2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器の機能の一つ、自動プログラムはお勧めできる機能

Pocket

macbook-926558_640

補聴器の機能には、周囲の環境に合わせて音の調整を自動にしてくれる機能があります。静かな中では、比較的、全ての音を聞きやすくし、単に騒がしい場合は、騒がしい音を低下させ快適性を高めてくれます。そして、周囲が騒がしいけれども人の声が聞こえている場合は、周囲の音を抑えつつ、なるべく人の音声も拾うように……と、補聴器が涙ぐましい努力をしてくれるのが、自動プログラムです。メーカーによっては、オートマチックプログラムと呼ばれる事もあります。

個人的には、このプログラム入りの補聴器をよく勧めていました。これは「便利であるから」というよりも、それが最も理想の聞こえを得るために必要ではないかと考えたからです。さて、この自動プログラムの良さは、どこにあるのでしょうか。今回は、こちらについて記載していきます。自動プログラムは、各環境ごとに調整してくれますので、言い換えれば、各環境ごとに適したプログラムに変更してくれる事に最大のメリットがあります。

なお、こちらの内容は、補聴器のプログラムに関して、理解がないと少々難しいかもしれません。先にプログラムについてご理解されるとより状況が理解しやすくなると思います。

リンク:補聴器のプログラムとプログラムでできるようになった事

自動プログラムは、なぜ優れていると言えるのか

私が自動プログラムをお勧めできる機能としている理由には、それぞれの環境で聞きやすくする方法は、環境ごとに異なるからです。この点を自動で、合わせてくれるところに大きなメリットを感じています。これについては、

  • 音の意味は、環境により異なる
  • 自動プログラムが可能にした事

この二点より感じています。私自身、少なくとも自動プログラムは、理論上、お互いの短所を補い、お互いの長所のみを使用できるようにした、ある意味究極のプログラムであると考えています。

音の意味は、環境により異なる

個人的によく考えていたのは、音の意味です。音とは、実に不思議で、同じ音がしたとしても状況によって、それが邪魔な音になる事もあれば、聞くために必要となる音になります。

例えば、車道に近い位置で、友人とお話ししていた場合、車の通る音、車のエンジン音が聞こえている状態で、友人のお話しを聞くことになります。この場合、友人のお話しを聞くうえでは、車の音は、聞こえた方が良いとは思いますが、会話が遮られるほど、大きい音で聞こえる必要はありません。このような場合、車の音は、聞きたい音を阻害する邪魔な音となります。

しかし、一人で道を歩いていた場合、車の音については、しっかり聞こえる必要があります。車の音が聞こえないと、特に背後から来る場合、気が付かないケースもあり、状況によっては、大変危険な状態になります。最近の電気自動車、ハイブリッド車は、エンジン音が非常に静かになってきており、一般の方でも気付きにくくなってきました。

このように音の意味は、環境により異なります。車の音一つでも様々な意味合いを持ちます。音が聞こえる事で、その存在に気が付く事ができるのですが、時には必要とされ、時には、邪魔となる……、これが音の特徴です。

自動プログラムが可能にした事

では、これらのケースの場合、全て一律の音の調整のまま対応できるか……といえば、できないケースの方が多くなります。基本的に、聞こえるようにする事と、聞こえなくさせる事は、相反する事であり、二つを同時に行う事はできません。

上記の場合、一つの音の聞こえで対応してしまうと、人とお話しする時の状態を優先するか、一人でいる時の状態を優先するかのどちらかになります。人とお話しする時の状態を優先すれば、周囲の音をなるべく下げるような調整になりますので、快適性が上がる変わりに、周囲の環境に気が付かないケースが増えてきます。周囲の環境に気が付かなくなれば、どうしても気をつけなければならない音も聞きにくくなりますので、この点のデメリットが出てきます。

一方、一人でいる時の状態を優先すれば、良く聞こえるかもしれませんが、その代わり、人によっては、周囲の音に関して苦痛を感じる事も出てきます。騒がしい中に慣れている方であれば、何とも感じないかもしれませんが、人によっては、音が騒がしすぎて人の声がわからなくなる事が増えてしまったり、音によって苦痛を感じる事もあります。

これらのケースで見えてくるのは、どちらに関しても一長一短であるという事です。では、仮に、それぞれの状況別にそれぞれの状況に合ったプログラムをさらに自動で変更してくれる機能があったら、どうでしょうか。そのような事ができれば、静かな時は、静かな時用の音の設定で音を聞き、騒がし時は、騒がしい時用の音設定で聞く……という事ができます。これは、お互いに強いところのみで使用できるという事です。

もし、このような事ができるようになれば、どちらにもあった短所をそれぞれのプログラムで補えるようにもなりますね。ここに、自動プログラムの真価があります。

自動プログラムの凄い所は、それぞれの環境に適応する事です。そして、適応する事ができれば、お話しの聞きやすさと周囲の音の聞きやすさを可能な限り両立させる事ができるようになります。

自動プログラムがしている事

では、実際にどのように自動プログラムは、動作しているのでしょうか。こちらでは、その内容についても触れていきます。自動にプログラムが動くには、二つ必要です。それは

  • どのような環境かを理解する事
  • 予めプログラムを組んでおく事

この二つです。自動プログラムは、この二つがある事によって、初めて動作します。どのような環境かわからなければ、どのプログラムを動作させたら良いかわからないですし、動作させるプログラムを組んでおかないとそのプログラムを動作させる事ができません。この二つがあって初めて動作するようになります。

どのような環境かを理解する

自動プログラムは、補聴器のマイクを通して、様々な音を聞き、状況を判別しています。様々な音を拾う事で、どのような環境下に補聴器を装用している人がいるのかを判断しています。これは、補聴器の中に小さいコンピュータが入っている事によりできるようになりました。

簡単に言いますと、補聴器そのものが、マイクに入ってきた音を常に分析している状態です。コンピュータの中に音の波形データを記録させておき、適応する波形を感知する事で、音を理解しています。その後、分析した結果「どうやらこのような環境下のようだ」と判断すれば、それに合ったプログラムに変更します。

予めプログラムを組んでおく

実際に動作するためには、自動プログラムを予め組んでおく事が必要です。基本プログラムは、静かな環境の時に使用するプログラム、騒がしところで使用するプログラム、騒がしところだけど人の声を極力聞きたいプログラム、この三つがあります。中には、音楽を聞く用のプログラムや風の中で有効的に聞きやすくするプログラムなんてものもあります。

それぞれの音の環境で聞かせる音設定を予め作っておく事により、補聴器で分析した後、それぞれの環境下に適応するよう動作させます。

自動プログラムはお勧めできる機能

個人的には、自動プログラムはお勧めできる機能の一つであると考えています。それは、上記の通り、一つの音設定では限界があるからです。それぞれの長所を活かし、短所を補えるこのプログラムは、まさに理想と言えます。

自動プログラムは、昔こそ、そう性能が良いものではありませんでした。しかし、今はどんどん性能も良くなってきており、環境の適正化もしやすくなってきています。

しかし、注意も必要です。あくまでもこの機能は、環境の適正化をしてくれる機能です。聞こえの最適化を行う事により、聞きやすくなる可能性はありますが、完全に耳を治すものではありません。その点は、大変申し訳ないのですが、ご理解いただければ幸いです。

どのようにしたら、難聴の方が適した聞こえになるのかを考えてみると、自動プログラムは、理想です。これらの理由により、私は、自動プログラムについて、しっかりとお勧めできる機能の一つであると考えています。

あとがき

補聴器の自動プログラムに関して記載してみました。この機能は、最近、とても技術が進んできており、以前はいきなり音が変わってしまったり、音の切り替わりがわかるような状態だったのですが、今では、徐々に自然に切り換えたり、違和感がない切り替わりに変化してきました。

今では、私自身も自動プログラムで使用しています。実を言いますと、昔は、自動プログラムに関して、反意識的なものがありました。自動に調整する事によって本当に聞こえが良くなるのかが全くわからなかったからです。そして、使用した際、確かに聞こえは変化しているのですが、うねうね音が変化する事に違和感を覚えてしまい、自動プログラムではなく固定プログラムにしてしまいました(自動で動かないプログラムの事)。

しかし、実際に、どのようにしたらもっと聞こえが良くなるかを自分なりに考えた結果「そうか!数ある音環境をそれぞれの場面ごとに適正化すれば良いのか!だから自動プログラムがあるのか」と思いついた日から、自動プログラムを使用するようになりました。初めは、動いている感覚に違和感を覚えたものですが、今では動いていても全く気にならなくなりました。もっとも最近の補聴器は、あまり動いている事にも気が付かない事もあります。

実際に効果のほどは……といえば、聞こえやすくなっているようななっていないような……という感覚です。ただ、以前なら明らかに聞こえていなかっただろうな……と思うポイントで聞こえるケースもあります。全てのところで効果が確実にあるという訳ではないのですが、少なからず効果を感じる事もある。それが正直な感想です。私自身の耳は、感音性難聴ですので、どうしても補聴器が頑張ったとしても耳そのものの関係で、聞き取れない事もあります。

少しでも効果がある補聴器を購入したいとお考えなら、自動プログラムはお勧めです。これらの内容がお役に立てば、幸いです。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:難聴の問題点と特殊性から見る補聴器の役割

リンク:補聴器を初めて装用する方に伝えたい装用後の世界

リンク:耳あな形補聴器の特徴とこの補聴器が合う人

リンク:補聴器の性能の一つ、抑制機能を理解する三つの事

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとの相談、無料です

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。ご相談や補聴器の試聴に関しては、無料で承っております。当店の特徴は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!