2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器におけるちゃんとした調整とは何か


補聴器におけるちゃんとした調整とは、何でしょうか。このように言いますとほとんどの方は「ちゃんと聞こえる事」と言いそうですが、では、そのちゃんと聞こえるとは、どのような意味なのでしょうか。

私自身、生まれつきの感音性難聴ですのでわかるのですが、感音性難聴の方は、補聴器を装用してもちゃんと聞こえる事はありませんし、装用すれば耳が治るわけでもありません。それなのに関わらず、相変わらず「補聴器をしっかりと調整する事が大切です」「ちゃんと調整してもらう事が重要です」という言葉を聞きます。果たして、この言葉は、どのような理由で使われているのでしょうか。個人的には、とても不思議に思います。

今回は、ちゃんと聞こえるという事の意味について考えると共に、私自身が考える「ちゃんと聞こえる」に関して、記載していきます。

ちゃんとした調整とは?

さて、質問です。「ちゃんとした調整」とは、何でしょうか。補聴器を調整して、何でも聞こえるようになる事でしょうか。メガネのようにくっきり見える(耳の場合は、はっきり聞こえる)事でしょうか。それとも、自分にとってちょうど良い音量で聞こえる事でしょうか。

ちゃんとした調整と言いますと抽象的すぎてよくわからないと思います。私も同感です。補聴器販売店の広告や新聞記事では、「ちゃんと調整してもらう事が大切」「しっかりと耳の状況に合わせるのが重要」と聞きますが、これも抽象的すぎてよくわかりません。

果たして皆さんは、どのような事に対し「ちゃんと調整してくれている」あるいは「しっかり見てもらえた」と思うのでしょうか。仮に「優しく丁寧に教えてくれたから、ちゃんとしてくれた」あるいは「しっかり見てもらえた」と感じたのでしたら、それは、異なる点で評価してしまっている事になります。

補聴器を装用する人の問題点

私自身が考える調整について記載する前に、まず補聴器を装用する人の問題点に関して、記載していきます。それは、

  • 補聴器を装用しても、どのくらい音が聞こえるようになっているかわからない
  • 感音性難聴であり、どこまで聞き取れれば良いかの目安がわからない

この二点があります。これは、私自身が補聴器を装用し、自分で調整し続けてきて感じる事です。おっと私自身のプロフィールは、こんな感じです。

  • 聴力:両耳とも中等度
  • 装用:両耳装用
  • 時期:8歳から(両耳装用は19歳から)
  • 備考①:補聴器の形状は、耳かけ形補聴器
  • 備考②:補聴器は自分で調整

さて、話しが少しずれましたが、私自身が耳に補聴器を装用して感じるのは、上記の二つになります。

どのくらい聞こえれば良いのか

補聴器を装用していて感じるのは、装用するだけでは、音を感じる感覚こそわかるものの、どのくらい自分が聞こえやすくなったのかを判断する事はできない事です。補聴器を装用し、ちょうど良いくらいに音が聞こえるとしても、それがどう良いのか、その状態で良いのか、これらについて自分では判断できません。

これは、目も同様です。例えば、メガネ、あるいは、コンタクトレンズを装用すれば、見えるようになりますが、どのくらい視力が改善されているのかを自分自身で自覚できる人は、ほとんどいないと思います。ですので、メガネ、あるいは、コンタクトレンズを装用した状態で、どのくらい見えるようになっているのかを調べる(確認する)わけですが、補聴器にも通じるものがあります。

私は補聴器を装用しているせいか、この点に関して、とても気になります。

感音性難聴の場合の目安は?

私の耳は、感音性難聴です。感音性難聴とは、簡単に言ってしまえば、耳の内部の神経系に何らかの異常があり、音が聞こえにくい状態です。それにより、音が聞こえにくい状態にプラスして、言葉がわかりにくい、理解できないという現象まで出てきます。

では、このような耳の場合、どのようにして補聴器が合っていると言えるのでしょうか。音を入れたとしても、内容が理解できない可能性があるとすれば、何を基準として、合っていると言えるのかは、非常に疑問に感じます。補聴器を装用して、言葉が理解できない場合は、補聴器が悪いのではなく、すべて「耳のせい」になるのでしょうか。それとも、音さえ入れれば、無条件にその人の限界値まで勝手に改善してくれるのでしょうか。

このように感音性難聴の場合、効果があると言える目安がわかりにくい傾向があります。

自分が装用して感じる事は

私は、自分で補聴器を装用しているせいか、この二つについては、よく考えます。どこまで聞こえれば良いかがわからないと、どこまで聞こえていれば良いのかもわかりませんし、どこが限界なのかがわからないと、今の現状は、果たして良い状態なのかもわかりません。恐らく補聴器を装用している人の中には、まさにこのような事を思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そして、音がどれだけ聞こえていれば良いのか、補聴器の限界は、どこにあるのか、これらの事を理解し「自分の補聴器はしっかり調整してもらっている」あるいは「しっかりとした調整をしてくれるお店」というのを自分なりに理解している方は、どれだけいるのでしょうか。

これらの事は、自分で補聴器を装用している事からよく感じます。

私自身が考えるちゃんとした調整

その経験から、私自身は、数値で管理する調整をするようになりました。数値で管理とは、

  • 補聴器を装用した状態でどれほど聞こえるかの確認
  • 補聴器を装用した状態でどれほど聞き取れているかの確認

この二点を確認する事です。

上記の問題点は、補聴器を装用して、どこまで聞こえていれば良いのかがわからない事から来ています。そのため、その目標値を決めてあげる事ができれば、その目標値と比較して、今現在の立ち位置を確認する事ができます。

音の大きさに関しては、音場閾値測定と呼ばれるものがあり、こちらの測定を行い、状況の確認をします。音の場合、補聴器を装用して、どのくらい音が聞こえるようになれば良いかの数値があらかた決まっています。それに関しては、こちらをご覧下さい。長くなりますので、別枠に記載しています。

リンク:音場閾値測定で目指す補聴器を装用した聞こえの目安

そして、音声の理解度に関しては、初めに補聴器を装用していない状態で、どれほどお話しの内容を理解できるかの測定を行い、確認した数値を目標値として設定します。その後、補聴器を装用した状態でも、その測定を行い、予め調べておいた目標値と比較し、状況を確認します。しっかりと目標値まで出ていれば良好で、大きく低下している場合は、不調となります。こちらに関する詳細は、こちらをご覧下さい。

リンク:補聴器の装用効果目標と評価する二つのポイント

この二点を行う事で、音、言葉の目標値がわかり、今現在、どのような状況なのかがわかりやすくなります。

私自身が考える「ちゃんとした調整」とは、しっかりとした目標値を決める事から始まり、それに対し、結果(聞こえるようになっている状態)が出ている調整となります。

これが、私自身が考えるちゃんとした調整です。

自分でも考えてみよう

もしよければ、皆さんも「ちゃんとした調整」についてお考えになってみてはいかがでしょうか。さて、どのような状態がちゃんとした調整なのでしょうか?どのようになれば「ちゃんとした調整」と言えるのでしょうか?解釈は人それぞれだと思いますが、私自身は、このように考えて、調整しています。

このように考えて調整しているのは、

  • 感音性難聴である事
  • 補聴器を装用しても実際はよくわからない事

この二点を自分自身の身で感じたからになります。

なお、実際には、無理にその目標値を達成させるような事はしません。目標値を設定するのは、限界値を知るために行う事であり、その目標値を達成させる事が目的ではありません。無理なら無理で、そこが限界値という事がわかります。

目標値を決めるというのは、まさに、自分自身の聞こえの限界はどこかを探すために行う一つの手段です。そして、ちゃんとした調整を理解する第一歩となります。

 

リンク:補聴器を装用すると起こる5つの聞こえの変化

リンク:補聴器を選ぶ際に外すと困る音の出力

リンク:中等度の感音性難聴の私が自分に合った補聴器を選んだ方法

リンク:補聴器の効果を出すために知っておきたい四つの事


この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム