2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

耳あな形補聴器がお勧めな人と形状によるメリット、デメリット

Pocket

girl-797837_640

耳あな形補聴器とは、耳の穴の中に入れて使用するタイプの補聴器です。耳の穴の中に入ってしまう補聴器から、耳の入り口や耳そのもの覆って使用するタイプまで様々なものがあります。こちらでは、そんな耳あな形補聴器の特徴から利点、欠点について記載していきます。

耳あな形補聴器は、耳の穴の中に入れるだけあって多くの恩恵を受けられると同時に、使えない方からお勧めできない方もいます。

こちらでは、耳あな形補聴器全般について記載していきます。補聴器を選ぶ際に役立てば幸いです。

結論から

結論を申し上げますと、合う方は

  • ①聞こえの効果を重視する方
  • ②メガネやマスクなどを使う方
  • ③軽度〜一部高度難聴の方

の三つになります。

①聞こえの効果を重視する方

耳あな形補聴器の良い所は、耳の形そのもの(耳介)を利用できる事です。こちらを利用する事により、音響機器上で発生するノイズが入りにくく、聞きたい音が邪魔されにくくなります。

補聴器で重要なのは、音を拾う事ではなく、いかに邪魔する音を拾わないかになります。その点は、耳かけ形より耳あな形の方が優れていますので、聞こえの効果を重視する場合は、こちらがお勧めです。

②メガネやマスクなどを使う方

耳あな形の良い所は、耳の中に製作する事です。これにより、耳にかけるものがあった場合は、重ならなくなりますので、耳が楽になります。特にマスクやメガネといったものの邪魔にはならなくなります。

これらのものを業務で使用する場合は、耳かけ形ですと邪魔に感じる可能性が強くなりますので、このような場合は、耳あな形の方がお勧めです。

③軽度〜一部高度難聴の方

耳あな形補聴器は、どのような方にも対応する訳ではなく、軽度〜中等度難聴、一部高度の方に適用されます。これ以上の難聴の方や高度難聴の方の中には、聴力を補えず、使用する事ができない方もいます。

音の出力が他の補聴器に比べると少々低くなりますので、補える人は、ある程度、限られています。

補聴器の全体像

耳あな形補聴器の特徴や利点、欠点についてお話ししたいところですが、まずは全体像を見てみましょう。補聴器には、主に

  • ポケット形補聴器
  • 耳かけ形補聴器
  • 耳あな形補聴器

の三つがあります。

補聴器の形状の基礎は、この三つ

補聴器の形状の基礎は、この三つ

補聴器は基本的に聴力が対応可能なものであれば(補える範囲内のものであれば)、どのようなものも聴力に合わせる事ができます。補聴器選択でみるポイントは、

  • 対応聴力
  • 形状別特徴

の二つになります。それを踏まえたうえで、耳あな形補聴器のみ記載していきます。

耳あな形補聴器の特徴

耳あな形補聴器とは、冒頭の通り、耳の穴の中に作る補聴器です。耳の型を採取し、その人、専用の耳あな形補聴器を作ります。

これが私の耳の型

耳あな形補聴器を作るのに必要な耳の型、不思議な形をしている

耳の型とは、このようなものです。耳の中に印象剤といわれる液体を入れ、その人の耳の型を採取します。その後、その型に合わせて、補聴器を作ります。

耳あな形の形状には、主にこの三つがある

耳あな形の形状には、主にこの三つがある

耳あな形の補聴器には、主にこの三つの形状があります。左から

  • 小さい形状を代表するCIC形
  • 耳あな形で最も使われるカナル型
  • 一部高度の人にも対応できるフルカナル型

となります。

耳あな形の概要としてまとめますと

  • 聴力:軽度〜中等度、一部高度難聴
  • 特徴:耳の穴の中に入れる事による利点、欠点
  • 金額:高額。同じ性能同士で比較すると金額は上
  • 備考:この補聴器を作れない人もいます

耳あな形補聴器は、対象となる人も多いのですが、一部の人にはお勧めできない形状をしています。

一つは、聴力でもう一つは、耳の状態です。金額が高い傾向があり、効果も高い傾向があるのですが、合わない人には合いません。仮に合わない場合は、素直に耳かけ形補聴器をお勧めします。

なお、上記の形状については、聴力により使用できる形状が異なります。主に

  • 軽度〜中等度難聴:CIC形、カナル形
  • 中等度〜一部高度難聴:フルカナル形

となります。基本的に補聴器は、対応する聴力ごとに使用できる補聴器が変化します。

耳あな形補聴器の利点

この補聴器の利点は

  • 音響機器上のノイズが入りにくい
  • 物の邪魔になりにくい

の二つがあります。

音響機器上のノイズが入りにくい

補聴器は、聞きたい音や周囲の音の両方を拾うようになります。しかし、聞こえてくる音の中には、音響機器上、仕方なく聞こえてくるものがあります。代表格は

  • 暗騒音(あんそうおん)
  • 風の音
  • マイクに物が当たる音

の三つです。暗騒音とは、音響機器で音を録音したり、ビデオカメラで映像を撮影したりする時に、サーっといった音やざわざわ……とした音が聞こえると思うのですが、その音です。補聴器は、音響機器ですので、このような音も聞こえます。

そして風の音は、風がマイクに当たる事により、ヴォーヴォーと大きい音がします。風の音の根本的改善は、風がマイクに当たらないようにする事で、他の業界では、マイクに防風カバーを付けたり、マイクにポップガードを付けて、対処します。しかし、補聴器の場合は、そのようなものは付けられませんので、耳の中に入れる事で、風をなるべくマイクに当たらないようにします。耳かけ形の場合、マイクがむき出しなため風に当たり放題で、ヴォーヴォーうるさいのですが、耳あな形にすると軽減されます。

この二つに関しては、一般的に言われる耳(耳介)の部分による効果で、余計なノイズ(音)が少なくなります。すると、その分だけ、聞き取りも邪魔されなくなり、音声の理解がしやすくなります。

最後のマイクに物が当たる音は、主に髪の音やメガネをかけた際に聞こえるカチカチといった音です。耳かけ形ですと耳にかける部分に補聴器のマイクがあるため、髪を触ったり、髪が風で動くと、ガサガサいうようになります。また、メガネをかけている人ですと、メガネのツルに補聴器が当たり、カチカチ細かい音が聞こえる事もあります。

こちらは、補聴器そのものがマイクなため、聞こえる事です。補聴器の近くに何らかのものがあるとマイクを刺激したり、本体に当たる事で細かな音がします。しかし、耳あな形の場合、耳の中に入れてしまいますので、そのような事は極力起こりにくくなります。

物の邪魔になりにくい

上記の結論に記載しましたが、物の邪魔になりにくいという点が利点です。耳の中に作りますので、

  • マスクを使う方
  • メガネを使う方
  • ヘルメットをかぶる方
  • 帽子をよくかぶる方

などは、耳あな形の方が邪魔にならなくなります。

耳あな形補聴器は、様々なものの邪魔になりにくい補聴器ですので、私自身は、日常生活を送るうえで最も適した補聴器だと考えています。

耳あな形補聴器の欠点

こちらは

  • 使えない、お勧めできない方がいる
  • こもりやすい

の二つがあります。

使えない、お勧めできない方がいる

耳あな形補聴器は、耳の中に入れるため

  • 耳の中が変形している
  • 耳垢が湿性
  • 耳垢が多い
  • 耳垂れが出る

のいずれかに当てはまる場合は、お勧めしません。耳の中が変形している場合、耳の型を採取する事ができず、耳あな形補聴器を作る事ができません。こちらに当てはまるのは、何らか耳を手術した人が対象です。ほとんどの人は、耳の型を採取する事ができますが、ごく一部の人はできない場合があります。

その他の部分については、このような耳の状況ですと、補聴器の音が止まったり、故障そのものが多くなります。代替機を用意しておいたり、ご自身でケアできない場合は、お勧めできません。故障や音が止まる事が多くなってしまい、その分、困る事になります。

こもりやすくなる

補聴器を装用する際、耳を塞ぐ必要があるため、耳が塞がった感覚、耳の中が詰まっている感覚が出ます。そして、自分の声がこもったような感覚、あるいは、耳のところで響いているような感覚も出てきます。こちらは、どの補聴器でも起こる事ですが、耳あな形補聴器が最も起こりやすくなります。

いくらか軽減する施策を行いつつ、製作は行うのですが、ある程度、このような感覚は感じる傾向があります。

耳あな形補聴器の適合まとめ

耳あな形補聴器のまとめですが、

  • ①聞こえの効果を重視する方
  • ②メガネやマスクなどをよく使う方
  • ③軽度〜一部高度難聴の方

にお勧めです。逆に

  • ①使えない、お勧めできない方に当てはまる
  • ②補聴器を装用するとこもりが強い

という方は、お勧めできません。このような場合は、素直に耳かけ形補聴器を装用した方が快適に補いやすくなります。

こちらで最適な補聴器選定ができるようになれば幸いです。

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、聞こえの改善を行なっています。私に関する内容は、書いている人の詳細になります。当店の情報は、こちらにまとめています。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム