2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

検査後に理解したいオージオメーターの数値の見方

Pocket

old-1130738_640

オージオメーターといえば、耳鼻咽喉科にある聴力を検査する道具です。様々な音を出したり、計り方を変えて、耳の状態を確認するために使われます。耳の聞こえを計ったけれど、その数値の意味までしっかりとご理解されている方は、少ないのではないでしょうか。そして、実際に自分の耳は、どうなんだろう?と疑問を感じていても不思議ではありません。

そのような方のために、今回は、このオージオメーターで計った数値の見方について記載していきます。数値の見方がよくわからない方は、ぜひ参考にしてみてください。

オージオグラムの見方

さて早速見ていきましょう。

こちらでは、オージオグラムの見方に関する

  • 基礎
  • 基準となる数値

に関して、載せていきます。

オージオグラムの基礎

耳鼻咽喉科で聴力検査を行いますと、以下のような紙を貰います。

オージオメーターで計った聴力を記入するオージオグラム

オージオメーターで計った聴力を記入するオージオグラム

このグラフは、オージオグラムと呼びます。オージオメーターで調べた数値を書き込む紙という方がわかりやすいかもしれません。

聴力を計るオージオメーター

聴力を計るオージオメーター

この表の見方に関しては、以下のようになります。

オージオグラムの数値の見方

オージオグラムの数値の見方

主な内容としては

  • 縦軸:音の大きさ
  • 横軸:音の高さ
  • ○:ヘッドホンで計った右耳の聴力
  • ×:ヘッドホンで計った左耳の聴力
  • [:耳の裏に黒い塊をつけて計った右耳の聴力
  • ]:耳の裏に黒い塊をつけて計った左耳の聴力

になります。

基本的な見方は、縦軸が音の強さを表しており、数値が大きくなると大きくなるほど、音が聞こえにくくなります。横軸の周波数は、音の高さ、音色を表し、それぞれ低い音〜高い音まであります。二つの軸で検査する事で、どのような音がどのくらい聞こえにくいかを調べます。これが、聴力検査の元になります。

オージオメーターで行う聴力検査には、ヘッドホンで計ったものと耳の裏に振動するものをつけて計るものがあります。

ヘッドホンで計るものは、気導検査(きどうけんさ)と呼ばれ、人が普段音を感じる経路を使い、どのように聞こえるのかを調べます。

ヘッドホンで計った聴力検査は、気導検査

ヘッドホンで計った聴力検査は、気導検査

簡単にいえば、普段生活している状態での聴力は、どのくらいなのかを確認するのが、気導検査となります。

一方、耳の裏に黒い塊をつけて測定する検査もあります。それが、骨導検査です。

骨導端子で計った聴力検査は、骨導検査

骨導端子で計った聴力検査は、骨導検査

こちらは、骨を伝って耳の内耳と呼ばれる音を感じ取る神経に直接音を伝える事ができるものです。

耳は、複数の器官が連なってできているため、どこに聞こえにくくなっている原因があるかを探るために、気導検査、骨導検査があります。複数の伝え方をし、差があるのか、ないのかを確認すると、どのような症状があるのかがわかります。

耳鼻咽喉科の医師が調べているのは、どのような原因が考えられるかであり、どのような病気なのか、どのように治療すれば治るのかになります。そのため、このように二つのルートを使って、聴力を調べています。

基準となる数値

では、実際に自分の耳について見ていきましょう。こちらでは、オージオグラムの

  • 聞こえにくさのレベル
  • 0dBの意味
  • 計った値

に関して記載していきます。なお、これらの数値ですが、基本的に気導検査の数値(○と×)で見ていきます。こちらは、上記の通り、人が普段、音を感じている経路を使ってどのくらいの聞こえなのかを調べたものです。ですので、普段の聞こえにくさは、気導検査の内容を基準にしてみる事で、理解できます。

聞こえにくさのレベル

さて、一番知りたい事は、聞こえにくさのレベルではないでしょうか。そのレベルですが、おおよそですが、以下のようになっています。

主な難聴レベル表

主な難聴レベル表

※よくわかる補聴器選びより引用

お話しされる方によって異なりますので、おおよそとなりますが、このようになっています。平均聴力については、オージオグラムの500Hz+(1000Hz×2)+2000Hz÷4で計算できます。

例えば、上記の図の左耳を見てみますと、500Hz=50、1000Hz=50、2000Hz=55となりますので、平均聴力を求める図は、50+100(50×2)+55÷4となり、答えは51.25になります。この数値ですと中等度難聴に価する事がわかります。

左右の平均聴力を調べ、上記の数値と比較する事で、おおよその状態がわかります。

0dBの意味

オージオグラムを見てみますと0dBがあり、さらにその上まで数値があります。オージオグラムは、単に音の単位で計っているのではなく、耳の感覚で計っています。そのため、0dBという基準こそありますが、その上まであります。簡単に言いますと、人より耳の聞こえが良い場合は、マイナス数値になります。

人の耳は、低い音と高い音で、感じ取れる最小の音の大きさが全く異なります。そのため、人が感じとれる聴力を0dBと定め、そこから、何dB下がっているのかを見れるようにしたのが、オージオグラムです。

人の耳の感覚に合わせる事で、見やすく工夫された図がオージオグラムになります。

計った値の意味

オージオメーターで聴力検査をした際、オージオグラムに数値を書き込むわけですが、この数値にも意味があります。それは、最小可聴閾値で記入するという事です。簡単にいえば、その周波数で、一番小さく聞こえる音量を書き込みます。

例えば、以下の聞こえであったとしますと、計った数値から、このような状態である事がわかります。

聴力検査は、最小可聴閾値で評価するため、数値より上は、聞こえない

聴力検査は、最小可聴閾値で評価するため、数値より上は、聞こえない

数値より上は、聞こえない音となり、さらに、それぞれの音量に対し、音が小さい、音が大きいといった音の感覚も入るようになります。計った数値からは、このような事もわかるようになります。

実際の聞こえにくさ

さらにお話しを進めまして、実際の聞こえにくさについても載せていきます。

  • 日常生活の音量表
  • 表から見える事

聴力がわかりますと、これもまたおおよそではありますが、実際の聞こえにくさがわかるようになります。

日常生活の音量表

日々の生活の中での音量に関しては、以下のようになります。

平均聴力と日常生活音を比較する事で、客観的に聞こえを理解する

平均聴力と日常生活音を比較する事で、客観的に聞こえを理解できる

こちらを平均聴力と比較する事で、ある程度の聞こえにくさがわかります。そして、一般の人が感じる音量と自分自身が感じる音量レベルを比較する事でも状況を理解しやすくなります。

ある程度と記載しているのは、厳密には、聞こえにくくなった周波数により聞こえが変化するためです。また、人の声に関しては、人それぞれ音量が異なり、聞きやすい声(通りやすい声)と聞きにくい声の方が存在しています。この点に関してもおおよそになります。

表から見えてくる事

今まで記載したものを見てみますと、表から見えてくるものがあります。それは、自分自身がどのように音を感じているかです。

仮に平均聴力が50dBだったとしますと、離れたときの会話音(3m)、エアコンの室外機、静かな事務所で感じる音レベルですので、これらの音が聞こえるか、聞こえないかのレベルである事がわかります。そして、それより小さい数値のものは、聞こえず、それより大きい音は、認識できます。

実際には、聴力付近にある音は、この数値より、ある程度大きくしないとその音には気が付く事ができません。聴力検査では、最小可聴閾値で評価しているためです。

また、音声に関しては、小さいと何か言っている事はわかっても何を言っているのかまではわかりません。音声を理解するには、ある程度の音量が必要となり、最小可聴閾値では、理解が難しくなります。

日常生活上の音の大きさを理解できますと、自分の状況が客観的に理解しやすくなります。

オージオメーターの見方 まとめ

さて、まとめに入らせてもらいます。

オージオメーターとは、耳の聞こえを計る検査機器であり、計ったものをオージオグラムと呼びます。オージオグラムの読み方、見方、そこから見える事に関しては、上記の通りです。

基本的には、

  • オージオグラムの基礎の見方
  • 計った数値の意味
  • 日常生活上の音のレベル

この三点をご理解いただく事で、客観的に自分の耳を評価しやすくなります。

こちらの内容をご覧になり、少しでも耳の理解が進めば幸いです。

なお、耳に聞こえにくさを感じていた場合ですが、基本的には、

  • 耳の治療
  • 補聴器(人工内耳)

というように進んでいきます。初めは、聞こえにくくなったものに対し、治療ができるかを考え、治療ができない場合において、補聴器や人工内耳と呼ばれる補聴機器を装用し、聞こえを補っていきます。

もし、耳に関して何か感じる事があれば、耳鼻咽喉科を受診したり、補聴器販売店に相談してみる事をお勧めします。耳を改善させるヒントを得られると思います。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:【どのくらい聞きにくい?】難聴レベル別聞きにくさのまとめ

リンク:【重要】誰も言わない聴力低下すると起こる3つの症状

リンク:補聴器を使うタイミングは「困った時」である2つの理由

リンク:補聴器を装用すると起こる5つの聞こえの変化

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとのご相談、承ります

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。当店で行なっていること、よくいただくご相談は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!
検索フォーム