2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器を選ぶ前に知っておきたい装用感覚に関する思考


さて、先日から補聴器の適合に関する内容を記載しています。語音明瞭度に関する内容や音場閾値に関しては、まさに補聴器がどう適合しているのかを数値にして見る行為です。しかし、補聴器には、もう一つ、適合に関して判断しなければならないものがあります。それがタイトルの通り、補聴器の装用感覚です。

補聴器の装用感覚は、非常に判断が難しいものの一つであり、今現在「これが正解!」というものがありません。人の感覚は、千差万別であり、さらに難聴別に聞こえる音が異なる事もあれば、聞こえてくる音の感覚まで、異なります。このような状況では、ひとくくりに「これがベストである」と言えないのが現状です。

では、そのままうやむやにしてしまって良いのかと言いますと、私の場合、そのようには考えていません。ですので、今回は、こちらに関して、基本的な考えを記載しています。ただし、上に記載しました通り「これが正解」というものは、ありませんので、あくまでも私の思考となります。その点については、ご了承ください。

では、見ていきましょう。

補聴器の装用感覚とは

こちらでいう補聴器の装用感覚とは、単に補聴器を装用した時の感覚になります。補聴器の装用感には、大きくわけて二つあり

  • マイクを通して聞こえてくる音の感覚
  • 補聴器を装用した耳に感じる感覚

の二点があります。このページ全体で扱うのは、マイクを通して聞こえてくる音の感覚ですので、こちらをメインに記載していきますが、初めに全体について記載していきます。

マイクを通して聞こえてくる音の感覚

補聴器を装用すると様々な音が聞こえてくるようになります。周囲で人がお話ししている時の音から、工事をしている時の音、救急車のサイレンの音など、補聴器を装用すると聞こえてくる音は、細かい音から、大きい音まで様々です。

これらの音がどのように聞こえるのか、どのような音量で聞こえるのか、聞いてどんな風に感じるのか、それがマイクを通して聞こえてくる音の感覚となります。今回のメインテーマです。

補聴器を装用した耳に感じる感覚

補聴器を装用すると耳が詰まった感覚があります。補聴器を耳の中に入れていますので、当然といえば当然の反応ではあるのですが、この感覚が強く出る事があります。業界内では、こもり、自声の響き、というように言われます。

耳を塞ぐと自分の声が頭の中で反響しやすくなります。試しに手の平で軽く耳を覆っていただき、声を出すと、耳を塞いでいない時より、塞いだ時の方が大きく聞こえると思います。これと同じ現象が補聴器を装用する事によって起こります。

特に補聴器の場合、しっかり耳を塞がないとハウリングと呼ばれる音漏れによる現象が起こりますので、自声の響き、こもりは、仕組み上起こりやすい構造になっています。補聴器の装用感覚には、こちらも含まれます。が、今回のメインテーマとは、異なりますので、省かせていただきます。もしこちらについて理解されたい場合は、こちらをどうぞ。

リンク:補聴器を装用する人は、自声の響き、こもりを理解しておこう

私が考える音の感覚

さて、概要が終わりましたら、早速本題に入りましょう。私自身が考える音の感覚は、自分にとってうるさすぎない程度に、限界まで大きくする。これだけになります。もしかしたら、他の補聴器屋さんも同じように考えているかもしれません。私自身の補聴器は、この考えに則って調整していますし、私の場合、自分の補聴器を自分でカスタマイズしています。

このように考えているのは、どのようにしたら最も聞こえを良くできるのかと私自身が考える補聴器のあり方が関係しています。具体的には、

  • 出力制限の関係
  • 音をどのように考えるか

この二つがあります。

出力制限の関係

補聴器には、大きくわけて

  • 出力の制限(音の上限)
  • 利得(普段感じる音の大きさ)
  • 出力の開始ポイント(どこから音を大きくするか)

の三つがあります。こちらで取り扱うのは、この中の一つ、出力の制限です。補聴器には、出力の制限が設けられています。これは、先日記載した内容と同じなのですが、難聴の方の場合、音が聞こえにくい耳なのに関わらず、音を大きくすると反って不快に感じてしまう方がいます。大きい程度なら良いのですが、大きすぎると非常に不快に感じてしまいますので、その不快ポイントに達しないように、制限を設けています。これが、出力の制限です。

この感覚は、人によって、さらに耳の聞こえが低下した原因によっても大きく左右されます。あまり感じない方もいれば、強く感じる方もいます。補聴器は、このような点も人ごとに合わせています。

しかし、この出力の制限には、音を抑える事により、一つ欠点が生じてしまいます。それは、SN比が改善しにくくなるという事です。※SN比については、こちらを参照願います。

リンク:補聴器のボリュームを上げても聞きやすくならない理由

出力の制限をかけすぎると、音の上限値が低くなります。すると、聞きたい音を大きくして改善させるという方法が取りにくくなります。その結果、SN比の改善が難しく、騒がしい中での聞き取りが制限をあまりかけていない人より、聞きにくくなります。SN比は、大きいと大きい程(SシグナルがNノイズより大きいと大きい程)聞きやすくなります。制限をかけすぎると、その幅を狭めてしまう、あるいは、失くしてしまう事がありますので、聞きにくくなりがちです。

出力制限は、耳を守る、あるいは、不快な音を感じにくくさせるという素晴らしい面がありますが、同時に聞きにくくなる側面も持っています。どちらも一長一短となります。

音をどのように考えるか

こちらは、完全に個人的思考となります。私自身は、あくまでも一般の方と同じ感覚を得られるようにする事が大切ではないかと考えています。そのため、基本的には、一般の方と同じような感覚を得られるような調整を行っています。私自身の補聴器もそうように調整しています。

本来音が聞こえるという事については、二つの側面があります。それは、音が聞こえる事で喜ぶ事もあれば、音が聞こえる事で、不快に感じる事です。例えば、人は音が聞こえる事で、様々な合図に気が付いたり、人と会話できたりします。人の場合、主に耳と声をつかって主にコミュニケーションを図りますので、これは、ごくありふれた事です。しかし、一方、聞こえる事によって不快に感じる事もあります。シャープペンをカチカチさせ、細かい音にイライラしたり、電車の中で大声で話す人が鬱陶しく感じたり、家の中にいて、隣の家が騒がしかったりと、イライラする、不快に感じるポイントを上げれば、枚挙にいとまがありません。

では、仮にイライラする音、不快に感じるポイントだけ、聞こえない補聴器ができたらどう思いますでしょうか。恐らく、皆欲しがると思いますし、ある意味理想の補聴器かもしれません。しかし、これには、一つ欠点が残っています。それは、音に気が付かなくなるという事により、それらの音で悩まなくて良くなる(快適になる)反面、それらの事を自分がしてもわからなくなる事です。

例えば、シャープペンをカチカチさせる音は、音を小さくすれば、きこえなくなります。しかし、聞こえにくくなって自分だけが快適になっても、それを他人にしてしまったら、相手はいい気分にはなりません。その結果、当然ですが「嫌なやつ」「鬱陶しいやつ」と思われても仕方がありません。なぜなら人の嫌がる事をしているからです。そして、始末が悪い事に、何が原因かわかりにくくもなります。聞こえないのですから、まさかそれらの音で、周囲の人がイライラしている、あるいは、迷惑しているとは、思ってもみない事でしょう。音はそもそも聞こえないと認知できませんので、自分がそのような事をしている事もそのような事をしているせいで避けられている事も気付きにくくなります。

これは、足音が大きかったり、声が大きかったり、あるいは、がさつで物音が大きくなる場合でも、同様の事が言えます。音が小さく聞こえるようになれば、人はその事に気をつけようと思わなくなってしまいます。音の場合、本当に重要なのは、自分がどう感じるかではなく、相手がどう感じるかです。ここをはき違えると、確かに快適な補聴器はできるのですが、人がよりつかなくなります。誰でも迷惑な人、嫌な人には、近づきたくないものです。

個人的には、このような点もしっかり考えていく必要があるのではないかと思っています。そう考えると、音を一般の人と同じように感じる事が、最も重要なのではないかと思うようになりました。人が不快に感じる音は、自分も不快に感じる事が、感情の共感にも繋がると思っています。嫌な事は、人にしない。もし、これをするなら、やはり嫌なものは、嫌と感じなければ、自分自身、気をつける事ができません。それらを行うには、やはり一般の人と同じようにする事ではないかという結論に至りました。

人生の充実のために

上記の事を行うには、ひと言で言うと「 自分にとってうるさすぎない程度に、限界まで大きくする」になります。大きく聞こえるようにするのは、出力制限の幅を狭める事によって聞きにくさを少しでも軽減させるためです。そして、他の人と同じように感じる事で、嫌な事、迷惑な事を相手の方にしなければ、マイナスになる事はありません。これらの事をするには、やはり自分にとってうるさすぎない程度に、限界まで大きくする事となります。

具体的には、補聴器を装用して、うるさい程度ならOKで、うるさすぎるという点は、NGにしています。そして、補聴器を装用した状態で、違和感が多少ある程度ならOKで、違和感がありすぎて、頭が重い、気持ち悪い、不快な感覚があるのは、NGです。どちらに関しても言える事は、許容範囲がどこまでかになります。少々は、良くても影響が強すぎるものは、NGとしています。

多少の部分は、非常に曖昧であり、判断が難しいところではありますが、大抵の場合、多少程度ならしばらくすると気にならなくなる事があります。そのため、許容範囲内としています。よく聞くフレーズは、我慢できる範囲内か、そうでないかになります。これは、我慢できる=許容範囲であり、我慢できない=許容範囲外となるからです。私が調整すると快適な補聴器はまずできません。必ず、何かしら気になる要素は出てきます。その代わり、聞こえる補聴器になります。

なお、私自身大きく聞こえるようにさせる事が必ずしも良い結果を生むとは、考えていません。過度な負担は、補聴器を使用しなくなる原因にもなりますし、何より、聴覚を痛めてしまう危険性があります。ここは、最も避けなければならないところです。単に抑えすぎるのは良くないと言う事を申しているだけであり、抑える事そのものを否定する気はありません。重要なのは、その人にとって、補聴器はどうあるべきかを考える事です。私は、それを考えた時、上記のような結論に至りました。そのような、信念を持って、調整しています。

あとがき

補聴器を選ぶ前に知っておきたい装用感覚に関する思考という事で、私の考えを記載してみました。もちろんこちらは、私が考えている事ですので、必ずしも正解ではありませんし、ベストではありません。どの調整者、医師も調整に関して、どのように考えて行っているのかを出していませんので、先陣を切って書かせてもらいました。こちらに関する批判は受け入れるつもりです。

私自身が考えているのは、どのような補聴器があればより良い生活を送れるようになるのか、というところを主に考えています。音の感覚だけ良くするという事であれば、基本、鬱陶しく聞こえる音は聞こえなくさせ、自分が聞きたいと思う音だけ聞こえるようにすれば良いと思うのですが、それでは、日々日常の中で、様々な音が聞こえなくなり、自分自身で気をつける事、相手と感覚を共有する事ができなくなります。その結果、相手にとっては鬱陶しい、迷惑な事をしてしまう可能性があると考えています。そうなれば、結局一人になってしまう事が考えられます。

では、補聴器を装用しようとしている人は、一人になりたがっているのでしょうか。恐らく一人になりたがっている人は、逆に補聴器を求めないのではないかとも思っています。それは、聞こえる必要がないからです。そのような事を考えると、結局は、聞こえるようにさせる事、そして、補聴器をどのように活用し、コミュニケーションできるようにしていくのかまで、考えていく必要があるのではないかと思います。

それらを考えた結果が本内容です。最大限聞こえるようにさせ、嫌なものは嫌と感じる、そうする事ができれば、相手に嫌な事をする危険性も少なくなりますし、相手にとっても良い事になります。人は、一人で生活していない事を考えると、このように周囲に対して「このように調整したらどのような反応になるのか」も考えていく必要があるとも思っています。

大切なのは、補聴器を主体で考えるか、人を主体で考えるかです。私は、補聴器を使用し続けてきたユーザーですので、当然人を主体で考えています。補聴器は、人をサポートする機械であり、主体は、人になります。

これらの内容により、補聴器について理解が進めば幸いです。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:補聴器の金額は、難聴のレベルと関係がない

リンク:デジタル補聴器の概要とできるようになった事

リンク:多くの人が誤解している補聴器が慣れるという状態

リンク:補聴器の指向性機能の基本をまとめてみました


この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム