2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

コストパフォーマンスが良い補聴器を選びたい方に必要な二つの知識

Pocket

happiness-824419_640

補聴器の金額は、数万円のものから片耳50万円近くするものまであります。様々な金額のものがあり、選ぶのに迷ってしまいがちです。補聴器に投資をしたいという事で30万、40万の補聴器を購入される方はそれでも良いのですが、なるべく価格を抑えつつ、かつ聞こえもそれなりに投資をしたいと考える場合、どのようにしたら良いのでしょうか。

結論から言いますと、コストパフォーマンスを意識する場合、どこに補聴器の金額の違いがあるのか、そして効果の違いは、どこに出るのか。この二つを意識する必要があります。これらを意識していただければ、価格を抑えつつよりよい聞こえを得られやすくなります。

結論から

両耳とも聞こえにくい事限定ですが、生まれつき難聴で補聴器を装用し、補聴器の販売までしている私が仮に「金額も抑えたいけれども聞こえもなるべく諦めたくない」と言われた場合、10〜20万の補聴器の両耳装用をお勧めしています。その理由は

  • 両耳装用と片耳装用の違いが最も大きい聞こえの違いである
  • 10〜20万の補聴器でそれなりの機能が搭載されている

の二つからきています。補聴器で聞こえに最も違いが出るのは、補い方です。補聴器の性能は、その次に影響します。その方のベストな補い方でかつそれなりの補聴器と、そうでない場合に最高級の補聴器を装用した場合では、前者の方が聞こえが良い傾向があります。

そして今現在では、10〜20万の補聴器でそれなりの機能が搭載されるようになってきています。ですので、コストパフォーマンスを意識する場合は、この価格帯辺りがお勧めになります。

両耳装用と片耳装用の違い

補聴器を装用するうえで最も聞こえに違いがでるのが、両耳に装用するか、片耳に装用するかになります。補聴器の性能ではありません。残念ながら難聴になった耳では、両耳に装用しても健聴の状態まで行かないのですが、片耳のみに装用すると、より聞こえにくくなってしまいます。

両耳装用と片耳装用の違い。どちらにしても健聴には及ばない。

両耳装用と片耳装用の違い。どちらにしても健聴には及ばない。

こちらの表は、健聴の耳と補聴器を両耳に装用した耳と片耳のみ装用した耳の状態を比較したものです。健聴の耳の状態が基準となるわけですが、補聴器を両耳装用しても、健聴に及ばず、さらに片耳のみに装用すると、騒がしいところでの聞き取りに大きく差が出るようになります。

片耳のみ装用する場合は、より聞きにくくなってしまいますので、両耳装用する事が重要です。よく言われる事ですが、良い補聴器を片耳に装用するよりも両耳にそれなりの補聴器を装用した方が聞こえは良好です。その理由は、上記のように片耳ではかなり難しい部分があるためです。特に騒がしい部分は、両耳から音を聞かないと改善ができません。片耳では原理的に改善がしにくい状況ですので、極端に違いが出ます。

補聴器は補い方が最も重要です。両耳とも聞こえにくい場合は、両耳に装用し、少しでも聞こえにくさを感じないようにします。そうしないと聞きにくさが強く残り、聞きにくいままになってしまいます。

50万の補聴器を片耳につけるより、両耳で30万の補聴器をつける方が聞こえは改善しやすくなります。

補聴器の選択

補聴器の選択には、主に形状と性能があります。

補聴器の選択のツリー。性能は、金額(ランク)ごとにかなり分かれているのが特徴

補聴器の選択のツリー。性能は、金額(ランク)ごとにかなり分かれているのが特徴

こちらでは、性能に絞って記載していきます。補聴器の性能ですが

基本的には、この三つが補聴器の性能を決めている

基本的には、この三つが補聴器の性能を決めている

となります。この三つの機能が高いと高い程、金額は上がっていきます。形状の違いによっても金額は変わるのですが、それよりも性能の違いによる違いの方が大きく影響します。

音を調整する機能

補聴器の根幹である音を調整する機能とは、音の周波数別にどのくらい細かく調整できるかを表します。これは、オージオグラムを横で割るような感覚で、高額なものは、16ch、20ch、安価なものですと4、6、8ch辺りまであります。16chの場合は、オージオグラムを横で16等分するようなイメージで、4chは、オージオグラムを横で4等分するようなイメージとなります。

20chは圧巻である。これだけ細かく調節ができる補聴器もある

20chは圧巻である。これだけ細かく調節ができる補聴器もある

こちらが補聴器の調整画面で20chある補聴器になります。

8chでもしっかりと調整できる部類に入る

8chでもしっかりと調整できる部類に入る

一方、こちらは8chの補聴器の調整画面です。20chよりは少々大雑把になります。

基本的にはよほど高低差がある聴力でないかぎり、6〜8chほどで調整は可能です。※これより少なくても調整は可能です。

私が勧める10〜20万の補聴器では、8chですので、大抵の方に合わせる事は可能になります。そのため、このchの機能はそれなりの機能になります。※メーカーにより機能が異なりますので、おおよそ程度にお考えください。

騒がしい中でなるべく聞き取りを低下させない機能

こちらは、補聴器が苦手とする騒がしい中での聞き取りをなるべく低下させない機能になります。主に指向性と呼ばれるもので、金額が高いものは、今現在持つ技術の最高峰のものを使い、騒がしいところでの会話についてサポートしてくれます。

基本的に補聴器は、音響機器ともあり、大きい音が入ると、それより小さい音は、隠れてしまい、なかなか聞き取る事ができません。その問題を改善しようとするのが指向性で、この現象は、音を調整するだけではなかなか改善できないために作られた機能です。

10〜20万の補聴器は、この機能に関してあまり変わらないか、あると少しだけマシになる程度のものです。基本的にこの機能は、30〜40万くらいの補聴器から本格的になり、効果も感じやすくなります。

快適性を上げる機能

補聴器は、音響機器ですので、音響機器上で起こる事は、補聴器でも起こりえます。それには

  • 暗騒音が聞こえる
  • 突発的に発生する音が大きい
  • 風の音が大きい

などがあります。ビデオカメラで撮影した映像を見た事はないでしょうか。そのようなものをみると、サー……やザワザワとした音が聞こえたり、全体的に物音が甲高く、さらに突発的に発生する音は非常に大きく感じるようになります。また、マイクに触れると大きな音がしますので、風がマイクに当たるだけでも大きな音がします。

高額な補聴器は、これらの機能が豊富にあり、価格を抑えめのものは、ほとんどありません。それが性能の違いとなります。簡単に言いますと、聞こえる音の快適性が変化します。

10〜20万の補聴器は、この機能に関し、ほとんど搭載されていません。基本的に抑制などせずガッツリ音を聞く補聴器になります。

コストパフォーマンスを意識する場合は、10〜20万の補聴器両耳

10〜20万の補聴器は、音を調整する機能はそれなりに揃っていますが、それ以外は、取って付けたようなもの、あるいは、少し効きが良いもの、という印象があります。補聴器の根幹である音を調節する機能はしっかりとした性能ですので、それ+両耳装用する事が、最もコストパフォーマンスに優れます。

その他は、形状の選択があります。耳あな形補聴器、耳かけ形補聴器の選択ですが、どちらでも構いません。私自身は、耳あな形補聴器をお勧めしますが、

  • 耳が変形している
  • アメ耳である
  • 耳垢が多い
  • 耳垂れが出る

などある場合は、お勧めしません。作れない場合もありますし、故障が頻発してしまうからです。そして、形状がある程度小さくなり、細かな作業が必要になります。若い方であれば全く問題ありませんが、少々高齢になっている方ですと、操作そのものが難しくなる事もあります。

補聴器で重要なのは、まず扱える事です。扱える補聴器であれば、10〜20万の間の補聴器両耳装用が最もコストパフォーマンスに優れます。このように選択すれば、聞こえに関しては、概ね満足いただけると思います。

補聴器を装用する事で全ての事が聞き取れたり、全ての音声が聞き取れるという事はありませんが、できる限り補聴器は耳を補い、日常生活を改善してくれます。その事により、お話しできるようになったり、意思疎通がしやすくなり、生活が楽になります。それが補聴器です。

もしお悩みであれば、上記の内容に関して参考にしてみてください。お役に立てば幸いです。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:高い補聴器と安い補聴器の違いを理解する3つのポイント

リンク:適切な補聴器を理解する補聴器評価ポイントまとめ

リンク:中等度の感音性難聴の私が自分に合った補聴器を選んだ方法

リンク:【実例】中等度難聴者が補聴器を装用するとどう改善されるのか

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム