2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

難聴改善のために必要な+αを考える

Pocket

私自身が常々考えている事の一つに「難聴は、どのようにしたら改善できるのか」というものがあります。私自身も補聴器を装用していますが、つくづくこれのみで、改善させる事は、難しいと感じてしまいます。恐らく、今現在の難聴の方は、補聴器を装用するようになり、聞こえる世界に入った喜びがある反面、中々コミュニケーションが改善されなかったり、聞こえる時、聞こえない時の差により、落ち込んでしまう事もあるのではないでしょうか。これは、聞こえを改善させたい、より良い生活を送りたいと考えている方にとっては切実な内容です。

こちらでは、なぜそう思うのか、そして補聴器を装用する以外に行える私なりの改善方法について記載していきます。

難聴は、補聴器だけで改善できる?

難聴が補聴器だけで改善できるのか……という問いに関しては、以下の理由により、難しいと個人的には、考えています。

  • コミュニケーション障害
  • 完全に補えるわけではない

コミュニケーション障害とは、コミュニケーションするうえでの障害となるものです。簡単にいえば、意思疎通が難しくなってしまう事ですね。そして、耳の状況からして、補聴器では音は聞こえるようにさせる事ができるものの、完全に補えるわけではないという事です。それぞれについて見ていきましょう。

コミュニケーション障害

このブログでは、難聴はコミュニケーション障害であると記載し続けてきました。コミュニケーション障害とは、上記の通り、お話ししたり、意思疎通をするうえで、障害となるもの、壁となるものという意味で使っています。耳の役割は、音を聞く事にありますが、音は、様々な事に使われています。

音で関心が高いもの、重要度が高いものといえば、会話ですね。人は、声を発するのに必要な喉(声帯、口)とその音を受け取る耳があって初めて会話ができるようになります。どちらか一方が難しくなるとスムーズにコミュニケーションを取る事が難しくなります。難聴は、その音が受け取りにくくなる事により、コミュニケーションに支障が出てしまう状態といえます。

私自身が重要視しているのは、聞こえにくくなる事により、会話がしにくくなる事です。会話とは、相手の言った事に対し、返答しなければなりませんので、相手の会話が聞こえない(理解できない)と返答に困ってしまいます。一般の方も聞こえないと「え?」や言っている意味がわからないと「は?」と聞き返しますが、難聴になってしまうと、それらの頻度が上がってしまいます。

ここからが重要なのですが、あまりにもその回数が多いと、相手に負担をかけてしまったり、意思疎通がしにくくなり面倒に感じてしまう事が、実際問題として起こります。これらの事が増えると増える程、意思疎通はしにくくなりますので、補聴器を装用したとしても、悩みの種は、尽きにくくなります。

耳は、コミュニケーションする際によく使われるツールの一つですので、この点の負担が最も大きくなります。

完全に補えない

補聴器の特徴として上げるとすれば、完全に耳を補う事ができない点です。これは、補聴器が悪いというよりも、耳の仕組み上、仕方がない事なのかもしれません。補聴器を装用する方は、ほとんどが感音性難聴と呼ばれるものです。感音性難聴とは、音の理解力が低下してしまう難聴であり、耳の神経上の問題により起こる難聴となります。老人性難聴や生まれつきの難聴の方は、多くが感音性難聴であり、この難聴である場合、残念ながら障害の発生元の影響で、補聴器を装用したとしても完全に補う事ができません。

難聴の種類には、この他、伝音性難聴(でんおんせいなんちょう)と呼ばれる難聴があります。この難聴は、手術をしたり、施術をする事で、改善する事が多い難聴ですが、状況によっては、補聴器を装用します。特殊な補聴器(このような方のために、骨導補聴器(こつどうほちょうき)と呼ばれる補聴器があります)を装用する事も多いのですが、聞こえの効果は非常に感じる方が多いです。もちろん、補聴器そのものの限界もありますので、完全に聞こえるようになるわけではないのですが、効果のほどは非常にあります。

また、感音性難聴のように神経そのものが音を感じ取りにくくなると、音を大きくしても、そのまま受け取れる事が少なくなってしまいます。伝音性難聴は、耳の中にある、音を大きくして中の神経に伝える機能が何らかの理由により機能していない状態ですので、その部分を補聴器を使って音を大きくしてあげれば良いのですが、神経そのものが弱ってしまっている場合、そこに音を強く入れても、思った通りの結果にならない事も多くあります。

感音性難聴だけを見ると「補聴器が悪いのではないか」と見えなくもないのですが、難聴そのもの、あるいは、全体から見ると伝音性難聴は改善の幅が大きい事から、少なくとも補聴器が悪いという事はありません。こちらをご覧になる事で、補聴器がしている事、難聴の原因から考えると、より現状が見えてきたのではないでしょうか。ただし、ひと言申し上げるのでしたら、補聴器もできる限りの事を行っているのですが、それでも聞こえに悩んでいる方を救え切れていない点は、大変申し訳ありません。

どうすれば良いのか

では、どうすれば良いのでしょうか。個人的に思う施策は、聞こえを改善させる事+コミュニケーション障害を軽減させる方法を行うか、そもそものコミュニケーション方法を変えるか、このどちらかしかないと考えています。

コミュニケーション障害を軽減させる

こちらは、耳を使ったコミュニケーションをする場合に行う事です。耳の場合は、補聴器を装用して、できる限り、聞こえるようにさせた後、それでも起こってしまうコミュニケーション障害をいかに軽減させるかになります。この際考えられる事は

  • 気軽に聞き返せる相手を得る
  • 切るところは切る
  • 相手に配慮する

の三つがあると、考えています。結局は、コミュニケーション障害ですので、このように考える事が重要なのかなと思っています。

気軽に聞き返せる相手を得る

これは、地道に行っていくしかないのですが、一番の改善方法は、このような相手を地道に得ていく事だと思います。人の中には不思議で、聞き返して怒る方もいれば、怒らない方もいます。相手が負担に思わなければ、それは良いのではないでしょうか。少なくとも私は、そう思っています。

人により、何が嫌で何が良いかは変わります。このような点を見れるようになると、良いと思っています。

切るところは切る

大変申し訳ないのですが、少し聞き返すだけで、「耳悪いんじゃないの?」や「補聴器壊れてんじゃないの?」あるいは「もう良いよ」という方は、元々縁が無かったという事で、フェードアウトした方が良いのではないかと思っています。このような方々と付き合ってもご自身の心が消耗するだけです。批判を覚悟で書きますが、私は、このように思っています。

たまに友人だから……という方もいますが、友人だったら本当にそのような事をするのでしょうか?もし、ご自身が友人だったら、そのような言葉を友人に言うのでしょうか?ここをしっかりお考えになれば、自然に答えは出てくるのではないでしょうか。少なくとも私はそう思っています。

この状況はお互いにとっても良い状況ではありません。自分からすれば、聞きにくい、会話していて負担になる状況であり、相手からしたら、言った内容が伝わっていない、言い返す面倒さを感じている状態です。これでは、お互いにとって良いとはいえません。このような場合、お互いのためにも、離れる事は良い事ではないでしょうか。お互い消耗してしまっては意味がありません。

この点は、結構ハードルが高い部分かもしれませんが、時にはそのように考える事も重要だと思っています。

相手に配慮する

私も常々意識している事ですが、相手に配慮するために「は?」「え?」というような反感を買うような言い方はせず、「ごめん、今何て言った?」と聞いたり「○○が何だって?」「これってこういう事?」となるべく会話になるように言葉を選んでいます。

これは、友人でも同様です。親しき仲にも礼儀ありではありませんが、変に反感を買うような事はあえて言う必要はないと思っています。気分を害する言葉を使っても何も良い事はありません。

こういった事は、地味に大切な事だと思っています。

コミュニケーション方法を変える

こちらは、耳を活用したコミュニケーション方法ではなく、目を活用したものに変更させてしまう事です。代表的なのは、

  • 筆談
  • 手話

があります。この二つは有名ですので、わざわざ説明する必要はないかもしれませんが、載せてみます。

筆談

字を書いてコミュニケーションする方法を筆談と呼びます。漢字からして、イメージが湧きますね。筆で相談するという意味です。筆談に関しては、目で確認できれば良いですので、メールやパソコンを使っても個人的には良いと思っています。スマートフォンで表示させても良いですし、軽いノートパソコンを使用しても良いですし、方法はいくらでもあります。字を書くという行為が、パソコンに表示された、表示するという事に変わるだけですので、やっている事は同じです。

少しでも楽な方を選べると良いですね。私は、字を書くより、パソコンにタイピングした方が楽ですし、早いので、聞きにくい方には、パソコンを使用して対応していました。

手話

最もポピュラーなものといえば、手話です。手話は、手でお話しする言語といっても過言ではありません。こちらは、まさに目で行うコミュニケーションです。覚えるものが大変ではありますが、伝わる人には伝わる方法となります。

電話が難しいのではないかと思われがちですが、最近は、映像を使った通信もできるようになりましたので、手話の映像を送りつつ、会話をするという事もできるようになりました。テクノロジーの進化はすごいですね。

+αをするか、考えそのものを変えるか

耳を使ったコミュニケーションを選択するのでしたら、補聴器+コミュニケーション障害の改善、目を使ったコミュニケーションを選択するのでしたら、それぞれのものを活用する、このどちらか一つになると思います。基本的には、耳のコミュニケーションを選択するケースが多いのですが、難しい場合は、目のコミュニケーションにする事も大切だと思っています。もちろん、場面場面に応じて使っても良いでしょう。

補聴器で聞こえを補う事は最低限行う事とし、それにプラスαする事で、より良くなるのではないかと個人的には考えています。

なお、コミュニケーション障害の改善は、あくまでも私が考えている事ですので、これ以外にも良いものがあれば、どんどん行う事をお勧めします。これらの内容がお役に立てば幸いです。

あとがき

難聴改善のために必要な+αを考えるという事で、ある意味御法度な内容に突っ込んでみました。結論から言いますと補聴器だけで改善できるケースは、少ないと思っています。そのため、このようなコミュニケーション障害そのものを改善させるにはどうしたら良いかと言う内容を載せてみました。この点は、まだまだ私も考え途中ですが、少しでも参考になれば幸いです。

難聴は、耳を補えば良いと言われる時代は、もう終わりにすべきですね。これからは、様々なものを使って「どうコミュニケーション障害を軽減するか……」というように考える時代にならないと、本当の意味で難聴の方を救う事は、難しいのではないかと、私は思っています。コミュニケーション障害をどう改善するのか、どう軽減するのかを考えるのが重要です。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:耳の聞こえは補聴器+αで考える時代の到来

リンク:音声をリアルタイムで翻訳するCaptioning on Glass

リンク:手話カフェという新たな価値を創造した凄さ

リンク:耳、補聴器の情報提供しているサイト、企業まとめ

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム