2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器の役割は、耳の役割の代用をする事


toilet-paper-627032_640

補聴器の役割とは、どのようなものがあるのでしょうか。私自身、補聴器がしてくれている事を考えてみますと、タイトル通り、補聴器の役割は、耳の役割を代用してくれる事にあると思っています。

補聴器がしてくれる事は、音を大きくして、聞きやすくしてくれる事です。しかし、音を聞きやすくする事によって得られる効果は、聞こえやすくなる事ではありません。聞こえやすくなる事で、会話が増えたり、会話を楽しめるようになる事もあれば、周囲の音が聞こえるようになり、危機感知ができるようにもなります。

今回は、こちらについて記載していきます。補聴器は、音を聞こえやすくしてくれる道具ではありますが、本当の真価は、耳の役割を代用し、少しでも生活を楽になるようにする機器だと考えています。

補聴器は難聴を改善させる

補聴器の役割といえば、難聴を改善させる事です。難聴を改善させる方法には、いくつかあります。耳の治療によって改善できるのでしたら、治療、それが難しいのでしたら、補聴器、あるいは人工内耳(じんこうないじ、聴力が重い方が装用する補聴器の仲間)を装用して、聞こえを補っていきます。今現在は、このような優先順位で、耳の聞こえの改善を目指しています。

耳が聞こえにくくなった場合、考えられる改善方法は、下がったものを元に戻すか、それとも下がったままで改善させるかの二つになります。下がったものを元に戻す方法は、治療。下がったままで改善させるのが、補聴器と人工内耳となります。治療で治れば最も良いのですが、難聴の場合、治療で治らないケースも多くあるため、治療だけでなく、補聴器、人工内耳といったものを装用して、聞こえを補っていく場合もあります。

聞こえを良くさせる事で得られる事

補聴器を装用する事で得られる事はなんでしょうか。端的に見ると音が聞こえやすくなる事となります。しかし、大切なのは、聞こえるようにさせる事で、耳が持つ機能を代用している事にあると個人的には、考えています。

耳が聞こえにくくなると起こる事は、以下の三つになります。

  • 会話がしにくくなる
  • 音に気が付かなくなる
  • 音の感覚がズレる

会話がしにくくなるのは、聞こえにくくなっている方であれば、どのような方も体験されていると思います。会話が聞きにくくなると意思疎通もうまくできなくなってしまいますので、トラブルが増える傾向があります。このような事から、難聴はコミュニケーション障害と呼ばれる事もあります。聞こえにくくなる事で、最もダメージを受けるのは、この部分です。

音に気が付かなくなるという点については、周囲の音が聞こえにくくなる事により、気が向かなくなる事を意味します。日々の日常には、様々な音が存在しており、目の届かない位置でも、人は耳を使って状況を理解しています。例えば、ポットの湯沸かし器が動いている音、ご飯が炊けた音などは、聞こえる事で、どのような状況かがわかりますね。これらは、実際に視界外にいても良くわかります。このように耳は、視界外の状況を理解するために、一役買っています。これらが気付きにくくなるのも難聴の特徴です。

音の感覚がズレるというのは、少々わかりづらいかもしれません。聞こえにくい状況が続くと、自分自身が出している音の大きさに気が付かず、知らず知らず相手の方に負担を与えてしまっている事があります。よくご相談があるのは、家族内のテレビの音がうるさいという内容です。テレビを見ている方が聞こえにくい場合、聞こえにくい耳で感じてちょうど良いくらいにまで音を大きくすると、当然、周囲の方には、非常に大きく聞こえるようになってしまいます。耳は聞こえにくくなると、他の人との感覚が異なってしまいます。そのため、このようなトラブルになる場合もあります。私はこの事を、音の感覚がズレると表現しています。

これらに関しては、まさに耳そのものが持っていた役割であり、聞こえにくくなる事で失う機能でもあります。これらのものを改善させられるのが、補聴器になります。

補聴器の社会的役割

補聴器には、社会的役割もあります。補聴器は、文句こそいわれる事が多いのですが、大変重要な事もしていますし、役割もあります。お子さん、成人、年配者の三つについても見てみましょう。

お子さんのケース

難聴で生まれてきた子どもには、補聴器、または人工内耳を装用して、聴覚を育てるという事が非常に重要になります。人は、聴覚からものを覚え、どんどん成長していきます。言葉を覚えていく過程では、耳が非常に重要であり、耳が聞こえにくいと言葉を覚える事を妨げてしまいます。そのため、補聴器、人工内耳が担う役割は、非常に大きくなります。

早めに装用する事で、脳に音が伝わりやすくなり、少しずつ言葉を覚えていきます。言葉を覚えれば、意思疎通もしやすくなりますし、会話する事もできるようになります。難聴の程度により、難しさは異なりますが、今は、人工内耳と呼ばれる機器の発達により、大変聞こえや聴覚を補う能力が高まってきました。仮に、聞こえを補う機器がなかった場合を想定してみると、補聴器や人工内耳は、非常に大きな役割を担っている事がわかります。

成人

成人の場合は、主にコミュニケーションする際に必要不可欠な道具になります。私自身も生まれつき難聴ですが、補聴器がなければ人とお話しする事ができませんので、非常に困ってしまいます。人とお話しする事ができれば、意思疎通ができるようになり、たわいもない会話で楽しんだり、人と触れ合う事もできるようになります。

難聴者にとって補聴器は、聞こえにくさを感じるものの、無くてはならないパートナーとなります。

年配者

年配者の場合は、主に成人と同様ですが、そこにプラスαがあります。耳の場合、聞こえにくくなると人と接する事そのものを避けるようになってくる傾向があります。さらに、年配者の場合、人との接点が少なくなりがちですので、人と会わない生活をしやすくなってしまいます。そうなるといざという時に誰かに相談する事ができなかったり、助けを呼ぶ事が難しくなります。

聞こえを良くさせられれば、人と接する事の不安を解消させることができるようになります。すると、人との接点が増えたり、一人になる事が少なくなります。孤立死が増えている現在では、補聴器の役割も大きなものがあります。このような方々を少しでも救える可能性があるのが補聴器です。

補聴器の役割は様々

補聴器の役割について記載してみましたが、補聴器の役割も様々である事がわかりますね。補聴器は、タイトル通り、耳そのものの機能を代用する機器です。音を大きく聞かせるというある意味非常にシンプルな方法ですが、それにより、様々な事ができるようになります。

補聴器そのものがしてくれる事もあれば、補聴器そのものが担うものもあります。補聴器には、このような役割があります。様々な視点で、補聴器について理解が深まれば、幸いです。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:デジタル補聴器の概要とできるようになった事

リンク:難聴の問題点と特殊性から見る補聴器の役割

リンク:「片耳補聴器は聞き取りにくい方につける」は、間違い

リンク:補聴器を小型化して得られたメリットとデメリット


この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム