耳あな形補聴器のセルフ掃除術を公開します!


self-ite-clen1

補聴器を装用するようになると大切なのは、日頃のケアです。その一つには、掃除をする事も含まれます。補聴器は、どうしても耳の中に入れる事になるため、汚れがつきやすく、そして、それにより、音が聞こえなくなったりします。

では、どのようにケアしていけば良いのでしょうか、そして、どのように掃除していけば良いのでしょうか。そこで今回は、セルフ掃除術をご紹介します。使用されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

耳あな形補聴器の掃除術

耳あな形補聴器で掃除する部分は、

  • フィルター(掃除&交換)
  • 耳の中に入る部分

この二つしかありません。それ以外にも見るところはありますが、故障させてしまう可能性があるため、行うとしますと、ほぼこの二つに集約されます。

では、見ていきましょう。

フィルター

フィルターとは、耳あな形補聴器の先端の部分にある部品です。

耳あな形補聴器のフィルターは、ここにある

耳あな形補聴器のフィルターは、ここにある

この部分が塞がると音が聞こえなくなります。そのため、補聴器を装用している人にとっては、生命線でもあります。この部品は、半分くらい埋まってくる辺りから、交換する事が望ましいです。

フィルターを交換する道具、メーカーによって異なる

フィルターを交換する道具、メーカーによって異なる

交換方法は、特殊なフィルターを用意し……(補聴器販売店で売ってます)

大体どのメーカーも八本、1セット

大体どのメーカーも8本、1セット

※中は、このようになっています。

取り出して早速交換てみよう

取り出して早速交換てみよう

一本取り出し……

まずは、差し込んで、取り出す

まずは、差し込んで、取り出します

先端の部分を差し込みます。

奥にしっかり差し込めば、綺麗に取れます。

奥にしっかり差し込めば、綺麗に取れます。

その後引っ張り、フィルターを抜き取ります。

その後、反対についている新しいフィルターの取り付けを行う

その後、反対についている新しいフィルターの取り付けを行う

後は、反対側についているフィルターをつけるだけです。

こちらは、ゆっくり差し込んでいけばしっかりはまります

こちらは、ゆっくり差し込んでいけばしっかりはまります

これで完了です。

なお、交換ではなく、掃除すれば良いのでは?という方もいらっしゃるのですが、掃除の仕方を間違えると、フィルターの奥で詰まるという現象が起きますので、私は確実性を重視し、交換する事を推奨しています。

耳の中に入る部分

耳の中に入る部分には、

  • 表面
  • ベント

があります。

これから掃除する部分はここ

これから掃除する部分はここ

こちらを掃除する際に必要なのは、

  • 表面を綺麗にするアルコールテッシュ
  • ベントを掃除する道具

になります。

表面の掃除

表面の掃除には、アルコールをしみ込ませた布、テッシュ、あるいは、ウェットティッシュで拭いていきます。

アルコールタイプのウェットテッシュであれば何でも可

アルコールタイプのウェットテッシュであれば何でも可

ご家庭の場合、勧めているのは、キレイキレイのウェットティッシュ、アルコールタイプです。ウェットテッシュは、ノンアルコールとアルコールの二つがあり、アルコールタイプのウェットテッシュであれば、何でも構いません。

表面は優しく、そして徐々に力を入れて拭きます

表面は優しく、そして徐々に力を入れて拭きます

それぞれのもので、表面を拭いていきます。

狭い所は無理に掃除すると思わぬ破損に繋がります

狭い所は無理に掃除すると思わぬ破損に繋がります

んが、拭く際ですが、問題なくできるところと、難しい部分があります。耳あな形補聴器の場合、補聴器の形状によって掃除のしやすさが異なります。特に難しいのが、このような間です。

補聴器販売店は、ピンセットで掃除。無理ならやめよう

補聴器販売店は、ピンセットで掃除。無理ならやめよう

難しい部分に関しては、ピンセットにアルコールテッシュをくるめてやさしく掃除するか、諦めるかのどちらかです。この点は、無理してやる部分ではありませんので、難しければ諦めましょう。

表面でできる部分だけアルコールテッシュで掃除するだけでも、キレイになります。

ベントの掃除

こちらは、できる方、あるいは、必要な方だけで構いません。ベントは詰まると音の聞こえ方が変化するため、必要な方には、必須の内容です。

ベントの掃除は、

  • エアパッファー
  • エアダスター

のどちらかを使い、空気を送り込んで、汚れを吹き飛ばします。

ベントの掃除道具、エアパッファー

ベントの掃除道具、エアパッファー

エアパッファーとは、こんな道具です。空気を送る道具であり、この場合においても役立ちます。主に補聴器販売店で売ってます。

実は、エアダスターの方が掃除は遥かに楽。

実は、エアダスターの方が掃除は遥かに楽。

エアダスターは、主にパソコンの掃除用品としてあるものです。こちらは、かなり強いので、しっかり掃除したい方には、お勧めです。パソコンの掃除と併用して使用すると吉 。

穴に向かって空気を送り込もう

穴に向かって空気を送り込もう

こんな風に、穴の部分に空気を送り、掃除します。この部分も掃除できるとより綺麗にできます。

なお、補聴器によっては、意図的にものを詰めている場合があります。その際は、掃除する必要はありません。

できるようにしておこう

これらの事をできるようにしておくと、良い状態をキープしやすくなりますし、困る事も少なくなります。また、いざという時に助かる事もあるでしょう。特にフィルターが詰まると、音が聞こえなくなってしまいますので、覚えておけば、聞こえを改善できる可能性もあります。

また、汚れているものを使用し続けると、人によってはかゆみが生じる事もあり、快適に使用するには、欠かせません。そして、ベントも詰まると聞こえが変化する事もあります。

この中のもので、ぜひともできるようになっておきたいのは、フィルターの交換です。こちらだけでも覚えておくと、いざという時に助かります。

これらの事ができるようになり、生活の質が少しでも改善されれば幸いです。

 

この内容をご覧になった方は、こちらの内容もお勧めです。

リンク:補聴器購入後に大切な聞こえをキープする環境づくり

リンク:補聴器メンテナンスの裏の目的は、良いサイクルを見つけ出す事

リンク:夏場における補聴器注意事項、大切な補聴器を守ろう

リンク:補聴器を修理依頼する際、知っておきたい6つの事