2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器が合わないという場合に考えたい音の評価

Pocket

補聴器を装用している方の訴えとして、最も多い事といえば、タイトル通り「補聴器が合わない」という内容です。補聴器を装用している方であれば、一度は考えた事があるのではないでしょうか。

もし、今現在このような疑問をお持ちであれば、私から一つ、質問があります。それは「補聴器が合っている状態とは、どのような状態を言いますか?」という事です。いかがでしょうか。この問いに答えられますでしょうか。

この質問に答えられ、合わないというのでしたら、間違いなく補聴器は合っていません。その場合は、補聴器の調整、あるいは、補聴器の相談に伺い、改善してもらう事が必要となります。しかし、もしこの質問に答えられない場合は、初めに、合っている状態とは、どのような状態をさすのか、ここから学んでいく必要があります。

では、なぜそのような事が言えるのでしょうか。今回は、こちらについて載せていくと共に、理由についても記載していきます。補聴器は、非常に評価が難しい機器であり、人により、適合している、していないの判断が曖昧になりがちなところがあります。この点を理解すると、より補聴器について理解しやすくなります。

なお、こちらの内容は、聞こえにくいという事で合わないと表現している場合を念頭において進めていきます。その点にご注意ください。

何を持って合わないといえるのか

まず始めにお考えいただくのは「何をもって合っている」と言えるかになります。「補聴器が合わない」というのは、平たくいえば合っている条件を満たしていない状態を指します。補聴器は、この論点が非常に曖昧であり、販売する方、お医者様、それぞれ異なっています。この条件をしっかりと考えていただく必要があります。

その理由としては、

  • 感音性難聴である事
  • 音が聞こえる感覚しかわからない事

この二点から言えます。この二点は「合っている」という論点をぶれさせる主な原因です。

感音性難聴の特徴

感音性難聴という言葉は、聞き覚えがありますでしょうか。大半の難聴者、補聴器を装用している方は、感音性難聴の方です。特徴として、音が小さく聞こえてくるようになる他、言葉が認識しにくいという事も起こります。神経系の問題とされ、治療する事もできない難聴として有名です。

ここで重要なキーワードは、言葉が認識しにくくなるという事です。この点に関しては、補聴器を装用しても改善させる事ができません。一度低下してしまった音を認識する力は、残念ながら改善させることができない力とされています。私自身、生まれつきの難聴者であり、私もこの難聴です。

音が聞こえる感覚しかわからない

私自身が補聴器を装用して思うのは、補聴器は単に音が聞こえるという感覚だけしかわからないという事です。聞こえてくる音に対し「この音はうるさいなぁ……」「え?今何か音しているの?聞こえないけど……」「この音何の音?聞いた事がない音だな……」という事はわかるのですが、補聴器を装用して「一般の人と同じくらい聞こえているな」「今、このくらいの聞こえだから、もう少し聞こえたいな」という事までは、わかりません。あくまでも補聴器でわかる事は、どのように音を感じるかであり、その補聴器の評価までは、できないものです。

私自身、補聴器を販売してきた事、そして難聴の耳で補聴器を装用し続けてきた事(かれこれ20年は使用しています)、このような経験をしていますが、私は、補聴器を装用しただけで「この補聴器は良いな」「この補聴器は良く聞こえる補聴器だ」という判断は、できません。その理由も上記に記載した通り、あくまでも補聴器を装用してわかる事は「感覚」だけだからです。

しっかり考えたい補聴器の事

さて、合っているという論点をぶれさせる二つについて載せてみました。いかがでしょうか。この二つをご覧になり、どのような事を思いましたでしょうか?考えてみると考える程、よくわからなくなると思います。

例えば感音性難聴に関しては、感音性難聴の方が補聴器を装用しても言葉が認識しにくいという事がわかりました。認識しにくい状態であれば、どのように補聴器は「合っている」と考えれば良いのでしょうか。そのまま補聴器を装用すれば、認識しにくく、聞こえにくい状態になるという事も考えられますね。では、認識しにくいままで、音さえ聞こえれば合っていると言えるのでしょうか。そして、認識しにくい状態というのは、人により、変わる事がなく、一定なのでしょうか。

補聴器を装用した状態の評価も同様です。補聴器を装用しても感覚だけしか理解できないという事は、何をもって合っているといえるかわからない状態になります。自分にとって「普通」「心地よい」という状態で聞こえれば合っていると言えるのでしょうか。それとも、自分が聞きたいと思う音が聞こえれば合っていると言えるのでしょうか。

このように補聴器というのは、合っているという論点がぶれやすいものです。メガネのように比較的誰もが効果を期待できるものであれば、あまり考える必要はないかもしれません。しかし、補聴器の場合は、使用者が感音性難聴という事もあり、しっかり考えていく必要があります。それが自分自身の聞こえを改善させるヒントになり、そして合っているか、合っていないかを見分けるポイントになります。

私が思う合っている条件

上記には、販売者、お医者様によって考え方が異なると記載しました。そのため、こちらでは、私自身が自分の補聴器に対して行っていた事を載せていきます。こちらを理解すると補聴器をどのように考えれば、合っている、合っていないを判断できるのかを理解する事ができると思います。

基本的思考は、状況を見極め、できる限りの改善をする事です。感音性難聴という上限があるのであれば、その上限を知り、上限まで補聴器で改善させられる事で、補聴器は耳を補えていると言えるのではないでしょうか。そして、そのポイントが合っている、合っていないを分ける点になります。

私自身がしていたのは、補聴器を装用した状態でどのくらい聞こえているのかをチェックした事、そして補聴器を装用した状態の言葉の理解力と元々の耳の言葉の理解力がどのように変化しているのか、これらを良く確認していました。これらの内容は、音場効果測定と呼ばれるもので、補聴器を装用した状態を数値化する行為です。補聴器を装用した状態で様々な音を流し、どのように聞こえているのかが理解できると、おおよその聞こえについて理解する事ができます。

補聴器を装用した状態を調べたのは、どのくらい自分は、音が聞こえるようになっているかを理解するためです。上記に記載しました通り、自分自身では、音を感じる感覚こそわかるものの、どのくらい音が聞こえているのかはわかりません。そのため、数値化し、必要と思われるポイントまで、聞こえているのか、それとも聞こえていないのか、そして聞こえていないのであれば、どのくらい音を大きくすれば良いのか、これらを理解するために測定を良く行っていました。この測定を行うと自分の状況が明確化できますので、本当の意味で、状況を理解する事ができます。

言葉の理解についても同様です。元々ある耳の理解力を調べた後、補聴器を装用し、人の一般的な音声音で、どのくらい聞き取れるのかをテストします。すると、補聴器を装用して、どのくらい聞き取れているかがわかります。この正解率が、元々の耳の正解率と同じくらいまで出ていると良しととる事ができます。反対によくなければ補聴器そのものを考え直す、調整を変えるなど手段を取る事ができます。このようにする事で、耳の限界値と思われる値まで、補聴器で補えているのか、そうでないのかを理解する事ができます。

私の場合、補聴器に関しては、この二点で考えています。補聴器を装用した時の聞こえを調べる事で、必要とされているところまで、聞こえているのか、どうなのか、これらについて、理解する事ができます。補聴器を装用しただけでは良いか、悪いかは、私自身でも良くわかりません。そのため、耳の状況を測定し明確化させます。そのようにする事で、上限まで補えているのか、そうでないかまで、わかるようになります。

これこそが、まさに合っているか、合っていないかをわけるポイントではないでしょうか。上限まで達していれば、合っていると言えますし、残念ながらそこまで全然達していないのであれば、それは合っていないとなります。

明確化の重要性

私自身は、このような事から、耳の状況を明確化させる事に力を入れてきました。それは、自分自身、感音性難聴である事、補聴器を装用しても音の感覚しかわからない事を自分自身が身をもって体験してきたからでもあります。感音性難聴であり、聞こえが完全に補えないとなると、どこでどう評価していいのかわからなくなるのも無理はありません。普通に考えれば真っ先に疑問が浮かぶところです。

ちなみに、一番始め私も疑問を持たず補聴器を装用していた頃があります。何となく自分が感じている音が正解なのだろう、音量が普通に感じるから、この補聴器が良いのだろう、補聴器屋に入る前はこんな風に思っていました。

しかし、耳の事、補聴器の事を理解してくると疑問が浮かぶようになりました。それが「そもそも何をもって補聴器は合っていると言えるのか」という事です。その問いに答えるのは、実はそう遠くない事でもありました。耳鼻咽喉科学会が行っている検査は、まさにその問いに関する答えそのものだったからです。それらを理解した後は、耳の状況の明確化に力を入れ、できる限りの改善を加えるようにしました。

明確化すると本当に状況が良く理解できます。補聴器の状況を明確化する事で、調整した方が良い場合もわかりますし、限界値まで改善できているという事もわかります。

残念ながら補聴器は、感音性難聴という特殊な耳の状況の方が使用する機器ですので、何でもかんでも聞こえるようになる事はありません。それは、私自身も良く理解しているつもりです。しかし、限界値を調べられるとどこまで改善できるのかを理解する事はできます。そこまで改善できている場合は、それ以上の改善はできませんが、もしできていないのであれば、望みはあるかもしれません。

補聴器を明確化する事で、補聴器が合っているのか、合っていないのかがわかります。ですので、もし合わないとお考えの方がいれば、まずは、現状の明確化をされてみてはいかがでしょうか。すると、合っているのか、そうでないのかも自ずと理解する事ができるようになります。

合わないとお考えなら、まず初めにする事は、現状の明確化になります。その理由は、ここまでご覧になってくれた方であれば、良く理解されていると思います。これらの内容で、耳の聞こえが少しでも改善されれば幸いです。

あとがき

補聴器が合わないという場合に考えたい事という事で、こちらに関して思う事を記載してみました。個人的に思うのは、こちらに載せた通り「何をもって合っているのか」という基準がないからではないかと考えています。この感覚がないと、どう判断したら良いかもわかりませんし、装用している人の感覚が良いというところまで行かなければ、合わないという事も考えれます。そのような状況にまでなるのかは不明ですが、確実に言えるのは、何でもかんでも聞き取れる補聴器は、残念ながら存在しないという事です。これは、大変申し訳ないのですが、耳の状況的に仕方がない事でもあります。

では、諦めなければならないかと言われれば、それは、「状況によって変わる」としかいう事ができません。その理由は、上記をご覧になられた方であれば、良く理解できたのではないでしょうか。感音性難聴という上限があるのでしたら、その上限にどのようにして近づけるかが大切だと個人的には思います。

こちらをご覧になり、耳に関する事、補聴器に関する理解が少しでも進めば幸いです。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:補聴器の評価に必要な音場閾値測定に関する基礎知識

リンク:補聴器を選ぶ前に知っておきたい装用感覚に関する思考

リンク:補聴器を選ぶ際に必要な語音明瞭度測定に関する基本知識

リンク:補聴器の装用効果目標と評価する二つのポイント

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム