2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器メンテナンスの裏の目的は、良いサイクルを見つけ出す事

Pocket

worker-659884_640

補聴器のメンテナンスといえば、補聴器の点検や掃除、部品の交換を行う事です。一般的なアフターフォローと言われており、補聴器を装用している方は、補聴器の機能の維持のため、補聴器販売店へ伺います。

メンテナンスでしている事は、点検や掃除、部品の交換ですが、タイトル通り、メンテナンスには裏の目的というのもあります。それは、補聴器を活用できる良いサイクルを見つけ出す事です。

補聴器販売店に行くのが面倒、意味ないのでは?とお考えの方のために、今回は、メンテナンスに関する事を載せていきます。

メンテナンスの本当の価値

メンテナンスといえば、上記の通り、普通に掃除や点検、消耗した部品があれば、それらを交換する事となります。しかし、それ以外にも行っており、それが「この方にとって補聴器を活用できる良いサイクルは、どのくらいなのか」を調べる事です。

補聴器のメンテナンスでは、ひと言で言いますと「補聴器の状態を確認する事」を行っています。例えばですが、補聴器には、様々な部品がついているものがあり、定期的に交換した方がよい部品があります。しかし、これらの消耗具合は、人や使用する環境下で変化し、必ず○ヶ月使用できる、必ず×ヶ月で壊れるというものがありません。

そのため、実際に活用いただき、消耗具合を見て、補聴器の性能に支障がでない期間は、どれくらいかを探ります。それを探るのに活用するのが、メンテナンスです。

6ヶ月に一度、3ヶ月に一度、2ヶ月に一度、人によって異なりますが、定期的に来店いただく事で、補聴器の痛み具合、汚れ具合が見れると「この方は○ヶ月に一度来てもらえば、良い状態を保てるな」というものがわかってきます。そして、それを伝え、困る前にご来店いただけるようになれば、補聴器を活用できる良いサイクルを作り出す事ができます。

このようにできると補聴器を装用している人も困る事が少なくなり、補聴器販売店としても補聴器を活用してもらえ、両者にとって良い状態になります。

これが補聴器メンテナンスの本当の価値です。

実際にメンテナンスで行っている事

補聴器メンテナンスでCheckするのは、以下の通りです。

  • 補聴器の部品をCheck
  • 補聴器の動作をCheck
  • 音の状況をCheck

これらの事を前回来られた日から本日来られた日を差し引きする事で、どのくらい部品が消耗しがちなのか、どのくらいのペースで来店いただくのが良いかがわかります。

補聴器の部品をCheck

補聴器の部品には、定期的に交換したほうがよい部品があり、中には、交換しないと聞こえにくくなってしまうものも存在しています。主に耳かけ形補聴器に多いのですが、これらは、定期的に交換する事で、思わぬ事故や聞こえの低下を防げます。

耳あな形補聴器にもあるのですが、ご自身で交換できるタイプですので、できない方はともかく、できる方は、ご自身で交換してしまっても構いません。しかし、細かい部品になりますので、不安を感じるようでしたら補聴器販売店に任せた方が無難になります。

これらの消耗具合を確認し、前回来店いただいた日にちから、部品の交換のタイミングがおおよそ掴めてきます。掴めるようになれば聞こえに影響が出る前に、改善させる事ができますので、結果的に聞こえる状態をキープしやすくなります。

補聴器の動作をCheck

補聴器の動作をチェックするのには、いくつかあり

  • プログラムを変えるボタン
  • 音量を変えるボタン
  • 電源を入れる部分

主にこれらを確認します。こちらのボタンですが、特に活用する方は、手あかや埃がスイッチ周りに侵入し、効きが悪くなる事があります。これは、プログラムを変えるボタンや音量を変えるボタン(ボリューム)に多くみられ、掃除をして改善させていきます。※そのものが故障している場合は、修理お預かりして、直します。

また、どの方も電源を入れる部分は活用します。このスイッチですが、開閉を繰り返すと、徐々に電池を入れる部分にある金具が開いてしまい、電源が入りにくくなる、たまに途切れるなどの症状が出る事があります。

こちらも消耗部品同様、効かなくなるまでの期間がわかれば、それを基準に困る前に改善させる事が可能になります。とはいえ、大抵の場合において、消耗部品の方が早く痛むため、こちらが原因で来店が早くなるという事は、ほとんどありません。

音の状態のCheck

補聴器から出る音の確認をする事で、設定した通りの音がでているかを見ます。補聴器販売店には、補聴器の音を機械的に見る特性器(とくせいき)と呼ばれる機器があります。これらを活用し、補聴器の音の状態を確認します。

確認する理由としては、前回載せた通りではありますが、気が付かない場合があるからです。全体的に音量が下がっている場合は、気が付く事が多いのですが、高い音のみ聞こえにくくなっている場合は、気が付きにくい傾向があります。

こちらも「補聴器の動作をCheck」同様、聞こえにくくなる前に消耗部品の方が劣化する傾向がありますので、こちらが原因で来店が早くなるという事は、ほとんどありません。そして、どちらかと言いますと「聞こえにくくなった」と故障を疑い、来店するケースが多くなります。

まとめ

補聴器販売店で見る項目は、おおよそ上記の通りです。それぞれの部分に関しては、人や使用する環境により変化しますので、それぞれの状況と前回来店いただいた日と差し引きし、補聴器を良く活用できる期間を割り出します。

基本的には、上にあるもの程、来店期間に影響する傾向が強く

  1. 補聴器の部品をCheck
  2. 補聴器の動作をCheck
  3. 音の状況をCheck

の順に関係してきます。

購入後は、聞こえをキープする事が大切

前回の内容と同様ですが、購入後は、聞こえをキープする事が大切になります。そのため、適切に聞こえをキープしていくために、各期間でメンテナンスを行っていきます。

上記の内容の確認を行いつつ、どのくらいの頻度で来店いただけば良いのかがわかると、適切な聞こえをキープしやすくなります。仮に3ヶ月に一度だと聞こえに影響してしまうのでしたら、2ヶ月に一度、あるいは、2ヶ月半に一度でも構いません。聞こえをキープする事が目的ですので、悪くなる前に来店いただければ何でも構いません。

どのような方も聞こえにくくなって得をする事はなく、ましてや補聴器は聞こえやすくするために装用します。補聴器を装用している私自身が思うのは、購入後は、聞こえをキープする事が最も大切であるという事です。

よい環境をキープするために補聴器メンテナンスは活用されています。前回同様ですが、面倒なことでもやるべき事をしている方には、それ相応の恩恵を受ける事ができます。それは、補聴器メンテナンスも例外ではありません。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:故障を減らすために知っておきたい補聴器の空気穴

リンク:夏場における補聴器注意事項、大切な補聴器を守ろう

リンク:知っておきたい異常なしで補聴器の音が止まる原因

リンク:補聴器を修理依頼する際、知っておきたい6つの事

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム