2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

富士通の音声認識ソフトウェアはコケると予想

Pocket

code-820275_640

朝ニュースを見ていたら、このような情報が流れてきました。音声認識に関するソフトウェアの開発に成功し、音声認識技術システムを売り出していく様です。

聴覚障害者が会議に参加しやすく 富士通、ソフトで紡ぐ新手法

富士通と富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは2015年4月14日、発話内容をテキスト化することで聴覚障害者の会議参加を容易にするソフトウエア「FUJITSU Software LiveTalk」(以下、LiveTalk)を発表した。音声認識技術を用いて参加者の発言内容をリアルタイムに文字で表示し、音声が聞き取れない人でも会議や打ち合わせの流れをスムーズに把握できるのが特徴。18歳以上の聴覚障害者は全国に約27万6000人いるとされ、そのうち従業員5名以上の事業所で働く人は5万人以上。健常者と同等に意志の疎通を図りやすくすることで、活躍の場を広げるのが狙い。1年間で2000ライセンスを販売することを目指す。発売は2015年5月中旬。

ITpro by 日経コンピューターより引用

最近、音声認識技術が盛んになってきています。まさか、富士通さんまでもが参加するとは、思いませんでした。これらのもので、聴覚障害者、難聴者の方々がよりよい環境になれば、良いですね。

さて、本題。私個人としては、これは、本当に大丈夫なのか?と心配になります。それは、音声認識技術が持つ、特殊性にあります。音声認識技術を活用すれば、音を聞きにくい方が、よりよい環境になる……とお考えの方は、多いのですが、そこには乗り越えなければならない壁が存在します。

音声認識の問題点

音声認識の問題点といえば、多くの人は、「精度」と答えるかもしれません。精度とは、音を入れて、どのくらい精密に言葉になるか……という事です。しかし、私は、ここ以上に問題視しているところがあります。それについては

  • 使用したい人、使用する人
  • 費用対効果の問題

この二つに分けて記載していきます。

使用したい人、使用する人

音声認識技術で一番の問題になるのは、使用して欲しいと思う方と使用する方が異なるところにあります。使用して欲しいと考えるのは、聴覚障害者、難聴者の方々ですが、実際に使用するのは、一般の方々です。音声認識の場合、購入者が異なるという致命的な弱点があります。

基本的に商品は欲しい人が購入します。目が見えにくくなったという事で、本人がメガネ、あるいはコンタクトレンズが欲しいと思い、それらを購入するように、基本的には自分が欲しいと思ったものを購入する傾向があります。

しかし、音声認識は、例え自分自身で購入したとしても自分だけが使用するわけではありません。相手に協力してもらって初めて、効果がでます。仮に自分自身で購入しても協力してもらえなければ、全く価値がないものになってしまいます。

音声認識技術は、必要としている人と使用する人が異なるという特殊な環境があります。

なお、これは、音声認識技術に限らず、補聴器の聞こえを拡張する補聴援助システムというものも同様です。これは、補聴器に受信機を装着し、話し手に送信機(マイク)を使用してもらう事で、マイクに話した音声が直接、補聴器に送られるというシステムです。しかし、これも音声認識と同じく、使用して欲しい人と使用する人が異なります。

耳の問題を解決する場合、周囲の方に協力をお願いしなければならないという問題があります。

費用対効果は?

さて、仮にこのシステムを売り込むとしたら、どのようになるでしょうか。普通に考えると企業に売り込む事が考えられます。「こんなシステムいりませんか?」と営業し、「このシステムがあれば、聴覚障害を抱えていても会議に参加できますし、その場で意見交換がしやすくなります」と言います。これをどの方に説明するかで、反応は異なります。ここでは、

  • 企業に売り込む場合
  • 一般の人に売り込む場合

この二つに分けて記載します。

企業に売り込む場合

例えば、中小企業の社長さんにお話しした場合、ほぼ費用対効果のお話しになります。難聴者、聴覚障害者、一人、あるいは、数人のためにこのライセンス契約をするのか、しないのか……。そして、この技術を導入した場合、社員が使ってくれて、耳が不自由な人も会議に参加でき、有意義になった時に発生する費用対効果は、どのくらいあるのか……というお話になるでしょう。本当に社員の方々が使用してくれるのかも問題ですし、お金とコスト、さらに手間まで掛けて効率があがるかを考える必要があります。

実際に使用するケースを考えていただければわかりますが、難聴の方、聴覚障害の方は、楽です。文字見るだけですので、特にする事がありません。しかし、使用する方は大変です。使い方も覚えなければならないですし、誤変換してしまったケースは、ミスを正す必要もあります。さらに、どのように話せば誤変換を少なくできるのか、マイクの位置はどこが良いのか、素早く誤変換を修正するには、どういう手順が良いのか……これらも考えなければなりません。これらをやるのは、難聴者、聴覚障害者ではなく、周りの人なのです。

企業に売り込む場合は、完全に費用対効果になります。このような手間、コストをかけてまで、必要なものなのか、そうでないのかが決まります。その手間、コストより、上回るメリット、効果があるなら、売れるでしょう。

一般の方に売り込む場合

こちらのケースは、考えにくいのですが、どんな事がありえるのかを考えてみます。

難聴の方に話しした場合は、まず購入されません。金額が高いというのもそうですが、これは自分が使用するものではないからです。仮に自分自身で使用(活用)する事により、聞こえを良くできるなら購入する可能性はありますが、他の人に使用していただかなければならないとなった瞬間にお願いするというハードルが上がります。このハードルは非常に高く、例え購入したとしても実際に使用するところまで行くのは困難でしょう。

この傾向は、上記で紹介した補聴援助システムでも同様の事が起こっています。現在、この補聴援助システムは、主に児童に使われているのですが、児童の場合、学校という比較的お願いしやすい環境にいます。生徒(難聴児)が聞きにくいので、使用してくださいと先生にお願いする事で、活用しています。しかし、大人になるとお願いできる環境は、かなり少なく、非常に活用しにくい機器になります。そのため、今現在、補聴援助システムは、主に児童が使用しています。お願いするというハードルの高さが現実に出ている例です。

まとめ

このように考えると音声認識システムは、かなり厳しいと考えられます。果たして、一人、あるいは数人の難聴者、聴覚障害者のためにこのシステムを導入する人は、どれだけいるのでしょうか。限られた人のために周囲の人も巻き込んで、バリアフリーを実現させる努力は、非常に素晴らしい事です。

しかし、費用対効果や誰が努力する必要があるかを考えるとかなり厳しいと私は見ています。

音声認識の本当のユーザー

音声認識の本当のユーザーは、聴覚障害者、難聴者にお話ししたい人です。言葉では、伝えたい方にうまく伝えられないので(耳の聞こえが低下しているため)、文字にしてその人に伝えたいという人が音声認識の本当のユーザーです。音声認識は、聴覚障害者、難聴者のためにあるのは事実ですが、これらの方々が購入するものではなく、これらの方々に自分の気持ち、意見、話しを聞いてもらいたい人が購入するものです。

多くの人が盲点になっていますが、本当のユーザーは、この方々になります。

これは、音声認識を有効活用している例を見ると良くわかります。有効活用している例は、Googleの音声認識検索(siriもですね)、車の音声認識です。Googleの音声認識は、わざわざローマ字入力しないで、話すだけで調べたい内容を言う事で、検索ができます。とても便利ですね。私自身も良く使用します。

では、必要としている人を考えてみましょう。これを必要としているのは、Google検索で「○○○を調べて」と命令したいユーザーです。言い換えれば、Googleに「○○○を調べて」と伝え、それを実行してもらいたいユーザーとなります。車の音声認識も同様です。車を運転している最中に「○○をして欲しい」と伝えます。そして音声認識がそれを読み取り、実行します。

成功している音声認識を見てみると必ず、話し手、伝えたい人が必要としているのがわかります。音声認識は、理解したい人が使うものではなく、話したい、伝えたい人が使用する技術です。

あとがき

音声認識が流行っているようですので、少々情報を出してみました。期待される技術ではあるのですが、超えなければならない壁、認識しなければならない問題はあります。

この内容は、一応耳の聞こえにくい方々全般に向けて記載しています。中には、音そのものを受け取れず、音声ではなく手話で会話をしている方もいらっしゃいます。そのような方には、音声認識は有効です。ただ、聞くところによると手話を使用している人でも手話以外に文字が読める方もいれば、文字を読めない方もいらっしゃるようです。その比率がどれくらいなのかはわからないため、私の方では、何ともいえません。

なお、現在の耳の聞こえにくい人は、95%くらいが聞きにくいながらも音声で理解しています。これは、難聴者の大半は、老人性難聴である事、話せなくなる「ろう」になる難聴は、限られる事、人工内耳などの補聴機器が発達した事によるものです。それらを考えると音声認識ではなく、音声をいかに直接耳にいれるかを考えた方が、案外、聴覚障害の方、難聴の方に有効のような気がします。

私自身は、このように考えています。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:耳の聞こえは補聴器+αで考える時代の到来

リンク:将来のコミュニケーションツール?手話翻訳ディバイスの登場

リンク:iPS細胞で難聴を治すうえで考えられるリスク

リンク:再生医療に関するTED動画、進化した医療の形

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとの相談、無料です

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。ご相談や補聴器の試聴に関しては、無料で承っております。当店の特徴は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!