補聴器を片耳のみ装用できない方に勧めるバイクロス補聴器


何かの事情で片耳のみしか補聴器を装用できなかった、両耳に装用したかったけれども片耳は補聴器の効果が出ず、効果が出る片方の耳にしか補聴器を装用していない。もし、このような状況で、装用していない側から話しかけられると不便、装用していない側がデッドゾーンになってしまっている場合は、バイクロス補聴器を装用すると、より現状を改善できるかもしれません。

バイクロス補聴器は、あまり出る機器ではないのですが、片耳に補聴器を装用しており、もう片耳が何らかの状況により、音を聞かせても補聴器の効果が出なかった方に有効な補聴器です。

こちらでは、そんなバイクロス補聴器に関する基礎、そして、片耳装用とバイクロス補聴器の違いについて記載していきます。バイクロス補聴器を装用すれば全ての事が治る、改善できるという事ではありませんが、今以上に聞こえを改善させる事は可能になります。こちらの内容で少しでも現状が良くなるお手伝いができれば幸いです。

バイクロス補聴器の基本

バイクロス補聴器とは、特殊な補聴器の一種で、聞こえにくい側に音の送信機を置き、聞こえる側に音を転送するシステムを指します。この機器を扱っているフォナックジャパンさんの図を引用しますと理解しやすくなると思います。

聞こえる耳に音を転送して聞くのがクロスシステム

聞こえる耳に音を転送して聞くのがバイクロスシステム

※画像は補聴器メーカーフォナックジャパンより引用

聞こえにくい耳にバイクロス補聴器を装用し、聞こえる耳には、補聴器を装用します。すると、バイクロス補聴器で受け取った音を聞こえる耳に装用している補聴器に転送してくれます。

このようにする事で、補聴器を装用しても効果がなかった耳側の音を理解する事ができます。

バイクロス補聴器の特徴

この機器の特徴は、

  • 片耳で全ての音を理解する
  • 両耳装用が必要である

この二つになります。

片耳で全ての音を理解する

バイクロス補聴器の図をご覧になってお気づきの方もいらっしゃると思いますが、この機器は、片耳で全ての音を理解します。聞こえる耳に装用している補聴器は、

  • 装用している耳を補う
  • バイクロス側からの音も理解する

この二つを行います。そのため、聞こえる耳に装用した補聴器には、装用している側の音を増幅した音とバイクロス側からの音、二つの音が聞こえてくるようになります。

両耳装用が必要である

片耳に補聴器、もう片耳にバイクロス補聴器を装用する必要がありますので、基本両耳に補聴器を装用する事になります。片耳に装用するより、金額も大きくなります。

バイクロス補聴器の仕組みはなぜ?

バイクロス補聴器は、なぜこのような仕組みをとっているのでしょうか。それは、難聴により、補聴器で音を大きく聞かせても思うように効果がでない方がいらっしゃるからです。

補聴器を装用する方は、感音性難聴と呼ばれる

  • 音が聞きにくくなる
  • 音声が理解しにくくなる

この二つの症状がある方です。このような場合、耳の状況によっては、音を大きく聞こえさせるようにしても、思うように効果がでません。

では、どのようにしたらより理解しやすくなるだろうかを考えた末に編み出されたのが、このバイクロス補聴器です。聞こえる耳で全ての音を理解する事により、補聴器を装用しても聞こえなかった、理解しにくかった音を理解しやすくしました。

補聴器で大切なのは、理解しやすい耳で音を聞く事です。補聴器は耳を治す機器ではありませんので、耳の機能が優れている、あるいは、補聴器を装用して効果がある耳に装用する方が最も改善度を高くする事ができます。

バイクロス補聴器の対象者

バイクロス補聴器の対象者としましては

  • 両耳の聴力差が大きい方
  • 言葉の理解力が左右で大きい方

になります。この二つに当てはまる方は、聞こえにくい側に補聴器を装用したとしても補聴器の効果が出にくい、あるいは、効果を感じにくい傾向が強くなります。

両耳の聴力差が大きい方

両耳の聴力差が大きいケースは、このようなケースになります。※オージオグラムが出てきますので、見方が不明な方は、こちらを予めご覧いただく事をお勧めします。

リンク:オージオグラムの見方と検査数値から見る耳の聞こえにくさ

バイクロス補聴器が合う聴力

バイクロス補聴器が合う聴力

両耳の聴力がこの図のように大きく異なる場合は、バイクロス補聴器が有効です。図の聴力の場合、左耳が非常に聞きにくいため、補聴器を装用しても右耳ほど効果が期待できません。このような場合は、聞こえやすい右耳で、全ての音を聞き取る方が、聞こえを改善しやすくなります。

言葉の理解力が左右で大きい方

耳には、言葉の理解力というものがあります。左右で異なり、同じ理解力を持っている方もいれば、左右別々の理解力の方もいます。言葉の理解力が左右で大きい方とは、このようなケースになります。

各耳の語音明瞭度を表す図

各耳の語音明瞭度を表す図

こちらは、語音明瞭度測定(語音弁別能検査)と呼ばれるものを行った時の評価になります。縦軸が言葉の理解力を表しており、横軸が音の大きさを表しています。そして、赤い三角は、右耳の明瞭度、青い三角は、左耳の明瞭度になります。例を出しますと右耳に70dBで出した音声の明瞭度は、80%である事がわかります。音の大きさによって音の理解のしやすさは異なりますので、いくつか異なる音量で測定を行います。そしてその結果を記載したのが上記の図になります。

この語音明瞭度と呼ばれる軸の部分が、片耳が80%〜で、もう片耳が50%を切る場合は、バイクロス補聴器が有効になります。明瞭度が50%を切ってしまいますと、補聴器で音量を大きくして音を聞かせたとしても残念ながらうまく聞こえにくくなります。補聴器の効果は、50%はないと厳しいと言われており(実際には、60%くらいないと効果を感じにくい傾向があります)、この数値を下回る場合は、補聴器の効果を感じにくくなります。

上記の図のような結果が出た場合、片耳は聞こえる耳であり、もう片耳は補聴器の効果が見込みにくい事がわかります。その場合においても、バイクロス補聴器は有効になります。

バイクロス補聴器の対象者のまとめ

バイクロス補聴器の対象者は、片耳は補聴器を装用する事で聞こえる耳であり、もう片耳は、補聴器を装用しても効果が望みにくい耳である事です。このようなケースに当てはまるのが

  • 両耳の聴力差が大きい方
  • 言葉の理解力が左右で大きい方

になります。このようなケースには、聞こえにくい耳に補聴器を装用しても効果が望みにくいため、バイクロス補聴器の方が効果は感じやすくなります。

バイクロス補聴器は、あくまでも補聴器を装用しても効果が望みにくい耳がある方に向けた特殊な補聴器となります。

バイクロス補聴器の利点

バイクロス補聴器と片耳装用を比較した際の利点は

  • 装用していない側から話しかけられてもわかる
  • 聞こえる耳に合わせたポジション替えをしなくて済む

などがあります。基本的には、装用していない側からの音が理解しやすくなりますので、聞こえる耳側に来てもらう必要もありませんし、その位置にいない事で、聞こえにくさを感じるケースは、少なくなります。

バイクロス補聴器にはこのような利点があります。

バイクロス補聴器の欠点

バイクロス補聴器と片耳装用を比較した際の欠点は

  • 騒がしいところは聞きにくい
  • 方向感はわかりづらい
  • 高額になる
  • 両耳装用する必要がある

になります。上の二つは、装用した時の効果であり、下からの二つは、仕様によるデメリットになります。

バイクロス補聴器を装用しても全ての場所で聞こえが良くなるわけではありません。騒がしいところでは、ないよりは聞きやすいようですが、それでも聞きにくさがあるようです。また、片耳で全ての音を聞くため、方向感を得にくい、わかりにくいという欠点もあります。こちらも無いよりは、わかるようになるケースがあるものの、基本的には、難しい部類です。

この二つは、耳が二つある事により、理解しやすくなっています。片耳のみで全ての音を聞くバイクロス補聴器では、難しくなります。

片耳のみ補聴器を装用する場合、どのような補聴器でも構いませんが、バイクロス補聴器の場合、バイクロス補聴器に対応した機種を選択する必要があります。どの機器を使ってもバイクロス補聴器が使用できるわけではありませんので、その点に注意です。※バイクロス補聴器と通信できない機器もございますので、お気をつけ下さい。

  • 使用できる補聴器が限られる
  • 装用するものが増える

この二つにより、金額は、片耳装用より大きくなりますし、両耳に補聴器を装用する必要があります。

試してみよう

もし、こちらの内容をご覧になり、対象となるのでしたら、お試ししてみる事をお勧めします。片耳がより聞こえにくい方は、そう多くはありませんが、そのようなケースでも、今以上に改善できる方法はあります。

片耳が聞こえにくい場合、聞こえにくい側の音を理解するのが困難になります。その困難さをバイクロス補聴器を装用する事で、改善できる可能性があります。聞こえにくくて困っている、あるいは、不便を感じているのでしたら、お試ししてみて、実際に効果があるのかを確認される事をお勧めします。

こちらの内容で少しでも聞こえが改善できるお手伝いができたのなら幸いです。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:補聴器を初めて装用した時の周囲の反応

リンク:補聴器から聞こえるノイズや仕様による音を理解しておこう

リンク:補聴器の評価は自分ではできない、家族の方に頼もう

リンク:補聴器の両耳装用、片耳装用の違いは、ココ。