2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器の音に慣れるために行う3つの事

Pocket

補聴器を装用した時、補聴器の音が今までの耳の感覚と異なり、少々違和感を感じる事があります。補聴器を装用すると、良くも悪くも聞こえるようにしてくれるため、今までの耳の感覚の通りとは行きません。

では、補聴器の音に馴染みにくい、慣れにくい場合は、どのような事をしたら良いのでしょうか。今回は、補聴器の音に慣れるために行う事を記載していきます。

改善するために必要な知識

補聴器の音に馴染みにくい、慣れにくい場合、改善するために必要な事は

  • 補聴器を装用すると起こる事を理解する
  • 馴染むために行う事

この二つが必要です。さて、補聴器を装用すると、耳にどのような事が起こるのでしょうか、そして、馴染むためには、どのようにするのが良いのでしょうか。

補聴器を装用すると?

補聴器を装用する事で起こる事としては

  • 聞こえなかった音まで聞こえる
  • 今まで聞いていた音が大きくなる
  • 今まで聞いていた音の質が変化する

これらがあります。ひと言で言いますと、聞こえ方の感覚が変化します。

聞こえなかった音まで聞こえるようになる

この変化は、非常に大きい変化となります。音は、聞こえないとその音の存在に気が付く事ができません。そのため、多くの方は、聞こえにくくなった事はわかっても、本来聞こえていた音が、どれだけ感じなくなっているのかの理解ができません。そして、それ故、補聴器を装用してどのくらい聞きやすくなるのかの想像は、聞こえていない音が聞こえるようになるところまで及んでいる方は、ほとんどいらっしゃいません。

聞こえにくくなった耳に補聴器を装用すると驚く程、周囲の音が聞こえてくるようになります。これは、音が聞こえる範囲が広がり、より音を感じやすくなっているからです。補聴器を装用すると、一番感じやすいのは、音が大きく聞こえる事ではなく、聞こえる音の範囲が広がり、驚くほど多くの音が聞こえるようになる事です。

今まで聞いていた音が大きくなる

補聴器を装用しますと、今まで難聴の耳でも聞こえていた音は、より大きく聞こえてくるようになります。聞こえにくい耳でも聞こえていた音は、基本大きい音です。そのため、それらの音は、補聴器を装用するとより大きく聞こえてくるようになります。

基本的に補聴器は、一般の方が小さいと感じる音は、難聴の方も小さいと感じるように、一般の方が普通と感じる音は、難聴の方も普通と感じるように、一般の方が大きいと感じる音は、難聴の方も大きいと感じるようにします。

難聴の耳でも聞こえていたのは音が大きいからであり、この大きい音が難聴の耳で普通くらいに感じていたとしますと、補聴器を装用した時は、大きい音として聞こえるようになります。

補聴器を装用すると、今までの音の感覚のままではなく、感覚がズレます。それは、難聴の耳では聞こえていなかった音まで聞こえるようにするからです。今まで聞こえなかった音まで聞こえさせるため、聴覚を矯正しているという言い方の方が正しいかもしれません。

今まで聞いていた音の質が変化する

補聴器を装用しますと、音の周波数ごとに音の調節を行い、聞こえるようにしていきます。そのため、聞こえてくる音量もそうですが、聞こえてくる音の質も変化します。

補聴器を装用すると音の質も変化する

補聴器を装用すると音の質も変化する

こちらはオージオグラムと呼ばれる聴力を測定した内容を書き込む図です。▲が補聴器を装用した状態、△が補聴器を装用していない状態を表しています。

装用していない状態の周波数を見てみますと、低い周波数より、高い周波数が聞こえにくくなっている事がわかります。一方、補聴器を装用している方の値は、ほとんど横一線です。この際、何が起こるかと言いますと、いつもの耳の感覚より、全体の音が高く聞こえてくるようになります。

オージオグラムは、一般の方の耳の感覚で作られており、どのくらい音が聞きにくいかを相対的に表しています。補聴器を装用していない耳を例にしてみますと250Hzの周波数では、50dBで反応があります。しかし、それよりも高い音である4000Hzは、70dBで反応があります。この場合、250Hzより、4000Hzの音は、20dB聞こえにくい耳であり、そのような耳の状態で、日常の生活音を聞いている事になります。言い換えますと、高い音が感じにくい耳で、日常生活を送っていると言う事です。

このような耳に補聴器を装用し、仮に上記のような聞こえになった場合、高い音が聞こえやすくなります。これは

  • 元々音が低く感じていた
  • 聞こえにくい部分ほど、補う必要がある

この二点によるものです。補聴器は、聞こえにくい部分を補うものであり、聞こえにくいと聞こえにくいほど、補う量は大きくなります。すると、聞こえにくいと聞こえにくいほど、音の違和感を感じるようにもなります。

その違和感は、今まで聞いていた音とのギャップになります。補聴器を装用すると、このような事も起こります。

補聴器を装用する事で起こる事 まとめ

補聴器を装用すると

  • 聞こえなかった音まで聞こえる
  • 今まで聞いていた音が大きくなる
  • 今まで聞いていた音の質が変化する

これらの事が起こります。どれも今まで聞きにくいからこそ起こっていた事であり、良くも悪くも補聴器は、音を聞こえさせるようにしますので、このような変化が起こります。

補聴器が馴染むために

補聴器を耳に馴染ませるために必要なのは

  • 装用して起こる事を理解する
  • 実際に装用する
  • 音の確認を行う

この三つになります。補聴器の音に馴染むと補聴器を装用していても、まるで自分の耳の一部のように感じたり、違和感がほとんどなくなります。このようになると補聴器は、聞こえにくい事はあるものの快適に使用できるようになります。

装用して起こる事を理解する

装用して起こる事については、上記の通りです。これらを理解する事が大切です。補聴器は、都合良く音を聞かせるものではありません。あくまでも音を聞こえるようにさせる事で、音が聞こえにくい方の生活を補助するのが役割です。

良くも悪くも補聴器を装用すると音の感覚は変化します。その変化を受け入れる事が大切です。

実際に装用する

補聴器は、しっかりと装用し続ける事が大切です。基本的に補聴器を装用して

  • 疲れる
  • 耳が痛くなる
  • 頭痛がする
  • 気持ち悪くなる

このような事がない限り、補聴器は、終日装用で構いません。そして、装用する場所に関しても、基本どこでも構いません。しかし、何か気になる事があれば、初めは、

  • ご自宅の中
  • 車の通りが少ない道路
  • 住宅街

これらのところで使用する事をお勧めします。これらの場所は、比較的静かであり、補聴器を装用しやすい場所です。このような場所で装用する時間を長くし、補聴器を装用した時の音の世界に入り込んでいくのが大切です。

上記の場所は、静かと言いましても、補聴器を装用すると、実際には、様々な物音が聞こえるようになります。補聴器を装用していなかった頃は、ほとんど何も聞こえなかった自宅の中でも、

  • 家の中の物音
  • 物を扱った時の物音
  • 窓の外の音

このようなものが聞こえてくるようになります。

例えば、時計の秒針が動く事によってカチッカチッと音が聞こえるようになりますし、外で何かをしている音も聞こえるようになります。テレビの電源を入れる際、プチッといった動作音が聞こえるようにもなりますし、ポットのお湯を入れる際に、ポットが動く音も聞こえます。そして、お湯を入れている時は、コポコポとした音も聞こえるようになります。また、ストーブを付ければ、ストーブが動作している時の音も聞こえますし、送られてくる風の音も聞こえます。

静かなご自宅の中でも、これだけの音の変化があります。それは、それだけ音が聞こえていなかった事でもあり、装用する事によって聞こえるようになった証拠でもあります。補聴器を長く装用する事の目的は、耳を馴染ませるためでもあるのですが、もう一つの目的は、補聴器で感じる音の世界を当たり前の感覚にする事です。それは、良くも悪くも今までいた音の世界がガラリと変わるからです。

音の確認をする

補聴器を装用した時は、今まで聞いていた音の感覚と異なる感覚がします。そのため、何か気になる音が聞こえたら、首を左右に振り、何の音かを確認するクセをつけておくとベストです。これらの事を繰り返すと音の理解力が上がり、音を聞くだけで「これは○○の音」「あれは○○の音」と理解できるようになります。

補聴器を装用すると実に色々な音が聞こえてくるようになります。その際「これは何の音?」と音に関して、一つ一つ調べていくと聞こえていても気にならなくなってきます。実際には、気になる音も出てきますが、理解する事で、あまり気にならなくなる音もあります。

補聴器が馴染むために まとめ

これらの事を行っていただきますと、補聴器は馴染みやすくなってきます。補聴器を馴染ませる際の思考としましては

  • 長く装用する
  • 感覚が変化する事を意識する

この二つの事を理解いただければ大丈夫です。長く使用し、補聴器の音の世界に入り込む事が大切です。

どうにも難しい場合は?

補聴器を装用していて、

  • 音が大きすぎる
  • 特定の音がすごく気になる

このような事があれば、補聴器販売店に相談してみましょう。過度に音が出ている場合は、音を小さくしていただく事も必要になります。

ただし、これは、最終手段である事をご理解ください。初めは、どうしても騒がしく感じがちですが、その状態でも使用し続けていると、そのような感覚が当たり前になってきます。そのようになってくると、補聴器を装用する事そのものにも抵抗がなくなり、かつ、快適に使用できるようになります。

慣れたら長く使用するのではなく、慣れるために長く使用する事が大切です。

ピアノを両手で演奏できるようになったら両手を使う演奏をするのではなく、両手で演奏するものをできない内から練習してできるようにします。絵も描けるようになったら書くのではなく、描けない内から練習する事で、絵が上手になります。これは、補聴器も同様です。

初めは必ず、量が必要になります。その量は、必ず質に転じます。補聴器を馴染ませるには、必ず量が必要になりますので、その点にご注意ください。そして、その量を増やすやり方が上記の内容です。

最後に

補聴器を装用し、聞こえる音の世界を体験しましょう。音は聞こえる事でイライラする音もありますが、聞こえる事で安らぐ音もあります。補聴器を装用しても、お話しがしにくい事もありますが、お話しできる事で、楽しく感じる時間も増えてきます。

こちらの内容で、補聴器を長く装用できるようになり、今の生活そのものも改善されれば幸いです。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:補聴器の両耳装用、片耳装用の違いは、ココ。

リンク:補聴器から聞こえるノイズや仕様による音を理解しておこう

リンク:耳かけ形補聴器で髪の音がガサガサ聞こえる場合の改善は?

リンク:補聴器の効果を出すために知っておきたい四つの事

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム