2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

発話障害を音声認識で改善させるTalkitt

Pocket

発話障害の方の声を聞いて、伝えたい事を伝えるアプリ、そんなものがあるようです。その名もTalkitt。発話障害の方に向けたものですが、この業界にも使えるのではないか?と少々思いましたので、その内容に関して記載していきます。

結論から記載しますと、対象者は、重度難聴の方になります。重度難聴の方の中には、発話がなかなかうまくできない方もいらっしゃいます。今現在は、人工内耳の装用者も増え、綺麗に発音している児童も増えてきましたが、その一方、難しい方もいるのも事実です。

そのような方の負担が少しでも軽減できるのでは?と思いましたので、概要から私自身が思った内容に関して載せていきます。

発話障害を音声認識で改善

この技術に関しては、こちらの動画を見ていただくと理解しやすくなります。

 ※indiegogoより引用

こちらは、音声認識の技術を活用し、聞いた音声を一般の人が聞きやすい音声に変換してくれるものです。一般の方が聞きにくい発音であった場合、こちらを使用する事でスムーズにコミュニケーションしやすくなります。

スマートフォン、タブレット、PCにアプリをインストールして、使用します。動画内では、タブレットが使用されていますね。これは、持ち運びに便利で、かつ文字を出し読みやすくする(伝えられやすくする)ためだと考えられます。

特徴的な音声を聞き取り、認識して音声化する……何とも凄い事をさらりとしている事に驚きです。

コミュニケーションに必要なもの

コミュニケーションをするうえで必要なのは

  • 言った事を理解する事
  • 思った内容を伝える事

この二つが必要になります。この技術は、思った内容を伝える事の部分で活用できる技術です。

お話しする場合、お話しした内容を聞き取り、その内容を理解し、その内容を聞いて感じた事を相手に伝えます。そのため、言う事と聞くことの二つが必要になります。この技術があると、相手に伝える部分に関して補助する事ができます。

この点から、重度難聴の方を補助する事ができるのではないかと思いました。

実際に感じる事

難聴の方の場合、聞く力が弱い事により、お話しの内容がわからず、コミュニケーションが中断、阻害されてしまう事があります。一見、Talkkittが補える部分と反対の部分に感じますが、私が思ったのは、そこではありません。

それは、重度難聴の方であってもお話しできる方にとっては、口頭で伝えた方がコミュニケーションは楽である事です。しかし、全ての方が聞きやすい発声をしているかどうかと言いますと、そのような点はありません。残念ながら一部の方は、一般の方が聞いて理解するのは、難しい発声の方もいらっしゃいます。この機器は、その部分を補う事ができるのではないかと思いました。

聞こえにくい部分に関しては、パソコンのメモ帳で伝えても良いですし(聞く側ではなく、伝える側の方です)、紙に書いても構いません。そして、難聴の方は、そのまま発音してもらいます。このようにできれば、難聴の方の負担は、かなり楽になると考えられます。そして、お互いにとって、伝えやすいやり方をとれば、双方のコミュニケーションも改善できます。

個人的に思ったのは、このような事でした。

考える普及する場所

このように考えますと仮に普及したとしたら、そのような方が利用する施設、病院、学校、これらの場所が考えられます。中々一般の方が使用するまでは、少し難しいように感じますので、あくまでのそのような方が利用する機会が多いところだと考えています。もちろん、難聴の方の周りにいる方々、知人やご家族の間で活用するのも良い方法です。

使用される場所は、ある程度限定されるかもしれませんが、今感じている不自由が少しでも改善し、そのような方でも過ごしやすくできるのであれば、その価値というのは、あるのではないかと私は思います。

あとがき

発話障害の方に向けた技術ですが、もしかしたら一部の重度難聴の方にも応用できるのではないかと思い、載せてみました。難聴の方の状況にもよりますが、活用できそうなイメージがあります。

今現在、音声認識の技術が上がり、様々なプロダクトが作られてきています。もしかしたら、今後、もっとすごいものが開発されるかもしれません。それはそれで、非常に楽しみでもあります。

こちらの内容が何かの参考になれば、幸いです。

 

リンク:音声をリアルタイムで翻訳するCaptioning on Glass

リンク:電話の音声をテキスト化するアプリRoger Voice、その可能性は

リンク:将来のコミュニケーションツール?手話翻訳ディバイスの登場

リンク:グループ会話をテキスト化するアプリ登場

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム