補聴器の両耳装用、片耳装用の違いは、ココ。


補聴器を両耳に装用する、片耳に装用するというのは、どのような違いがあるのでしょうか。両耳装用にすると、一般的に金額は、2倍になります。できるなら、負担は安くしたいと考えるのが常ですね。では、どのように補聴器は、考えていけば良いのでしょうか。

今回は、両耳装用、片耳装用の違いから、注意点、装用した感想(私自身難聴者です)、考え方まで記載していきます。もし、補聴器をお考えになっているのでしたら、ぜひお役立てください。

なお、以下の内容は、両耳とも補聴器が適合する場合において、当てはまる内容となります。その点にご注意ください。※注意点という欄で、詳細を記載しています。

補聴器の両耳装用、片耳装用の違い

両耳に補聴器を装用するケースに比べ、片耳のみに補聴器を装用すると起こる事として

  • 音の方向がわかりにくい
  • 騒がしい中でより聞きとりにくくなる
  • 人との会話に困りやすい
  • 装用していない方からの音に気が付きにくい

この四つがあります。どれも聞きにくい事によって気が付かなかったり、誤解してしまう事が両耳装用時より起こりやすくなります。

これらが起こりやすくなるのが、片耳装用です。

音の方向がわかりにくい

片耳のみに補聴器を装用すると、片耳のみ聞こえが良くなってしまうため、音の方向がわかりにくくなります。一般的に人は、

  • 両耳ある事
  • 両耳の聴力が同等

この二つによって音の方向感を得ています。それぞれの耳で感じる音の強弱、聞こえてくるタイミング、これらの情報を元に、脳がどこから聞こえてきたかを推測しています。

しかし、片耳のみ聞こえやすい状態にしてしまいますと左右の耳で感じる音に差が出てしまい、適切に音を理解する事ができません。その結果、本来、反対側から聞こえた音なのにかかわらず、まるで、補聴器を装用した側から音が聞こえたような感覚を得てしまう事もあります。

あまり重要な音でない場合は、差し支えないかもしれませんが、中には、車の音や警告音など、方向がわからないと危険なものもあります。

片耳のみ補聴器を装用した場合は、このような事が起こりやすくなります。

騒がしい中でより聞き取りにくくなる

こちらは、両耳に装用するよりも片耳装用のほうが聞き取りにくくなってしまいます。補聴器の場合、騒がしいところでの会話は、両耳を装用した時も難しいシチュエーションなのですが、さらに聞き取りにくくなってしまうのが、片耳装用です。

私自身が片耳のみに補聴器を装用していた頃の感想としましては(今は両耳装用です)、騒がしい中での会話は、騒音が会話を覆いかぶさってしまい、何かお話しをしている感覚はわかるものの、うまく理解できません。その様子は、まるで国語の穴埋め問題のようです。そして、あまりにも周囲が騒がしい場合は、完全に周囲の音しか聞こえず、理解は、困難を極めます(というよりも実質無理でした)。

両耳装用にするといくらかわかりやすくなるのですが、片耳装用の場合は、ただ周りの音が大きく聞こえる……という感覚のみになる場合もあり、これで理解するのは、至難の業ではないかというほど、聞きにくくなってしまいます。

そういった場所でも、少しでも聞きやすくするには、両耳装用になります。

人との会話により困りやすい

片耳装用の場合、もう片耳は聞こえない耳ですので、装用していない方から話しかけられた時に気が付かなかったり、話しかけられた内容がわからない時があります。そして、この場合の最大の難点は、複数の人とお話しする時になります。補聴器を装用していない側の人の話しは、非常に聞きにくくなってしまいますので、人との会話に困りやすくなります。

両耳に補聴器を装用している場合でも厳しい場合は、厳しいのですが、それ以上に厳しくなってしまうのが片耳装用です。

このようなケースでも、少しでも理解しやすくするには、両耳に装用する事が改善策になります。

装用していない方からの音に気が付きにくい

音の方向に関する内容と少々かぶりますが、両耳とも難聴であった場合、片耳のみ補聴器を装用しますと装用していない側からの音は、気付きにくいままとなります。ある程度、片耳装用でも反対側の音が聞こえるようになるのですが、それでも両耳装用より、劣ってしまいます。

意外にこの点を軽視する方も多いのですが、装用していない方からの呼びかけに気が付かないと「呼んだのに返事をしてくれない」「聞いていないの?」というような対人トラブルに巻き込まれる可能性も上がってしまいますので、しっかりと音を聞くこと、できる限り呼びかけなどに反応できるようにする事は、とても大切です。

このような事を少しでも軽減するのでしたら、その改善策も両耳に補聴器を装用する事となります。

両耳装用と片耳装用の違い まとめ

両耳装用と片耳装用の違いをまとめますと、片耳に装用する事で起こる事として

  • 音の方向がわかりにくい
  • 騒がしい中でより聞きとりにくくなる
  • 人との会話に困りやすい
  • 装用していない方からの音に気が付きにくい

の四つがあります。これらの点は、両耳装用する方が、効果が高く、改善できる点です。

では、両耳に装用する事によるデメリットは?と言いますと

  • 金額が高くなる

のみになります。使用する補聴器によっては、補聴器を装用すると起こる閉鎖感(耳が塞がった感覚)も片耳装用時より、感じるようになる方もいらっしゃいますが、装用し続けていると、この感覚は、徐々に馴染んできます。

補聴器の両耳装用、片耳装用に関しては、このような違いがあります。基本的に耳は、二つある事で一つの働きをしますので、片耳のみ装用しますと、

  • 非装用側は改善しない
  • 両耳ないとできない事は、できない

この二つが起こります。できる限り耳の機能を補う場合は、両耳に補聴器を装用する事が必要です。

両耳装用と片耳装用の感想

私自身難聴者ですので、この二つに関して、耳で感じた事を記載していきます。それぞれ

  • 両耳装用
  • 片耳装用

に分けて記載していきます。

両耳装用の感想

両耳装用の場合に感じるのは

  • 聞こえの範囲がすごく広く感じる
  • 両耳で聞こえるので聞きやすい

この二つがあります。

聞こえの範囲がすごく広く感じる

片耳装用時と比較すると、聞こえの範囲が一気に広く感じるようになります。個人的体感ですが、片耳装用時より、音が1.2〜1.5倍くらい大きく聞こえます。これは、両耳装用すると音が少々大きく感じるからでもあるのですが、このような感覚を得る事ができます。

それに加え、聞こえにくい方からの音も聞こえやすくなっていますので、聞こえの範囲がぶわ〜っと広がった感覚がします。

両耳で聞こえるので聞きやすい

こちらも個人的感覚ですが、たとえ邪魔する音がない静かなところでも両耳の方が聞きやすく感じます。よく両耳装用と片耳装用の違いで、静かな中であれば、片耳でも両耳でも変わらないという販売員の方がいらっしゃいますが、個人的には、否定的です。

実際に両耳に装用していただければわかりますが、聞こえやすさは、異なります。片耳でも確かに聞こえるのですが、両耳にするとさらに聞きやすくなるというのが、装用している人間の感想です。

好きな音楽を片耳で聞くのと、両耳で聞くものの違いと言えばわかりやすいかもしれません。基本、音楽は両耳で聞くことが多くなりますが、片耳で聞いても聞こえる事は聞こえます。しかし、臨場感や音量感に関しては、両耳で聞く方がより感じるようになり、ほとんどの人が両耳で音楽を聞いています。

このように片耳で聞くのと両耳で聞くのは、大きく異なります。体験いただくのでしたら、テレビの音声を片耳のみで聞くのと両耳で聞くのの両方を試されるのも良いと思います。

片耳装用の感想

片耳装用の場合、感じる事として

  • 片耳だけ良くなった感覚がする
  • 意外に装用していない側の音に気が付かない
  • 両耳より負担が少ない

この三つがあります。

片耳だけ良くなった感覚がする

片耳のみ装用すると、そちらの方だけ良くなった感覚がします。実に不思議な感覚なのですが、片耳のみ装用すると、片耳は聞こえるけれども、もう片耳は、聞こえない状態のように感じます。なかなか上手く表現できないのですが、言葉にすると片耳のみ良くなった感覚ですね。

意外に装用していない側の音に気が付かない

片耳のみに装用しても装用していない側の音に気が付く場合はあるのですが、意外と気付かない事もあります。こちらは、耳の聞こえによって変化する部分ですので、何とも言えないところはあるのですが、意外と音に気が付かない、あるいは、気が付きにくい事があります。

私自身も片耳装用の時は、車が近づいて来てもわからなかったり、自転車が近づいて来てもわからない事がありました。片耳装用すると、実際には、装用していない側の音も感じるようになります。それだけ補聴器が良い働きをしているからなのですが、それ故、意外と気が付いていない事を自覚しにくいと、装用していた人間として、感じています。

補聴器を装用する前より聞こえやすくなっている事、片耳装用でも実際は、もう片方の音を拾えている事、この二つにより、装用していない側も聞こえているのでは?と錯覚しやすいように感じます。

両耳より負担が少ない

片耳で神経をすり減らすように集中して聞くケースが多い場合は、別ですが、片耳のみ装用している場合は、結構楽な感覚がします。両耳装用の場合、騒がしいところにいくと本当の意味で騒がしいのですが、片耳装用の場合は、両耳装用より、騒がしく感じにくくなります。それは、その分聞こえていない、聞こえにくい状態を表しているからだと思うのですが、このような点もあります。

ただし、補聴器の音の調整や人によって騒がしい、うるさいという感覚は、異なりますので、参考程度になさってください。

それぞれの装用のまとめ

それぞれまとめてみますと、両耳装用した感想は

  • 聞こえの範囲がすごく広く感じる
  • 両耳で聞こえるので聞きやすい

になります。全般的に左右の耳からまんべんなく音が入りますので、その分聞こえやすくなるというのが両耳装用の感想です。一般的な耳をお持ちの方は、皆このように感じているのでしょうね。

一方、片耳装用した感想は

  • 片耳だけ良くなった感覚がする
  • 意外に装用していない側の音に気が付かない
  • 両耳より負担が少ない

になります。どうしても片方の耳にしか装用していませんので、装用していない側の聞こえ、あるいは、その方向から来る音に気が付きにくいという特長があります。少し考えれば当たり前の事が起こっているとも言えます。

私自身が装用した実際の感想に関しては、このようになります。

両耳装用の注意

こちらに記載してきた内容ですが、一点だけ注意があります。それは、両耳に補聴器が適合する場合において当てはまるという事です。耳には、様々な状態があり、単に音だけが聞こえにくい状態から音だけではなく、音の理解までしにくい方もいます。補聴器がしてくれるのは、あくまでも音を大きくする事であり、音の理解を手助けする事なのですが、理解力を治療するものではありません。

残念ながらこの世の中には、補聴器を装用しても補聴器の効果がでにくい耳もあります。このような耳であった場合、両耳に装用するより、もっと別の補聴器を装用した方が効果が高い場合もあります。具体的な例は、片耳のみ難聴の方であったり、両耳とも難聴ですが、聴力、あるいは、言葉の理解力(耳には、音以外にも言葉を理解する力というものがあります)に差があるケースです。このような方は、両耳に装用するよりも別の補聴器をお勧めします。

あくまでも両耳装用は、両耳に補聴器が適合する場合において有効な方法です。その点だけ、ご注意ください。

なお、特殊なケースを見たい場合は、こちらをご覧下さい。

リンク:聞こえに左右差がある場合に有効な補聴器の合わせ方

適合する場合は、両耳にしよう

私自身の補聴器に関する考えですが、両耳に補聴器が適合する方の場合、高額な良い補聴器を片耳に装用するのではなく、それなりの補聴器を両耳に装用する方が、補聴器を装用した時の効果は高いと思っています。人により、高額と思う金額、それなりと思う金額は異なりますが、両耳に補聴器が適合する場合、考えるのは、両耳装用を基本としていました。その方が、聞こえの改善度が異なるからです。

聞こえにくいという事で、補聴器を装用するのでしたら、適合する事が条件ですが、両耳に装用する事が最もベストです。そして、金額が厳しいのでしたら、高額なものではなく、低価格帯でも構いませんので、両耳装用を重視する事をお勧めします。装用者が言うのもなんですが、片耳装用と両耳装用は、補聴器の価格を変更する以上に聞こえの効果が大きくなります。

補聴器は、聞こえを良くするために装用します。補聴器で大切なのは、どのようにしたら最も聞こえを良くできるかとなります。両耳装用は適合する方であれば、片耳に装用するより効果があります。その方が、ご自身が感じてらっしゃる悩みは、改善します。

どのような物事も効果が出るやり方をする事が重要です。補聴器の両耳装用も効果がでるやり方の一つとなります。

あとがき

補聴器の片耳装用、両耳装用に関して、記載してみました。一般的に言われている内容から、私自身が装用した経験も含めて載せてみました。一番知りたいのは「装用したらどう変わるのか?」ですね。両耳装用は、片耳装用時より本当に良く聞こえます。

私自身、子どもの頃から補聴器を装用していました。しかし、なぜか医師からは、片耳で十分と言われてしまい、19歳頃まで、片耳のみに補聴器を装用をしていました。19歳を境に補聴器屋で両耳装用する事となったのですが、その聞こえの範囲が広がった感覚は、今でも忘れません。

両耳装用は、単に聞こえにくい耳が聞こえやすくなるという事だけではなく、より遠くの音まで気が付くようになりますし、今までのお話しよりも聞きやすくなります。何よりもお金を出すなら、最も聞こえる方法で装用する事をお勧めします。

これらの内容がお役に立てば幸いです。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:補聴器を選ぶ際に必要な語音明瞭度測定に関する基本知識

リンク:中等度難聴の方、必見。中等度難聴にお勧めな補聴器

リンク:音場閾値測定で目指す補聴器を装用した聞こえの目安

リンク:しっかり理解したい防水補聴器のメリット、デメリット