2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器の成果についてしっかり理解する重要さ

Pocket

photographer-16022_640

補聴器で重要な事は何?と聞かれたら、私自身は「補聴器の成果についてしっかり理解する事」だと考えています。言い換えれば、できる事とできない事を理解し、補聴器とはどのようなものなのかを理解するという事です。

では、補聴器とは、どのようなものなのでしょうか。そして、成果とは、どのようなものなのでしょうか。私自身、生まれつき聞こえにくい身ですが、この身で考えている事を載せていきます。

成果が大切な理由

補聴器の成果は、音が聞こえやすくなる事により、お話しができるようになったり、コミュニケーションがしやすくなる事です。コミュニケーションしやすくなると、聞こえにくい事の不安は、補聴器がない時より、少なくなりますし、お話しできるようになる事で、様々な事ができるようにもなります。

しかし、補聴器についてお話しさせていただきますと、補聴器は、聞こえを補う事はできても、耳を治す事はできません。言い換えれば補聴器を装用しても、残念ながら聞きにくいところも出てくるという事です。私自身も補聴器を装用していますが、感音性難聴という難聴の性質上、音声が理解できないところもあります。

補聴器は、聞こえを補う事ができる反面、治す事ができないものでもあります。この点を理解する事が補聴器を装用する事で最も重要になってきます。

どこまで聞こえれば良いのだろう?

そこで気になってくるのが補聴器を装用した時の成果です。補聴器を装用する方は、ほとんどの確率で、感音性難聴という難聴になります。これは、内耳と呼ばれる音を感じ取る器官が何らかの原因で損傷し、音が聞こえにくくなるほか、音声が理解しにくい、音は聞こえるけれどもお話しの内容はわからない、といった事が起こる難聴です。

では、そのような耳に補聴器を装用すると、どのようになるのでしょうか。それは、聞きやすくなる事もあれば、ところどころわかりにくい事がある、というような状態になります。元々、音が理解しにくくなっている耳に装用するわけですから、このような事がどうしても起こります。

さて、ここで疑問が浮かぶと思います。それは、どこまで聞こえれば良いのか?という事です。感音性難聴の性質上、補聴器を装用しても音声が理解できない事がある事がこちらでわかりました。その場合、どのように補聴器の成果について理解すれば良いのでしょうか。

聞こえにくい身から考える成果

私自身が考える補聴器の成果ですが、二つの視点で評価します。それは

  • 主観評価
  • 客観評価

この二つの成果です。主観評価は、補聴器を装用してみた感覚、補聴器を聞いてみた感覚になります。ひと言で言えば使用できる状態であれば良好と考えます。

一方、客観評価は、補聴器を装用した状態で、様々なテストを行い、どのように聞こえているかを評価するものです。こちらも目標とする数値まで来ていれば良好と考えます。

この内で私が重視するのは、客観評価です。客観評価は、

  • 補聴器を装用した状態でどのくらい聞こえているのか
  • 補聴器を装用した状態でどのくらい音声が理解できるのか

これらを調べる事ができます。音声に関しては、語音明瞭度測定というものを行う事で、ある程度、補聴器の限界が見えてきます。その限界値まで、補聴器が引き出せているのか、これを見る事により、補聴器が合っているのか、合っていないのかをおおよそではありますが、理解する事ができます。

リンク:補聴器の装用効果目標と評価する二つのポイント

全体を俯瞰して考える補聴器

補聴器は、残念ながら耳を治す道具ではありません。そして、補聴器を装用しても聞きにくいところは出てきます。しかし、耳を補助する事により、できるようになる事はあります。そのため、感音性難聴の方でも補聴器を装用しています。

装用している身から思うのは、補聴器でできる事、できない事を理解し、どのような状態だと合っているといえるのか、そして、どのような状態だと合っているとはいえないのかを理解する事です。これを理解する考えが「補聴器の成果を理解する」となります。

私自身は、様々な測定を通して補聴器が出せる成果の限界を数値化し、できる限り耳を補えるように補聴器を調整しています。それでも聞こえにくいところは出てきてしまうのですが、できる限りの補聴を行う事で、できるようになる事は、増えていきます。

「補聴器の成果を理解する」とは、感音性難聴の耳に補聴器を装用するからこそ、必要なものとなります。

 

この内容をご覧になった方は、こちらもお勧めです。

リンク:感音性難聴に補聴器は効果があるのか、に対する答え

リンク:感音性難聴に合う補聴器と選ぶ4つのプロセス

リンク:【実例】中等度難聴者が補聴器を装用するとどう改善されるのか

リンク:中等度の感音性難聴の私が自分に合った補聴器を選んだ方法

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとの相談、無料です

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。ご相談や補聴器の試聴に関しては、無料で承っております。当店の特徴は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!