2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

耳の改善は耳で考えるか、人で考えるか


私自身が思う事として、耳の改善は、耳で考えるか、人で考えるか、という事があります。言い換えると、目的と手段という事です。耳の改善を人で考える場合は、目的で考え、耳で考えるというのは、手段を考えます。個人的には、よくこの部分を考えるようにしていました。

耳の改善は、耳で考えるか、人で考えるか、この思考の根本の部分は、とても大切のように感じています。今回は、それがなぜ大切なのかを記載していきます。こちらはあくまでも私自身の思考の一つとなりますので、ご参考程度にご覧下さい。

人で考える、耳で考える

人と耳(あるいは物)の違いは、冒頭に記載しました通り、目的で考えるか、手段で考えるかの違いになります。人を主体とした思考であれば、その方の状況を見たうえで、治療、補聴器、その他の改善方法、これらの事が行えます。まさに、その人の状態から、最も良い方法を考えるという事です。

一方、耳(物)で考えた場合は、耳そのものを良くする方法でしか改善方法を提示できません。耳の治療を行う事、あるいは、補聴器を装用する事により、治る、改善できる場合は良いのですが、それ以外は、どうする事もできなくなってしまいます。これは、物でも同様です。耳や物といったある意味制限をかけてしまうと、このような事が起こりやすくなります。

私自身は、これらの事から、人で考える事を意識していました。このサイトは、まさに私の思考そのものを表しています。補聴器以外にも色々なものを記載しているのは、このためです。このように考えている最大の理由は「難聴の方は耳を治してもらうというより、自分自身の状況が最も良くなる方法を知りたいと考えている」と思っているからです。誰でも恐らくそうではないでしょうか。であれば、別に手段に拘る必要はないのではないかとも思います。

このように考える理由

このように考える理由には、

  • 人により耳の状況は異なる
  • 難聴はコミュニケーション障害

この二点があります。この二点は、補聴器を装用している方であれば、嫌でも感じている事ではないでしょうか。私自身も補聴器を装用していますが、つくづくこの二点に関しては、思い知らされます。

人により耳の状況は異なる

一般的な耳の疾患の場合、治る病気である事が多いのですが、生まれつき難聴であったり、年を重ねる事により、聴力が低下してきた場合は、改善させる事が、基本できないとされています。これらの違いは、どこが悪くなるかによって変わります。言い換えれば、悪くなる部分によって(損傷の程度によって)、治療が可能なのか、改善が可能なのかが変わってきます。

耳の場合、全体的に見れば、中耳炎や鼓膜に穴が空くなどの疾患の方もありますので、補聴器を装用するというより、耳鼻咽喉科で治る事も多くあります。しかし、一定層、耳の内部の損傷により、補聴器が必要となる方がいます。耳の場合、耳が改善できないケースがある事を理解しておく必要があります。

そして、補聴器でも、効果が比較的望める方もいれば、残念ながら望みにくい方もいます。このように、人により耳の状況は多彩になります。

難聴はコミュニケーション障害

私自身、強く感じるのは、この部分です。補聴器を販売していた私が言うのも何ですが、補聴器を装用しただけでは、難聴を改善する事ができません。なぜなら、難聴の問題点は、音が聞こえなくなる事ではなく、それによってコミュニケーション障害が発生する事だからです。音が聞こえにくくなる事によりコミュニケーションがしにくくなるのは、そうなのですが、だからと言い、音が聞こえやすくなれば、この問題が解決できるかと言いますと、なかなか、そうでもありません。

これには、補聴器そのものが持つ限界とコミュニケーション障害の特徴があります。初めに言えるのは、補聴器そのものが持つ限界があります。今現在の補聴器は、様々な工夫を重ね、難聴の方の耳を少しでも聞きやすくしようと機能を磨いているのですが、それでも改善できない難しいところが存在します。補聴器は音を大きくして、耳に届けるだけですので、その人の持つ、耳の機能によって大きく聞こえが左右されます。この点から、補聴器には、どうしても改善しにくいところが存在します。

そして、改善しにくいとお話しにも影響が出てきます。その影響が出てくるとなると、単に音を聞かせるようにするだけではコミュニケーション障害を改善させる事が難しくなります。

人で考えるという事

このような状況から、私は、人を主体で考えていく事の方が、大切ではないかと思うようになりました。大変お恥ずかしいお話しですが、1年半前は、あまりこのような思考がありませんでした。しかし、今では、このような思考に変化しました。

これには、上記の通り、耳の状況は人によって異なる事、そして難聴はコミュニケーション障害である事が言えます。今現在、いかにこのコミュニケーション障害を軽減させるか……という事を考えています。このように考えるのも、まさに人を主体で考えると言えるのではないでしょうか。

私自身は、治らないのなら治らない事を認める事も必要だと思っています。それらを認める事により、先に進める事もあります。治らない、改善しにくい事を前提に、どうすればよいかを常に考えていけば、次のステップに行けるのではないかと思っています。

私自身の次のステップは、どのようにしたらコミュニケーション障害を軽減できるかにあります。これは、聴力を良くする事より、どのようにしたらより人とうまく接する、とけ込めるかという内容です。今ある思考には、聞こえない事に恥を持つ気持ちを捨てる事も必要なのではないかとも考えています。簡単に言えば「聞こえなくても、聞き返しても良いのではないか?」という事です。私は、補聴器屋であったのですが、平然と聞き返しをしています。気にしなくなると、本当に気が楽になります。そこから思うのは、いかにそのような環境を作れるか、そしてそのような方々と触れ合えるかになるかでもあると考えています。ただ、触れ合えるかについては、最近ちょっと違うような……と思う事もあります。

この部分は、まだまだ私も実験中でかけない事も多いのですが、経験の中では、こんな内容も書いています。こちらは、自分自身の小学生時代の頃のお話しを載せてみました。この頃は、本当にコミュニケーションが上手く行き、正直補聴器を装用していてもほとんど苦労がなかった奇跡的な時代でした。もちろん、耳の事を良くお話ししていましたので、全く苦労がなかったかといえば、そうではありません。その経験から、難聴児を持つ親御さんあてに書いた内容です。

リンク:難聴の子に必要なセーフティネットという考え

このように現状で改善しにくいのでしたら、部分を見るのではなく、どのようにしたら改善するかという人を主体とした考えをしていく方が改善に向かうのではないかと私は考えています。

あとがき

耳の改善は耳で考えるか、人で考えるかという事で、私自身が考えている事を記載してみました。耳そのもので見るのではなく、人で考えていく事が最も大切ではないかと個人的には、思います。補聴器を装用している身から言えるのは、補聴器を装用しても治る事がないという事です。であれば、耳だけを見ても改善しにくいという事がわかります。

このような場合、人を主体に考え、コミュニケーション障害の改善方法まで、ゆくゆくは必要ではないかと個人的には思い、今は色々と勉強中です。耳が治るものであれば、このような事は必要ないのですが、どうしても限界があるのでしたら、そのようなところも見ていく事が必要になってくるのではないかとも思います。多くの方が悩んでいるところは、まさにそこだと思うからです。

長々と自分の考えについて記載してみましたが、どのような事を感じましたでしょうか?ぜひ、感想をお聞かせいただきたいものです。特に難聴の方の意見は、伺ってみたいですね。

耳の事に関して色々考えるきっかけになれば幸いです。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:難聴の問題点と特殊性から見る補聴器の役割

リンク:耳かけ形補聴器の形状から感じる形状の特徴

リンク:iPhoneと繋がる補聴器Haloと繋げる事でできる事

リンク:補聴器が合わないという場合に考えたい事


この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム