片耳が聞こえにくい方に有効なフォナッククロスをご存知?


補聴器メーカーフォナック社では、様々な使用用途があるフォナッククロスと呼ばれる機器を販売しています。この機器は、どんな機器かご存知でしょうか。この機器は、クロス補聴器にもバイクロス補聴器にもできる、とても変わった機器です。

基本的には、片耳難聴の方が使用する機器なのですが、場合によっては、両耳が難聴である人も使用できます。意外と知られていないようですので、この機器がどうすごいのか、今回は、こちらについて記載していきます。また、クロス補聴器、バイクロス補聴器といった単語の説明についてもしていきます。

どんなにすごい機器でも、その凄さが伝わらないと良い機器は、広がりません。対象となる方は、少ないかもしれませんが、もし対象者に当てはまりそうな人があれば、教えて上げてください。もしかしたら、今までより聞こえが良くなるかもしれません。救われる方が少しでも増えれば、幸いです。

では、見ていきましょう。

フォナッククロスの適合者

フォナッククロスとは、クロス補聴器にもバイクロス補聴器にもできる機器であると記載しました。本来なら、クロス補聴器、バイクロス補聴器とは、どのようなものなのかを説明するところですが、まず適合者を記載していきます。この機器は、少々特殊ですので、誰にでも合うようなものではありません。しかし、今まで補いようがなかった方々に光を当てた、とても素晴らしい補聴器です。

まずは、その光を当てられる適合者を見ていきましょう。適合するケースは三つあります。

なお、以下から、状況をより伝えやすくするため、オージオグラムを載せていきます。オージオグラムとは、耳の聞こえを図に書いたものです。読み方が不明の方は、こちらをまずご覧下さい。ついでに、オージオグラムの見方もわかるようになるでしょう。

リンク:オージオグラムの見方と検査数値から見る耳の聞こえにくさ

片耳の聞こえが低下した方

フォナッククロスが適合する方には、片耳のみ聞こえが低下した方が当てはまります。聴力図でいうとこのような聴力の方です。

片耳難聴 右耳は、正常ですが、左耳がほとんど聞こえていない聴力の方です。この聴力は、生まれつき片耳が聞こえない方、突発性難聴になった方などに、多く当てはまります。

このような方の場合、クロス補聴器で対応する事ができます。

より片耳が聞きにくい方

フォナッククロスが適合する方、二つ目は、片耳がより聞こえにくい方になります。聴力図を出すとこのような聞こえの方です。

bicros

片方の聞こえと比較して、もう片方の聞こえが良いケースです。ただし、聞こえにくい方の耳は、図のように非常に聞きにくい場合に限られます。主に、左右の聞こえが全然違う方に当てはまります。

この聴力は、元々難聴だったけれども突発性難聴になってしまったケース、生まれつき片耳が聞こえにくかったけれども、老人性難聴で、聞こえが低下したケースなどが当てはまります。

このようなケースには、バイクロスと呼ばれる補い方ができます。

片耳の言葉の理解力が低い方

こちらは、聴力関係なく、片耳の言葉の理解力が低い場合に当てはまります。言葉の理解力とは、耳が持つ音の理解力になります。この能力が低いと音はしっかり聞こえるけれども言葉として聞き取れないといった事が起こりやすくなります。これは、感音性難聴にのみ、発生します。

感音性難聴の場合、左右の耳で、言葉を理解する力が異なるケースがあります。検査(測定)により、言葉の理解力が左耳30%、右耳80%だったとした場合、クロス、あるいはバイクロスで補った方が聞こえを改善しやすくなります。言葉が聞きにくい耳に補聴器を装用しても単に音が大きく聞こえるようになるだけであり、それでは、難聴の方が求める聞こえは、難しくなります。このようなケースの場合、片耳が正常であれば、クロス補聴器、片耳も難聴であれば、バイクロス補聴器で補った方が聞こえが改善しやすくなります。

このようなケースにもフォナッククロスは、有効です。

なお、言葉の理解力?という方は、こちらをご覧になるとより理解しやすくなります。

リンク:補聴器装用の決め手、聴力よりも重要な語音明瞭度

まとめ

フォナッククロスは、これらの耳の聞こえの方に、合う補聴器です。元々、このような聞こえの方は、補聴器を装用しないか、しても片耳だけであった場合が高くなります。例えば、片耳のみ難聴の場合、重すぎると補聴器を装用しても効果が見込めないため、装用しても無駄に終わる事がありました。しかし、この補聴器であれば、今現在の聞こえより、さらに改善できます。

片耳がより重い難聴であるケースも同様です。片耳があまりにも重い場合は、片耳難聴同様、あまり補聴器の効果を得られません。しかし、バイクロス補聴器にすると今現在の聞こえより、さらに聞こえを改善させる事ができます。

上記に上げた例は、今まで補聴器では、補えなかった、あるいは、非常に補いにくかった例です。その例に、光を当てたのがフォナッククロスです。

フォナッククロスとは

上記では、フォナッククロスの適合者を見てきました。次は、いよいよフォナッククロスの概要です。と言いましてもこの機器は、クロス補聴器とバイクロス補聴器の二つの側面を持つ補聴器としか言いようがありません。まずは、フォナッククロスの概要を記載したのち、クロス補聴器、バイクロス補聴器について記載していきます。

フォナッククロスの概要

フォナッククロスとは、補聴器メーカーフォナックジャパンが販売している補聴器の一種です。

cros2014-05-20 19.04.13

※画像は補聴器メーカーフォナックジャパンより引用

フォナッククロスの特徴は、聞こえない耳にフォナッククロスを乗せ、聞こえる耳に通常の補聴器を載せます。そして、聞こえない方に置いたフォナッククロスから、聞こえる耳に置いた補聴器に音を転送します。このようにして、音を聞き取れるようにしたのが、フォナッククロスです。これは、元々クロス補聴器、バイクロス補聴器がしていた方法になります。フォナッククロスは、補聴器というよりも一種の転送装置です。

そのおかげで、上記に記載した症状の方は、現状より聞こえを良くできるようになりました。耳の聞こえをそのまま補うのではなく、聞こえの良い耳で聞きにくい側の音も理解してしまえば良く聞こえるようになるのではないか……という事で、クロス補聴器、バイクロス補聴器は、生まれました。それらを引き継いだのが、フォナッククロスです。

しかし、少々注意も必要です。フォナッククロスは、単純に転送装置としての役割しかないため、お察しの通り、片耳で全ての音を聞くことになります。このような特殊性があるとはいえ、それでもフォナッククロスを装用して聞こえを改善している方々がいるのも事実です。

クロス補聴器とは

さて、クロス補聴器についても記載していきます。クロス補聴器とは、片耳が健聴で、もう片耳が高度〜重度難聴の方が使用する機器です。基本的には、転送装置のみを付けたのがクロス補聴器になります。フォナッククロスと同じく、聞こえが良い耳に補聴器を乗せ、聞こえにくい方にクロス補聴器を載せます。そのようにする事で、聞こえにくい反対側の音を聞こえの良い方で、聞き取れるようにしたのが、クロス補聴器です。

フォナッククロスより、前に存在していた補聴方法ではありますが、なかなか知れ渡る事は、ありませんでした。昔は、アナログでやっていたため、二つの機器を有線で繋いでいたり、繋いでいる事により、つなぎ目やコードが故障するケースなどが目立ち、使い勝手があまり良くなかったからです。しかし、フォナッククロスになって、その部分は、徐々に解決されつつあります。

クロス補聴器とは、片耳が健聴で、もう片耳が高度〜重度難聴の方が使用する機器になります。

バイクロス補聴器

次は、バイクロス補聴器ですね。バイクロス補聴器は、片耳が難聴で、もう片耳は、さらに重い難聴であるケースに使用する機器です。これは、「片耳がより聞こえにくい方」のように、片耳が重すぎて補いきれないケース、左右の聞こえの差が大きすぎて、左右に補聴器を装用したとしても違和感を感じるケースに使用します。

このようなケースも補聴器で聞こえを補いにくいケースです。補聴器を装用したとしても効果を感じなかったり、違和感を感じるようであれば、補聴器を装用してもうまく効果が出せません。そのようなケースの場合、バイクロス補聴器を装用した方が聞こえやすくなります。

なお、「片耳がより聞こえにくい方」のような明確な場合は、バイクロスですが、聞こえの差が20〜25dBくらいなど、微妙な場合は、バイクロスと両耳装用で比較し、どちらが良いか決めます。そのようにするとどのように補ったら、最も良く聞こえるかがわかるようになります。

フォナッククロスの効果をどう見るか

フォナッククロスの効果は、どのように見れば良いのでしょうか。個人的には「改善するならやるべきである」と考えます。なぜなら、それ以外に聞こえを良くする方法がないからに他なりません。上記に記載した、フォナッククロスの適合者は、言い換えれば、補聴器を聞きにくい耳に装用しても効果がない耳です。では、そのまま効果がないからといって、そのままでいるのと、フォナッククロスを装用して、聞こえを少しでも改善させるのとでは、どちらが良いのでしょうか。それは、考えるまでもなくフォナッククロスを装用する方になります。

もちろん片耳で全てを聞くため、少し変わった感覚を覚えるかもしれません。また、片耳で聞くため、フォナッククロスを装用したとしても聞き取れない場所も出てきます。しかし、フォナッククロスを装用したケースを考えてみると、これは、利点しかない事に気付きます。フォナッククロスを装用した場合、今まで聞こえなかったところ、気付きにくかったところがわかりやすくなったり、気付きやすくなったりします。その一方、フォナッククロスを装用しても聞きにくいところは、どうしても出てしまいます。では、フォナッククロスを装用しても聞きにくいところは、フォナッククロスを外したら聞きやすくなるのでしょうか。これは、火を見るより明らかで、そのような事は、起こりません。考えると考えるほど、利点しかない事がお分かりいただけるでしょう。

金額がそれなりにしますので、金額と効果を比べたら、どうか……というのは、人により、異なります。しかし、上記で紹介したケースでは、聞こえを改善させられる可能性が高いものです。

もし、少しでも聞こえを改善したいとお考えでしたら、まずは、試してみる事をお勧めします。

あとがき

フォナッククロスについて、記載してみました。この機器は、あまり注目されていないように感じていましたので、私の方で、記載してみました。クロス補聴器、バイクロス補聴器は、一部の特殊の方にしか適合しないものです。もし、身近に適合する方がいらっしゃれば、教えてあげてください。特殊な聞こえではありますが、今までより聞こえを改善できる可能性は、大いにあります。その効果と金額は、その方、その方によって評価は、異なりますので、何とも言えませんが、改善できる方法があるのなら、それは教えてあげた方が良いでしょう。その方が、その方のためにもなりますし、その方が喜んでくれるか可能性があります。

こちらの内容で、少しでも、聞こえが改善される方が増えれば、幸いです。