2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

難聴の方に対し、補聴器はどう音を大きくしているのか

Pocket

補聴器は、どのように考えて音を大きくしているのでしょうか。そして、難聴の方の耳は、どのような特徴があるのでしょうか。こちらでは、補聴器がしている事について記載していきます。

難聴の方の耳は、一般の方に比べ、特殊な環境になっています。そのため、補聴器もそのような耳に合わせる仕組みになっています。では、補聴器がしている事について見ていきましょう。

補聴器がしている事

補聴器がしている事は、簡単に言いますと、音を大きくして聞こえやすくする、ただこれだけになります。しかし、補聴器の場合、単に大きくするだけではなく、それぞれの音量別に調整を加えて、聞こえるようにしています。

日々の日常には、小さい音、中くらいの音、大きい音など様々な音量の物音がします。難聴になると基本的には、その方にとって小さい音が聞こえにくくなります。

では、単に音を大きくすれば良いかと言いますと、そうでもありません。難聴の方の耳は、ある一定の音量を超える音や機械的な高い音などが一般の方より、響きやすくなったり、不快に感じやすくなる傾向があります。

このような少し変わった耳となりますので、それぞれの音量別に調整できるようにしたのが補聴器です。

難聴の耳

難聴の耳になると起こる変化には、音の感覚の変化もあります。人には、誰しも聞こえる範囲があります。これは、健聴の人でも難聴の人でも同様です。図で表しますと、以下のようになります。

zouhuku

こちらは、オージオグラムと呼ばれる聴力図で、耳の聞こえ方を表現しています。一般の方と50dBという音のラインで聞こえ始める方で、どのように差があるのかを記載した図です。0dBというラインが一般の方の平均値(20代の聞こえの平均値と呼ばれています)であり、そこから、数値が大きくなると大きくなるほど、音が大きく感じるようになります。

難聴の方の感覚を見てお気づきだと思うのですが、難聴の方は、一般の方より、音の感覚が狭まります。元々大きい音に関しては、感覚の上限がありますので、音が聞こえにくくなると聞こえる範囲が狭まってしまいます。すると、図のようにそれぞれの音を感じる感覚が、一般の方とは、異なった感覚になります。

これは、聞こえにくくなるとなるほど、そのような傾向が出てきます。難聴になるとこのような感覚の変化も起こります。

今の補聴器は感覚に合わせるようにしている

補聴器の場合、このような感覚の方に合わせて音を調節していきます。マイクから入ってくる音の音量、周波数(音の高さ)を確認し「この音は、このぐらい大きくする。その音は、このくらい大きくする」というように細かに調整します。

基本的に難聴の方は、自分にとって小さいと思う音が聞こえず、大きいと感じる音は、聞こえます。そのような特殊な耳の感覚を一般の方の感覚になるべく近づけていきます。

一般の方が小さいと感じる音は、難聴の方の耳でも小さいと感じるように、一般の方が、普通くらいの音量で感じる音は、難聴の耳でも普通に感じるように、そして、一般の方が大きいと感じる音については、難聴の方も大きいと感じるようにするのが、補聴器の役割です。

さらに音の制限もしています。補聴器には、最大出力と呼ばれる出力の制限も設けられており、大きすぎる音が入らないよう、あるいは、大きい音が聞こえても不可がかかりすぎないように、必要以上の大きな音は、聞かせないようにしています。これは、音が聞こえにくいのに関わらず、音に関して敏感である耳に対応するためです。

補聴器は、難聴の方の耳に合わせるため、様々な音の調節ができるようになっています。

これらの内容が補聴器の理解に繋がれば幸いです。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:難聴の問題点と特殊性から見る補聴器の役割

リンク:初めて補聴器を装用した時の自分の経験

リンク:補聴器を使用する気がない人に、補聴器は難しい

リンク:補聴器のボリュームに関する概要とボリュームができる事

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム