2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

幸せになる勇気を読んで参考になった3つの事

Pocket

natural-1225186_640

2016年2月26日、アドラー心理学、嫌われる勇気の続編、幸せになる勇気が発売されました。私個人としては、聞こえにくい人には、アドラー心理学が必要ではないか、と考えている人間であり、早速購入して、読んでみました。そして、その感想について記載していきます。

前作は、アドラー心理学の思想が描かれ、今回は、その実践編。結構具体的な事が書いてあります。対人関係にお悩みの方は、前作とセットで読むと良いと思います。

なお、耳や補聴器には関係ないのでは?と思う方もいますが、耳は、コミュニケーションするのに必要な器官ですので、この器官が低下すると、必然的に対人関係に響いてきます。ですので、無関係ではありません。

幸せになる勇気 概要

幸せになる勇気は、アドラー心理学の嫌われる勇気の続編です。哲人と青年の二人の会話方式でお話しが進んでいき、話しの内容が理解しやすくなっています。前作では、基本的にどのようにしたら幸せになれるのか、それに関しては

  • 自己受容
  • 他者信頼
  • 他者貢献

の三つを掲げ、それぞれを実践していく事を推奨していました。その他、トラウマを否定する、承認欲求を否定するなどあり、私自身も非常に勉強になりました。

その続編が幸せになる勇気です。嫌われる勇気の後、青年は、教師になり、3年の月日が流れます。その後、再び哲人の元に訪れ、アドラー心理学にかかわる疑問を投げかけます。

幸せになる勇気 参考になった事

私自身が読んで参考になったのは、

  • 悪いあなた、かわいそうな私
  • 過去は存在しない
  • 愛とは、二人で成し遂げる課題である

の三点です。

悪いあなた、かわいそうな私

カウンセリングの世界には、三角柱というものがあるようで、こちらには、

  • 悪いあなた
  • かわいそうな私
  • これからどうするか

の三つが記載されており、カウンセリングを受けにくる方は、ほぼ、

  • 悪いあなた
  • かわいそうな私

のどちらかに該当する事しか言わないそうです。あの人が悪いと批判をするか、私は、こんなにもかわいそうだとアピールするか、この二つに分かれるという事です。

哲人は、それに関し「いや、そんな事をいくら言っても問題解決しないよね?」と投げかけ、最も重要な「これからどうするか」について、話し合うべきであると言います。

私自身も確かにそうだ。と思います。過去をあれこれ言っても変わらないので、今、何ができるかを考え、素直に実行していく。これしかないと思っています。

過去は存在しない

厳密には「あなたの今が過去を決める」になりますが、なかなか面白い発想&気付きでした。

哲人 人間は、誰もが「わたし」という物語の編集者であり、その過去は「いまのわたし」の正統性を証明すべく、自由自在に書き換えられていくのです。

幸せになる勇気 P66

この内容を説明する前に、歴史に例えてこちらに関しては説明しています。前作のトラウマを思い浮かばせる内容であり、確かにそうだ。と感じました。物事は、どのように受け止めるかで異なり、それは、過去も同様です。

自分自身の頭の中を整理してみると、これは、納得です。今、なぜこのような事をしているのかを考えてみますと、原因論ではありませんが、確かに、それにまつわる記憶がわんさか出てきます。私自身も自らの正統性を証明すべく、自由自在に、書き換えられているという事ですね。

ここをさらに深堀しますと、過去は、いかようにもなるという事を表しており、人は変われるという事を強烈に意識させられます。今は、その意識かもしれませんが、立場や状況が変われば、意識が変わる、捉え方が変わるのは、良くあるお話しです。う〜む、なかなか奥が深い……。

愛とは、二人で成し遂げる課題である

これは、なるほどな〜、と非常に勉強になりました。ぜひ、実践したい事の一つです。

アドラー心理学は、人には承認欲求がある事を前提で、その欲求をいかに満たすか、という点を共同体(社会)という概念で達成する事を推奨しています。それを人に求めると、その人の傀儡となり、行為そのものの善し悪しではなく、その人が感じる善し悪しで判断してしまったり、あるいは、その人が見てくれる、承認してくれるものを追求してしまうためです。注目とは、悪い事も含めた上での内容になります。

しかし、これでは、他人の人生を生きる事になり、自分自身の人生を歩めません。そのために、共同体感覚という概念を考え、

  • 自己受容
  • 他者信頼
  • 他者貢献

を行い、自分の承認欲求を別の方法で満たす事を考えました。このようにできれば(他にも必要な事がありますが)、他者貢献する事により、貢献感を得られ、他者に必要とされて、承認を得られるからです。

それを理解する具体的な実行方法が、この「愛とは、二人で成し遂げる課題である」となります。ひと言で言いますと、自分中心から二人が中心になるという事です。以下、本書の内容を引用します。

哲人 愛だけです。「楽をしたい」「楽になりたい」で生きている人は、つかの間の快楽を得る事はあっても、ほんとうの幸せをつかむことはできません、われわれは他者を愛することによってのみ、自己中心性から解放されます。他者を愛す事によってのみ、自立を成しえます。そして、他者を愛する事によってのみ、共同体感覚にたどりつくのです。

青年 でも、幸せとは貢献感であり、「貢献感を持てば、幸せが得られる」とあのときおっしゃったではありませんか!あの言葉は嘘だったのですか!!

哲人 嘘ではありません。問題は貢献感を得るための方法、もしくは生き方なのです。本来、人間はただそこにいるだけで誰かに貢献できています。目に見える「行為」ではなく、その「存在」によってすでに貢献しています。なにか特別なことをする必要はないのです。

青年 嘘です!そんな実感ありません!

哲人 それはあなたが、「わたし」を主語に生きているからでしょう。愛を知り、「わたしたち」を主語に生きるようになれば、変わります。生きている、ただそれだけで貢献し合えるような、人類のすべてを包括した「わたしたち」を実感します。

幸せになる勇気 272P

自分自身が主体となるのではなく、二人を主体とするという考えは、非常に勉強になります。どちらかの幸せを基準に考えるのではなく、双方の幸せを基準に考える、これほど、円満に、かつ双方が幸せになれる考えはありません。

どのようにしたら良いかをそれぞれの視点で考え、相談しながら、それぞれの幸せについて考えていく。もちろん、一筋縄ではいかない部分も実際には出てくると思いますが、基本的な思考としては、素晴らしいのひと言です。これが両者ともできていると、なお良しですね。仕事の交渉場などでは、当たり前の考えですが、なかなか家庭でできている人は少ないのではないでしょうか。

と、同時に、ほとんどの人は、愛や結婚、そして、「愛とは、二人で成し遂げる課題である」ところに関して、理解していないのでは?という事も思いました。この内容は、全ての人にお勧めですし、実際にしていく事が望ましいとも言えます。

対人関係にお悩みの方にはお勧め

幸せになる勇気、こちらは、対人関係にお悩みの方には、お勧めできるものです。どのようにある事で、対人関係を改善できるのか、良くできるのか、実行する事は、容易ではありませんが、その内容について学べます。

ただ、前作とセットで読む事をお勧めします。前作と陸続きになっていますので、前作を読んでいない方には、理解が難しい可能性があります。これだけでも理解できるかもしれませんが、前作があるとより理解しやすいと思います。

と、幸せになる勇気を読んで思った事を記載してみました。

 

この内容をご覧になった方は、こちらもお勧めです。

リンク:人と接する事が苦手な方にお勧めする嫌われる勇気

リンク:「嫌われる勇気」与えられたものをどう使うかの実例

リンク:補聴器を装用している人に必要なのも自己受容

リンク:いそひとさんのストレスマネジメントとアドラー心理学

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム