2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

対人関係を意識した補聴器の音調整

Pocket

person-1153168_640

補聴器の音の調整は、どのような考えがあるのでしょうか。この点は、調整する人によって非常に別れる点であり、考え方も人それぞれです。私自身は、対人関係を意識した補聴器の音調整を行っています。

補聴器を装用する理由は、一体何でしょうか。音が聞こえるようになる事でしょうか。それとも、音声を聞くためでしょうか。この点を深く考えた結果、私自身は、このような調整をしています。

補聴器が改善させるのは、対人関係

私自身が思うのは、どの方も補聴器を装用する事で、対人関係を良好にしたい、あるいは、修復したいと考えているからこそ、補聴器の使用を考えると思っています。単に耳が聞こえにくくても、パソコンの音声やテレビの音声を聞くのであれば、ヘッドホンを活用すれば済む話しですし、電話が聞き取りにくいのであれば、それらの音量をブーストする機器を使えば良い話しです。実際に、そのような機器は、Amazonなど、通販が普及した現在において簡単に手に入るようになりました。

しかし、対人関係は、これらのものでは改善できません。人とお話しする際は、自分自身の耳の聞こえを改善させるのが、最も良い方法ですし、周囲の音を聞こえる状態にしなければ、その音に気をつけられないという事もあります。

これらの事から、私自身の考える補聴器は「対人関係を良くする道具」というように考えています。

対人関係を良くする補聴器の調整は

では、対人関係を良くする補聴器の調整というのは、どのようなものなのでしょうか。概念的なものになりますが、個人的には、

  • 音をしっかり聞こえるようにさせる事

だと考えています。

こちらの内容を分類しますと

  • 音声をできる限り聞こえさせ、コミュニケーションをしやすく
  • 周囲の音も理解できるようにさせ、マイナス面を抑える

この二点があります。

音声をできる限り、聞こえるように

こちらは、非常にわかりやすい点ですね。補聴器を使用する方のほぼ全ての方が求めるのは、こちらです。実際に聞こえにくい事により、今現在の生活のしづらさ、苦痛を感じているわけですから、こちらは、非常に重要な観点です。

コミュニケーションがしやすくなれば意思疎通もしやすくなり、現状の状況が和らぐ事が多くなります。これが、補聴器の効果です。

感音性難聴という補聴器を装用しても治る訳ではない耳ですが、それでも補聴器の効果はあります。ですので、その効果をできる限り、出して行きます。そして、対人関係の改善、修復を計ります。

周囲の音もできる限り、理解できるように

周囲の音と聞くと、補聴器を装用している方からすれば「雑音」扱いされ、挙げ句の果てに「雑音は完全に無くしてくれ」「雑音ばかり聞こえる補聴器はクソ」と言われてしまうケースを見るのですが、私は、そのように考えていません。音が聞こえるという事は、音を認識できるという事であり、音が聞こえにくいという事は、音を認識しづらいという事になります。音は、聞こえないと気が付かないからです。

これは、私自身が経験している事ですが、音が聞こえにくいと自分自身が出している音の大きさに気が付かなくなります。人は、常に自分の感覚で、物事を判断しており、音の感覚についても例外ではありません。もちろん、こちらは周囲の音も同様です。

音が聞こえにくくなると音の感覚がわかりづらくなり、自分自身は良いと思っても、他人からすると「うるさい」「やかましい」と思われてしまう事があります。そのような事を相手にしてしまえば、当然対人関係は悪化します。

テレビの音を聞く際、自分にとってちょうど良いと思っても、聞こえる人からすれば苦痛に感じる音量で出せば「うるさい」「もう少し静かにできないか」と言われますし、何も考えず大きな音を出せば、周囲の人に苦痛を与え、その結果嫌われてしまいます。これはまさに、対人関係が悪化する典型的な例です。

音で大切なのは、自分の感覚に合わせる事ではなく、相手がどう思うかの感覚を理解する事です。そのためには、周囲の音も聞こえるようにさせ理解できるようにする事が必要です。

音は聞こえていないとその感覚を理解しにくくなります。自分がうるさいと感じる音は、相手もうるさい、自分が静かだと感じる音は、相手も静かだと感じる、このようにするとそのような誤解も少なくなります。

音は、残念ながら全ての人に共通して感じるものです。そして音の問題は、自分自身が良ければよいという単純なものではありません。仮に「雑音は完全に無くしてくれ」という要望を満たした場合、残念ながら周囲の方から嫌われ者になってしまう可能性が高くなります。

実際の調整は

実際の音調整に関しては、しっかり聞こえる事を念頭において行います。しかし、周囲の音があまりにも聞こえ過ぎると、反って音声が聞きにくくなってしまい、聞こえを阻害してしまうケースもあります。このような事を起こしてしまうと、聞こえを犠牲にしてしまう事になりますので、本末転倒です。

実際には、音声の理解を優先しますので、ある程度補聴器の調整で、騒音に該当する部分を削ったりする調整は行います。しかし、削りすぎますと、音の理解に響きますので、過度に削る事はありません。

そして、音の理解に関しては、一般の方が大きいと感じる音は、補聴器装用者も大きいと感じ、一般の方が普通と感じる音量は、補聴器装用者も普通と感じる、このような感覚を目指して、調整していきます。

音が大きい事により耳に痛みが生じるケース、音が大きすぎると感じるケースは、耳に負担がかかりすぎている可能性がありますので、音の微調整を行いますが、音が大きく感じる、耐えられるレベルであれば、良しとします。

これらの事を行う事で

  • 音声が理解できるようになり、コミュニケーション障害が軽減
  • 周囲の音の感覚が理解できるようになり、対人関係のマイナスを軽減

この二つの事ができ、対人関係の改善ができるようになります。

私自身は、このように考えて補聴器の調整を行っています。もちろん、自分自身の補聴器の調整に関しても同様です。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:感音性難聴に補聴器は効果があるのか、に対する答え

リンク:しっかり理解したい補聴器を早めに装用する3つのメリット

リンク:Ted Talksから学ぶ補聴器の価値

リンク:補聴器を使うタイミングは「困った時」である2つの理由

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとの相談、無料です

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。ご相談や補聴器の試聴に関しては、無料で承っております。当店の特徴は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!