2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器の評価に必要な音場閾値測定に関する基礎知識


squash-793058_640

補聴器を装用する際、大切なのは、なんでしょうか。私は、装用した補聴器の評価方法だと考えています。補聴器を選択する際、ご自身の経験、ご自身が良いと感じたから補聴器を購入する……というケースは、多いと思うのですが、私自身は、そのように考えていません。なぜなら補聴器は、装用して聞こえる音の感覚こそ理解できるものの、どのくらい聞きやすくなっているのか、どのくらい聞こえが改善できているのかがわからないからです。

では、客観的に自分を評価するには、どのようにすれば良いのでしょうか。その評価に必要な測定が、音場閾値(おんじょういきち)測定です。今回は、この測定について記載していきます。個人的には、この測定も自分自身の実態を知るうえで、とても重要な測定であると考えています。

音場閾値測定はなぜあるのか

音場閾値測定とは……と早速行きたいところですが、まず初めに理解いただきたいのは、なぜこのような測定があるかになります。物事の中で重要な事は「なぜそのようなものがあるか」という点を理解する事にあります。それは、必要がないものであれば存在していませんし、勝手に廃れていくからです。

このような測定が存在しているのは、二つあります。その理由は

  • 装用者の状況を適切に理解できない
  • 装用者も適切に状況を理解できない

この二つがあります。前者は、医師、補聴器を調整する人の視点、後者は、補聴器を装用する人の視点となります。どちらにも共通する事は、調べてみなければ、補聴器を装用した状態は、把握する事ができないという事です。

装用者の状況を理解できない

これは、ある意味当たり前ではありますが、補聴器を装用した状態を何らかの方法で調べない限り、装用者がどのような状況なのか、本当に聞こえているのか、装用者は聞こえていると言っているけれども実際どのくらい聞こえているのかは、全くわかりません。基本的に、これらの事は調べてみない限り、わからないものです。

例えば「耳が聞こえにくい」という状態にもすごく聞きにくい〜少し聞きにくいまで幅があります。ひと言「聞きにくい」と言われてもどのくらい聞きにくいかは、全くわかりません。恐らく、こちらをご覧になっている方もいきなり「耳が聞こえにくい」と言われたら「それはどのくらい聞きにくいの?」「どのくらい聞きにくいのだろう?」と疑問を持つのではないでしょうか。そのため、聴力検査を行って、聞こえを数値化します。このようにする事で、比較可能な状態にし、状況を見極める事ができます。

余談ですが、聴力検査は、人の感覚値を基準として作っています。人が普段聞こえているラインがわかれば、そこからどれくらい下がっているのか、どれくらい聞きにくいのかがわかる事で、難聴であると診断できますし、普通の人より、聞きにくい状態であるという事がわかるようになります。検査とは、基本比較対象を作る事で、比較できるようにしたものです。検査で重要なのは、表から何が言えるのか、何が読み取れるかになります。

これは、補聴器を装用した時も同様です。補聴器を装用した状態も、どのような聞こえなのかを理解する必要があります。私自身は、この測定をよく行っていましたが、その理由は、装用者がどのような状況かわからなかったからです。装用している状態がどのような状況かがわからない場合、どう改善を行ったら良いかわからないですし、しっかり聞こえている状態かもわかりません。この測定は、現状がどのようになっているのかを確認するために必要な測定です。

装用者も状況を理解できない

私自身も補聴器を装用していますが、音を感じる感覚はわかっても、どのくらい音が聞こえているのか、どのくらい聞こえるようになってるのかまでは、装用者自身わからないと考えています。これは、私自身もそうです。

なぜわからないかと申しますと、効果があるかないかを理解するには、必ず二つのものを比較する必要があるからです。適切な比較は、補聴器を装用したら得られるであろう最大効果の聞こえと今現在の比較になります。これに対し、対等、もしくは許容範囲内の低下であれば、その補聴器は合っている、概ね合っていると言えるのですが、補聴器を装用したら得られるであろう最大効果の聞こえを耳で体感(理解)している方はほとんどいません(予め、最高の改善状態を自分の体が理解していなければ比較ができないという意味です)。耳で理解できなければ、どこまで聞こえを改善できるのか、どこまで改善したら合っていると言えるのか、これらの事が耳で判断できない事を意味します。

特に初めて装用する方はわかりません。補聴器そのものに関して初めて知りますので、補聴器を装用した感覚もそうですし、補聴器を装用して得られる聞こえもどう評価して良いかわからないものです。どのように感じるのが良いのか、どのように感じれば合っているといえるのかを言えるのは、ごく少数だと思います。なぜなら、補聴器適合に関する基準、または目標がないからです。

この測定は、その目標に向かって今どこにいるのかを照らしてくれる測定でもあります。どんな人も暗闇の中、何もない状態で道を進めと言われれば、目標に向かって歩いて行けているのか、それとも遠ざかっているのかはわかりません。しかし、暗闇に一点光があれば、どうでしょうか。そこに向かって歩いていけます。この測定は、状況を把握し、進むべき道を作り出す測定でもあります。

測定結果をどのように活用するか

では、さらに理解を進めていきましょう。この測定結果は、どのように活用するのでしょうか。主には、状況把握のために活用されます。基本的には、インプットしたものがしっかりアウトプットできているかを確認するツールが音場閾値測定です。こちらでは、

  • データから見える事
  • 目指す数値に関する諸説

この二つについて記載していきます。こちらに記載している内容は、あくまでも個人的な感覚で記載しています。特にこの測定の数値は、どの数値がベストかというところについて議論されている最中であり、私が記載している内容も必ずしもベストとは限りません。その点だけご注意ください。

データから見える事

この測定を行いますと補聴器を装用した状態でどのくらい聞こえているのかを理解する事ができます。例を上げてみますとこのようなデータがあったとします。

音場閾値測定結果

データの見方としては、▲が補聴器を装用した状態です。△が補聴器を装用していない状態です。それ以外の見方は、オージオグラムと同じになります。オージオグラムについて不明な点があれば、こちらをどうぞ。

リンク:オージオグラムの見方と検査数値から見る耳の聞こえにくさ

では、この図から何が言えるのでしょうか。……恐らく全くわからないと思います。そこで、お客さんの言葉とこの数値そのものの意味について記載していきます。

お客さんにヒアリングしてみたら「良く聞こえるようになった、呼ばれる事に関しても気が付く事も増えたし、聞きにくいところがありながらも効果を感じている」と言っていました。一方データについては「今までの経験上、補聴器を装用した時に得られる聞こえの値が30dB〜35dBであれば、概ね聞こえが良い事がわかっている。ただ、この数値にすると中には、騒がしすぎて使用できない人もいた」としましょう。

再びデータを見てみますと、補聴器を装用している状態での結果は、30〜35dBまで入っている事がわかります。という事は、概ね聞こえていてもおかしくない、もしくは補聴器そのものの効果を感じていてもおかしくない状況と言えます。そして、補聴器そのものの評価に関しては、良く聞こえるようになったとの評価でした。概ね言っている事とデータの内容が一致していますね。では、この次、どんな行動を取るでしょうか?私だったらうるさすぎる事はないかを確認します。効果があったとしてもあまりにもうるさすぎる、あるいは使用してられない場合は問題となります。その点について確認を行います。……とこのように活用できるのが、音場閾値測定です。装用者の言っている内容はどうなのか、実際に測定してどのような結果なのか、二つの視点で見ると様々な事がわかるようになります。

もう一つ例を出してみましょう。今度は、聞こえにくかった場合についてです。ある日お客さんが来店され「どうも聞きにくい、ここ最近、聞きにくいという事ではなく、以前、うるさく感じる事が多かったので、音を下げてもらった。しかし、それ以降から、聞きにくくなってしまった」とおっしゃっていたとします。ここで、状況を調べてみると以下のようなデータが取れたとします。

音場閾値検査結果

補聴器を装用している状態を見てみると確かに少々下がっていますね。私自身は、生まれつき難聴ですので、音場閾値40dBの聞こえ、50dBの聞こえを簡単に体験できるのでわかるのですが(私の場合、自分の補聴器を意図的に感度を低下させれば簡単に体験できます)、40dB〜45dBって結構聞きにくいです。そのような状態では、確かに聞きにくさを訴えてもおかしくないと考えられます。では、この次に行う事は何かと言えば、音量アップになります。ただし、以前うるさいといって、下げたデータを参考にしつつ、どこまで上げるかを検討します。こんな風にも音場閾値測定は活用できます。

この測定は、現状を掴む事ができますので、解決方法を提示するには、うってつけのものです。データの見方さえわかれば、これほど、現状把握に優れた測定はありません。データを測定する事で、様々な事がわかります。

数値に関する諸説

上記では、イメージしやすいように実際の対応で良くありそうな内容を用いて説明させていただきました。個人的には、基本的に、装用時のラインを30〜35dBで考えています。その根拠は、補聴器の効果を感じている方は、おおよそこのくらいまで聞こえているケースが多くあるからです。

しかし、この数値に関しては、厳密に○○dBまでが良いという事については、決められていません。耳鼻咽喉科学会(耳鼻咽喉科内での補聴器、あるいは聴覚に関する学会)では、1000Hzのみ35dBであれば、他が下がっていても良いとされています。そして、そこまで達成できない方に関しては、補聴器装用時の値が補聴器装用なしの状態の値の半分(非装用時が80dBでしたら、装用時は40dB)であれば良いとされています。

聴覚医学会で発表されている内容を見てみると、やはり効果が出ている方は、30dBくらい平均で聞こえている方が多いように思います。中には、25dBくらい聞こえているケースもあり、このような方も聞こえの効果を良く感じているようです。これは、私自身も多くのお客さんを対応してきた事、私自身の補聴器の調整もそのようにしている事から「やっぱりそうなのか」と感じる事が多々あります。

そのような理由により、装用時のラインを30〜35dBを基準に考えています。ここから、下がっている場合は、お客さんの状態をヒアリングしながら、状況を探っていきます。そして、改善できるところがあれば、改善していきます。

どのようにやるのか

さて、実際にこれは、どのように行うのでしょうか。こちらは至って簡単です。音場閾値測定は、聴力検査室の中で行われる測定であり、補聴器を装用した状態で、スピーカーから音を流し、どのくらい聞こえるのかを調べます。基本的には、聴力検査の補聴器版ですので、やり方も聴力検査と同じです。小さい音でも聞こえたらボタンを押していただき、補聴器を装用した状態の最小可聴閾値(最も小さい音がどこで聞こえるか)を調べます。

聴力検査より少ない周波数を調べてるため、聴力検査ほど、時間はかかりません。聴力検査は、125Hz、250Hz、500Hz、1000Hz、2000Hz、4000Hz、8000Hzを調べますが(厳密にはあといくつかあります)、こちらは、250Hz、500Hz、1000Hz、2000Hz、4000Hzの5つになります。測定方法を気をつけないとデタラメな数値が取れてしまう事はあります。しかし、基準さえ守っていただければ、すぐに終わる測定です。

音場閾値測定は、大抵どのくらい補聴器で聞こえているのかを調べる際に活用されます。聴力検査よりも早く終わり、すぐに調べられる測定ですので、非常に楽かつ状況を把握できる優れものです。

基本まとめ

音場閾値測定は、耳の状況を客観的に掴む、あるいは見る事ができますので、非常に重宝する測定です。これは、補聴器を装用しただけでは適切な値まで聞こえるようになっているのか、自分自身で判断できないからこそ、必要な測定であると私は考えています。

私自身もこの測定がなければ、どのように補聴器を評価したら良いかわかりません。そして、本当にベストなところまで聞こえが補えているのかもわかりません。しかし、自分の状況を調べられ、おおよそ効果があるポイントがわかってくるとそこを目標にする事で、聞こえを改善させる糸口が見つかります。それがまさに、音場閾値測定です。

このように音場閾値測定は、非常に重要な測定となります。

あとがき

音場閾値測定に関する基礎について記載してみました。補聴器を装用しても感覚だけしかわからないからこそ、必要な測定であると個人的には、考えています。

私の知っている優秀な方々は、必ず客観評価(聞こえをデータ化する事)を行い、主観評価(補聴器を装用した状態のお客さんの評価)がどうなのか、主観評価と客観評価でズレはないか、どの点が問題点なのかを確認していました。言葉ではいくらでも言えますし「聞こえにくい」と言われてもどう聞こえにくいのかわかりません。そして、そもそもどのような聞こえなのかもわかりません。現状を正しく理解する事から、改善は始まりますので、優秀な方ほど、現状確認を確実に行い、問題点を探していきます。

問題点を探すと言う意味でも、適切な状態になっているかという確認の意味でも、この測定は、非常に優秀です。補聴器の評価をする上では、欠かせない測定だと個人的には、考えています。こちらの内容で、少しでも補聴器の事が理解できれば幸いです。

 

こちらをご覧になった方には、こちらもお勧めです。

リンク:難聴の問題点と特殊性から見る補聴器の役割

リンク:補聴器を選ぶ前に知っておきたい装用感覚に関する思考

リンク:補聴器は同じ金額を出したとしても効果が異なる場合がある

リンク:補聴器の抑制機能の理解と機能別、必要性の有無


この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム