2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器は使用しなければならないのか?に関する私的答え


補聴器屋に居る頃、たまに言われた事の一つに「補聴器は装用しなければならないものなのか?」という事でした。ご自身の聞こえが低下した事、自身の体を補助する道具を受け入れる事は、それなりに苦痛を伴う事が多い様です。

今回は、この内容に関する私的答えを載せていきます。なお、結論を初めに言いますと「どちらでも良い」というのが、私の答えです。さて、これはどういった意味なのでしょうか。それについて、記載していきます。

私的答えは「どちらでも良い」

意外かもしれませんが、私自身の基本的な答えはどちらでも良いとなります。補聴器は、強制的に使用しなければならないものではありませんし、自分自身の目標のために装用する機器だからですね。ただし、実際には、状況により、変化します。

初めに申し上げる事は、私の場合、装用を強要する事はありません。基本的には、補聴器を装用する事のメリット、デメリットを必ずお話しし、どちらにするかは、本人が決めていただくようにしていました。

補聴器の必要性を感じていなければ、それでも構いませんし、補聴器の必要性を感じている場合でも、ご自身の中で気になるところがあれば、その内容次第で、装用しなくても良いと考えています。私自身がしていたのは、ユーザーの状況を聞き出し、どのようにすればユーザーの生活が良くなるかであり、補聴器そのものを売る事ではなかったからです。補聴器を売るのは、補聴器を装用して、ユーザーの生活が良くなるであろうと考えられた時のみでした。

ただし、明らかに補聴器を装用した方が、豊かになるであろうと考えられる時は、勧めていました。そうしなければ、その人の生活を豊かにさせる事ができませんし、何よりもその方のためになりません。そして、その機会を失うという事は、本来その方が得られたであろう利益を失う事にもなります。聞こえるようになって良くなる部分は必ずあります。その利益を失ってしまう状況というのは、ユーザーのためになる事はありません。特に聞こえが明らかに改善できる場合は、尚更です。プライスレスではありませんが、聞こえるようになってできる事は、お金で買えない価値があるのも確かです。

また、受け入れの準備ができていない方に対し、無理やり装用させる事はしません。補聴器屋、ユーザー、どちらに関しても全く良い事がないのが、強要装用です。強要装用は、納得していない状態で、補聴器を装用する事になります。そのような状態で装用しても、聞こえてくる音を受け入れる事は非常に難しくなります。受け入れが難しいとゆくゆくは、補聴器そのものを装用する事自体、苦痛を感じるようになってしまいます。基本的には、納得されていない状態で、装用してもうまく行きにくいのが現状です。

基本的に補聴器は「聞こえるようになりたい」という方、あるいは「生活を少しでも良くしたい」とお考えの方をサポートする機器であり、音が聞こえにくくなったからと言い無理に装用させる機器ではありません。そして、補聴器は、音を聞く事による苦痛を感じさせるための機械でもありません。

補聴器は、聞こえを補う事で、その人の生活をサポートする機器です。

私にとっての補聴器

自分自身で言うのも何ですが、補聴器は私の可能性を大きく広げてくれた機器です。人とお話しする事で、楽しむ事もできるようになりましたし、人のお話しを伺う事で、様々な事も学べるようになりました。基本的に人は自分が経験した範囲内でしか物事を考える事ができません。私自身は、異なる考えを知るのは、好きな方です。人とお話しすると、様々な考えを知る事になりますし、自分にとって良い事があれば、それを入れる事でさらに良くさせる事もできます。これらの事を最もしやすくなるのは、やはり、人とお話しする事です。本を読むのも良いですが、対話の方がより多くを得られると私は感じています。

また、音が聞こえるようになると、存在している感覚というものを感じます。音が聞こえない世界は、静かではあるのですが、無機質な感覚がします。まるで、周囲には何もないような、そんな無機質な感覚です。しかし、音が聞こえるようになると色々な音が聞こえる事で、新たな発見があったり、身の周りには、実に様々な事が絶えず起こっている事を実感します。少し大げさかもしれませんが、止まっている世界が動き出すようなイメージを私は感じています。恐らく、周囲の音が聞こえない事により、何も変化を感じない生活から、音が聞こえる事により、絶えず環境が変化している事を実感するからだと、個人的には、考えています。

私にとっては、人とお話しできるようになる事で得られる事、そして音が聞こえる事で得られる事、この二点により、補聴器の効果を十分に感じていますし、その恩恵を受ける事ができています。元々、補聴器を装用しないと何もできない人間だからかもしれませんが、音が聞こえるようになって、それによってできる事も確実に増えています。

このような事から、私は、補聴器を装用しています。

補聴器を考えるポイント

補聴器の事をお考えであれば、何のために装用するのかを一度お考えになってみてはいかがでしょうか。この場合、何でも良いのです。単に聞こえにくくなったから、装用するという受動的な内容ではなく、ある目的のために装用するという能動的内容を考えた方が、補聴器に対する意識も変化してきます。その目的に向かって何ができるのか、どうしたら、改善するのかを考える事で、自然と何をしたら良いかもわかってきます。そして、補聴器は、その目標を達成するために役立つ道具となります。

確かに、補聴器は、全ての事ができるようになるかと言われれば、そのような事はありません。実際に私自身も聞きにくい事はありますし、聞こえない事もあります。ものすごく騒がしいところに行けば「うるさいなぁ……」と感じる事もあります。それでも補聴器を装用する事で、できるようになった事はたくさんありますし、補聴器を装用しなかったらできなかった事の方が数多く存在しています。

補聴器は、基本、自分のしたい事のために装用する機器です。耳が悪くなったから装用する……という機器ではありません。補聴器の事をお考えであれば、装用する理由を一度お考えになってみる事をお勧めします。

自分がしたい事をするために使用する。その際に使用する機器が補聴器です。

あとがき

補聴器は使用しなければならないのか?という質問をたまに伺う事がありましたので、それに関する回答を記載してみました。あくまでも私なりの回答ですが、参考になれば幸いです。恐らくこのようなご質問をされる方は、ご自身の体の事にショックを受け、少々混乱している状態なのだと思うのですが、重要なのは、耳が聞こえにくくなった事実ではなく、何がしたいかだと私は考えています。その理由がないと、なぜ装用するのかがわからなくなってしまいます。

私自身は、聞こえない世界にずっと居るより、聞こえる世界に行き、様々な事をしたいから補聴器を装用しています。補聴器を装用する事で、人とお話しする事もできるようになりましたし、その話しを聞いて、自分自身の糧にする事もできています。仕事をする事もできるようになりましたし、人と話して楽しむ事もできるようになりました。これらの事ができるようになったのは、全部補聴器のおかげです。

これらの内容がお役に立てば幸いです。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:知っておきたい病院で行っている補聴器相談の流れ

リンク:初めて補聴器を装用した時の自分の経験

リンク:【実例】中等度難聴者が補聴器を装用するとどう改善されるのか

リンク:適切な補聴器を理解する補聴器評価ポイントまとめ


この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム