2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器装用者の私が補聴器の買換を希望するお客さんにしている事

Pocket

girl-421038_640

補聴器を購入する形式は様々で、新しく購入する人もいれば、今ある補聴器から買い換える形で補聴器を購入する人もいます。初めて補聴器を購入する方と補聴器を買い換える場合における説明の方法は、誰もが異なります。初めての方は、基礎から入りますが、買い換える方の場合、希望によって、説明が異なります。

お問い合わせを受けた事もあり、こちらに関して、どのようにしているかについて載せていきます。ぜひ、ご参考にしてください。

結論から

買い換えの方が、補聴器購入時に望むパターンは、主に

  • 今の補聴器に似たものがいい
  • 今の補聴器+希望する機能が搭載されたものがいい
  • 一から補聴器を考えたい

この三つのどちらかにわかれます。初めにまとめさせていただきますと

補聴器買い換え時における思考

補聴器買い換え時における思考

このようになります。

今の補聴器に似たものがいいという場合ですが、これには

  • 補聴器に対する考え
  • 聞こえる音に対する考え

の二つがあり、補聴器に対する考えについては、

  • 補聴器の形状
  • 補聴器の性能

があります。

そして、聞こえる音に対する考えには、補聴器を装用して聞こえてくる音に対する考えであり、こちらは、補聴器の音を調べたり、補聴器を装用している状態で、どのように聞こえているかを調べる事で、理解する事ができます。その後、補聴器に対する考え、聞こえる音に対する考えに沿って合ったものを試聴いただき、補聴器をお考えいただきます。

これは、今の補聴器+希望する機能が搭載されたものが良いとお考えの場合においても同様です。希望する機能を追加し、音に関しては、今までの補聴器の音をベースとします。これらの考えを元に補聴器を選定し、試聴のち、補聴器をお考えいただきます。

一方、一から補聴器を考えたいという場合は、新規の方と同じように対応を行なっています。これは、

  • 聴力などから見える現状のご説明
  • 耳を補える補聴器のご説明
  • 補聴器の形状の選び方
  • 補聴器の性能の選び方

を説明させていただき、試聴を経て、補聴器をお考えいただきます。

買い換えを希望する方の場合、一から補聴器を考えたいという場合であるケースは、少なく、多くの方は、今ある補聴器に似たもの、あるいは、今ある補聴器に似たものに機能をプラスしたものが良いと希望する方が多くなります。

では、今ある補聴器に似たものが良いとする場合、どのようにして行くのでしょうか。

今あるものに似させるステップ

さて、今までのものを参考にする場合、形状や性能は、ほとんどすぐに決まります。特に形状は、聴力が変化した、あるいは、何かしら耳に起こる事がなければ、基本、使用している補聴器と同じものと同じになります。そして、性能に関しても、各会社が補聴器のグレードを決めており、そのグレードのまま維持するケースが多くなります。

ここで気になってくるのは、音に関する事です。装用している補聴器に音を似させるステップは、上記にチラッと記載させていただきましたが、それは

  • 補聴器の音を調べて数値化する
  • 補聴器を装用している状態の聞こえを調べて数値化する

この二つを行ったのち、希望する補聴器の音を似させます。補聴器は、基本的に音を大きくする道具ですので、どのように音を大きくしているかがわかれば、完全に同じになる事はなくても、ある程度似た音質、聞こえにする事ができます。その際に活用されるのが特性器と呼ばれる機器です。補聴器の音を調べる専用の機器であり、どの補聴器販売店にも置いてあります。

その他、当店で行っているのは、補聴器を装用している状態の聞こえを調べて数値化する事です。補聴器には、補聴器を装用した状態で、どのくらい音が聞こえているのかを調べる測定があります。メガネ(コンタクトレンズ)で例えますと、メガネ(コンタクトレンズ)を装用した状態で、視力がいくつかを調べるようなもので、こちらを使って、感じている音の感覚についても調べます。

補聴器の音は、感覚で伝える事が難しいため、基本的には全て数値で判断し、音を似させて行きます。数値というどの補聴器にも共通する要素を取り扱う事で、感じる音の感覚は、似させる事ができます。

今はデジタル補聴器が大半ですので、このような事が比較的楽にできるようになってきました。

買い換えの際の音

補聴器を装用している方は、補聴器から聞こえる音があるいみ聴覚という感覚そのものを表しています。今聞こえている感覚が嫌であれば、こちらをあまり考える必要はありませんが、今聞こえている補聴器の音の感覚に慣れている、これが良いと感じている場合は、その感覚をベースに音の調整をしていく必要があります。

こちらを無視し、あまりにも違う音の補聴器を聞かせてしまうと、変な感覚を感じたり、違和感を強く感じたりします。それは耳の感覚を変化させてしまうからです。

これは、私自身も体験している事ですが、あまりにも変化させてしまうと違和感と言いますか、ぎこちない感覚、いつもと異なり、何か気になる感覚があります。このような体験をしているからこそ、基本的には、今まで感じてきた音をベースにしています。

そのためには、

  • 補聴器の音の確認
  • 補聴器の音場閾値の確認

この二つが必要です。当店では、これらのものもお計りし、なるべく感覚は近づけていきます。

なお、基本的には

  • 聴力測定
  • 語音明瞭度測定
  • 音場での各種測定

については、行っていきます。これには、

  • 今現在の聞こえが必ずしも良い状態とは限らない事
  • もし改善できるポイントがあれば、こちらから提案させていただきたい事

この二つによるものです。こちらを行えば、今現在使用されている補聴器の状況もわかりますし、それが良い状態であれば、それを基準として新しい補聴器を調整するという事も可能になります。

どのような事も確認が大切であり、確認を怠ると状況を掴みにくくなってしまいます。初めの確認には、時間がかかりますので、この点は、大変申し訳ないのですが、聞こえを改善させるためにご協力いただけますと幸いです。

それぞれの思考のまとめ

今あるものと似たようなものをご希望される場合は、今あるものの延長線上で考え、そのほか必要なものと現状の状況を伺ったうえで、補聴器の選定を行っていきます。そして、音に関しては、実際に必要事項を調べ、できるかぎり似させていきます。これは、今の補聴器+希望する機能がある場合においても同様です。

一方、新しく一から考えて購入したい場合は、一から説明し、どのような補聴器が良いかを考えて選定していきます。

補聴器の買い換えを望む方でも、どのように買い換えを望んでいるかは、人それぞれです。当店では、それぞれの方に対し、このように対応しています。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:RIC補聴器と耳かけ形補聴器の違いを理解する4つのポイント

リンク:スターキーのHaloを耳に使用したレビューを書いてみるよ

リンク:補聴器購入後に大切な聞こえをキープする環境づくり

リンク:補聴器におけるちゃんとした調整とは何か

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとの相談、無料です

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。ご相談や補聴器の試聴に関しては、無料で承っております。当店の特徴は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!