用される速度です。例えば、動画をアップしたり、画像をアップする場合は、上りが重要になります。

下りより上りを使用するケースは、ほとんどないと考えられますので、重要なのは、下りの速度だと覚えておきましょう。

それぞれの速度

速度順で並べると有線LAN、無線LAN、LTE、3Gの順になります。しかし、機器の状況によっては、有線より無線の方が早くなることもありますので、何とも言えません。ただ、一般的には、この並びになります。

有線LAN

一般的には、有線LANが最も早いとされています。有線で繋ぐと遮断されたりすることがなく安定するという事もあります。現在ある中で最も早いのは、1000Mbpsで1Gbps、ひかり回線です。恐らくほとんどの人がこの回線を使用されていると思います。なお、古いパソコンを使用している場合、LANケーブルの差し込み口の対応が、1000Mbpsになっておらず、100Mbps、あるいは10Mbpsになっていた場合、いくらひかり回線でも対応しているポートの早さでしか通信できません。上記の無線LANの方が早くなる……というのは、このような場合も考えられるためです。

無線LAN(WiFi)

現在ある早い速度のものは、1300Mbpsのものです。しかし、これは実測値ではなく、理論上の数値です。実測値ですと、915Mbpsほどです。また、親機と離れると離れるだけ、速度も低下しますので、場所による……というのが実際のところです。

そして何より、端末によって速度が異なります。古いパソコンや安いAndroidスマートフォン、現行機種以外のiPhoneの場合、早い通信規格に対応しておらず、ここまで早くなることはありません。早くするために重要なのは、無線ルーターの高速化と端末自体が早い通信規格に対応していることです。ここは、個体差がかなりでますので、一概に無線LANは早いとはいえません。とはいえ、LTEや3Gよりは早くなります。

無線LANは、端末や場所、そして無線ルーターの性能により、大きく変わりますので、何とも言えない感覚があります。あくまでもおおよそ程度にお考えください。

LTE&3G

LTEは、理想値75〜100Mbps。実測値は、7〜10Mbpsほどです。理想値……とあるのは、近くに使用している人が多いと多い程、回線が込み合うためです。人が多いと実測値は低い数値になります。早いときは、20Mbps後半まで出ますが、遅いと5Mbps以下にもなります。

3Gは、理想値14Mbps。実測値は、1〜3Mbpsほどです。LTEと比較すると遅いですね。

どう接続するか

さて長かった前置きは終了し、本題です。字幕電話は、どのように接続したら良いかです。

使用する形態によって異なる……というのが私の考えです。

もっぱら家で

家でほとんど使用するのであれば、無線ルーターを使用してタブレットをインターネット接続しておくのが最も安く、そして安定する方法です。現在の無線LANの技術は優れてきており、回線も切れにくくなってきました。家で使用する場合は、こちらで安定です。

なお、タブレット&無線ルーターの性能は、WiFiの通信規格IEEE802.11acが使用できれば、問題ないでしょう。こちらが、現在最も早い規格です。

会社で使用したい場合もこちらに該当します。会社の場合は、無線LANを整備していただければ大丈夫でしょう。

外でも使用したい

外でも字幕電話を使用したいとなるとWiFiモバイルルーターか、お店にある公的無線LANを使用する方法、そして電話回線を使用する方法があります。途切れることなくスムーズに使用したいとなると安定なのは、WiFiモバイルルーターです。公的無線LANは、性能が良いところもありますが、残念ながらそこまで整備されていないところもあります。確実に良いとわかるのなら良いのですが、成果は保証できません。携帯電話の通信システムの速度で、快適にできるのかどうかは、何とも言えません。今現在の情報では、早いに越した事はない……という状況です。

あとがき

私のわかる範囲内で記載してみました。どちらかというと私もそんなに詳しい方ではありません。あくまでも一般知識として持っているだけになりますので、その道の人からしたら、対した内容ではありません。

今後、音声認識技術、音声テキスト化技術が出てくることになりますので、インターネット接続方法を知っておかないと適切に使用できない可能性もあります。

音声認識技術などを試してみたい……とお考えの方は、こちらの内容を理解しておきましょう。また、足りない部分は、インターネットで調べることも必要です。これらの情報は、ネットに数多く存在していますので、すぐ理解できるでしょう。

この内容がお役に立てば幸いです。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:スマートフォンによって聴覚業界も変わろうとしている

リンク:故障を減らすために知っておきたい補聴器の空気穴

リンク:補聴器のプログラムとプログラムでできるようになった事

リンク:「片耳補聴器は聞き取りにくい方につける」は、間違い

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとの相談、無料です

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。ご相談や補聴器の試聴に関しては、無料で承っております。当店の特徴は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!