2つの視点を持つ人が書いている耳・補聴器ブログ

東京都墨田区で補聴器の販売をしている難聴者のブログ。補聴器や耳に関する事を書いています

補聴器の機能の一つ、ハウリングキャンセラーとはこんな機能

Pocket

hot-air-balloons-691941_640

補聴器の機能の中には、ハウリングキャンセラーという機能があります。補聴器を装用していると起こる事の一つにハウリングという問題があります。こちらは、音が耳から漏れる事によって起こり、ピーッ!となるのが特徴です。

では、このハウリングキャンセラーとは、具体的にどのような機能なのでしょうか。どのような仕組みなのでしょうか。こちらに関する事をまとめていきます。

ハウリングを抑えるハウリングキャンセラー

こちらでは、ハウリングに関する基礎として

  • 概要
  • 仕組み
  • やり方

の三つの項目に分けて記載していきます。ハウリングキャンセラーは、ハウリングがしてしまい、悩んでいる方には、お勧めの機能です。

概要

概要に関しては、

  • 基本
  • なぜこのような機能ができたのか
  • 別の使い道

の三つに関して、載せていきます。これらはハウリングキャンセラーを理解するうえで基本となるものです。

基本

ハウリングに関しては、冒頭で記載した通り、ピーッ!となるのがハウリングです。補聴器を装用すると、周囲の音を増幅して耳に届けてくれるのですが、耳せんをしっかり入れていなかったり、補聴器がうまくはまっていない場合に、ハウリングはよく起こります。

これらの場合は、補聴器をしっかり入れるだけで解決できるのですが、中には、それだけでは解決できないものもあります。特に高度難聴、重度難聴ともなると、補聴器から出る音が強いため、必然的にハウリングがしやすくなります。

これがイヤモールド。耳の型を採取して作るその人専用の耳せんだ

これがイヤモールド。耳の型を採取して作るその人専用の耳せんだ

では、どうするのか。その場合、今までハウリング対策として、耳の型を採取したイヤモールドと呼ばれるものを使用したり、耳あな形補聴器の場合は、耳に入る部分をキツく作ったりして、音が漏れにくくしていました。

これが今までのハウリングに対する改善方法でした。

なぜこのような機能ができたのか?

このような機能ができた理由は、上記のイヤモールドや耳に入る部分をキツく作ったとしても、ハウリングが発生してしまう事があったからでした。

耳の穴の中は、口を動かすと変化するようになっており、その僅かな隙間でもできると、ハウリングするケースがあります。いくらしっかり作っても、人によってはこの変化部分が大きく、なかなか止められない人もいます。また、そうでなくても音を大きく出している場合、イヤモールドだけでは限界があり、何とか別の方法で、ハウリングを止めようとしました。

その際に生まれたのが、ハウリングキャンセラーです。

ハウリングキャンセラーの別の使い道

ハウリングキャンセラーには、別の使い方も出てきました。軽度難聴の方や中等度難聴の場合、自声の響きが強くでてしまう現象があります。これは、補聴器を装用するというよりも耳に何か詰め物をすると起こる現象です。

この響きは、耳を塞ぐ穴をゆるくする、塞がないようにすると軽減できます。しかし、軽減すると、ハウリングがしやすくなり、人によってはハウリングのため、このような施策ができなくなります。そこにハウリングハウリングキャンセラーを動作させ、ハウリングを軽減しつつ、自声の響きも軽減するという方法も取られるようになりました。

物事には、どんなものも限度はありますが、ハウリングキャンセラーには、このような使い方もできるようになりました。

仕組み

ハウリングを抑える仕組みとしては

  • 音を抑えて抑制する
  • 逆位相を利用して抑制する

の二つが取られています。基本的には、この両方を行って抑制しています。

音を抑えて抑制する

基本的にハウリングは、音を抑えると軽減できます。ハウリングが起こらないくらいに小さくすれば、ハウリングは起こりません。

ハウリング対策としてアナログ補聴器があった頃は、ハウリングがしたらボリュームを下げるという事をしていました。音量が下がればハウリングが軽減、あるいは、しなくなるからです。しかし、音量を下げると音が聞きにくくなります。

この方法は、ハウリングを止められるけれども、その代わり、音量が小さくなり、聞こえにくくなる、もしくは、ちゃんと補う範囲内まで補えないという問題が起こります。

逆位相を利用して抑制する

補聴器の場合の逆位相とは、ハウリングの音を検知して、ハウリングの音の逆の位相を出す事で、ハウリングの音を打ち消す事を言います。巷にあるノイズキャンセリングヘッドホン、あるいは、イヤホンと同じ原理です。

このようにする事で、音を抑えずに、ハウリングを抑制できます。こちらもある程度限界はありますが、ハウリングがしにくくなります。

二つを利用してハウリングを抑制

今現在は、この二つを利用してハウリングを抑制しています。初めに補聴器のハウリングが検知されると音を下げ、検知が終了すると、逆位相を出し、打ち消した後に、音を元に戻すという方法をとっています。

それぞれのいいとこ取りをしているという事ですね。

なお、厳密には、これらの機能を使ってもハウリングはします。しかし、普段使う分には、ハウリングが気にならなくするレベルにはしやすくなります。

ハウリングキャンセラーの動作のさせ方

では、補聴器販売店では、どのようにハウリングキャンセラーを動作させているのでしょうか。こちらについても見てみましょう。なお、以下の内容は、当店で扱っているフォナック補聴器で記載していきます。

今現在の補聴器はほぼデジタル補聴器で、デジタル補聴器にしかハウリングキャンセラーはついていません。デジタル補聴器は、パソコンで調整します。フィッティングソフトを開き、ハウリングキャンセラーに関するページを開きます。

ハウリングキャンセラーのやり方、初めにハウリングのページを開く

ハウリングキャンセラーのやり方、初めにハウリングのページを開く

ハウリングキャンセラーは、初めにハウリングテストというものを行うと、効果的にハウリングを抑えられるようになります。開始ボタンを押すと……

押すと早速、テスト開始!

押すと早速、テスト開始!

このようなページが開き、ハウリングがする部分を調べます。

テスト音は、かなりデカい。意図的にハウリングさせる必要があるので、大きいのが難点。大きい事を理解しておこう

テスト音は、かなりデカい。意図的にハウリングさせる必要があるので、大きいのが難点。大きい事を理解しておこう

どのように調べるかと言いますと、補聴器から様々な音が聞こえてきます。少々テスト音が大きい傾向があるのですが、あえて大きい音を出し、どの周波数がハウリングしやすいのかを調べます。ゲージ(緑色)が出ている間は、テスト音が出ている最中になります。

補聴器が出している音量とハウリングする数値がわかるようになる

補聴器が出している音量とハウリングする数値がわかるようになる

測定が完了すると、このような画面が出てきます。紫のラインがハウリングする数値になり、ここまで大きくしても大丈夫だろう……。という範囲になります。画面で見る限り、おおよそ大丈夫ですが、6000Hz〜辺りから、私の補聴器でもハウリングしそうですね。こういった事もわかるようになります。

両耳に装用している場合は、左右とも調べ、ハウリングしにくい数値を割り出し、ハウリングを防止します。

確認してみると、しっかり機能が動作している事もわかる

確認してみると、しっかり機能が動作している事もわかる

最後に、確認です。フォナックの場合は、ハウリングキャンセラーの名前がホイッスルブロックという名前になっています。ここを見てみると、機能がONになっています。この場合は、しっかりハウリングキャンセラーが効いていますよ。という意味になります。

このようにして、ハウリングキャンセラーは、補聴器に設定します。どの補聴器もおおよその部分は同じになります。

ハウリングキャンセラーの利点

さて、もう少し深く進んでみましょう。ハウリングキャンセラー利点には、どんなものがあるのでしょうか。利点としては

  • ハウリングを止めやすくなる
  • 自声の響きの問題を軽減しやすくなる

があります。それぞれ、もう少し深く進んでいきます。

ハウリングを止めやすくなる

ハウリングは、自分自身も鬱陶しく感じがちですし、何よりも周囲の方も気が付きます。そのため、周囲の方から音がなっている事を指摘される事もあります。私も学生時代は、良く言われました。「補聴器が鳴っているよ」と。

言われないようにするには、ハウリングを抑える事になるのですが、中には難しいケースもあります。このようなケースに対応できると、自分自身も鬱陶しく感じなくなりますし、周囲から言われる事も少なくなります。

ハウリングがしなくなれば、快適に使用できるようになるという大きなメリットがあります。

自声の響きの問題を軽減しやすくなる

軽度〜中等度難聴の方の中には、補聴器を装用すると、自声の響きを強く感じてしまい、補聴器を装用する事が苦痛に感じてしまうケースもあります。このような状態では、装用する事自体が嫌になってしまいますので、聞こえを改善したい方に取っては、良い状態ではありません。

さらに、自声の響きを軽減する施策で響きに関して改善したとしてもハウリングがしてしまい、苦痛に感じてしまっても意味はありません。

軽減しつつ、両者の都合を両立しやすくしたのは、大きなメリットです。実際にそれができる方は限られているのですが、有効な方には、大きなメリットと言えます。

補聴器を装用しやすくなり、さらに聞こえる世界に入りやすくなるのであれば、それは本人にとって良い事です。

ハウリングキャンセラーの欠点

では、欠点は、どんなものがあるのでしょうか。欠点としては

  • ハウリングキャンセラーの誤動作がある
  • 基本的には音が漏れている状態である

の二つがあります。

誤動作がある

ハウリングキャンセラーを使用すると中には、やまびこのように反響する音や外の音を間違って反応させてしまう事があります。いわゆる機能の誤動作です。このような事がおこる場合があります。

今現在の補聴器は、ハウリングを見極める精度も高まってきましたので、少なくはなってきましたが、100%誤動作はないとは言えません。このような問題があります。

基本的には音が漏れている

ハウリングキャンセラーは、耳の穴を塞いでハウリングを抑えているのではなく、ハウリングがしているけれども、音(ピーッ!音)だけ聞こえないようにする技術です。

意図的に音を漏らしているのであれば、問題ありませんが、漏らさない状態を基本として考えているのであれば、問題となります。これは、どういう事かと言いますと、音が漏れているという事は、その分、しっかり耳に伝わっていない事を表します。言い換えれば、音が漏れる事により、音が逃げている状態です。

それを考慮して、音の調整をしているのであれば、問題ありませんが、考慮していない場合、想定している聞こえになっていない可能性があり、音の調整を見直す必要も出てきます。

この内容は、主に調整する側の問題ですが、補聴器装用者も知っておいた方が良いものだと思います。音が聞こえにくくなる事に直結する内容だからです。

ハウリングがしているという事は、音が漏れている事を表しますが、その漏れている分、しっかり耳に音が伝わっていない事も表します。どちらをどう捉えるかは、人次第ですが、見方というのは、色々あります。

ハウリングキャンセラーに関するまとめ

ハウリングキャンセラーとは、このような機能です。基本的には、メリットの方が上回るため、標準で使用しているケースが多くあります。恐らく補聴器を使用している方は、ほとんどこの機能が自動的に機能していると思います。

欠点としては、

  • ハウリングキャンセラーの誤動作がある
  • 基本的には音が漏れている状態である

がありますが、もし誤動作、あるいは、起動後から妙な音が聞こえるといった場合は、その際に外せば良い事ですし、それが感じないのであれば、基本は、鬱陶しさが軽減される機能になります。

また、音が漏れている状態もその状態を考慮して調整している場合であれば、全く問題はありません。この場合は、その問題点を理解しているか、していないかの違いであり、大した問題にはなりません。上記には、欠点という事で網羅するため、載せています。

何よりハウリングは、生活の質に影響する部分ですので、止められる事の方が、メリットが大きく感じます。それは、補聴器を装用している私自身がそう感じます。周囲の方から、色々言われなくて済みますし、ハウリングがして鬱陶しい感覚も減ります。私が感じるのは、精神的に負担が楽になる点が、大きなメリットだと考えています。

ハウリングに関して、お悩みの方は、一度、補聴器販売店に相談してみてはいかがでしょうか。ハウリングキャンセラーは、そんなハウリングの悩みを改善させる機能になります。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:補聴器の指向性機能の基本をまとめてみました

リンク:補聴器は、こんな風に調整していますよ、というお話し

リンク:初めて補聴器を購入する場合において、外さないポイント

リンク:補聴器の効果を出すために知っておきたい四つの事

Pocket

この記事を書いた人:深井 順一
自己紹介
聞こえにくい人を支援するお店、パートナーズ補聴器、代表。生まれつきの難聴者である事、補聴器の販売をしている事、この二つの視点で、ブログを書いています。お店では、耳の状態を理解した後、効果的な補い方を導き出し、お客様の聞こえを改善しています。私に関する内容は、書いている人の詳細をご覧下さい。当店の特徴は、こちらです。場所は、東京都墨田区の本所吾妻橋駅(都営浅草線)より徒歩3分のところにあります。

補聴器で耳を改善させる手引き書、作りました

聞こえにくい事でお悩みの方のために、補聴器で耳を改善させる手引き書を用意しました。

  • 自分の症状に合う補聴器は何か
  • 自分の聴力に合う補聴器は何か
  • 補聴器の種類、性能、違いを知りたい

などお考えでしたら、こちらをご覧下さい。補聴器で耳を改善させる内容のみに絞って記載してみました。お役に立てば幸いです。

お困りごとの相談、無料です

Webサイトに訪れる方のご要望にお応えするため、東京都墨田区に店舗を構えました。

  • 聞こえにくい事で困っている
  • どこに相談したら良いかわからない
  • お使いの補聴器でうまく聞こえない

などお悩みがございましたら、お気軽にご相談下さい。ご相談や補聴器の試聴に関しては、無料で承っております。当店の特徴は、リンク先の通りです。

〜更新情報のお知らせ〜
こちらのいずれかにご登録いただきますと更新時、お知らせします。お気軽にご登録ください。なお、Twitterでは、私自身が興味を持った記事や自分のエントリーについてツイートしています。もしよろしければフォロー、ご登録いただけるとうれしいです!