2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

初めて補聴器を使用する時、場所はどこからが良いのか

Pocket

先日は、初めて補聴器を装用する時における使用時間についてという事で、初めて補聴器を装用する時、どのように使用すれば良いかについて記載してみました。初めて補聴器を装用する時は、様々な音が聞こえ、新しい聞こえになると共に、今までの聞こえとおさらばしなければなりません。それが感覚を変えるという事です。

では、場所については、どうなのでしょうか。前回では、場所については、触れていません。場所、環境によっても聞こえてくる音や音の量、音の強さは、異なります。今回は、この点について私がしていた事を記載していきます。私の答えは、「基本、どこでも可」となります。

基本は、どこでも良い

補聴器を使い始める場所は、基本どこでも構いません。ただし、場所によっては、騒がしく感じたり、苦痛を伴う場合は、無理にそのような場所で使い続ける必要はありません。商店街や車の通りが多いところ、電車の中、電車が通る近くでは、基本騒がしいところですので、騒音や周囲の音が大きく聞こえてきます。もし、これらのところで、騒がしすぎてとても使用できるような状況ではない……、苦痛である……と感じるのでしたら、家の中、車の通り、人通りが少ない道、住宅街から使用いただくのが、ベストです。

私の考えは、前回と同じく「使用できる分だけ使用する」という考えです。今回の場合であれば、「使用できるところだけ使用する」になります。ただし、これは、初めに使用し始める段階のみに当てはまりますので、その点だけご注意ください。

このように考えるのは、前回と同じで、わかりやすいからになります。補聴器は、色々な場所で試していただいた方が、今の調整がどのような状態なのかがわかりやすくなります。騒がしい中でもうるさいなりに使用できるのか、そうでないのか、うるさくて使用できないのであれば、どこだったら使用できたのか、それらを調べるには、使用できるところだけ使用いただくと、こちらとしては理解しやすくなります。そのため、基本は使用できるのなら、どこでも使用していただいて構いません。

ちょっとした注意点

どこでも使用しても良いとなると、いきなり使用したい場所で聞く方が多くなるのですが、これについては、少し注意があります。それは、いきなり使いたいところで使用してもうまくいかない場合があるという事です。前回では、補聴器を装用した時に起こる変化についても記載しました。そこを読んでいただければ、どのような変化が耳に起こるのかについてご理解いただけたと思います。

変化に馴染んでいない状態であれば、違和感を感じる可能性もありますし、あまり慣れていない状態で、いきなり使いたい場所で使用しても、うまく行く事は、少なくなります。その状態を例えるならば、自転車を乗る練習を1日しかしていないのに、いきなり長距離の移動を自転車で行うようなものです。練習でも上手く乗れていない状態で、そのような事を行えば、自ずとどのような事が起こるのかわかるのではないでしょうか。

補聴器を装用すると、良くも悪くも感覚が変化します。今まで聞こえにくい世界にいたのが、いきなり聞こえる世界に入ります。聞こえる世界は、難聴の方にとって、ある意味新しい体験であり、未知なる世界でもあります。今まで、聞こえにくくて気が付かなかった音が一斉に聞こえるようになるのですから、多くの変化が起こります。まずは、その変化について知る事が重要になります。

場所も同様であり、どんな音がするのか、人が多い所では、どのような音が聞こえるのか、不思議な音、聞いた事がない音が聞こえたら、それは何なのかを調べたり、人に聞いたりして理解をしていきます。そうする事で、補聴器から聞こえてくる音の世界がどのようなものかを理解する事ができます。特に、聞いた事がない音、この音は何なのか、という音に感じては、知る努力をする事も重要です。その行動一つ、一つが補聴器をうまく使う事に繋がっていきます。

補聴器は使えるだけ使用する

補聴器は、基本使用できるだけ使用するのが最も良い使い方になります。どんなところでも使用してみなければわからないというのもありますが、様々なところで使用いただき、どのように聞こえるのか、どんな音が聞こえるのか、これらを体験してもらった方が、補聴器の状況を理解しやすくなるからです。

もちろん、無理に使用する事はありません。これは、使用する時間もそうですが、場所も同様です。無理をしても何も良い事はありませんので、その点だけはご注意ください。

使用できるのなら、どんなところでも使用していただく、それが最も馴染むのが早いですし、補聴器の世界もより体験できます。そして、その方が、仮に合っていない場合も理解しやすくなります。

あとがき

初めて補聴器を使用する時、場所はどこが良いのかについて記載してみました。それは、使用できるところなら、どこでも構いません。ただし、騒がしいところで、厳しいと感じるようなら、静かな家の中、住宅街、通りが少ない道など、比較的静かなところから、使用いただくと補聴器の音や補聴器から聞こえてくる感覚、補聴器を装用した時の環境に馴染みやすくなります。これらの事を繰り返し行って行く事で、耳に馴染んでいきます。

無理をする事はありませんが、自分自身ができる事は、見極められるようにしておくと良いですね。無理なところは、無理と理解し、できるところから行っていく事が大切です。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:難聴の問題点と特殊性から見る補聴器の役割

リンク:補聴器を初めて装用する方に伝えたい装用後の世界

リンク:デジタル補聴器の概要とできるようになった事

リンク:補聴器を装用する人は、自声の響き、こもりを理解しておこう

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム