FM機器、Rogerをもっと活用してみよう〜機械編〜


FM機器やRogerといえば、お子さんが使用する場合、よく授業で使用される機器です。しかし、この機器はあくまでも通信機器ですので、それ以外にも使用できます。

例えば、テレビの音声を聞く、パソコンの音声を聞く……こういった場合にも有効活用できます。現在、機械から音を出すものは、非常に多くなってきました。これらのものがききにくいのなら、FM機器、Rogerを使う事で、さらによくなる可能性があります。もし、FM機器、Rogerを持っているのならもっと有効活用していきましょう。

今回は、様々なものを繋げてもっと活用いただくために、活用方法について載せていきたいと思います。

FM機器、Rogerの基礎を押さえておこう

これらの事を記載する前に、FM機器、Rogerの基礎を押さえておきましょう。冒頭にも記載しましたが、FM機器、Rogerは通信機器です。音声を直接補聴器、人工内耳に送ることができるようになりますので、音を聞きやすくなります。FM機器、Rogerには、外部から音を入力するイヤホンジャックがついています。ここから音を入れてあげる事で、機械から出る音をFM、Rogerで直接補聴器、人工内耳に送る事ができます。

ここを理解しておくと様々な事に応用できるようになります。

様々な音を聞いてみよう

こちらでは、主に

  • テレビ
  • パソコン

この二点について記載していきます。

テレビの音をより聞こえるように

テレビを見る際、FM機器、Rogerを使用するとよく聞こえるようになります。方法としては、

  • イヤホンジャックでテレビ本体と繋げる
  • テレビのスピーカーの近くに送信機を置く

の二つがあります。

イヤホンジャック(イヤホンコード)でテレビ本体と繋げる方法は、一人用のやり方です。周りに音が漏れる事がありませんので、自由な音量でさらにハンズフリーで使用できます。この方法では、少々音量が小さく感じがちですので、テレビの音を大きくしてしまう傾向があります。使用した後、元に戻す事を忘れないようにしましょう。もちろん自分専用のテレビであれば、問題ありません。

テレビのスピーカーの近くに送信機を置く方法は、複数の人と見る時にお勧めです。やり方は、送信機の電源を入れた状態で、テレビのスピーカーに送信機のマイクを近づけるだけになります。これだけでもかなり聞きやすくなります。

個人的に思う事として、地デジ対応のテレビになってからテレビの音がかなり聞きにくくなった印象があります。FM機器、Rogerで聞くとよりテレビを楽しめるようになるでしょう。

テレビ、パソコンで音声を聞く

FM機器、Rogerをパソコンに繋ぐ事で、様々なことがより楽しめるようになります。もちろんパソコンに限らず、音楽プレイヤー、スマートフォンも同様にできます。

楽しめるようになる事は

  • 動画
  • 音楽
  • 電話

この三つです。インターネットに繋げられるパソコンは、非常に多くの事が体験できます。Webサイトにある動画や音楽は、そのままパソコンのイヤホンジャックにイヤホンコードを差し込む事で、FM機器、Rogerから聞こえるようになります。これにより、Youtubeやニコニコ動画も楽しめるようになりますし、音楽ストリーミングサイトからも音楽を聞く事ができます。

電話に関しては、少々注意があります。パソコンの場合、IP電話をすればパソコンと繋いでいるFM機器、Rogerから音声が聞こえてきます。スマートフォンの場合は、FM、Rogerを使って通常の電話ができるものとできないものがあります。その点だけご注意ください。

このようにインターネットに繋げられるパソコンは、音が聞こえるようになるとより楽しくなると思います。

あとがき

FM機器、Rogerをより活用するためにこのような内容を記載してみました。大抵のものは何かに繋げてその音を直接補聴器、人工内耳に送っているのがわかります。

単に学校で使用するもの……という認識ではなく、直接音を補聴器、人工内耳に入れられるものという認識を持っておきましょう。そうすれば、このように色々なものに応用できる事に気が付きます。FM機器やRogerは、視野を広げる事で様々なものの聞こえを良くすることができます。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:補聴援助システムを購入前に理解したい欠点の改善方法

リンク:FM機器は、故障していない?気をつけたい仕様の事

リンク:補聴器の電池は、なくなりかけたらすぐに取り替えよう

リンク:補聴器を守る汗カバー、使用上の注意