2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

初めて補聴器を購入する場合において、外さないポイント


補聴器を初めて購入しようとお考えの場合、カタログを見ても、イマイチ何が書いてあるのかわからなかったり、あるいは、どのようなポイントを持って補聴器を購入したら良いのかはわかりにくいものです。そして、初めて補聴器を考える際、補聴器の金額の高さもあって、躊躇しがちです。外したらどうしよう?合わなかったらどうしよう?このように考えていてもおかしい事ではありません。

そのような方のために、今回は、補聴器について、外したくないポイントを絞ってお伝えしようと思います。補聴器には、ベースとなる部分と、その他の聞こえを良くさせる、あるいは、色々な事ができるようにする部分があります。ベースの部分さえ外さなければ、補聴器は、金額を抑えたものでも聴覚を補う事ができます。

補聴器の購入で考える全体像

補聴器を購入する際に考える必要があるのは、大きく分けると

  • 音の強さ
  • 補聴器の操作
  • 補聴器の性能
  • 装用する耳

この四つにわかれます。いずれも、補聴器を購入する際、大切な要素となります。

音の強さは、補聴器から出る音の強さを表します。補聴器の操作とは、補聴器を操作できるか、できないかになります。補聴器の性能とは、周囲の音を下げてくれる機能や特定の音のみを下げてくれる機能、あるいは騒がしい中で少しでも会話を聞きやすくする機能など、聞こえやすさを上げるもの、補聴器を装用した時の快適性を上げる機能です。これらが入っているものほど、一般的に性能が良い補聴器と呼ばれます。装用する耳とは、補聴器を装用する耳になります。装用する耳によって、あるいは、片耳のみ装用するのか両耳に装用するかでも効果が大きく異なります。

この中で最低限抑えるべきポイントは、音の強さと補聴器の操作になります。補聴器は、この二つさえしっかり抑えておけば、しっかり活用する事ができます。

押さえたいポイント①音の強さ

音の強さとは、補聴器から出る音の強さになります。この部分が、自分自身の聴力に対応できないと、どんな補聴器でも耳に対応させる事ができなくなってしまいます。自分自身の聴力に対応できない補聴器を使用するという事は、簡単に言いますと、テレビのボリュームを自分のちょうど良い大きさに合わせる事ができない補聴器を使用するという事です。音が小さく聞こえてくれば、当然聞きにくさも感じてしまいます。

どの補聴器にも、どのくらい音が強く出るかが決まっており、各メーカーのカタログにも記載されています。カタログに、軽度〜中等度対応、高度難聴用、などと表記されている文字を事はありませんでしょうか。これが、一般的に対応できる聴力であり、押さえたいポイントの一つである音の強さになります。

厳密には、あくまでもその方々が必要であろうと考えられる音の強さで対応聴力を出していますので、実際には、異なる場合があります。人によっては、聴力以上に音の強さが必要となったり、反対に、聴力に対してもっと少ない音の強さで足りたりします。そして、低い音が非常に聞きにくい、あるいは、高い音が非常に聞きにくいなど、極端な耳の聞こえの場合は、当てはまらない場合もあります。

この部分は、補聴器屋さんとしっかり相談して、自分に合う補聴器を教えていただくのが最もベストです。

押さえたいポイント②補聴器の操作

どんなに良いものでも、自分自身で操作、あるいは使用できなければ、補聴器を活用する事ができません。補聴器の操作に関しては、音の強さ同様に大切な要素となります。補聴器の操作で重要なのは

  • 電源を入れられるか
  • 電池の交換ができるか
  • 耳に補聴器を入れられるか

の三点となります。この三つができるのであれば、補聴器を使用するうえでは安心です。

電池を入れられるか

補聴器を使用するには、補聴器の電源を入れる必要があります。中に電池が入っており、その電源を入れる事で、補聴器から音が出るようになります。電源のON、OFFができる事が補聴器活用の第一歩となります。

電池の交換ができるか

電池の交換ができるかは、補聴器を長く活用するために必要な操作です。補聴器は、だいたい1〜2週間に一度電池を交換する機器です。この点は、使用する補聴器、製品によって大きく異なり、小さい補聴器ほど、使用する電池が小さいため、寿命が短くなります。短いものは、5日ほどしか保たない事もあります。電池交換をする頻度が大変多いため、使用し続けるために電池の交換ができるかを確認するのは、とても大切な事です。

耳に補聴器を入れられるか

補聴器は、耳に装用しない限り、聞こえるようにする事ができません。ですので、耳に補聴器を入れられるか、または装用させる事ができるかも重要な要素となります。特に、耳は見えるものではありませんので、初めはとても難しいく感じがちです。しかし、練習すれば、ほとんどができるようになります。

どの形状が入れやすい、入れにくいというのは、個人的にはあまりないと思っています。強いて言うのでしたら、ポケット型補聴器が一番入れやすいというくらいでしょうか。これは、一般的に多くあるイヤホンを耳に差し込む形状だからです。簡単というよりも良くある装用方法だからという理由が強くあります。しかし、耳あな型補聴器も耳かけ型補聴器も練習すれば、大抵は使用できるようになります。

補聴器の操作に関する補足

操作の要素が関係してくるのは、補聴器の形状です。補聴器の形状には、主に三種類あり、耳あな型補聴器、耳かけ型補聴器、ポケット形補聴器の三つがあります。どれが一番操作しやすいか……という事に関しては、大変申し訳ありませんが、一概に言えません。この点に関しては、人により異なりますので、実際にものを見てみる事をお勧めします。そして、触ってみると感覚が良く理解できるようになります。

形状の大きさに関しては、ポケット型補聴器>耳かけ型補聴器(小型耳かけ型補聴器も含む)≧耳あな型補聴器>小型耳あな型補聴器となります。少々表現が難しいのですが、だいたいこのような感じだと思います。基本的には、一番ポケット型が大きく、耳かけ型、耳あな型と小さくなっていきます。

重要なのは、操作ができるかどうかを見る事にあります。操作ができて、かつ自分に良いと思うものを選択できると、より良い補聴器選びができるようになります。

〜おまけ〜コストを下げ、かつ聞こえを良くしたい

補聴器を初めて装用する際「初めてなので、聞こえを最低限補えて、安いもの」をお求めになる方も多くいます。初めての場合、紛失をしてしまうリスクや多くの機能が搭載されていても、使いこなせない、あるいは、一度に多くの事を言われても覚えきれないという事があります。初めて使用する方の心境を考えれば当然の事ですね。

そのような場合は、一つ当たりの補聴器の金額を低めにし、そして両耳に補聴器を装用する事をお勧めします。ただし、これは、両耳とも補聴器が合う場合に限定した方法となりますので、この点にご注意ください。耳の状況によっては、両耳に補聴器が装用できないケース、あるいは、両耳に補聴器を装用するより、他の補い方をした方が、効果がある場合もあります。

上記に記載した購入の際、考える事は覚えていますでしょうか。

  • 音の強さ
  • 補聴器の操作
  • 補聴器の性能
  • 装用する耳

こちらになります。この内容の中で、最低限外さない内容は、音の強さ、そして補聴器の操作になります。それ以外は、いかに聞こえを良くするか、そして快適性を良くするかに影響します。

その中で効果が高いのは、装用する耳になります。これは、両耳に補聴器が合う事が限定の内容ですが、そのような状況であった場合、片耳で聞くのと両耳で聞くのとでは、効果が異なります。もし、コストも下げて、かつなるべく聞こえは良くしたいとお考えでしたら、両耳装用する事をお勧めします。もちろん、この内容を疑ってみて、実際に耳で試してみるのも良いでしょう。そうすると本当に自分に合うのかどうかを理解する事ができます。

外さないポイントのまとめ

補聴器を初めて装用する際、外さないポイントは、音の出力と補聴器の操作、この二点です。音の出力を外してしまうと適切に補えませんし、補聴器の操作ができないものは、購入しても使用できません。若い方は何の問題もないのですが、高齢すぎると操作ができず、諦めてしまうケースもあります。ですので、この二つは、補聴器を購入するのでしたら、外せないポイントとなります。

そして、もしコストを抑えて、かつできる限り聞こえを良くしたいとお考えでしたら、両耳装用も視野に入れると良いでしょう。二台分の料金がかかってしまう点は難点ですが、高い補聴器を一台片耳に装用するより、それなりの補聴器を両耳に装用する方が、聞こえやすさが異なります。気になる事があれば、ぜひ試聴もされてみてください。

これらの内容がお役に立てば幸いです。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:初めて補聴器を装用する時に意識したい2つの事

リンク:高い補聴器と安い補聴器の違いを理解する3つのポイント

リンク:補聴器の機能の一つ、自動プログラムはお勧めできる機能

リンク:補聴器の指向性機能の基本をまとめてみました


この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム