2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

耳かけ形補聴器の装用者は、イヤモールドも使ってみよう


best-friends-329333_640

イヤモールドという製品をご存知でしょうか。耳の型を採取し、その人、その人の耳の形状に合わせた耳せんをイヤモールドと呼びます。通常の耳せんより、お金がかかりますが、その分、保持に優れるという特徴があります。

私自身、補聴器を装用しており、このイヤモールドも装用しています。耳かけ形補聴器を装用している方でも、イヤモールドまで装用している層は、少ないように感じます。そこで、今回は、イヤモールドについて載せていきます。もし、イヤモールドで改善できるところがあれば、イヤモールドを検討されてみては、いかがでしょうか。

イヤモールドとは

イヤモールドは、冒頭の通り、耳の型を採取し、その人専用の耳せんを作ります。参考程度ですが、以下のものが私のイヤモールドです。

イヤモールド見本

イヤモールド見本

これがそのまま、耳に入ります。入った姿は、こちらです。

イヤモールドを耳にはめた状態

イヤモールドを耳にはめた状態

あまり綺麗な耳ではないのは、申し訳ないのですが、イメージとしては、伝わると思います。奥にうっすらと補聴器も見えますね。

このようにその人に合わせた耳せんがイヤモールドになります。

こんな人にお勧め

イヤモールドをお勧めするタイプは

  • ハウリングがしやすい人
  • 耳から外れそう、落ちそうと心配な方
  • 耳せんを入れ直す事がある人

この三つがあります。このいずれかに当てはまる方は、イヤモールドを装用してみてはいかがでしょうか。

ハウリングがしやすい人

元々、イヤモールドは、ハウリング防止のために作られました。ハウリングとは、ピーッ!といった高い音が聞こえる現象です。補聴器から出た音が漏れてくるようになるとハウリングがしやすくなります。耳せんがしっかりはまっていなかったり、使用している途中で、徐々にズレてしまうと、このハウリングがしやすくなります。

そのような方には、イヤモールドがお勧めです。ハウリングを防止する効果があります。

耳から外れそう、落ちそうと心配な方

イヤモールドは、耳の型を採取し、その人専用に作っていますので、しっかりはまります。そのため、仮に補聴器本体が耳から外れても、イヤモールドが補聴器を支えてくれます。耳から補聴器がはずれ、そのまま補聴器が落下したり、落ちそうな感覚というのは、なくなります。

補聴器を装用していても落ちそうな感覚があったり、少々、不安定な感覚がある場合は、イヤモールドを装用する事で、それらを防ぐ事ができます。

耳せんを入れ直す事がある人

通常のシリコン耳せんを使用していますと、徐々に耳から抜けてくる事があります。その際、何度も入れ直していると、耳が痛くなったり、入れ直す作業そのものが面倒に感じる事があります。入れ直す事が多いとそれだけ、耳の中で擦れてしますますので、皮が剥けてしまったり、痛みが出る事があります。人は、会話をする時、食事をする時に、口を動かします。口を動かすと耳の中が少々変わるようになっていますので、市販のシリコン耳せんですと徐々に抜けてきてしまいます。

このような事がある場合は、イヤモールドを装用する事で、入れ直す事がなくなります。結果、面倒な事も、痛みが出る事も無くなります。これらの症状を改善したい場合、イヤモールドをお勧めします。

こんなところに注意

上記のようなケースがあれば、イヤモールドで、症状を改善する事ができます。一方、イヤモールドを装用する事によって起こる事も少なからずあります。それは

  • 入れ方をマスターする事
  • 声が響きやすくなる事

この二つがあります。新しく使用する場合は使い方を知る必要がありますし、装用する事によって起こる事もあります。

入れ方をマスターする

耳の型に合わせて作っているため、入れづらく、抜けにくいのがイヤモールドの特徴です。今までの耳せんは、入れやすさを重視しているため、入れやすい分、抜けやすいという特徴がありました。そのため、入れ方を初めに理解する必要があります。

ただし、入れるのは、そう難しい事ではありません。少々練習すれば、誰でも使用できるようになっています。イヤモールドは3歳くらいのお子さんでも自分で装用しているものです。その程度のものですので、その点は、ご安心ください。

声が響きやすくなる

イヤモールドを装用すると自分の声が少々響いて聞こえるように感じます。これは、低い音が頭蓋骨に響くような感覚です。今までの耳せんがゆるかったり、しっかりと収まっていない場合は、しっかりと耳にはめる事で、響く感覚が出る事があります。これは、慣れる事ができる感覚ではありますが、そのような事が起こる事を意識しておくと対応しやすくなります。

なお、慣れるという事ですが、慣れるとこの音が聞こえなくなるという事ではなく、慣れるとこの音がしていても気にならなくなる事を意味します。慣れても消えるわけではありませんので、ご注意ください。ちなみに、私もこの響きは感じます。しかし、響きは感じるものの、それを気にした事も「この響く感じ嫌だな」と思う事もありません。このように響いていたとしても、気にならなければ、使用する事ができるようになります。

自分が体験したイヤモールドと耳せんの違い

私自身は、耳せんを入れ直す事がある人というところに当てはまり、イヤモールドを作りました。私の場合、耳垢がアメ耳ですので、シリコン製の耳せんが滑ってしまい、何度も耳せんが抜けてくる事がありました。抜けてくるたびに押して、奥に詰めていたのですが、しばらくするとまた抜けてくる……というのを繰り返ししており、正直、かなり面倒に感じていました。一時期は、やりすぎて、耳の中が擦れてしまい、痛みも出る事もありました。そのような経緯がありましたので、イヤモールドを装用しています。

イヤモールドを装用してわかるのは、保持の高さです。耳の中にしっかり入っていますので、例え、耳から補聴器本体が外れたとしてもイヤモールドが本体を支えてくれます。そのため、耳からいきなり外れて、落ちるという事は、なく、さらに、歩いたりしても、その振動で外れそうな感覚もありません。

補聴器を装用した事がある方なら、装用した時に感じる安定感、不安定感は、感じた事があるのではないでしょうか。私自身、耳にイヤモールドを装用している経験、耳せんを使用していた経験から言えるのは、耳せんを使用していると補聴器を装用している感覚が軽く感じ、何とも不安定な感覚を覚えます。耳にほんの少しのっているような感覚であり、歩く振動によっていちいち揺れたりする事もあります。しかし、イヤモールドですと、それがありません。ものすごくがっちり入っている感覚があり、不安定な感覚はなく、非常に安定した感覚を覚えます。この点は、私自身、イヤモールドを装用し続けてきたからこそ、わかるものなのかもしれません。

通常の耳せんは、軽い装用感があるものの、不安定な感覚になりやすい、イヤモールドは、しっかりとはまった重量感があるものの、安定性を感じやすい、このような違いがあると感じています。

私自身は、補聴器を装用していて、不安定に感じる事がある場合は、イヤモールドを装用した方が良いと考えています。その方が、安定しますし、心配事も少なくなり、晴れやかに使用する事ができるようになります。イヤモールドには、そのような効果もあります。

あとがき

耳かけ形補聴器の装用者は、イヤモールドも使ってみようという事で、イヤモールドについて、記載してみました。意外に使用していない方が多いと感じましたので、その魅力について載せてみました。これらの事を理解したうえで、使用していないのでしたら、良いのですが、知らずにそのままで過ごしている場合は、損失になってしまいます。そのような方に伝われば幸いです。

補聴器業界でのイヤモールドの役割は、ほとんどのケースにて、ハウリングを防止するために装用します。しかし、イヤモールドを装用している身から言えるのは、イヤモールドの効果はそれだけではない事です。使用してみるとわかりますが、耳にはまった感覚は感じるものの、安定感は、非常にあります。ここもイヤモールドの利点であると、私は考えています。私の場合、通常のシリコン耳せんの不安定さを理解しているからこそ、余計にそのように感じるのかもしれません。

安定性があるのもイヤモールドの特徴です。もし、上記に当てはまる悩みがあれば、イヤモールドをお勧めします。なお、通常の耳せんより、金額は大きくかかりますので、その点はご了承ください。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:補聴器から聞こえるノイズや仕様による音を理解しておこう

リンク:補聴器を活用するために必要なアフターフォローの知識

リンク:「片耳補聴器は聞き取りにくい方につける」は、間違い

リンク:耳かけ形補聴器の形状から感じる形状の特徴


この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム