2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

感音性難聴により聞きにくい耳を補聴器で改善させる方法

Pocket

mark-516277_640

感音性難聴とは、耳の神経の部分が何らかの障害により、聞こえにくくなっている状態を指します。こちらの改善方法は、補聴器を装用する事です。音を感じ取る神経が弱くなっているため、手術をして改善する事も有効な薬もありません。

では、補聴器で改善していく場合、どのように改善していけば良いのでしょうか。補聴器の事を調べてみると、色々と種類があり、よくわからないと思います。

そこで、こちらでは、聴力別にわけて、合う補聴器に関して記載していきます。補聴器は、聴力によって適性する補聴器が異なりますので、聴力という切り口で見ると理解しやすくなります。

結論から

結論から申し上げますと、冒頭の通り、聴力ごとにお勧めできる補聴器が異なります。

今現在、主流の補聴器。主にこの三つから自分に合う補聴器を選ぶ。

今現在、主流の補聴器。主にこの三つから自分に合う補聴器を選ぶ。

今現在、主にこの三つの種類の補聴器が存在します。これらの補聴器は、聴力ごとに特徴が異なります。例えば、耳の穴の中に入れる補聴器に、耳あな形補聴器があるのですが(画像の一番左の絵のものです)、こちらは、対応聴力が、軽度〜一部高度の方となります。難聴の種類によっては、補えませんので、対象外となります。

このように、どの補聴器もどのような方にも合うというわけではありません。そのため、まず始めに理解するのは合う補聴器ではなく、ご自身の聴力になります。ご自身の聴力を理解し、その聴力に合う補聴器(使える補聴器)は、何か。その視点で考えていただくと理解しやすくなります。

こちらのページでは、

  • 平均聴力の出し方
  • その聴力に合う補聴器

の二つの構成に分けて載せていきます。

聴力の確認

聴力の確認は、多くの場合、耳鼻咽喉科で確認できます。補聴器販売店でも聴力の確認はしていますが、あくまでも補聴器を装用する際、どのように補聴器を合わせたらよいかを考えるために、測定します。

聴力を測定するとそのデータから、難聴レベルがわかります。難聴レベルによる分類は、以下のようになります。

聴力ごとの難聴レベル

WHOの難聴度分類。日本の基準より少し低いがおおよその状況を理解できる

※よくわかる補聴器選びより引用

難聴には、聴力レベルにより

  • 軽度難聴
  • 中等度難聴
  • 高度難聴
  • 重度難聴

の四つの分類に分かれます。

平均聴力を出せると、自分の難聴の程度が理解できますので、そこから、自分に合う補聴器を見つけやすくなります。

聴力図(オージオグラム)の見方

聴力図(オージオグラム)の見方

聴力データとは、主に上記のようなものになります。耳を測定すると、○と×、そして、[、]のようなものが書かれます。補聴器を装用する際に見るのは、基本的に○と×です。※厳密には、[、]も見ますが、医師や補聴器販売店側だけが見ますので、ここでは気になさらないでください。

各周波数ごとに聴力がわかったら(500Hz+(1000Hz×2)+2000Hz)÷4=平均聴力、の計算を行います。例えば、上記の画像の聴力の場合、左耳は、500Hz=50dB、1000Hz=50dB、2000Hz=55dBとなりますので、(50dB+50dB×2+55dB)÷4=51.25になります。51.25は、中等度難聴のレベルとなりますので、これで、中等度難聴である事がわかります。

すると、その難聴レベルに合った補聴器を探す事で、自分に合った補聴器を探す事ができます。

聴力別の補聴器選択

ここからは、聴力別の補聴器選択に関して、記載していきます。一つ、一つを細かく書きますと書く内容が多くなりすぎてしまいますので、こちらでは、主にさわりの部分を書き、詳細に関しては、別ページをご覧ください。

こちらに網羅した内容は

  • 軽度難聴に合う補聴器
  • 中等度難聴に合う補聴器
  • 高度難聴に合う補聴器
  • 重度難聴は、人工内耳
  • 片耳のみ聞こえにくい方に合う補聴器
  • 両耳とも聞こえにくいけれど、片耳がより聞きにくい方に合う補聴器

の6パターンになります。ご自身の聴力の状態に合わせてご覧下さい。

なお、軽度〜重度に関しては、あくまでも両耳ともそのくらいの難聴であるという前提で記載していきます。片耳のみ聞こえにくい場合や両耳とも聞こえにくく、片耳がより聞こえにくい場合は、そちらをご覧下さい。

そして、両耳とも軽度〜重度であっても片耳の聞こえが変、違和感を感じるという事があれば、両耳とも聞こえにくく、片耳がより聞こえにくい場合をご覧下さい。

軽度難聴に合う補聴器

軽度難聴に合う補聴器ですが、基本的に

  • 効果重視なら耳あな形補聴器
  • 扱いやすさ重視なら耳かけ形補聴器

となります。軽度難聴の場合、選択肢が色々とあり、選ぶ基準を上げるなら、効果重視か、扱いやすさかになります。耳あな形補聴器でも扱いやすいのであれば、そのまま効果重視でそちらを選べば良いですし、何かしら補聴器の操作で不安に感じる場合は、扱いやすさ重視で良いでしょう。

軽度難聴の特徴としては

  • 平均聴力:26〜40dB
  • 面と向かって話す場合はあまり不自由をしない
  • 呼ばれた際に、気が付かない事がある
  • 周囲が騒がしくなると途端に聞きにくくなる
  • 複数の人のお話しが理解しにくくなる

という特徴があります。軽度難聴の場合、正面からお話しするケースでは、聞きにくさを感じる事が少ないのですが、離れたところからの呼びかけ、あるいは、周囲が騒がしくなると途端に聞きにくくなる傾向があります。

また、会社では、会議の際に聞きにくさを感じたり、ちょっとした事で気が付かない事があるなど、少しずつ、聞こえにくい事による不便があります。このような方に合う補聴器の詳細は、こちらをご覧下さい。

リンク:軽度難聴の方が自分に合った補聴器を選ぶ方法

中等度難聴の方に合う補聴器

中等度難聴に合う補聴器ですが、基本的に軽度難聴と同じく

  • 効果重視なら耳あな形補聴器
  • 扱いやすさ重視なら耳かけ形補聴器

となります。中等度難聴の場合も、選択肢が色々とあり、選ぶ基準を上げるなら、効果重視か、扱いやすさかになります。耳あな形補聴器でも扱いやすいのであれば、そのまま効果重視でそちらを選べば良いですし、何かしら補聴器の操作で不安に感じる場合は、扱いやすさ重視で良いでしょう。

中等度難聴の特徴は

  • 平均聴力は41〜60dB
  • お話しがわかりにくくなり、聞き返しが増える
  • 呼ばれても気が付かない事が多くある
  • 騒がしいところでの会話は、わかりにくい
  • 複数の人とのお話しは、理解しにくい

となります。中等度難聴くらいから、補聴器を装用する方が、多くなってきます。この辺りから、正面のお話しでも理解しにくくなり、会社や職場、日常生活上で支障を感じる事が多くなってきます。

聞こえ全般に関して、聞きにくくなってくる傾向があり、どんなところでも困りやすくなってくるのが中等度難聴くらいからです。このような方に合う補聴器の詳細は、こちらをご覧下さい。

リンク:中等度難聴に合う補聴器と形状別特徴のまとめ

高度難聴の方に合う補聴器

中等度難聴に合う補聴器ですが、軽度難聴、中等度難聴と同じく

  • 効果重視なら耳あな形補聴器
  • 扱いやすさ重視なら耳かけ形補聴器

となります。ただし、効果重視を選ぶ場合、あくまでも耳あな形補聴器が使えるケースが当てはまります。高度難聴の場合、

  • 補聴器の出力(出せる音の大きさ)
  • ハウリングの問題

の二点により、耳かけ形補聴器が推奨されます。そのため、あくまでもこの二つの問題をクリアできる方のみ効果重視の選択肢ができます。この点にお気をつけ下さい。

高度難聴の特徴は

  • 平均聴力は61〜80dB
  • 正面からの会話もわかりにくくなる
  • 呼ばれても気が付かない
  • 騒がしいところでの会話は、わからない
  • 複数の人とのお話しは、わからない

となります。この辺りから、周囲の音もかなり聞きづらくなり、ほとんど音が耳に入らなくなります。そして、必要な音もほとんど入らないため、ここまで重くなる前にほとんどの方は、補聴器を装用します。このような方に合う補聴器の詳細は、こちらをご覧下さい。

リンク:高度難聴の方に合う補聴器と形状別特徴

重度難聴は、人工内耳

感音性難聴により聞きにくい耳を補聴器で改善させる方法という内容ですが、重度難聴の場合は、補聴器ではなく、人工内耳がお勧めです。こちらは、耳を手術するという欠点がありますが、その代わり、補聴器とは比べ物にならないほど、聞こえが良くなります。

基本的に聞こえにくい方は、自分自身の聞こえを良くさせる方法を知りたいと考えます。ですので、重度難聴の方には、補聴器よりも聞こえの効果が高い人工内耳をお勧めします。

なお、聞こえにくさに関しては、ここからほとんど音が聞こえなくなるレベルです。日常生活上でも音を聞く機会は、あまりなく、重度難聴の方の世界は、無音の世界となります。

人工内耳については、こちらをご覧下さい。

リンク:人工内耳と補聴器の比較から見る人工内耳の凄まじい効果

片耳のみ聞こえにくい方に合う補聴器

片耳のみ聞こえにくい方に合う補聴器とは、クロス補聴器という特殊な補聴器です。こちらは、片耳のみ聞きにくく、かつもう片耳は聞こえている方が対象になります。

クロス補聴器が合う聴力。基本的には、補聴器を装用しても効果がない耳である事。片耳が聞こえている事。この二つが当てはまれば合う

クロス補聴器が合う聴力。基本的には、補聴器を装用しても効果がない耳である事。片耳が聞こえている事。この二つが当てはまれば合う

聴力としては、このような方が当てはまります。また、これ以外にも、片耳の耳に補聴器を装用してみたけれども効果がなかった、あるいは、補聴器を装用したけれども違和感が強すぎて使用できなかった、音声がうまく理解できなかったケースにも有効です。

こちらに当てはまる方は

  • 突発性難聴により片耳が聞こえにくくなった
  • ムンプス難聴により片耳が聞こえにくくなった
  • 生まれつき片耳が聞こえにくい状態だった

の三つのケースになります。このようなケースの場合、補聴器を装用しても、うまく聞こえを補う事ができません。そのため、音を聞こえる耳に転送して補うという方針で改善させた方が聞きにくさによる不自由を軽減できます。

この方針で補うのがクロス補聴器であり、こちらで補う方が、聞こえにくさを効果的に補う事ができます。

こちらに関しては、それぞれ当てはまる内容をご覧下さい。

リンク:突発性難聴により聞こえなくなった耳を補聴器で改善させる方法

リンク:ムンプス難聴により全く聞こえなくなった耳を補聴器で改善させる方法

リンク:誰でも可能。片耳難聴で全く聞こえない耳を補聴器で改善させる方法

両耳とも聞こえにくいけれど、片耳がより聞きにくい

両耳とも聞こえにくいけれど、片耳がより聞きにくい方に合う補聴器とは、バイクロス補聴器というものです。上記のクロス補聴器と似た補聴器で、聴力がまだ軽い方は、補聴器で聞こえを補い、聴力が重い方は、音を聞こえる耳に転送させて補う補聴器です。

バイクロスが合う聴力。片耳は、補聴器で補い、もう片耳は、クロス補聴器を装用し、聞こえる耳に音を転送させる。

バイクロスが合う聴力。片耳は、補聴器で補い、もう片耳は、クロス補聴器を装用し、聞こえる耳に音を転送させる。

聴力に関しては、このような方が対象となります。また、補聴器を聞こえにくい側に装用したけれども思うように聞こえを改善できなかった。聞こえてくる音が異質に感じすぎて、補聴器を装用できなかったなどがあれば、こちらの方がお勧めです。

こちらに当てはまる方は

  • 過去に中耳炎になり、年齢によりもう片耳も聞こえにくさを感じるようになった
  • 過去に突発性難聴になり、年齢によりもう片耳も聞こえにくさを感じるようになった
  • 耳以外の病気により、聴力が低下した方※音の感じ方が異質になるケースがあります

となります。このようなケースでは、聞こえる耳と聞こえにくい耳の聞こえにくさが大きくなり、両耳に補聴器を装用しても、うまく補えない事があります。また、場合によっては、補聴器を装用しなくても(そのままの状態でも)聞こえてくる音が異質に感じ、補聴器を装用すると、さらに異質に感じてしまう耳もあります。

聞こえにくい片耳が補聴器で補えない場合は、このようにする事で、聞こえにくさを最大限、軽減できます。

この内容に関する詳細は、こちらをご覧下さい。

リンク:両耳難聴で片耳が全く聞こえない場合、補聴器で効果的に改善させる方法

まとめ

補聴器は、聴力によって選択肢が変化します。そのため、初めに聴力に関して確認する必要があります。

ご自身の聴力データがあれば、そちらを利用し、どの補聴器が良いのかをご自身でお調べ下さい。聴力レベルごとにお勧めな補聴器、その聴力から見た補聴器の特徴に関して載せてみましたので、こちらを参考にして、補聴器選定を考えてみてください。

なお、ご自身の聴力がわからない場合は、耳鼻咽喉科に行くか、補聴器販売店に行くかして、調べるしか方法がありません。その点は、お気をつけ下さい。

こちらで、補聴器選定に関して理解が進めば幸いです。そして、ご自身の聞こえを良くできる手伝いができたのなら、幸いです。

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとの相談、無料です

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。ご相談や補聴器の試聴に関しては、無料で承っております。当店の特徴は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!