2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

左右の聞こえに差がある場合の補聴器選択方法


左右の聞こえに差がある場合、どのように補聴器を考えたら良いのでしょうか。補聴器は、耳の状況が異なれば、装用する補聴器も異なりますので、他の人が「私は、この補聴器を使用している」と聞いたとしても、参考にする事ができません。頭痛がする人に下痢止めを勧める事がないように、補聴器もその方に合ったものを勧める必要があります。

聞こえに左右差がある場合、左右差のレベル、どのような聴力かで、補い方が異なりますので、複雑になりやすい部分となります。こちらの内容が耳の理解とより良い補聴器選択に役立てば幸いです。

聞こえに左右差がある聴力

初めに聞こえの左右差がある聴力について載せていきます。それについては、二つあり

左右の聴力が似た波形を持つタイプ

左右の聴力が似た波形を持つタイプ

このような左右の聴力が似た波形を示している聴力と

左右の聴力が別々のタイプ

左右の聴力が別々のタイプ

このような左右とも別々の聴力があります。

左右の聞こえが異なる聴力は、主にこの二つがあります。どちらも少し特殊なタイプであり、それぞれの耳により、改善の方法が異なります。

これらの聴力で気をつけたい事

上記の聴力図で気をつけた事として、どのようにしたら聞こえやすくなるのか、そして、このような聴力の場合、起こりうる事は、どのような事なのか、があります。

補聴器を装用する場合、基本的な思考として耳の機能の修復を計ります。耳の機能には、

  • 音を聞く(理解する)
  • 音の方向感を得る

この二つを主に行っています。小さい音が聞こえるようになる事で、よりお話しができるようになったり、周囲の音に気が付くようになりますし、二つの耳を活用する事で、音がどの方向から来たかがわかるようになります。

しかし、これらのものは、聴力の状況によっては、改善が難しかったり、一般的な補聴器ではなく特殊な補聴器で補う方が聞こえが良くなるケースがあります。その傾向があるのが、左右とも聴力差があるケースです。

これらのケースで気をつけなければならないのは

  • どのくらい補聴器の効果が見込めるのか
  • 音の方向感を理解する事ができるのか

この二点になります。

どのくらい補聴器の効果が見込めるか

補聴器の効果が見込めるかとは、補聴器を聞こえにくくなった耳に装用し、どのくらい聞こえを改善できるかを示します。補聴器は、耳に装用すればどのような聞こえでも治るという事はありません。補聴器の聞こえは、その方の聴力と語音明瞭度(ごおんめいりょうど)と呼ばれる言葉を理解する力により決まります。

補聴器と聴力の関係

聴力に関しては、補聴器を装用した時にどれほど、聞こえるようになるかがあります。こちらは、おおよそではありますが、聴力ごとの改善度があります。それは、以下の通りです。

補聴器によるおおよその改善値

補聴器によるおおよその改善値

こちらのみでは、わかりにくいため、こちらも併用して見るとより内容が理解しやすくなると思います。

補聴器による改善値オージオグラム版

補聴器による改善値オージオグラム版

こちらは、聴力が50dBだった場合、補聴器を装用すると30dBまで改善する、という意味になります。数値だけではわかりにくいため、オージオグラムにも載せてみました。オージオグラムですと30dBの部分は、青色で表示されています。補聴器を装用していない聞こえが50dBだとしますと、補聴器を装用したら、30dBまで聞こえるようになるという事です。

こちらの内容は、あくまでもおおよそになります。聴力だけでなく耳の状況によって厳密には、異なりますので、おおよそ程度にお考えください。

語音明瞭度

語音明瞭度とは、言葉を理解する力を指します。語音弁別能とも呼ばれ、どちらも意味は同じになります。耳には、音が聞こえるという事だけでなく、その音がどれだけ理解できるかについても調べるものがあります。それが語音明瞭度検査(語音弁別能検査)です。

こちらは、異なる言葉の単音を一つずつ流して検査するもので、こちらを行うとどのくらい言葉を理解する力があるかがわかります。補聴器は単純に言いますと音を大きく聞かせる道具ですので、こちらを行っても、あまり結果が芳しくないと、補聴器を装用しても芳しくない状態になります。

そして、左右の聴力差が大きいケースは、より聞こえにくい側の耳が、この結果が非常に低下している場合があり、補聴器を装用しても思うように効果がでない場合があります。状況によっては、より聞こえにくい側には、補聴器を装用しない方が良いケースもあります。

補聴器の効果のまとめ

補聴器の効果は、主にこの二つによって決まります。

聴力低下が軽いほど、補聴器の効果は高くなり、重い場合は、補聴器の効果は薄くなる傾向があります。そして、語音明瞭度に関しても結果が高いと高いほど、補聴器の効果は高くなり、結果が低い場合は、効果が薄くなります。

音の方向感を理解する事はできるのか

左右の聞こえが異なる場合に気をつけておきたい点は、この点です。音の方向感を得るには、左右とも同じような聴力である事が条件です。15dB以上聴力が離れてしまうと(片耳がより聞こえにくくなると)その音が反対の耳に迂回してしまい、音の方向感を得にくくなります。こちらは、左右の聞こえに差があるとあるほど、理解しにくくなります。

上記には、補聴器を装用して補える範囲というものをおおよそではありますが、記載させていただきました。そこから見える事は、あまりにも聴力差があると、この差をカバーできず、両耳に補聴器を装用したとしても、音の方向感も得る事ができなくなってしまう事もあります。

そのため、左右の聞こえに差がある場合は、

  • 一般的な補聴器
  • バイクロス補聴器

の二つの選択肢があります。

それぞれの改善方法

さて、おおよその部分は記載させていただきました。次は、それぞれの改善方法です。

  • 聴力の波形が似ているタイプ
  • 聴力が別々のタイプ

この二つについて分けて記載していきます。

聴力の波形が似ているタイプ

聴力の波形が似ているタイプは、一般的な補聴器をそのまま装用して改善させるタイプとバイクロス補聴器を装用して改善させるタイプの二つがあります。

こちらは、どのくらい左右の聴力が離れているかで異なります。聴力が10〜15dBほどしか離れていない場合は、補聴器を両耳装用して改善させるケースが多く、30〜40dBほど大きく離れている場合は、バイクロスを装用し、少しでも不自由を軽減していきます。中間は、意見が別れるため、どちらが良いか試聴のうえ決めていきます。

補聴器の利点は、効果がある方であれば、最も効果が高い点です。音の方向感も得やすくなりますし、両耳から音を聞くことで騒がしいところでも、バイクロス補聴器より聞きやすくなります。耳の機能から考えますと最もベストなのは、耳そのものを補うやり方です。

一方バイクロス補聴器は、片耳で全ての音を聞く補聴器ですので、聞こえこそ良くなりますが、音の方向感を得たり、両耳で音を得るという事ができません。上記の聴力図のような、片方の耳が聾に近い場合は、補聴器を聾側に装用してもうまく効果がでないため、バイクロス補聴器を装用します。

バイクロス補聴器を装用すると聞こえにくい側の音に気が付いたり、聞こえにくい側から話されてもわかるようになるのですが、その変わり、音の方向感を得たり、両耳で音を得るという事は残念ながらできません。しかし、現状より聞きやすくする事はできますので、そのような耳の方には、お勧めできる機器になります。

聴力の波形が似ているタイプの場合、補聴器を両方の耳に装用するケースか、バイクロスと呼ばれる補聴器を装用するケースのどちらかで聞こえを改善させていきます。

リンク:片耳がより聞こえにくい方にお勧めなバイクロス補聴器

なお、聞こえにくい側の耳の語音明瞭度が低い場合、聴力にあまり差がない場合も含め、バイクロス補聴器の方が聞きやすくなるケースがあります。こちらにおいては、実際に、補聴器とバイクロス補聴器で両方試聴する事で、どちらの方が良いかを決めるとより適切に選べるようになります。

聴力が別々のタイプ

聴力が別々のタイプの場合、考え方としましては、そのまま耳に合う補聴器を選択する事です。左右とも聞こえが別々ですので、それぞれの耳に合う補聴器を考える事が大切です。

可能であれば、同じ補聴器で補い、それが難しい場合は、耳を単体で考え、聞こえを補っていきます。その際、仮に補聴器の効果が15dB以上差が出てしまい、両耳の効果が得にくい、方向感が得にくい場合は、バイクロス補聴器を考えます。そして、どちらが良いかを選択するようにできると、より良い選択ができるようになります。

聴力によって異なりますが、多いのは、両耳とも補聴器で補うケースです。両耳に装用して育ってきた、あるいは、両耳とも装用する事で、補聴器効果の差が15dB以上出にくい傾向があるように感じます。もちろん聴力によって千差万別ですので、何とも言えません。

聴力が別々のタイプの場合、聴力によって大きく別れますので、基本思考は、そのまま耳に合う補聴器を選択する事となります。

なお、聴力の波形が似ているタイプ同様、片方の耳の明瞭度が低く、もう片方は良好だった場合は、バイクロス補聴器を装用した方が、聞こえの効果が出る場合があります。その場合は、一般的な補聴器とバイクロス補聴器の両方をお試しし、どちらが良いかを決めるとより良い選択ができるようになります。

耳の状況によって補い方は異なる

補聴器は、耳の状況によって補い方が異なります。上記の内容は、どのようにしたら、その方の聞こえを最も良くできるかを考えた内容になります。

聴力の波形が似ているタイプは、聴力差が大きくなりすぎますと(片耳が聞こえにくくなりすぎると)、聞こえにくい方に補聴器を装用してもうまく効果がでません。その場合は、聞こえにくい方にクロス補聴器と呼ばれる音の送信機を乗せてあげる事で、そこから拾った音声が聞こえる耳に転送されます。すると反対側でお話しされた声も聞くことができるようになります。一つの耳だけで聞くことになりますが、補聴器の効果が見込めない場合は、有効なやり方です。

そして、聴力が別々のタイプは、聴力の傾向が全く読めないため、何とも回答をしにくいのですが、基本思考として、そのまま耳に合う補聴器を選択する事となります。基本的に補聴器は、効果があるならその耳に補聴器を装用し、そして効果が見込みにくい場合、かつ片耳が聞こえやすい、あるいは、補聴器を装用して効果がある場合は、クロス補聴器、バイクロス補聴器を装用していきます。

このようにする事で不自由度は少なくする事ができます。

これらの内容が聞こえの改善に役立てば幸いです。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:難聴の問題点と特殊性から見る補聴器の役割

リンク:両耳補聴の論文内容より左右差があるフィッティングを考える

リンク:補聴器を装用している人が感じている補聴器の効果

リンク:中等度の感音性難聴の私が自分に合った補聴器を選んだ方法


この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム