2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器は、こんな風に調整していますよ、というお話し


meeting-1002800_640

補聴器の調整は、どんな風に行っているのでしょうか。補聴器販売店に行って補聴器の調整をされた事がある方にとっては、馴染みがあるものですが、初めての場合は、よくわかりませんね。

という事で、こちらでは、実際に、耳の聞こえを計るところから、補聴器の調整に関して、記載していきます。補聴器販売店は、こんな風に補聴器を調整しています。

主な流れ

補聴器を調整するに辺り、主な流れとしては、

  • 耳の聞こえを測る
  • データを調整ソフトに入力し、補聴器を繋ぐ
  • 音を聞いてもらいながら調整
  • 聞こえの確認

このような流れで進んでいきます。耳の聞こえがわからないと、どのように音を補ったら良いかがわかりませんので、初めに耳の聞こえを測定し、そのデータを元に補聴器調整を行います。一通り調整し終わったら、どのように聞こえているのかの確認を行い、終了です。

今回記載するのは、耳の聞こえを測る〜音を聞いてもらいながら調整するところまでです。まさに補聴器を調整するところになります。

耳の聞こえを測る

補聴器を調整するにあたり、初めに得たいデータは、聴力データです。どのように聞こえているのかがわからないと、どのような調整をしたら良いかもそうですが、どのような補聴器が適切なのかがわかりません。こちらをまず始めに得ます。

防音室で聴力を測定する

防音室で聴力を測定する

音が入りにくい部屋で

聞こえを測定するオージオメーター

聞こえを測定するオージオメーター

こんな機械をつかい、耳の聞こえを測定していきます。

データを調整ソフトに入力

さて、聴力測定を行いますと聴力がわかります。私のオージオグラムは、このようになります。

初めに聴力図を出す

初めに聴力図を出す

これを補聴器メーカーが用意しているパソコンソフトに入力し、補聴器を調整していきます。早速開いていきます。以降、フォナック補聴器の画面で進めていきます。※メーカー事に調整ソフトが異なります。

メーカーソフト立ち上げ時の画面

メーカーソフト立ち上げ時の画面

フィッティングソフトを開くとこんな画面に出ます。新しく調整するという仮定で進めていきます。まずは、左下にある新規顧客を選択。

個人情報を入力

個人情報を入力

個人のデータを入力し、OK。そして、測定したオージオグラムを入力。

調整ソフトに聴力を入力

調整ソフトに聴力を入力

その後、補聴器をある機械に繋ぎます。

補聴器を繋ぐこの機器は、ノアリンクといいます。

補聴器を繋ぐこの機器は、ノアリンクといいます。

補聴器は、このような機器にコードを使って繋ぎ、調整していきます。首かけて使用できる機器ですので、聞きながら調整する事が楽になりました。

機材とコードで補聴器を繋ぐ

機材とコードで補聴器を繋ぐ

機器と補聴器をコードで繋ぎます。そして、フィッティングソフトで接続を押し……

繋いだ後、ソフト上で補聴器の接続をする

繋いだ後、ソフト上で補聴器の接続をする

読み込み中……

調整においては、新しくするか、今保存されているものにするかが選択できる

調整においては、新しくするか、今保存されているものにするかが選択できる

検知できるとこのようになります。初めての場合は、下の新しいフィッティングを選択します。補聴器の中の調整を利用する場合は、補聴器からのフィッティングを使用する事で、中のデータで調整できるようになります。

それぞれの希望のものを選択し、OKすると

読み込み完了!

読み込み完了!

接続できます。これで、補聴器と調整ソフトの同期は、終了。

早速調整していきます。補聴器の調整は、リアルタイムで音を大きくしたり、小さくしていく必要がありますので、このような事を行ってから、補聴器の調整に進んでいきます。

音を聞きながら調整

いよいよここまで来ました。調整の部分です。が、こちらでは、色々と行う事があります。

  • 初めに行う各種設定
  • 音のおおよその設定
  • 音の微調整
  • プログラム、機能の設定

主には、この四つになります。

初めに行う各種設定

初めに行うのは、各種設定です。補聴器には、色々なパーツがあり、それぞれ使用するものにより、音が変化してしまいますので、ここで統一させます。

音響パラメータを無視すると大変な調整に……

音響パラメータを無視すると大変な調整に……

今接続しているものは、RIC補聴器と言われるものです。この補聴器の場合は、

  • イヤホンの種類
  • 耳せんの種類

この二つのパラメーターを設定する必要があります。ワイヤーの高さというものも書いてありますが、これは音響に関係ありませんので無視。

イヤホンの種類ですが、聴力によって変わります。そして、種類もいくつかあり、これらの設定をソフト上でも行っていきます。

選択するイヤホンによって出力が変わる

選択するイヤホンによって出力が変わる

上記の画像を見てみると、いくつかありますね。今選択されているもの以外を選ぶと

左右のオージオを比べてみよう!

左右のオージオを比べてみよう!

音の範囲が変わっているのがわかりますね。右耳のイヤホンをM→Pに変えてみました。オージオグラムのところの範囲が異なっています。

これ以外には、耳せんがあります。

耳せんもいくつかあり、調整に影響を与える

耳せんもいくつかあり、調整に影響を与える

耳せんにもいくつかあり、使用する耳せんによって、たとえ聴力が同じだとしても、補聴器から出す音が変化します。耳せんの場合は、変更すると、音の調整そのものがガラリと変わります。

耳せん一つで恐ろしい……

耳せんを変えるだけでこんなに違う

いくつか線があり、わかりにくいかもしれませんが、この線が近い位置にあれば(同じであれば)あるほど、似た音になります。左右で比較すると左と右で音が異なっています。耳せんを変えただけ(パワー型耳せん→クローズ型耳せんに変更)でも、これだけ変わります。

初めに音の設定を行ってから、補聴器の本調整に入ります。

音のおおよその設定

さて、これらの設定をし、次は、音のおおよその設定です。ここから、やっと本当の音調整に入ります。フォナックの場合、おおよその音の設定をしてから、微調整に移るようにフィッティングソフトそのものが設計されています。

補聴器のおおよその音量を決める

補聴器のおおよその音量を決める

この画面ですが、見方が色々とあります。

  • 太い線:今現在出ている音の大きさ
  • 細い線:補聴器で目指す目標値
  • 黒い太い線:音の最大値(出力制限値)

初めに3本の青い線と赤い線がありますが、赤い色をしているのが右側を表し、青い色をしているのが左側を表します。線が上にあるほど、音量が大きく、左右は、音の周波数になります。どの周波数をどのくらい増幅しているのかが見やすくなっています。

色関係なしに線に関しては、太い線が今出ている音の大きさになります。一番下は、少し離れた時の音声の音量をどれだけ大きくするか(50dBで入力があったとき、どれだけ音を大きくするか)、真ん中の線は、通常の会話域の音声の音量をどれだけ大きくするか(65dBで入力があったとき、どれだけ音を大きくするか)、上は、大きな声の音量をどれだけ大きくするか(80dBで入力があったとき、どれだけ音を大きくするか)とわかれています。

補聴器は、どの音も均等に大きくするのではなく、それぞれの入力音の大きさごとに調整できます。ですので、こんな風な画面になっています。感音性難聴は、言ってみれば、小さい音が聞こえないだけですので、小さい音も大きい音も同じくらい大きくするのではなく、その人が小さいと思う音を大きく増幅し、大きい音は、少し増幅する事で、聞こえにくいところを重点的に補うようにしています。

細い線は、オージオグラムから導きだした目標値です。おおよそ、ここくらいまで行けば聞こえやすくなりますよ、というラインで、基本的には、ここを目指していきます。ただ、あくまでもフィッティングソフトが出す目標値ですので、参考程度になります。

黒い太い線(一番上)は、補聴器の出力の制限値です。補聴器の場合は、必要以上の大きな音が周囲から出た場合でも、出力の制限値をつける事で、音を抑える事ができます。日々の日常には、様々な音がしている事や難聴の人の耳でも、過度に大きい音を聞くと聴力低下を引き起こすため、このような制限値がついています。言ってみれば、耳を守るためにあります。補聴器は、この部分も調整ができます。

さて、話しを元に戻しまして、ここを調整すると、ある程度、音量を上げたり、下げたりできます。初めに、おおよその当たりをつけ、そこから、補聴器の微調整に入ります。

こちらを操作すると目標値に近くなる

こちらを操作すると目標値に近くなる

100%にすると、目標値に近くなり

低くすれば目標値から遠ざかる

低くすれば目標値から遠ざかる

80%にすると、目標値に遠ざかります。

人によって感覚は異なりますので、目標値に対し、どのくらいかを初めにみて、微調整をしていきます。個人的感覚ですが、補聴器に慣れている人は、100%くらいから初めて行きます。初めての人は、80%くらいから始める事が多いです。補聴器を使っているのか、使用していないのか、補聴器に慣れているのか、そうでないのかで大きく変わります。

なお、補聴器は、音の感覚を変化させる事もできます。

意外と使用する場合がある圧縮比の変更

意外と使用する場合がある圧縮比の変更

こちらを操作する事で、感じる音の感覚を変化させる事ができます。補聴器を初めて使用する場合は、操作する事が少ないのですが、補聴器に慣れており、かつアナログチックな音を好む場合、ややリニア辺りにするとよかったり。

ややリニアに変えてみた

ややリニアに変えてみた

それぞれの50入力、65入力、80入力の音の大きさを変化させる事で、音の感覚を変化させられるのが、この調整です。

おおよその設定では、このような事を行います。基本的には、初めのところで音量に当たりをつけ、調整していきます。

ちなみにおおよその当たりを付ける前に、大抵の補聴器販売店は、初めに細かい微調整をし、ある程度耳に合うように音を調整している事が多いです。私もやっています。

音の微調整

さて、さらに深く入っていきます。微調整の画面を開くと、こんな風になります。

音の微調整、ここから細かく調整できます

音の微調整、ここから細かく調整できます

おおよその当たりをつけ、さらにここで、調整の必要があれば行っていきます。

  • さらなる音の微調整
  • ボタンやその他各種の設定

これらの事をこちらで設定していきます。

さらなる音の微調整

補聴器の微調整では、細かく調整ができるようになります。全体的に音量を大きく、小さくする事から、ある特定の周波数を大きく、小さくまでできます。さらに、入力音のレベルごとにも調整できますし、ある入力音のレベルのこの周波数だけ調整するなんて事もできます。

補聴器には、主に

  • 周波数別の音量調整
  • 入力音から音量調整

があります。上記に記載しました通り、補聴器は、入力される音の大きさごとにどのくらい音量を大きくするかを決めています。そのため、周波数別の音量調整の他、入力音別の音量調整も行う場合があります。

いや〜調整できる幅が広いですね。まさにここで行うのは、文字通り、微調整となります。

左上にある数値が調整チャンネル数

左上にある数値が調整チャンネル数

画面の中央当たりに矢印があり、画面の調整したい場所をクリックした後に、矢印を押すと、大きくしたり、小さくできます。何か気になる音があったり、大きい音があったりする場合、こちらで調整し、微調整を行っていきます。

なお、この画面に補聴器の性能であるチャンネルがはいってきます。画面を見ていただくといくつか、周波数がありますね。これがチャンネルであり、チャンネル数が多いと、細かく調整できるようになります。この補聴器は、8chですので、最大8chまで細かく分類し、それぞれの周波数ごとに調整できるようになります。

8チャンネルで調整できる数

8chで調整できる数

20chですとこんな感じです。フォナックの補聴器ですと20chが最も多くなります。

20chだとこんなに多い……

20chだとこんなに多い……

細かくすることで、どこから、どこまで調整するかがしやすくなります。

こんな部分だけを調整できちゃうのが補聴器

こんな部分だけを調整できちゃうのが補聴器

ドラックすることで「この部分だけ調整する」というような事もできます。

チャンネル数が多いと多い程「ここだけ調整したい」という要望に答えられるようになります。調整の自由度が広がるというのがチャンネル数です。

ボタンやその他各種設定

主要の音に関する調整が終わった後、次に行うのは、各種設定です。補聴器は、本当の意味で、細かな設定ができます。

ボタン設定は、意外に重要

ボタン設定は、意外に重要

ここで行うのは、ボタンの設定(ボリューム、プログラムスイッチ)と各種設定です。上記の画像は、ボタンの設定で、プログラムスイッチで、何を調整するのかを決めるものです。何も使う必要がなければ、機能そのものをOFFにできますし、使うのなら使用可能にできます。また、他のボリュームという機能に変えることもできます。……何でもできますね……。

ボリュームでは、色々な設定ができる

ボリュームでは、色々な設定ができる

ボリュームに関しては、大きくする音の大きさの幅から、反応させない事もできます。なお、小さくする部分も調整できます。

ボリュームの設定は考え方次第で色々できる

ボリュームの設定は考え方次第で色々できる

音を大きくする部分に関しては、10dBまでですか、小さくする方は、もっとできます。そして、それぞれのボリュームを反応させないようにする事から、大きくする方だけ反応させないなど、多彩に調整できます。ほんと、よく考えてますね。

このようにする事で、小さいお子さんや一部の方には、誤作動防止で、スイッチを効かせなくする事ができるようになります。誤作動で大きくしてしまったり、本来補うべきところでしっかりと補うためです。こんなところまで、人に合わせる事ができます。

補聴器は、お知らせする音の設定なんてものもできる

補聴器は、お知らせする音の設定なんてものもできる

補聴器を操作した際、内容が本当に変わったのか、補聴器そのものに伝わったのかを知らせるために、音を鳴らします。いわゆる合図ですね。これがないと本当に切り替わったのか、全くわかりません。

その合図に関しても変更できます。デフォルトは、上記の通り。ここで必要ないなと思う合図は、させないようにする事ができます。なお、デフォルトで重要なものは、必ず聞こえるようにしています。例えば、電池のアラーム音は、必ず聞こえるようになっています。※補聴器は、電池がなくなりかけるとアラームでお知らせしてくれます。

なお、聴力によっては合図が聞きにくい場合がありますので、強さと周波数で、音量と周波数まで変えられるようになっています。

成人にはあまり縁がないスタートアップ設定

成人にはあまり縁がないスタートアップ設定

最後は、スタートアッププログラムです。ここでは、初めに電源入れたときの設定を変える事ができます。操作するのに手間がかかってしまう方のために、遅らせて音を入れたりする事ができます。他、プログラムの変更を行い、初めに起動させるものを変えるという事もできます。

一般の方には、あまり活用される事はないのですが、お子さんの場合、活用するケースが結構あります。ある特殊な道具を使う際は、このスタートアッププログラムをその特殊な道具を使用するものに予め変更しておく事で、操作せず、楽にある特殊な贈具を使う事ができるようになります。

基本調整のまとめ

と、まぁ、こんな感じに補聴器は、色々と調整するところがあります。全て設定し終わったら、最後にこれらのデータをまとめて保存します。

保存!

保存!

これでおしまいです。

補聴器は、色々と調整するところがあります。人によってどのようにしたらよいかは異なりますので、音の調整だけではなく、それぞれのスイッチ系も合わせていきます。とはいえ、ボタン、その他各種設定のところは、そんなに調整する機会はありません。必要な時に行う程度です。

〜おまけ〜

初めに調整する事は少ないのですが、補聴器は、こんなものも調整できます。という紹介のために載せていきます。主には

  • 性能に関する機能の設定
  • ハウリングキャンセラーの設定
  • プログラムの追加

この二つになります。

性能に関する機能の設定

初めのうちから操作する事は、ほとんどないのですが、補聴器の中にある機能に関しても設定ができます。補聴器には、

  • 騒音抑制
  • 各種抑制機能
  • 指向性機能

など、音を抑制する機能がいくつかあります。これらの機能も補聴器で調整できます。

機能の強弱も可能な時代になりました

機能の強弱も可能な時代になりました

機能画面を開くとこんな感じに表示されます。ドラックして、ボタンの位置を変える事で、それらの機能をより強くしたり、弱くできます。こちらの補聴器は、15万くらいの補聴器ですので、機能は少ないのですが、40万代になると

高性能な補聴器はしてくれる事も多い

高性能な補聴器はしてくれる事も多い

こんな感じになります。抑制する機能も増えますし、調整する幅も増えてきます。

機能はあるだけではなく、それぞれの効きも調整できます。

ハウリングキャンセラーの設定

ハウリングとは、耳から音が漏れた際に、ピーッ!となる現象です。カラオケのマイクを音が出ているところに近づけたり、公民館やひろいところでお話しする際のスピーカーからキィ〜ンといった音が聞こえるのが、ハウリングになります。人に寄って(聴力によって)漏れやすいこの音を抑制する事ができます。

ハウリングテストを行い、ハウリングを効果的に抑制

ハウリングテストを行い、ハウリングを効果的に抑制

フォナックの場合は、予め、音を聞かせて、どの位置、周波数が漏れているのか、ハウリングの原因となっているのかを調べ、効かせるようにします。

ハウリングテスト中……

ハウリングテスト中……

このように調べる事で、ハウリングを効果的に抑える事ができます。ハウリングは周囲の方にも聞こえるため、なるべくなくしたいものです。特に周囲の方は、聞こえる方なので、特殊なハウリング音を聞くとイライラする人もいます。

必要な人には、必要なのが必要なのがこのハウリングキャンセラーです。

プログラムの追加

こちらも初めから行う事は少なく、使用しはじめてから、追加する事がある機能です。プログラムとは、音の調整データを予め作っておく事で、ボタン一つで、そのデータを読み込み、その通りの音設定にしてくれるものです。「騒がしい中で聞きにくい時に、このボタンを押して、切り換えてください」というような言い方をされる販売員の方もいます。

必要な人には必要なプログラムの追加

必要な人には必要なプログラムの追加

一番左下のボタン「プログラムを追加」を押すと

プログラムは、色々なものをつぎ込める

プログラムは、色々なものをつぎ込める

こんな風に画面が変わります。名前がごちゃごちゃついていますが、どんなプログラム(音調整)を追加したいかで、決めていきます。

補聴器には、色々な設定を施す事ができる

補聴器には、色々な設定を施す事ができる

こんな風にして、プログラムを追加する事もできますよ。

なお、補聴器は、設定したプログラムの順番も変えられます。プログラムは、順番通りにしか動けず、飛び級する事ができません。そのため、優先順位(使用確率)が高いものを初めの方に置く方が活用しやすくなります。

プログラムは順番も変えられる

プログラムは順番も変えられる

ポジションをクリックしてみると……。

自分が使いやすいように調整しよう

自分が使いやすいように調整しよう

こんな感じに順位が表示されます。これで、決めていけば、順番を操作する事もできますよ。

設定したプログラムは、

ここで操作

ここで操作

この灰色のボタンを押せば使えます。※機種、補聴器によって異なりますので、おおよそ程度にお考えください。

調整のまとめ

さて、少しお話しが脱線しましたが、補聴器の調整には、初めに聴力データが必要であり、その聴力データをソフトに入力し、音の調整をしていきます。

音の調整では、おおまかにある程度決め、その後、微調整という流れになります。最も試聴の際は、初めに微調整して、ある程度「このようにしたら耳に合うのではないか」という状態に音を調節し、その後、補聴器の基本調整で、おおよその当たりをつけます。

補聴器は、こんな風に調整していますし、補聴器は、こんな事ができる機械です。いかがでしょうか?皆さんが持つ補聴器のイメージと補聴器がしている事のイメージは、同じでしたか?

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:補聴器で行える2つの操作と使う上で必要な3つの操作

リンク:補聴器から聞こえるノイズや仕様による音を理解しておこう

リンク:補聴器の音に慣れるために行う3つの事

リンク:補聴器の性能の一つ、抑制機能を理解する三つの事


この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム