2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器のアフターフォローの一つ、音場閾値測定について

Pocket

補聴器のアフターフォローといえば、基本補聴器の点検・掃除、そして修理といった補聴器を主体とするものになります。しかし、アフターフォローには、耳の状況を確認する事も含まれます。ただし、ここでいう確認とは、聴力検査ではなく、補聴器を装用した状態を調べる音場閾値測定(おんじょういきちそくてい)と呼ばれる測定です。

さて、音場閾値測定とは、どのようなものなのでしょうか。そして、どのような時に行われるのでしょうか。今回は、こちらについて、記載していきます。この測定は、補聴器を装用した状態でどのくらい聞こえているかを確認できる測定ですので、非常に重要な測定になります。

音場閾値測定とは

音場閾値測定とは、冒頭で記載しました通り、補聴器を装用した状態で、どのくらい聞こえているかを確認する測定です。聴力検査の補聴器装用版と言えば理解しやすいと思います。補聴器を装用した状態で、スピーカーから出された音が聞こえたらボタンを押す……というような測定です。これを行う事により、補聴器を装用した状態で、どれほど、聞こえるようになっているのか、今の聞こえている感覚は、どのようなものなのかを知る事ができます。

基本的には、補聴器を調整する際に使用されるものですが、アフターフォローでも使用される事があります。

補聴器で重要なのはアウトプット

補聴器のアフターフォローでは、基本、補聴器の点検や掃除、あるいは、補聴器の音そのものを確認する事が多くなります。しかし、補聴器で最も重要なのは、インプットではなくアウトプットになります。そのため、たまには、音場閾値測定を行い、装用した状態を確認する事も必要です。

インプットとは、補聴器から出る音であり、アウトプットとは、その音を感じ、どのような状態で聞こえているかを表します。インプットは、補聴器そのものの音を調べる事で理解ができます。しかし、アウトプットは、補聴器の音を調べるだけでは、わかりません。補聴器を装用した時でどのように聞こえるかを調べないかぎり、アウトプットは理解する事ができません。アウトプットがどのような状態なのかも調べておくと、自分自身の状態を理解する事ができます。

補聴器を装用した状態が理解できると、どのように聞こえているのか、自分自身が感じている感覚は、どのようなものなのかが相対的に理解する事ができます。私自身も補聴器を装用していますが、基本的に補聴器を装用するだけでは、音を感じる事はあるものの、どのように聞こえているのか、どのくらい聞こえが改善できているのかまでは、わからないものです。自分自身にとって、普通の音量で聞こえていたとしても、測定した結果、あまり良くない結果であれば改善した方が良い事もあります。※厳密には、その方の耳の状況もありますので、全てがそうとは限りません。

音場閾値測定を行うと、自分自身の聞こえの状態を把握する事ができます。補聴器の状態を確認するのも重要ですが、こちらの確認も大切です。

私自身がしていた事

私の場合は、ある周期ごとに確認をしたり、気になる事があれば、良くしていました。私自身がしていた時は、いまいち状況が理解できなかった時です。お客さんが良いと思っていても私からすると、良い状態なのか、どうかが全くわかりません。お客さんの耳で聞こえを体験できれば別ですが、そのような事はできませんので、基本、測定を行ってどのような状態かを調べない限り、相手の状況を理解する事はできません。もちろん仮にできたとしてもその状態が良いか、悪いかの判断はできません。

インプットの状態が理想の状態でも、必ずしもアウトプットも理想の状態であるとは、限りません。音場閾値を調べれば、聞こえている状態になっているのかを確認する事ができますので、この判断が非常にしやすくなります。もし、低いようであれば、音調整を提案できますし、良い状態であれば、このままキープする事を考える事もできます。これらの判断に役立つのが、この音場閾値測定でした。そのような理由から、この測定はよく行っていました。

アフターフォローは、キープするために行う

アフターフォローで行う理由も同じです。しっかりと機能をキープする事、聞こえる状態にしておく事、これらを確認するために音場閾値測定があります。ほとんどの事は、補聴器の点検で理解できますが、たまには、アウトプットがどのような状態なのかを知るのも良いと思います。それが、自分自身の状況の理解に繋がりますし、良い状態をキープできているのかも知る事ができます。

アフターフォローは、良い状態をキープするために行っています。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:補聴器を修理に出したのに異常がない?の改善方法

リンク:損をしないための補聴器電池の注意点と性能の良い電池

リンク:補聴器落下防止器具は必要?原因から紛失防止策を考える

リンク:音を区別する事の難しさと音を調整する事の意味を考える

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム