2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器を装用している人が感じている補聴器の効果

Pocket

補聴器の効果とは、どのようなものがあるのでしょうか。そして、補聴器を装用されている方は、補聴器を装用して、どのような効果を感じてらっしゃるのでしょうか。これは、補聴器を初めて購入される方、あるいは、本当に補聴器は、良いのかどうか悩んでいる方であれば、知りたい内容です。

補聴器の業界には、日本補聴器工業会という団体があります。そこでは、補聴器の出荷台数がどのくらいあるのか、そして、難聴の方は補聴器について、どのような意識を持っているのか、どのような事を感じているのかも調べています。

そこに難聴の方が使用して感じている効果というものがありましたので、こちらについて見てみましょう。補聴器を装用している方の感想を聞いてみるのも一つの意見として捉えられると様々な見方ができるようになると思います。

補聴器をして感じる効果とは

日本補聴器工業界のWebサイトには、ジャパントラック2015というタイトルで、難聴の方の実態を調べたものがあります。こちらから、いくつか引用していきます。

ジャパントラック2015で発表された補聴器を装用して感じられた効果には、おおきく分けて

  • 仕事上での効果
  • うつ病、認知症のリスク軽減
  • 睡眠の質が向上

の三つがあります。それぞれ見てみましょう。

仕事上での効果

補聴器を装用している方は、仕事で役に立っている方が多いという事が明らかにされています。こちらの統計では……

kouka-1

日本補聴器工業会 ジャパントラック2015より引用

大変役に立っているという方と少しは役に立っているという方を合わせると、90%となります。役に立っていないと答えたのは、10%です。役に立っていない方もいるのは、事実ですが、補聴器を装用すると効果を感じてらっしゃる方は、90%もいる事がわかります。

補聴器を必要とするケースは、大抵人とお話しする時だったり、人とコミュニケーションをとる時です。人とお話しする頻度が多いと多い程、聞こえにくさを感じている場合は負担が増えてきます。特に仕事ですと、指示が聞こえなくて何かあったり、うまくコミュニケーションを取れなくて、何かしらの事が起こると、とてつもない負担、あるいは不安を感じるようになります。これらの、負担を軽くするという意味でも補聴器は、有効です。

仕事に関しては、その他、このように感じている事も明らかにされました。

kouka-2

日本補聴器工業会 ジャパントラック2015より引用

仕事は、人との関わり合いが非常に重要になるせいか、それぞれの項目で、補聴器を装用している方が思っている事と、補聴器を装用していない方が思っている事に少々ギャップがあります。補聴器を装用している方は、補聴器を装用して、効果を感じているからかもしれませんが、仕事上で、必要であり、効果があるものだと感じている方が少々多い事がわかります。

補聴器を装用した後の評価と補聴器を装用する前の評価は、補聴器を装用した人にしかわかりません。その場合の評価においては、このような違いが出ました。

なお、私自身の考えで言いますと、「仕事上で出世しない傾向があると思う」「仕事上で能力に合った仕事を得ていない傾向があると思う」「報酬が低い傾向にあると思う」に関しては、全部Yesだと思っています。上記にも記載しましたが、仕事となると人との関わり合いが非常に重要になってきます。その際、聞こえにくさを感じ、コミュニケーションしづらかった場合、仕事はしづらいと感じますし、何より、周囲の方とうまくコミュニケーションする事そのものが難しくなってしまいます。その事により、何かしらの事が起これば、出世に響くことも考えられますし、そうなれば、報酬も低くなる可能性は、否定はできません。

恐怖を与える方法はあまり好きな表現方法ではありませんが、事実を申し上げると、私自身は、このように考えています。だからこそ、補聴器を装用して、少しでもコミュニケーションしやすくしたり、事実を打ち明け、どのようにしたら、もっと仕事がお互いにとってしやすくなるのか、そして、うまく社内、社外で回りやすくなるのかをお話しする事が大切なのだと思います。その改善方法の一つとして、耳の聞こえを良くする事があり、それを担っているのが補聴器です。

恐らく、補聴器を装用している方は、そのようなところも経験されているからこそ、9割も効果があると思っているのでしょう。正直に答えますと、補聴器を装用すれば全てが聞こえるようになるわけではありませんので、悩みが全て無くなる事はありません。しかし、聞きにくいながらにも改善できる事はあります。ですので、9割も効果があると感じている方がいらっしゃるのだと思います。

うつ病、認知症のリスク軽減

明らかにされたデータに関しては、こちらもあります。ジャパントラック2015のデータを載せてみますと……

kouka-3

日本補聴器工業会 ジャパントラック2015より引用

うつ病に関しては、少々ですが、差が見られます。認知症に関しては、10%以上の差が見られますね。元々、補聴器は、うつ病、認知症にも効果があると言われ続けてきましたが(特に認知症予防)、実際の統計でも、その効果については、明らかにされました。

もちろん「認知症にならないために補聴器を装用しよう!」「うつ病にならないために補聴器を装用しよう!」という事ではなく、このような効果もあるという事になります。

個人的な感想としては、認知症に関しては、わかるような気がします。私自身も補聴器を長時間外していると頭がぼーっとするような感覚を得る事があります。補聴器から様々な音が聞こえていた方が、なぜか頭がシャキッとするような感覚があり、理由はよくわかっていません。こちらは、あくまでも私自身の感想ですので、何か裏付けがあるわけでもありません。

睡眠の質が向上

意外なデータですが、補聴器のあり、なしでは、このようなところにも違いが出ている事がわかりました。

kouka-4

日本補聴器工業会 ジャパントラック2015より引用

これは果たして補聴器のみの違いによるものなのか、はっきりわからないのですが、統計上では、このような違いが出ました。考えられるのは、補聴器を装用する事により、不安、負担が以前より、軽減され、その結果、眠りの質も向上しやすくなったのかもしれません。

補聴器を装用する事により、コミュニケーションの負担が軽減されたり、少しでも意思疎通ができるようになると、場合によっては、驚くほど、心が楽になる事もあります。誰でも楽しいお話しをすれば、楽しめる事はありますし、お話しが盛り上がっていい気分になる事もあります。補聴器を装用しても、このような時も聞きにくくなる傾向はありますが、全く持って、全てのところで楽しめないという事はありません。聞きにくいところもあれば、必ず楽しめるところもあります。

これらの事があるからこそ、少し楽になるのかもしれません。その結果、睡眠の質も向上するのかもしれませんね。

補聴器の効果

補聴器の効果には、二つあります。それは、

  • コミュニケーションがしやすくなる
  • 楽しめる事も増える

の二つです。どちらも聞こえるようになる事によって得られる事となります。聞こえにくくてコミュニケーションがしにくくなってくれば、その聞こえを補う事で、コミュニケーションしやすくなりますし、その結果、お話しする事で、楽しめる事も増えてきます。

上記では、仕事で効果がある方が多くいましたが、普段の生活上でもコミュニケーションしやすくなりますので、効果は出ます。どうしても聞き取りが難しい場合、あるいは、聞き取りにくい場所は出てきますが、それでも聞こえるようになっている事は、数多くあります。補聴器を装用しても治るわけではありませんが、少なくとも改善の効果を感じる事はできるでしょう。

もし、気になっている事があり、さらに聞こえにくさを感じているのでしたら、補聴器を装用してみてはいかがでしょうか。補聴器がしているのは、音を大きくする事ですが、それにより、コミュニケーションしやすくなったり、楽しめる事も聞こえにくいままでいるよりは、増えてきます。

補聴器は、聞こえにくくなった方の背中を押し、少しでも楽しめるように、あるいは、コミュニケーションしやすくしてくれるお手伝いをしてくれます。気になる事があれば、試してみるのも良いでしょう。

あとがき

ジャパントラック2015に興味深いデータがありましたので、こちらを元に説明させていただきました。補聴器を装用した事がなければ、どうしても補聴器に関する実態、あるいは、実際のところはわかりにくいままですね。統計上では、補聴器を装用する事で、効果を感じている方が多くいる事がわかりました。

聞きにくいところがあるのは、事実なのですが、聞きにくい事と効果がない事は異なります。実際は、聞きにくいところもありながら、聞こえるので使用している方が大半です。

気になる事があれば、耳鼻咽喉科にて、耳を調べていただくのも良いですし、補聴器販売店で、補聴器について伺ってみるのも良いでしょう。何かしら、行動に繋がるきっかけになれば幸いです。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:補聴器を使っている人間だからこそわかる補聴器の実際

リンク:補聴器を装用すると起こる5つの聞こえの変化

リンク:初めて補聴器を装用する時における使用時間について

リンク:補聴器を装用するとおこる、こもる、響くにどう立ち向かうか

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム