補聴器を装用しない理由の一つは、対人関係


当事者が困ったからではなく、周囲の方から、補聴器を勧めるケースというのは、よくあります。耳の聞こえが低下した際、音というのは、目に見えないものですので、聞こえにくくなった事そのものに気が付きにくいためです。

しかし、中には、補聴器の装用を拒むケースがあります。それらの理由には、

  • 音が大きい
  • 雑音がする
  • かっこわるい

などと聞きますが、それ以外にもあります。それは、対人関係です。それは、どのような意味なのでしょうか。こちらについて載せて行きます。

ガミガミ言う人のお話しを聞きたいと思うのか

補聴器とは、耳の聞こえを補う機器ではありますが、言い換えればコミュニケーションをする道具です。耳に補聴器を装用する事で、聞こえにくさを解消するのですが、テレビの音、パソコンの音声であれば、ヘッドホンを装用すれば、済んでしまいます。しかし、人との会話となると、効率のよいやり方は、自分自身の聞こえを補う事であり、そこで補聴器が出てきます。

このコミュニケーションをする道具という観点が非常に重要で、仮に聞こえにくい人と補聴器を勧める人の対人関係が悪いと、補聴器を装用する事は、かなり少なくなります。なぜなら、対人関係が悪化しているために、その人とお話ししたいとは、思わないからです。

耳が聞こえにくくなり、意思疎通がしにくくなると、些細な事でも言った、言わない系のトラブルが起こったり、言い争う事も増えてきます。さて、質問ですが、そのような言い争う方々とお話ししたいと思うのでしょうか。もっとお話ししたいな、相談したいなと感じるでしょうか。ほとんどの人は、思いません。むしろ、口を利きたくないという方が多くなります。

このようなケースに補聴器を装用させるとどうなるか

このような状況ですと、補聴器を勧めても、無理矢理病院や補聴器販売店に相談しに行っても、残念ながら

  • うるさいから使用したくない
  • 雑音がする
  • 年寄りっぽくて嫌
  • 耳に入れているのが嫌

などと理由をつけ、補聴器は装用しません。仮に言い聞かせ、補聴器を装用し、購入まで行ったとしても、使用し続ける事は、ほとんど稀になります。当然ですね。そもそも仲直りもしたいと思わず、その人とも会話したいとも思わず、さらに、自分の耳の感覚まで変化させられ、数十万円まで支払うとなれば、聞こえにくい人にとっては、踏んだり蹴ったりです。

補聴器は、自分自身の現状を変えたいと思う方には、味方になりますが、残念ながら現状を変えたいと思わない方の味方になる事はありません。補聴器は、都合良く全ての事をよくしてくれるわけではないからです。

補聴器を装用するには、必ず、その人が変えたいと思う何かしらの動機が必要になります。無理につれてこられた状態では、動機がないため、装用し続けたり、補聴器を使い続ける事は、困難になります。

聞こえにくい方が都合が良い理由

私自身がよく読んでいるアドラー心理学の「嫌われる勇気」には、非常に勉強になる内容があります。それは、背後にある目的を考える事です。本書では、これを目的論と記載しています。

心理学といえば、よく聞く内容は、フロイトの原因論が有名ですね。こちらは、「○○が起こったからこうなった」という至極シンプルです。しかし、アドラー心理学では、別の発想をし、そのような状況を作り出す事が、本人にとって都合が良いから、そのような悩みを抱えている、状況になっているというように解釈します。

では、仮に聞こえにくい状態があり、補聴器の装用までも拒否した場合、聞こえにくい方が都合がよい事などあるのでしょうか。結論から言いますと、あります。それは、耳が聞こえにくい事を理由に、お話しをしないという事が可能になるからです。人は、主に音声でコミュニケーションします。聞こえにくければ、お話しに入る必要もありませんし「聞こえなかった」という事もできます。

この場合の一番の問題点は、聞こえにくい事ではなく、聞こえにくい状況を本人が必要としている事にあります。このような状況であれば、聞こえを改善させる補聴器は、本人が必要とするものではありません。

そして一番の問題点は、聞こえにくい事ではなく、その本人が対人関係を修復したくないと考えている事です。

これらの改善方法は

実を言いますと、私自身もこの手の問題は、そこまで得意ではありません。と言いますのも、補聴器を装用すれば良くなるというようなお話しではなく、対人関係にまで発展していますので、補聴器以前の問題となります。個人的にお勧めできる方法があるとすれば、対人関係に関してまとめた本、アドラー心理学の「嫌われる勇気」を読み、実行する事です。

アドラー心理学のスタンスの中に、上下関係ではなく、横の繋がりと言う概念が出てきます。この横の繋がりの概念を理解し、問題の解決に協力するというスタンスを取る事が重要ではないかと思っています。

私自身の今までの経験を思い出してみますと、命令し、強制するタイプは、ほぼ失敗しています。そして、上手く行っているのは、聞こえにくい人に対し、周囲がフォローをしているケースでした。これらの経験から、周囲の方々がもし、改善をさせるのでしたら、無理強いさせるのではなく、状況を冷静に説明し、必要であればフォローをするという事です。

アドラー心理学の「嫌われる勇気」は、聞こえにくい人によって困っている方にも、聞こえにくくて困っている方にもお勧めできる良書です。聞こえにくくて困っている人がこのような内容を読むとは、考えにくいのですが、一応、ご紹介しておきます。

人間関係が絡むケースの改善は、根本的原因が耳ではなく、その人間関係にありますので、改善は地道に行っていく必要があります。何らかヒントになり、改善に進めば幸いです。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:老人性難聴にお悩みの方へ送る、聞こえの改善方法

リンク:【どのくらい聞きにくい?】難聴レベル別聞きにくさのまとめ

リンク:聴力図(オージオグラム)では、障害レベルは測れない

リンク:補聴器を装用したくないという人に足りない事