RIC補聴器の魅力の一つ、使用される耳せんの効果


RIC補聴器には、特殊な耳せんがついています。一般的な補聴器の耳せんと言えば、もう少し大きいタイプの耳せんを使用するのですが、RIC補聴器に使われる耳せんは、小さく、少し特殊な形状をしています。

RIC補聴器の特徴は、最もこもり感(自分の声が響く感覚)を軽減できるところです。その効果を支えているのが、この耳せんです。今回は、こちらの耳せんに関して、載せていきます。

ご存知ですか?補聴器は、耳せん一つでも大きく聞こえが変化します。

RIC補聴器の耳せん

RIC補聴器とは、イヤホンと補聴器本体が分かれている補聴器です。

RIC補聴器の特徴は、補聴器本体とイヤホンが分かれている事

RIC補聴器の特徴は、補聴器本体とイヤホンが分かれている事

この事が一番の特徴かといえば、そのような事はなく、一番の特徴は、冒頭の通り、こもり感を軽減しやすい事にあります。耳せんの形もそれを意識して作られています。

RIC補聴器に使われる耳せんは、これだけある

RIC補聴器に使われる耳せんは、これだけある

こもり感とは、耳に物を詰めると感じるこもった感覚の事です。補聴器に限らず、イヤホンを耳に入れたり、快眠のために耳栓を入れる際にも感じます。耳を塞ぐと感じる感覚で、補聴器を装用する際にも感じます。

耳せんの秘密

このこもり感ですが、人によっては強く感じすぎてしまい、補聴器の使用に支障をきたす事もあります。そのため、人によっては対応が必要になります。では、どのようにやるのか。それは、

  • 耳の中の密閉度を少なくする
  • 耳の中を塞がない

という方法を取ります。

装用例、薄い耳せんなので、装用感覚が薄い

装用例、薄い耳せんなので、装用感覚が薄い

実際にRIC補聴器の耳せんを見てみますと、薄い膜のような耳せんが多くあります。

まるで薄い膜のような耳せんである

まるで薄い膜のような耳せんである

大きくて耳の中にしっかり入るものではなく、薄い膜のような形状です。

このような穴が空いている耳せんもある

このような穴が空いている耳せんもある

また、RIC補聴器には、このような耳せんもあります。

穴が空いていると大きくこもり感は軽減する

穴が空いていると大きくこもり感は軽減する

耳せん自体に穴が空いているため、装用しても、耳の中を塞ぎません。まさに耳の中を塞がない耳せんです。

このような耳せんを使うと、こもり感を軽減できます。完全に失くす事はできませんが、軽減させることで、補聴器を使いやすくする事ができます。

RICの魅力は、耳せんにあり

補聴器には、耳せん一つにも使いやすくする工夫がされています。特にこもり感は、使用を妨げがちですので、工夫が進んできました。RIC補聴器は、これらの耳せんを活用し、こもり感を軽減しやすくしました。

こもり感の軽減はやりすぎると効果がない補聴器になってしまうのですが、

  • 補聴器の効果が望めるポイント
  • こもりを我慢できるポイント

この二つを見る事で、より耳に適した補聴器を提供できるようになりました。

今の補聴器は、補聴器以外にもこのような点も進化し、快適な補聴器を提供できるようになってきました。RIC補聴器は、その代表とも言える補聴器ですね。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:補聴器はやりたい事をするために装用しよう

リンク:初めての方に補聴器を調整する際に行われている3つの事

リンク:ある人に教えてもらった音が聞こえるという事の意味

リンク:デジタル補聴器の概要とできるようになった事